FC2ブログ
プロフィール

管理者:矢吹天成(旧名:石動雷獣太→無)
TwitterID:@LittleTrailHand
東方歴は地霊殿から。今はただ仲間が欲しい。

カウンター
1

readme 私を読んで

ここはサークル上海アリス幻樂団のZUN氏(博麗神主)出演の放送、主にニコニコ生放送などにおける発言の記録を主に目的としているブログです。(今のところは)確認作業に時間がかかる場合がありますので速報性には期待しないでください。基本的に新しいものが優先で、古いものに関しては余裕がない限り扱うつもりはありません。(今のところは)・2軒目ラジオなどの放送の記事についてあくまでもそのままを書き起こしていますので... ここはサークル上海アリス幻樂団のZUN氏(博麗神主)出演の放送、<br />主にニコニコ生放送などにおける発言の記録を主に目的としているブログです。(今のところは)<br />確認作業に時間がかかる場合がありますので速報性には期待しないでください。<br />基本的に新しいものが優先で、古いものに関しては余裕がない限り扱うつもりはありません。(今のところは)<br /><br />・2軒目ラジオなどの放送の記事について<br />あくまでもそのままを書き起こしていますので非常に読みづらい場合があります。<br />酒の席での酔っぱらいの戯れ言ですので、内容を決して本気にしないでください。<br />放送内容全ての書き起こしというわけではなく、独断と偏見で一部を抜粋したものになっています。<br />文脈として省略できる場合はやりとりを省略している場合があります。<br />ですので自分で放送をチェックしたうえで、気になった場所を改めて確認するための使い方が望ましいです。<br />そのためにタイムスタンプをおおむね併記してあります。<br /><br /><br />何かありましたら↓やコメントにお願いします。<br />拍手などくださいましたらとても励みになります。<br /><br />管理人:矢吹天成(旧名:石動雷獣太→無)<br />gale.a.moment7743@gmail.com
  • Date : 2037/12/31(Thu) 00:00
  • Category : 未分類
  • Comment : 2
42

ZUN氏の出演した放送等のリスト

最終更新:2018/12/31微修正。主にZUN氏の動画ベースの情報(U-stream、ニコニコ動画、youtubeでの配信やTV放送)のリストです。これで全てではないと思いますが、たたき台のつもりで公開しています。可能な限り自分で調べてはいますが、東方は歴史も古く規模も大きいため、個人の力では知り得ない情報も多々あると思います。もしこのリストをご覧になって、不足している情報などがあればコメントなどにお寄せいただけると非常に助... 最終更新:2018/12/31<br />微修正。<br /><br />主にZUN氏の動画ベースの情報(U-stream、ニコニコ動画、youtubeでの配信やTV放送)のリストです。これで全てではないと思いますが、たたき台のつもりで公開しています。<br /><br />可能な限り自分で調べてはいますが、東方は歴史も古く規模も大きいため、個人の力では知り得ない情報も多々あると思います。もしこのリストをご覧になって、不足している情報などがあればコメントなどにお寄せいただけると非常に助かります。皆様からの情報提供をお待ちしております。<br />特に知りたい情報:例大祭の中継や萎えラジでの出演について。<br /><br />なお、このリストはそれぞれのリンク先の情報の正確性について保証するものではありません。各自で確認のうえご利用ください。あとスマホで見る用にも作っていません。できる限りPCでご覧ください。<br /><br /><br />類似のリスト<br /><a href="http://thwiki.info/?%C5%EC%CA%FD%C7%AF%C9%BD" target="_blank" title="東方wiki">東方wiki</a><br /><a href="https://thwiki.cc/%E5%88%86%E7%B1%BB:2%E8%BB%92%E7%9B%AE%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA" target="_blank" title="THBwiki(東方wiki中文版)">THBwiki(東方wiki中文版):2軒目から始まるラジオ</a><br /><a href="https://thwiki.cc/PoriPori%E2%98%86Club" target="_blank" title="THBwiki(東方wiki中文版):poripori☆Club">THBwiki(東方wiki中文版):poripori☆Club</a><br /><a href="https://thwiki.cc/%E4%B8%9C%E6%96%B9%E5%85%AC%E5%BC%8F%E8%B5%84%E6%96%99%E6%BA%90" target="_blank" title="THBwiki(東方wiki中文版):東方公式資料源">THBwiki(東方wiki中文版):東方公式資料源</a><br /><br /><span style="font-size:large;">2007年</span><br /><blockquote><p>2007/08/11 萎えラジDNA C72 直前スペシャル<br />咲夜の身長についての話があったらしい。<br /><a href="http://wikiwiki.jp/toho123/?%A5%AD%A5%E3%A5%E9%A5%AF%A5%BF%A1%BC%A4%CE%B3%B0%B8%AB%A1%CA%C6%F9%C2%CE%A1%CB%C7%AF%CE%F0" target="_blank" title="http://wikiwiki.jp/toho123/?%A5%AD%A5%E3%A5%E9%A5%AF%A5%BF%A1%BC%A4%CE%B3%B0%B8%AB%A1%CA%C6%F9%C2%CE%A1%CB%C7%AF%CE%F0">http://wikiwiki.jp/toho123/?%A5%AD%A5%E3%A5%E9%A5%AF%A5%BF%A1%BC%A4%CE%B3%B0%B8%AB%A1%CA%C6%F9%C2%CE%A1%CB%C7%AF%CE%F0</a></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2008年</span><br /><blockquote><p>2008/08/23 萎えラジ コミケお疲れ様でしたスペシャル<br /><a href="http://www.takamagahara.info/2008/1128#ID13" target="_blank" title="http://www.takamagahara.info/2008/1128#ID13">http://www.takamagahara.info/2008/1128#ID13</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2008/09/05 ザ・ネットスター!<br />ゆっくりについて質問などがあったらしい。<br /><a href="http://d.hatena.ne.jp/amateru/20080905/1220630202" target="_blank" title="http://d.hatena.ne.jp/amateru/20080905/1220630202">http://d.hatena.ne.jp/amateru/20080905/1220630202</a></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2009年</span><br /><blockquote><p>2009/02/04 あきば通 inニコニコ動画 試験動画002<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-13.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-13.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-13.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2009/06/01 あきば通 inニコニコ動画 試験動画003<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-13.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-13.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-13.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2009/09/21 萎えラジDNA 夏コミ反省会スペシャル<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-124.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-124.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-124.html</a><br /></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2010年</span><br /><blockquote><p>2010/03/14 博麗神社あとの祭り<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-24.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-24.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-24.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/05/02 NHK『MAG・ネット ~マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ~』第5回<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-82.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-82.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-82.html</a><br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-493.html" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-493.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-493.html</a><br /><a href="http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/51593047.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/51593047.html">http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/51593047.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/08/06 2軒目から始まるラジオ 第0回<br /><a href="https://togetter.com/li/40298" target="_blank" title="https://togetter.com/li/40298">https://togetter.com/li/40298</a><br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-526.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-526.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-526.html</a><br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-215.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-215.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-215.html</a><br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-216.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-216.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-216.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/08/07 萎えラジDNA 2010夏コミ直前スペシャル<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-7.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-7.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-7.html</a><br /><a href="https://togetter.com/li/40526" target="_blank" title="https://togetter.com/li/40526">https://togetter.com/li/40526</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/08/21 枯れラジ<br /><a href="https://togetter.com/li/43672" target="_blank" title="https://togetter.com/li/43672">https://togetter.com/li/43672</a><br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-530.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-530.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-530.html</a><br /><a href="http://cookienuts.exblog.jp/13813868/" target="_blank" title="http://cookienuts.exblog.jp/13813868/">http://cookienuts.exblog.jp/13813868/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/08/30 2軒目から始まるラジオ 第1回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-534.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-534.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-534.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/09/30 2軒目から始まるラジオ 第2回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-543.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-543.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-543.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/10/29 2軒目から始まるラジオ 第3回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/11/23 【東方×東大】ZUN氏講演会【まるきゅうProject@駒場祭】<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-560.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-560.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-560.html</a><br /><a href="https://togetter.com/li/71801" target="_blank" title="https://togetter.com/li/71801">https://togetter.com/li/71801</a><br /><a href="http://d.hatena.ne.jp/sunson/20101123" target="_blank" title="http://d.hatena.ne.jp/sunson/20101123">http://d.hatena.ne.jp/sunson/20101123</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/11/25 2軒目から始まるラジオ 第4回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/12/-- sake-radio<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-568.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-568.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-568.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/12/17 2軒目から始まるラジオ 第5回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-569.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-569.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-569.html</a></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2011年</span><br /><blockquote><p>2011/01/28 2軒目から始まるラジオ 第6回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-584.html" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-584.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-584.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/02/16 2軒目から始まるラジオ 第7回<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-93.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-93.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-93.html</a><br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-592.html" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-592.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-592.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/03/25 2軒目から始まるラジオ 第8回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-477.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-477.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-477.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/04/22 2軒目から始まるラジオ 第9回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-615.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-615.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-615.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/05/08 博麗神社あとの祭り<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-52.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-52.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-52.html</a><br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-623.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-623.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-623.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/05/30 2軒目から始まるラジオ 第10回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/06/24 2軒目から始まるラジオ 第11回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/07/14 2軒目から始まるラジオ 第12回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-643.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-643.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-643.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/08/25 2軒目から始まるラジオ 第13回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-657.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-657.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-657.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/08/20 サイエンス・キッチン ~アリエナイ理科ノ料理~<br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv59877728" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv59877728">http://live.nicovideo.jp/watch/lv59877728</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/09/29 2軒目から始まるラジオ 第14回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-666.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-666.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-666.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/10/28 2軒目から始まるラジオ 第15回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-675.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-675.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-675.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/11/28 2軒目から始まるラジオ 第16回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/12/03 コンテンツ文化史学会のシンポジウム『東方Project』が可能にしたもの ―プラットフォームとしての<東方><br />質疑応答で幻想郷の電気の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-8.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-8.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-8.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/12/28 2軒目から始まるラジオ 第17回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-688.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-688.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-688.html</a></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2012年</span><br /><blockquote><p>2012/01/15 ニコニコ超会議にZUNさん来たる!<br /><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm16705096" target="_blank" title="http://www.nicovideo.jp/watch/sm16705096">http://www.nicovideo.jp/watch/sm16705096</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/01/24 5軒目から始まるラジオ</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/01/30 2軒目から始まるラジオ 第18回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-695.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-695.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-695.html</a><br /><a href="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/2743330.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/2743330.html">http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/2743330.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/02/03 高菜しんの の 台湾 ・・・・ぐだぐだヒデェ宴会_(:3 」∠)_<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-696.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-696.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-696.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/02/05 【台湾・台北】和同会日台交流打ち上げ生放送in台北!<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-697.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-697.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-697.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/02/20 超会議特番 東方Project編<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-701.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-701.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-701.html</a><br /><a href="http://www.excite.co.jp/News/anime_hobby/20120221/Getnews_169697.html" target="_blank" title="http://www.excite.co.jp/News/anime_hobby/20120221/Getnews_169697.html">http://www.excite.co.jp/News/anime_hobby/20120221/Getnews_169697.html</a><br /><a href="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/3321648.htm" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/3321648.htm">http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/3321648.htm</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/02/20 ビートまりおとZUNとひろゆき<br />上記の放送の延長戦。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/02/29 2軒目から始まるラジオ 第19回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-853.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-853.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-853.html</a><br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-702.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-702.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-702.html</a><br /><a href="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/3585846.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/3585846.html">http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/3585846.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/03/27 2軒目から始まるラジオ 第20回<br /><a href="http://simugung.egloos.com/5645572" target="_blank" title="http://simugung.egloos.com/5645572">http://simugung.egloos.com/5645572</a><br /><a href="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/4756905.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/4756905.html">http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/4756905.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/04/06 ニコニコ超会議 まるごと大発​表会&ニコニコ動画新バージョ​ン(Zero)チラ見せ in​ ニコファーレ<br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv87767349" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv87767349">http://live.nicovideo.jp/watch/lv87767349</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/04/20 2軒目から始まるラジオ 第21回<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-712.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-712.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-712.html</a><br /><a href="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/5980732.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/5980732.html">http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/5980732.html</a><br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-901.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-901.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-901.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/04/27 ニコニコ超会議開催目前!ZUNビール試飲会<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-717.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-717.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-717.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/04/28-29 ニコニコ超会議当日</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/05/24 2軒目から始まるラジオ 第22回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/06/30 ポリポリ☆クラブ 第7回「ゲームとエロス」</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/06/20 2軒目から始まるラジオ 第23回<br /><a href="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/9652123.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/9652123.html">http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/9652123.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/07/24 2軒目から始まるラジオ 第24回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/07/28 ポリポリ☆クラブ 第8回「インドアVSアウトドア」</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/08/04 ゲームサマーフェスティバル2012<br />スピア・ザ・グングニルについての話など。<br /><a href="http://simugung.egloos.com/5681117" target="_blank" title="http://simugung.egloos.com/5681117">http://simugung.egloos.com/5681117</a><br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-826.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-826.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-826.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/08/04 萎えラジDNA C82直前スペシャル<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-752.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-752.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-752.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/08/28 2軒目から始まるラジオ 第25回<br /><a href="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/15597845.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/15597845.html">http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/15597845.html</a><br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1041.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1041.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1041.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/09/23 ポリポリ☆クラブ 第10回「勝手にゲームSHOW2012」</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/09/25 2軒目から始まるラジオ 第26回<br /><a href="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/17939189.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/17939189.html">http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/17939189.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/10/21 ポリポリ☆クラブ 第11回「ソロプレイ VS マルチ」</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/10/29 2軒目から始まるラジオ 第27回<br /><a href="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/19256219.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/19256219.html">http://blog.livedoor.jp/noegasukida/archives/19256219.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/11/03 2軒目から始まるラジオ3D ~Dangerous Deisui Dimension.」<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1119.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1119.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1119.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/11/23 ポリポリ☆クラブ 第12回「肉食系&草食系ゲーム」</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/11/29 2軒目から始まるラジオ 第29回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/11/30 2軒目から始まるラジオ 第29回(やりなおし)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/12/20 2軒目から始まるラジオ 第30回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/12/29 ポリポリ☆クラブ 第13回「おきのどくですが 2012ねんは きえてしまいました。」</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2013年</span><br /><blockquote><p>2013/01/30 2軒目から始まるラジオ 第31回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1201.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1201.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1201.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/02/17 ZUNと往く台湾の旅 最終夜 ~ホテルで飲むだけ生放送~<br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv126945825" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv126945825">http://live.nicovideo.jp/watch/lv126945825</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/02/22 2軒目から始まるラジオ 第32回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1228.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1228.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1228.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/02/24 ポリポリ☆クラブ 第15回「ためになるゲーム VS ためにならないゲーム」</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/03/08 超会議2特番 超ZUNビール~ひろゆきを添えて、今年のビールの仕込み状況の報告編~<br /><a href="http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/132/132410/" target="_blank" title="http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/132/132410/">http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/132/132410/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/03/25 ZUNビールの仕込み<br /><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm20430010" target="_blank" title="http://www.nicovideo.jp/watch/sm20430010">http://www.nicovideo.jp/watch/sm20430010</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/03/28 2軒目から始まるラジオ 第33回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1260.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1260.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1260.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/03/30 ポリポリ☆クラブ 第16回「インディゲームと同人ゲーム」</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/04/23 ポリポリ☆クラブ (第17回)~2時間でiPhoneゲームを作らNight☆~<br /><a href="https://togetter.com/li/487694" target="_blank" title="https://togetter.com/li/487694">https://togetter.com/li/487694</a><br /><a href="http://everyplace.exblog.jp/17628429/" target="_blank" title="http://everyplace.exblog.jp/17628429/">http://everyplace.exblog.jp/17628429/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/04/24 2軒目から始まるラジオ 第34回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/04/26 超ZUNビール前日飲み放送~ひろゆきは遅れています~<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-795.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-795.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-795.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/04/28 【超会議2】ZUNビールブースでひろゆきがビール飲みまくり<br /><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/1367090157" target="_blank" title="http://www.nicovideo.jp/watch/1367090157">http://www.nicovideo.jp/watch/1367090157</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/05/29 2軒目から始まるラジオ 第35回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/06/24 2軒目から始まるラジオ 第36回<br />ゲスト:春河もえ先生<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-827.html" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-827.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-827.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/06/29 ポリポリ☆クラブ 第19回「タッチと快感」</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/07/12 2軒目から始まるラジオ 第37回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1373.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1373.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1373.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/08/20 2軒目から始まるラジオ 第38回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/08/31 ポリポリ☆クラブ 第21回「インディゲ​ーム世代交代 ~シラフ vs​ 飲んべえ 仁義なき戦い!~​」<br /><a href="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/09/vs.html" title="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/09/vs.html">http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/09/vs.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/09/13 2軒目から始まるラジオ 第38回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1434.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1434.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1434.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/09/21 インディーズゲーム×実況プレイヤー 【インディーズゲームフェス2013メインチャンネル】一日目<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-55.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-55.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-55.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/09/21 インディーズゲーム×実況プレイヤー 【インディーズゲームフェス2013実況主の部屋】 1日目</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/09/21 ポリポリクラブ番外編~東京ゲームショーZUNの部屋からこっそり中継!~1日目<br /><a href="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/09/blog-post_22.html" title="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/09/blog-post_22.html">http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/09/blog-post_22.html</a><br /><a href="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/10/blog-post_12.html" title="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/10/blog-post_12.html">http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/10/blog-post_12.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/09/22 インディーズゲーム×実況プレイヤー 【インディーズゲームフェス2013メインチャンネル】二日目<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-55.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-55.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-55.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/09/22 ポリポリクラブ番外編~東京ゲームショーZUNの部屋からこっそり中継!~2日目</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/10/20 インディーズゲーム・トークライブ番外編「東京ゲームショウの続きやります!」<br /><a href="https://matome.naver.jp/odai/2138226925132668501" target="_blank" title="https://matome.naver.jp/odai/2138226925132668501">https://matome.naver.jp/odai/2138226925132668501</a><br /><a href="https://www.famitsu.com/news/201310/24042125.html" target="_blank" title="https://www.famitsu.com/news/201310/24042125.html">https://www.famitsu.com/news/201310/24042125.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/10/26 ポリポリ☆クラブ 23回「ゲーム開発の見えざる敵!?~ハロウィンの怪物たち」<br /><a href="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/10/23_29.html" title="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/10/23_29.html">http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/10/23_29.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/10/29 2軒目から始まるラジオ 第39回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/11/22 2軒目から始まるラジオ 第40回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/12/27 2軒目から始まるラジオ3D~それでも何故2軒目へ行くのか~<br /><a href="https://togetter.com/li/611148" target="_blank" title="https://togetter.com/li/611148">https://togetter.com/li/611148</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/12/30 ポリポリ☆クラブ 第25回~大忘年会~残機ゼロ アタリ判定スレスレ話スペシャル!~</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2014年</span><br /><blockquote><p>2014/01/23 2軒目から始まるラジオ 第42回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/02/17 【超会議3】ZUNビール特番withひろゆき 博麗神社例大祭 超濃縮版発表<br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv168584601" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv168584601">http://live.nicovideo.jp/watch/lv168584601</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/02/25 2軒目から始まるラジオ 第43回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/03/08 BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル- 一般デイ初日 生放送!<br /><a href="http://www.yunonote.net/blog-entry-423.html" target="_blank" title="http://www.yunonote.net/blog-entry-423.html">http://www.yunonote.net/blog-entry-423.html</a><br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-79.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-79.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-79.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/03/08 ポリポリ☆クラブ 番外編in京都<br /><a href="http://www.yunonote.net/blog-entry-423.html" target="_blank" title="http://www.yunonote.net/blog-entry-423.html">http://www.yunonote.net/blog-entry-423.html</a><br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-80.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-80.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-80.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/03/24 2軒目から始まるラジオ 第44回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1622.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1622.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1622.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/04/02 ニコニコ超会議3のZUNビール味見会〜今夜正式名称決定します〜</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/04/12 チョットサミット  ~インディーゲーム開発者飲み会の巻~<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-98.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-98.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-98.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/04/26 ポリポリ☆クラブ 第29回 ポリポリちょう会議 〜マイナーゲームを売る方法〜</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/04/30 2軒目から始まるラジオ 第45回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1642.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1642.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1642.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/05/28 2軒目から始まるラジオ 第46回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/06/24 『LoV3』公式生放送「LoV☆すた あ~くせる」第3回<br />東方コラボの話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-12.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-12.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-12.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/06/26 2軒目から始まるラジオ 第47回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/07/19 秘密のポリポリ企画会議2014~この企画 ゲーム会社に持ち込まNIGHT~<br /><a href="https://togetter.com/li/697626" title="https://togetter.com/li/697626">https://togetter.com/li/697626</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/07/29 2軒目から始まるラジオ 第48回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1715.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1715.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1715.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/08/31 ポリポリ☆クラブ 第33回 編集長がやってくるぞ! ~大丈夫。ファミ通のリニューアルだよ。~</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/08/28 2軒目から始まるラジオ 第49回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/09/08 これはゲームのルネッサンスなのか?【自作ゲームフェス4PV】<br /><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/1410168435" target="_blank" title="http://www.nicovideo.jp/watch/1410168435">http://www.nicovideo.jp/watch/1410168435</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/09/20 ポリポリ☆クラブ 第34回 TGS VS インディストリームフェス ~4千円の有料パーティ、ちょっとよってかない?~<br /><a href="http://getnews.jp/archives/672828" target="_blank" title="http://getnews.jp/archives/672828">http://getnews.jp/archives/672828</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/09/30 2軒目から始まるラジオ 第50回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/10/28 2軒目から始まるラジオ 第51回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1780.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1780.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1780.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/11/24 ポリポリ☆クラブ 第36回 これからどうなるゲームフェス~デジゲー博 第二回開催おめでとうスペシャル~</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/11/26 2軒目から始まるラジオ 第52回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/12/26 2軒目から始まるラジオ 第53回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/12/28 ポリポリ☆クラブ 第37回 勝手にゲーム大賞2014 忘年会スペシャル!<br /><a href="http://www.yunonote.net/blog-entry-693.html" target="_blank" title="http://www.yunonote.net/blog-entry-693.html">http://www.yunonote.net/blog-entry-693.html</a></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2015年</span><br /><blockquote><p>2015/01/07 NHK WORLD「imagine-nation」<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1840.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1840.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1840.html</a><br /><a href="https://pastebin.com/QpR9qUqM" target="_blank" title="https://pastebin.com/QpR9qUqM">https://pastebin.com/QpR9qUqM</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/01/28 2軒目から始まるラジオ 第54回<br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1857.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1857.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1857.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/02/27 2軒目から始まるラジオ 第55回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/02/28 ポリポリ☆クラブ第39回 ゲーセン補完計画:序</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/03/19 【超会議特番】今年はどんな味!? 超ZUNビール2015 withひろゆき 〜新味ビール冷えてます〜<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-68.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-68.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-68.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/03/26 2軒目から始まるラジオ 第56回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/04/23 2軒目から始まるラジオ 第57回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/04/25 【超会議2015】 超ZUNビールで、ZUN、ひろゆき、みんなで乾杯!<br /><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm26105186" target="_blank" title="http://www.nicovideo.jp/watch/sm26105186">http://www.nicovideo.jp/watch/sm26105186</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/05/28 2軒目から始まるラジオ 第58回<br />深秘録や他の黄昏弾幕ACTの話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-32.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-32.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-32.html</a><br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1954.html" target="_blank" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1954.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1954.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/06/14 ポリポリ☆クラブ 勝手にゲームショー2015<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-89.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-89.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-89.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/06/18 【公式放送】第一回『Play,Doujin:Meeting』【PlayStation®Vita】<br />布都斬りてぇの回。<br /><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm26552558" target="_blank" title="http://www.nicovideo.jp/watch/sm26552558">http://www.nicovideo.jp/watch/sm26552558</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/06/26 2軒目から始まるラジオ 第59回<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-96.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-96.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-96.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/07/17 2軒目から始まるラジオ 第60回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/08/28 2軒目から始まるラジオ 第61回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/09/19 ポリポリ☆クラブ第47回INDIE STREAM FES 2015~ビールを飲んでぶっちゃけようか~</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/09/20 【TGS2015】秋~冬に遊びたいゲームはこれ!東京ゲームショウ2015生放送(9/20)内、ZUN、『東方Project』をゆる~く語る<br />外來韋編や紺珠伝の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-5.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-5.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-5.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/10/17 東方project 20周年飲み会 〜20リットルのお酒と音楽とゲームがあるよ〜【闘TV】<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-16.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-16.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-16.html</a><br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-17.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-17.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-17.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/09/30 2軒目から始まるラジオ 第62回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/10/18 博麗神社例大祭生放送~#59 秋季例大祭12会場公開生放送</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/10/27 2軒目から始まるラジオ 第62回(63回)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/11/28 京都大学熊野寮講演会「幻樂団の歴史 ~ Chart of a Strange Creator.」<br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=a7uDezJeflM" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=a7uDezJeflM">https://www.youtube.com/watch?v=a7uDezJeflM</a><br /><a href="http://ch.nicovideo.jp/zun_kouen_kumano/blomaga/ar940359" title="http://ch.nicovideo.jp/zun_kouen_kumano/blomaga/ar940359">http://ch.nicovideo.jp/zun_kouen_kumano/blomaga/ar940359</a><br /><a href="http://ch.nicovideo.jp/zun_kouen_kumano/blomaga/ar939828" title="http://ch.nicovideo.jp/zun_kouen_kumano/blomaga/ar939828">http://ch.nicovideo.jp/zun_kouen_kumano/blomaga/ar939828</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/11/28 2軒目から始まるラジオ 第62回(64回)<br />熊野寮講演の打ち上げ回。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-29.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-29.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-29.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/12/21 2軒目から始まるラジオ 第65回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/12/25 『Play,Doujin:Meeting02 // Xmas Special!』<br />霧の湖の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-53.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-53.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-53.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/12/27 ポリポリ☆クラブ第50回「忘年会スペシャル!」</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2016年</span><br /><blockquote><p>2016/01/22 2軒目から始まるラジオ 第66回<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-26.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-26.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-26.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/01/31 ポリポリクラブ出張版(第52回)「ゲーム作り快感の瞬間!うぅ」in自作ゲームエリア@闘会議2016<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-48.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-48.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-48.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/01/31 『太鼓の達人』15周年祭り@闘会議2016[DAY2]<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-49.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-49.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-49.html</a></blockquote><br /><blockquote><p>2016/02/26 2軒目から始まるラジオ 第67回<br />PS4深秘録の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-35.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-35.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-35.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/03/09 気ままに9129大発表!~ZUNさんを呼んじゃいましたSP~<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-50.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-50.html</a><br /><a href="http://news.9129suppon.com/archives/1053689556.html" target="_blank" title="http://news.9129suppon.com/archives/1053689556.html">http://news.9129suppon.com/archives/1053689556.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/03/22 2軒目から始まるラジオ 第68回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/03/26 自作ゲーム72作品30時間ぶっ通しゲーム実況【闘TV】<br />受賞者へのメッセージ。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/04/15 ビートまりお他出演◆超ZUNビール2016試飲会~東方好きが飲んだくれ!~【超会議特番<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-65.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-65.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-65.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/04/15 COOL&CREATEニコ生?今日はZUNビール特番!(4月15日)<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-65.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-65.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-65.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/04/26 気ままに9129大合奏!〜ZUNさん再び!例大祭直前SP〜 Byスッポン放送<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-51.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-51.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-51.html</a><br /><a href="http://news.9129suppon.com/archives/1056394559.html" target="_blank" title="http://news.9129suppon.com/archives/1056394559.html">http://news.9129suppon.com/archives/1056394559.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/04/29 2軒目から始まるラジオ 第69回<br />録画なしの回。燕石博物誌やニコニコ超会議の話など。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/05/04 超会議【ZUN氏】【ひろゆき氏】 にインタビューみん!<br /><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm28774125" target="_blank" title="http://www.nicovideo.jp/watch/sm28774125">http://www.nicovideo.jp/watch/sm28774125</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/05/08 博麗神社例大祭生放送~#78 12時間生放送第2部<br />PS4深秘録に鈴仙参戦発表。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-33.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-33.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-33.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/05/08 【神★降臨】 超ZUNビール おもしろ突撃取材!【ニコニコ超会議2016】<br /><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm28806598" target="_blank" title="http://www.nicovideo.jp/watch/sm28806598">http://www.nicovideo.jp/watch/sm28806598</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/05/31 2軒目から始まるラジオ 第69回(70回)<br />PS4深秘録や外來韋編 弐、音楽の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-21.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-21.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-21.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/06/28 2軒目から始まるラジオ 第70回(71回)<br />外來韋編 弐の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-10.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-10.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-10.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/02 ロサンゼルス枠 Day02 夜食(アクアスタイル非公式)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/03 ロサンゼルス枠 Day03 夜食</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/04 AnimeExpo</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/04 ロサンゼルス枠 Day03 夜食</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/06 カルフォルニア枠 ラストナイト</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/06 ZUNと愉快な仲間たち アメリカラストナイト</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/06 アニメエキスポ最終日(CUBETYPE)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/23 『東方Project』原作者ZUN先生給PlayStation粉絲朋友的話<br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=h5qSfzoVBhU" title="https://www.youtube.com/watch?v=h5qSfzoVBhU">https://www.youtube.com/watch?v=h5qSfzoVBhU</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/26 2軒目から始まるラジオ 第71回(72回)<br />AnimeExpoの話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-75.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-75.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-75.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/08/06 【公式放送】『Play,Doujin:Meeting03 // サマースペシャル』【PlayDoujin×ZUN】<br />AnimeExpoの話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-56.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-56.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-56.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/08/15 キラキラスターナイトDX the GOLD<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-92.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-92.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-92.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/08/29 2軒目から始まるラジオ 第72回(73回)<br />シン・ゴジラやLINEスタンプの話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-2.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-2.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-2.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/09/02 Play,Doujin! presents 東方Project新作発表会<br />PS4深秘録の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-3.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-3.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-3.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/09/03 ポリポリ☆クラブ 第60回ピコショワ音楽界<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-6.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-6.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-6.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/09/17 ポリポリ☆クラブ 第61回「INDIE STREAM FES 2016 SP」<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-14.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-14.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-14.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/09/28 2軒目から始まるラジオ 第73回(74回)<br />LINEスタンプの話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-15.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-15.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-15.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/10/16 博麗神社例大祭生放送~#92 秋季例大祭会場内生放送<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-18.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-18.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-18.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/10/22 【公式放送】『Play,Doujin:Meeting EXTRA // 秋例大祭お疲れ様でした』【突発ゲリラ放送】<br />PS4版深秘録の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-20.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-20.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-20.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/10/30 2軒目から始まるラジオ 第74回(75回)<br />唖采氏画集や勇者ヤマダコラボの話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-25.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-25.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-25.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/11/18 だんだんまくまく!『勇者ヤマダくん』VS博麗神主!ゲーム開発者のぶつかり合い with ビールの行方を見届け...<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-28.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-28.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-28.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/11/20 ポリポリ☆クラブ 第64回「混ぜるな危険!?ゲーム世界のマリアージュ」<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-31.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-31.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-31.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/11/22 ビートまりお&あまね 結婚披露宴ライブ「披露宴あまねりお」生中継<br />お祝いのメッセージなど。<br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv282117776" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv282117776">http://live.nicovideo.jp/watch/lv282117776</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/11/29 2軒目から始まるラジオ 第75回(76回)<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-57.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-57.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-57.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/12/11 東方深秘録発売記念"Play,Doujin!"大忘年会<br />憑依華のサプライズ発表回。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-34.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-34.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-34.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/12/13 TOUHOU Creator ZUN Makes a Super Mario Maker Level – Devs Make Mario<br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=EkUf6L0_NSk" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=EkUf6L0_NSk">https://www.youtube.com/watch?v=EkUf6L0_NSk</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/12/18 ポリポリ☆クラブ 忘年会スペシャル2016池袋デビュー!<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-40.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-40.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-40.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/12/23 2軒目から始まるラジオVR 2016年がもうすぐ終わります(76回(77回))<br />質疑応答など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-38.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-38.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-38.html</a></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2017年</span><br /><blockquote><p>2017/01/14 『勇者ヤマダくん』公式飲み会 一周年だよ!全員集合!!<br />弾幕輝珍城の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-43.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-43.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-43.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/01/15 2軒目から始まるラジオ第77(78回)<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-45.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-45.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-45.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/02/25 2軒目から始まるラジオ第78(79回)<br />外來韋編 参の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-60.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-60.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-60.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/03/11 大田工連青年部THE PARTY 2017トークイベント<br />ビートまりお・A-oneとの合同トークショー。質疑応答など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-59.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-59.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-59.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/03/25 ポリポリ☆クラブ 第68回「生放送!セイシュン☆ゲームジャム!」<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-62.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-62.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-62.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/03/28 2軒目から始まるラジオ第79(80)回<br />文果真報の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-66.html" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-66.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-66.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/04/05 【超会議特番】超東方エリア特番!超ZUNビール試飲命名会!博麗神社例大祭と東方LIVEBOXも!<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-64.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-64.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-64.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/04/26 ZUNさん、ビートまりおさんからメッセージ!<br /><a href="https://twitter.com/chokaigi_pr/status/857157801650651136" target="_blank" title="https://twitter.com/chokaigi_pr/status/857157801650651136">https://twitter.com/chokaigi_pr/status/857157801650651136</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/04/29 博麗神社例大祭生放送~#106 ニコニコ超会議2017会場より生放送<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/04/29 【超☆出張!】超東方LIVEBOX 1日目<br />COOL&CREATEのステージで少し登場。<br /><a href="http://simugung.egloos.com/5889226" target="_blank" title="http://simugung.egloos.com/5889226">http://simugung.egloos.com/5889226</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/04/29 石黒研究室の恋愛実験神社@ニコニコ超会議2017[DAY1]<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/04/29 2軒目から始まるラジオ第80(81)回<br />超会議からそのままの集まり。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-71.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-71.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-71.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/04/30 博麗神社例大祭生放送~#107 ニコニコ超会議2017二日目会場より生放送<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/04/30 【超☆出張!】超東方LIVEBOX 2日目<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/04/30 【ニコニコ超会議2017】日本うんこ学会たれながし放送局・2日目<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-70.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/05/06 東方ステーション#1<br />天空璋体験版を焼いている。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-72.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-72.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-72.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/05/07 博麗神社例大祭生放送~#109 博麗神社例大祭会場から放送<br />ステージイベントとアフター。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-73.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-73.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-73.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/05/30 2軒目から始まるラジオ第81(82)回<br />例大祭の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-78.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-78.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-78.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/06/19 2軒目から始まるラジオ第82(83)回<br />石鹸屋ゲストで音楽の話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-86.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-86.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-86.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/06/24 ポリポリ☆クラブ公式オフ会「クリエイターはじめて物語」<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-83.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-83.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-83.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/07/09 東方ステーション#3 東方「絵」特集<br />アトレイベントの映像で少し登場。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-85.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-85.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-85.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/07/14 2軒目から始まるラジオ第83(84)回<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-87.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-87.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-87.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/08/09 東方ステーション #4 夏コミ前!同人特集<br />ZUN氏直々の永夜抄スペルプラクティスのプレイなど。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-90.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-90.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-90.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/08/31 2軒目から始まるラジオ第84(85)回<br />天空璋の話題メイン。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-94.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-94.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-94.html</a><br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-95.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-95.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-95.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/9/26 2軒目から始まるラジオ第85(86)回<br />政治の話多め。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-97.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-97.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-97.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/10/30 2軒目から始まるラジオ第86(87)回<br />Steamでのリリースの話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-102.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-102.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-102.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/11/29 2軒目から始まるラジオ第87(88)回<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-105.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-105.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-105.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/12/02 東方ステーション#増刊号 <br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-103.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-103.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-103.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/12/23 ポリポリ☆クラブ 第76回「忘年会スペシャル2017!」<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-104.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-104.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-104.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/12/26 2軒目から始まるラジオ第88(89)回</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2018年</span><br /><blockquote><p>2018/01/30 2軒目から始まるラジオ第89(90)回<br />憑依華、台北ゲームショーの話など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-112.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-112.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/02/27 2軒目から始まるラジオ第90(91)回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/03/25 東方ステーション #11 東方海外事情<br />最初の方でZUN氏の撮影したスキーの映像が流れる(本人は見えない)<br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv310832259" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv310832259">http://live.nicovideo.jp/watch/lv310832259</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/03/29 2軒目から始まるラジオ第91(92)回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/04/24 【超会議特番】超ZUNビール試飲&命名会~GWの東方Projectはこれでバッチリ!!~<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-117.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-117.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-117.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/04/28 博麗神社例大祭生放送~#131【東方Project】ニコニコ超会議2018会場(1日目)より生放送<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/04/28 超東方LIVEステージ@ニコニコ超会議2018[DAY1]<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/04/28 超演奏してみたステージ@ニコニコ超会議2018[DAY1]<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/04/28 2軒目から始まるラジオ第92(93)回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/04/29 博麗神社例大祭生放送~#132【東方Project】ニコニコ超会議2018会場(2日目)より生放送<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/04/28 超東方LIVEステージ@ニコニコ超会議2018[DAY2]<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-115.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/05/04 東方ステーション #12第十五回博麗神社例大祭直前スペシャル<br />ZUNさんの例大祭の告知の映像が流れる。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-116.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-116.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-116.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/05/30 2軒目から始まるラジオ第93(94)回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/06/23 博麗神社例大祭生放送 #137 ~5月の例大祭を振り返ろう!<br />例大祭でのサイン会の様子。動画はその後個別にアップされた。<br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=YBwchEd5EHE" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=YBwchEd5EHE">https://www.youtube.com/watch?v=YBwchEd5EHE</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/06/27 2軒目から始まるラジオ第94(95)回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/07/31 2軒目から始まるラジオ第95(96)回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/08/22 【ZUNさん登場】東方ステーション#13 東方新作プレイ!夏コミ振り返り&ゲーム特集<br />秘封ナイトメアダイアリーのプレイや二次創作に関する見解など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-122.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-122.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-122.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/08/29 2軒目から始まるラジオ第96(97)回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/09/24 ポリポリ☆クラブ 第85回「ゲーム開発 ボクらの〆切戦争」<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-125.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-125.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-125.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/09/25 2軒目から始まるラジオ第97(98)回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/06 《ZUN・ビートまりお他出演》蒲田国際フェスティバル2018 ステージ生中継<br />ライブドローイングと即興曲作り。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/06 【ZUN】蒲田国際フェスティバルで話せなかった話【打ち上げ】<br />http://live2.nicovideo.jp/watch/lv316102444</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/06 東方ステーション #増刊号 ゲーム大特集</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/12 東方ステーション #14 例大祭直前スペシャル<br />同人音楽配信へのコメント(本人は出演せず)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/14 博麗神社例大祭生放送 #142 ~秋季例大祭生放送~ 【東方Project】<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-131.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-131.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-131.html</a><br />スマホゲーの発表会と乙女部の宣伝。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/30 2軒目から始まるラジオ第98(99)回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/11/28 2軒目から始まるラジオ第99(100)回</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/12/27 2軒目から始まるラジオ2軒目から始まるラジオAI 第100(101)回</p></blockquote><br /><br /><br />
41

ZUN氏のインタビュー記事等のリスト

最終更新:2018/12/31主にZUN氏のテキストベースの情報(インタビュー記事、講演会やトークライブの出演、その他執筆テキスト)のリストです。これで全てではないと思いますが、たたき台のつもりで公開しています。ゲーム付属のテキスト、漫画単行本のコメント、コンプティーク/コンプエース連載の酒コラムについては数が多すぎるので割愛しています。参考リンク集の利用をお勧めします。可能な限り自分で調べてはいますが、東方... 最終更新:2018/12/31<br /><br /><br />主にZUN氏のテキストベースの情報(インタビュー記事、講演会やトークライブの出演、その他執筆テキスト)のリストです。これで全てではないと思いますが、たたき台のつもりで公開しています。ゲーム付属のテキスト、漫画単行本のコメント、コンプティーク/コンプエース連載の酒コラムについては数が多すぎるので割愛しています。参考リンク集の利用をお勧めします。<br /><br />可能な限り自分で調べてはいますが、東方は歴史も古く規模も大きいため、個人の力では知り得ない情報も多々あると思います。もしこのリストをご覧になって、不足している情報などがあればコメントなどにお寄せいただけると非常に助かります。皆様からの情報提供をお待ちしております。<br />特に知りたい情報:例大祭アフターのZUN氏の出演について<br /><br />なお、このリストはそれぞれのリンク先の情報の正確性について保証するものではありません。各自で確認のうえご利用ください。あとスマホで見る用にも作っていません。できる限りPCでご覧ください。<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">参考リンク集</span><br /><br />類似のリスト<br /><a href="http://thwiki.info/?%C5%EC%CA%FD%C7%AF%C9%BD" target="_blank" title="東方wiki">東方wiki</a><br /><a href="http://seesaawiki.jp/toho-motoneta_2nd/d/%BE%F0%CA%F3%B8%BB%A5%EA%A5%F3%A5%AF%BD%B8" target="_blank" title="">東方元ネタwiki 2nd</a><br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-category-26.html" target="_blank" title="">萌畢竟~思索考究~</a><br /><a href="https://thwiki.cc/%E4%B8%9C%E6%96%B9%E5%85%AC%E5%BC%8F%E8%B5%84%E6%96%99%E6%BA%90" target="_blank" title="THBwiki(東方wiki中文版):東方公式資料源">THBwiki(東方wiki中文版):東方公式資料源</a><br /><br />博麗神主発言録<br /><a href="http://www.takamagahara.info/" target="_blank" title="久幸繙文 電子版">久幸繙文 電子版</a><br /><br />幻想掲示板回答集<br /><a href="http://web.archive.org/web/20050408091352/gensou.s93.xrea.com/world/qa0207.html" target="_blank" title="http://web.archive.org/web/20050408091352/gensou.s93.xrea.com/world/qa0207.html">2002/07-2002/12</a><br /><a href="http://web.archive.org/web/20050408091753/http://gensou.s93.xrea.com/world/qa0301.html" target="_blank" title="http://web.archive.org/web/20050408091753/http://gensou.s93.xrea.com/world/qa0301.html">2003/01-2003/06</a><br /><a href="http://web.archive.org/web/20050911212128/http://gensou.s93.xrea.com/world/qa0307.html" target="_blank" title="http://web.archive.org/web/20050911212128/http://gensou.s93.xrea.com/world/qa0307.html">2003/07-2003/12</a><br /><a href="http://web.archive.org/web/20050904192426/http://gensou.s93.xrea.com/world/qa0401.html" target="_blank" title="http://web.archive.org/web/20050904192426/http://gensou.s93.xrea.com/world/qa0401.html">2004/01-2004/06</a><br /><br />雑誌掲載情報<br /><a href="http://coolier.dip.jp/th_up4/img/th4_6377.txt" target="_blank">雑誌巻末コメントetcまとめ</a><br /><br />酒コラム系<br /><a href="http://d.hatena.ne.jp/niguruta/searchdiary?word=%2A%5B%A5%B2%A1%BC%A5%E0%A4%AC%C0%E8%A4%AB%A4%AA%BC%F2%A4%AC%C0%E8%A4%AB%5D" target="_blank">加熱済み宇宙食4961パック</a><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">2002年</span><br /><br /><span style="font-size:large;">2003年</span><br /><blockquote><p>2003/01/06 東方書譜 開始<br /><a href="http://web.archive.org/web/20040404035933/http://www16.big.or.jp:80/~zun/cgi-bin/diary/nicky.cgi" target="_blank" title="http://web.archive.org/web/20040404035933/http://www16.big.or.jp:80/~zun/cgi-bin/diary/nicky.cgi">http://web.archive.org/web/20040404035933/http://www16.big.or.jp:80/~zun/cgi-bin/diary/nicky.cgi</a><br />博麗幻想書譜の前身。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2003/02/13 第一回東方シリーズ人気投票<br /><a href="http://yukue.iku4.com/-%E6%9D%B1%E6%96%B9-%E6%9D%B1%E6%96%B9/28" target="_blank" title="http://yukue.iku4.com/-%E6%9D%B1%E6%96%B9-%E6%9D%B1%E6%96%B9/28">http://yukue.iku4.com/-%E6%9D%B1%E6%96%B9-%E6%9D%B1%E6%96%B9/28</a><br /><a href="https://togetter.com/li/26161" target="_blank" title="https://togetter.com/li/26161">https://togetter.com/li/26161</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2003/03/17 DOJIN X DOJIN GAME HYPERGUIDE 2003<br />東方紅魔郷の記事にコメントあり。(1P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2003/08/02 カラフルPUREGIRL9月号<br />紅魔郷開発秘話などのインタビュー。(1P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2003/09/02 カラフルPUREGIRL10月号<br />東方妖々夢頒布に関してのコメント(本当に一言)。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2003/09/14 第二回東方シリーズ人気投票<br /><a href="http://yukue.iku4.com/-%E6%9D%B1%E6%96%B9-%E6%9D%B1%E6%96%B9/28" target="_blank" title="http://yukue.iku4.com/-%E6%9D%B1%E6%96%B9-%E6%9D%B1%E6%96%B9/28">http://yukue.iku4.com/-%E6%9D%B1%E6%96%B9-%E6%9D%B1%E6%96%B9/28</a><br /><a href="https://togetter.com/li/26161" target="_blank" title="https://togetter.com/li/26161">https://togetter.com/li/26161</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2003/12/30 妖紅奇想<br />ゲスト寄稿。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2003/12/30 上海アリス通信 ver.2.7<br />永夜抄のプレストーリーなど。</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2004年</span><br /><blockquote><p>2004/01/17 武刃街ソフト開発者インタビュー<br /><a href="http://www.bujingai.com/text/interview07.html" target="_blank" title="http://www.bujingai.com/text/interview07.html">http://www.bujingai.com/text/interview07.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/03/02 ZUN氏への質問メールの回答<br /><a href="http://coolier.dip.jp/up/source/game_1522.lzh" target="_blank" title="http://coolier.dip.jp/up/source/game_1522.lzh">http://coolier.dip.jp/up/source/game_1522.lzh</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/05/15 武刃街愛蔵的美麗設定集<br />スタッフ座談会にエフェクト等担当として参加。(7Pほど)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/06/20 博麗歳時記<br />ゲスト寄稿。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/08/02 カラフルPURE GIRL9月号<br />永夜抄頒布に寄せてのコメント。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/8/13 Comiket Press 20<br />コメントあり。総集編4にも収録。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/08/15 紅妖奇想2<br />ゲスト寄稿。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/08/17 キャラ萌え隊にてSP対談東方萃夢想<br /><a href="http://www.charamoe.com/link.php" target="_blank" title="http://www.charamoe.com/link.php">http://www.charamoe.com/link.php</a>(跡地)<br />詳細不明。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/10/17 第三回東方シリーズ人気投票<br /><a href="http://yukue.iku4.com/-%E6%9D%B1%E6%96%B9-%E6%9D%B1%E6%96%B9/28" target="_blank" title="http://yukue.iku4.com/-%E6%9D%B1%E6%96%B9-%E6%9D%B1%E6%96%B9/28">http://yukue.iku4.com/-%E6%9D%B1%E6%96%B9-%E6%9D%B1%E6%96%B9/28</a><br /><a href="https://togetter.com/li/26161" target="_blank" title="https://togetter.com/li/26161">https://togetter.com/li/26161</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/10/30 明治大学学園祭・東方の夜明け<br /><a href="http://web.archive.org/web/20070706132801/http://animeiji.s80.xrea.com/easterndawn/report1.html" target="_blank" title="http://web.archive.org/web/20070706132801/http://animeiji.s80.xrea.com/easterndawn/report1.html">http://web.archive.org/web/20070706132801/http://animeiji.s80.xrea.com/easterndawn/report1.html</a><br /><a href="http://www5d.biglobe.ne.jp/~coolier2/rep/yoake.html" target="_blank" title="http://www5d.biglobe.ne.jp/~coolier2/rep/yoake.html">http://www5d.biglobe.ne.jp/~coolier2/rep/yoake.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/12/30 博麗歳時記-花綴-<br />ゲスト寄稿。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/12/30 霊偲志異2<br />ゲスト寄稿。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/12/30 東方ラストワードコレクション<br />ゲスト寄稿 霊夢のスペルカード「幻想一重」</p></blockquote><br /><blockquote><p>2004/12/30 東方二次音楽CD『"@"~Charisma~』<br />サークル蒼天の雪から出した音楽CDの帯にコメント。</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2005年</span><br /><blockquote><p>2005/02/19 東海高校第六回サタディプログラム「同人結界 ~ 東方という作品とゲーム創作幻想」<br /><a href="http://www5d.biglobe.ne.jp/~coolier2/rep/tks_sp.html" target="_blank" title="http://www5d.biglobe.ne.jp/~coolier2/rep/tks_sp.htmll">http://www5d.biglobe.ne.jp/~coolier2/rep/tks_sp.html</a><br /><a href="https://en.touhouwiki.net/wiki/ZUN%27s_former_blog_%22Touhou_Shofu%22_14" target="_blank" title="https://en.touhouwiki.net/wiki/ZUN%27s_former_blog_%22Touhou_Shofu%22_14">https://en.touhouwiki.net/wiki/ZUN%27s_former_blog_%22Touhou_Shofu%22_14</a><br /><a href="http://d.hatena.ne.jp/Su-37/20050220" target="_blank" title="http://d.hatena.ne.jp/Su-37/20050220">http://d.hatena.ne.jp/Su-37/20050220</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/03/26 コンプエース vol.001<br />巻末コメント。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/05/04 東方二次音楽CD『帰るべき城 アルトノイラント初期作品集』<br />サークルアルトノイラントから出た音楽CDのライナーノーツにZUN氏の発言と思われる記録あり。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/06/01 上海アリス幻樂団 幻想瓦版(mixi)設立</p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/06/25 コンプエース vol.002<br />上海アリス通信三精版~第1号~ サニーミルクについての話。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/06/25 とらのあなコンプエース購入特典小冊子<br />サニーのイラストとコメント。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/08/11 東方文花帖 ~Bohemian Archive in Japanese Red.<br />“東方”ゲームデザイン概論</p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/08/14 幻想曲抜萃<br />ライナーノーツ。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/08/14 博麗歳時記-遥霞月-<br />ゲスト寄稿。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/09/26 コンプエース vol.003<br />上海アリス通信三精版~第2号~ ルナチャイルドについての話と巻末コメント。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/10/01 東方紫香花<br />CDライナーノーツと短編小説。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/10/14 「東方」制作者インタビュー「シューティングの方法論」全3回<br /><a href="http://www.4gamer.net/specials/shanghai_alice/zone_k.shtml" target="_blank" title="http://www.4gamer.net/specials/shanghai_alice/zone_k.shtml">http://www.4gamer.net/specials/shanghai_alice/zone_k.shtml</a><br /><a href="http://www.4gamer.net/specials/shanghai_alice/zone_t.shtml" target="_blank" title="http://www.4gamer.net/specials/shanghai_alice/zone_t.shtml">http://www.4gamer.net/specials/shanghai_alice/zone_t.shtml</a><br /><a href="http://www.4gamer.net/specials/shanghai_alice/zone_d.shtml" target="_blank" title="http://www.4gamer.net/specials/shanghai_alice/zone_d.shtml">http://www.4gamer.net/specials/shanghai_alice/zone_d.shtml</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/10/04 博麗幻想書譜(Blog)開始<br /><a href="http://kourindou.exblog.jp/" target="_blank" title="&lt;blockquote&gt;&lt;p&gt;http://kourindou.exblog.jp/&lt;/p&gt;&lt;/blockquote&gt;">http://kourindou.exblog.jp/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2005/11/26 コンプエースvol.004 <br />上海アリス通信三精版~第3号~ スターサファイアについての話と文花帖の紹介文など?。</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2006年</span><br /><blockquote><p>2006/01/26 コンプエースvol.005<br />上海アリス通信三精版~第4号~ 宙から落ちてくるものについての話。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2006/03/25 コンプエースvol.006<br />上海アリス通信三精版~第5号~ 三月精(作品)についての話。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2006/05/26 コンプエースvol.007<br />上海アリス通信三精版~第5(6)号~ 紅魔館についての話。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2006/07/26 コンプエースvol.008<br />上海アリス通信三精版~第6(7)号~ 冥界についての話。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2006/09/26 コンプエースvol.009<br />上海アリス通信三精版~第7(8)号~ 迷いの竹林についての話。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2006/11/09 ComicREX12月号 東方求聞史紀「記憶する幻想郷」<br />コメント「コミック版『東方求聞史紀』によせて」&購入特典メッセージペーパー4枚(外來韋編参に再掲載)。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2006/--/-- Player1 Magazine(スウェーデンの雑誌?)<br /><a href="http://touhou.wikia.com/wiki/Interview_in_Swedish_Player1_Magazine" target="_blank" title="http://touhou.wikia.com/wiki/Interview_in_Swedish_Player1_Magazine">http://touhou.wikia.com/wiki/Interview_in_Swedish_Player1_Magazine</a><br />インタビュー。</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2007年</span><br /><blockquote><p>2007/01/26 コンプエースvol.011<br />上海アリス通信三精版~号外~ 単行本発売に寄せてのインタビュー。(1P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2007/01/26 東方三月精~Eastan and Little Nature Deity~単行本<br />博麗神社 神主・ZUNインタビュー。(4P) </p></blockquote><br /><blockquote><p>2007/03/23 Flowering night 2007<br /><a href="http://clarezone.blog31.fc2.com/blog-entry-235.html" target="_blank" title="http://clarezone.blog31.fc2.com/blog-entry-235.html">http://clarezone.blog31.fc2.com/blog-entry-235.html</a><br />中間に登場したらしいがLIVE DVD等は未確認。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2007/06/08 ComicREX7月号<br />「東方儚月抄」三誌合同連載へのいきごみ 原作ZUN氏インタビュー。(1P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2007/08/17 COMIKET PRESS 29<br />インタビュー(半P)。総集編6にも収録。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2007/11/03 第38回一橋祭シンポジウム企画講演会「幻想伝承~想像の継承と終着~」<br /><a href="https://web.archive.org/web/20130424072904/http://gensou.credits99.com/after.html" target="_blank" title="https://web.archive.org/web/20130424072904/http://gensou.credits99.com/after.html">https://web.archive.org/web/20130424072904/http://gensou.credits99.com/after.html</a><br /><a href="http://sshiori.dtiblog.com/blog-entry-1021.html" title="http://sshiori.dtiblog.com/blog-entry-1021.html">http://sshiori.dtiblog.com/blog-entry-1021.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2007/12/15 ラクガキ王国トークライブ「ラクガキ王国限界突破!」<br />ゲストとして参加。<br /><a href="http://www.dfnt.net/t/photo/0801.shtml#080127" target="_blank" title="http://www.dfnt.net/t/photo/0801.shtml#080127">http://www.dfnt.net/t/photo/0801.shtml#080127</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2007/12/25 キャラ☆メル vol.3<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-125.html" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-125.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-125.html</a><br />神主ZUN、『東方風神録』についてかく語りき!(6P)</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2008年</span><br /><blockquote><p>2008/03/15 Flowering night 2008<br /><a href="http://akisute.blog.shinobi.jp/%E3%80%90%E8%B6%A3%E5%91%B3%E3%80%91/%E3%80%90%E6%9D%B1%E6%96%B9%E3%80%91flowering%20night%202008%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%88%EF%BC%81%E8%A9%B3%E7%B4%B0%E7%B7%A8" target="_blank" title="http://akisute.blog.shinobi.jp/%E3%80%90%E8%B6%A3%E5%91%B3%E3%80%91/%E3%80%90%E6%9D%B1%E6%96%B9%E3%80%91flowering%20night%202008%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%88%EF%BC%81%E8%A9%B3%E7%B4%B0%E7%B7%A8">http://akisute.blog.shinobi.jp/%E3%80%90%E8%B6%A3%E5%91%B3%E3%80%91/%E3%80%90%E6%9D%B1%E6%96%B9%E3%80%91flowering%20night%202008%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%88%EF%BC%81%E8%A9%B3%E7%B4%B0%E7%B7%A8</a><br />挨拶で登場したらしいがLIVE DVDなどは未確認。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2008/08/16 全人類ノ天楽録<br />ライナーノーツ。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2008/12/25 キャラ☆メル vol.7<br />神主ZUN地霊殿キャラクターを語る(前編)<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-192.html" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-192.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-192.html</a><br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-100.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-100.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-100.html</a></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2009年</span><br /><blockquote><p>2009/02/12 ツイッター開始。<br /><a href="https://twitter.com/korindo/status/1199601484" target="_blank" title="https://twitter.com/korindo/status/1199601484">https://twitter.com/korindo/status/1199601484</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2009/03/06 Flowering night 2009<br /><a href="https://ameblo.jp/pachuca33/entry-10219974442.html" target="_blank" title="https://ameblo.jp/pachuca33/entry-10219974442.html">https://ameblo.jp/pachuca33/entry-10219974442.html</a><br />最後に登壇したらしいがLIVE DVDなどは未確認。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2009/03/25 キャラ☆メル vol.8<br />神主ZUN地霊殿キャラクターを語る(後編)<br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-256.html" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-256.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-256.html<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-100.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-100.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-100.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2009/04/06 GDGD第一回トークショー<br /><a href="http://munc.usamimi.info/?p=72" target="_blank" title="http://munc.usamimi.info/?p=72">http://munc.usamimi.info/?p=72</a><br /><a href="http://www.h7.dion.ne.jp/~icewind/yuki-usa/zakki007.htm" target="_blank" title="http://www.h7.dion.ne.jp/~icewind/yuki-usa/zakki007.htm">http://www.h7.dion.ne.jp/~icewind/yuki-usa/zakki007.htm</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2009/04/12 携帯百景<br /><a href="http://movapic.com/zun" target="_blank" title="http://movapic.com/zun">http://movapic.com/zun</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2009/12/30 核熱造神ヒソウテンソク<br />ライナーノーツ。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2009/12/25 キャラ☆メル vol.11<br />幻創神主ZUNが大いに語る!東方星蓮船。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-109.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-109.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-109.html</a></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2010年</span><br /><blockquote><p>2010/06/07 ゲームバーA-Button 2周年記念パーティー<br />高橋名人とトークショー。<br /><a href="http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51033994.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51033994.html">http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51033994.html</a><br /><a href="http://d.hatena.ne.jp/niguruta/20100818/1282093339" target="_blank" title="http://d.hatena.ne.jp/niguruta/20100818/1282093339">http://d.hatena.ne.jp/niguruta/20100818/1282093339</a><br /><a href="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-504.html" target="_blank" title="http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-504.html">http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-504.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/06/12 GDGD第二回トークショー<br /><a href="https://togetter.com/li/28852" target="_blank" title="https://togetter.com/li/28852">https://togetter.com/li/28852</a><br /><a href="http://hossy.info/?date=20100614#p01" target="_blank" title="http://hossy.info/?date=20100614#p01">http://hossy.info/?date=20100614#p01</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/08/19 4Gamers.net<br />今年の夏も暑……熱かった! 夏の定番「コミックマーケット78」,インディーズゲーム中心の2日目プチレポート<br /><a href="http://www.4gamer.net/games/115/G011514/20100817066/" target="_blank" title="http://www.4gamer.net/games/115/G011514/20100817066/">http://www.4gamer.net/games/115/G011514/20100817066/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/08/15 PLANETS vol.7<br />竜騎士07氏と対談。(10P)<br /><a href="http://d.hatena.ne.jp/hosizoratei/20100828/1282943316" target="_blank" title="http://d.hatena.ne.jp/hosizoratei/20100828/1282943316">http://d.hatena.ne.jp/hosizoratei/20100828/1282943316</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/08/26 コンプエース10月号<br />インタビュー神主は語る。妖精大戦争についてのインタビュー。(1/4P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/09/25 キャラ☆メルFebri vol.02<br />『妖精大戦争~東方三月精』インタビュー。(2P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2010/10/17 シューティングゲームサイドvol1<br />STG座談会。(12P)</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2011年</span><br /><blockquote><p>2011/07/26 コンプエース9月号<br />付録Tシャツに一言コメント。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/08/26 コンプエース10月号<br />神霊廟に関するコメント。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/11/07 Gekkayoインターネットミュージック<br />東方二次音楽サークル複数との対談。(3P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2011/11/25 キャラ☆メルFebri vol.09<br />東方神霊廟と歴代作品などインタビュー。(17P)</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2012年</span><br /><blockquote><p>2012/02/21 週間アスキー(web)<br />“酒神主”東方ProjectのZUN氏のビールがニコニコ超会議で飲めるっ!!<br /><a href="http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/076/76885/" target="_blank" title="http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/076/76885/">http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/076/76885/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/05/25 神主結婚式&二次会実況#zun_wdg<br /><a href="https://togetter.com/li/311059" target="_blank" title="https://togetter.com/li/311059">https://togetter.com/li/311059</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/07/01 ニトロプラス カードマスターズ+Plus<br />推薦コメント。<br /><a href="http://p.twipple.jp/AlM06" target="_blank" title="http://p.twipple.jp/AlM06">http://p.twipple.jp/AlM06</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/08/11 ゲームの修羅場6<br />弾幕スクリプトに関するインタビューなど。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/08/13 アプリゲット<br />スマートフォンにおける同人活動のこれから―東方ProjectのZUN氏、特別インタビュー<br /><a href="http://appget.com/c/news/7407/project-interview/" target="_blank" title="http://appget.com/c/news/7407/project-interview/">http://appget.com/c/news/7407/project-interview/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/10/31 スクウェア・エニックス「ロード オブ ヴァーミリオンRe:2~再征~」<br />霊夢と幽々子のフレーバーテキスト。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2012/12/26 コンプエース2月号<br />巻末コメント。</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2013年</span><br /><blockquote><p>2013/03/11 週間アスキー(web)<br />ひろゆきが辞任の理由を初ポロリ……ニコニコ超会議2の超ZUNビール特番<br /><a href="http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/132/132410/" target="_blank" title="http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/132/132410/">http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/132/132410/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/03/25 現在はRPGアツマールch<br />ニコニコ自作ゲームフェス ZUN「『東方Project』は自分のライフワークみたいなものになっている」<br /><a href="http://ch.nicovideo.jp/indies-game/blomaga/ar172115" target="_blank" title="http://ch.nicovideo.jp/indies-game/blomaga/ar172115">http://ch.nicovideo.jp/indies-game/blomaga/ar172115</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/07/10 コンプティーク8月号<br />自作ゲームに関するインタビュー。(1P弱)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/08/05 週刊アスキー9/10増刊号 No.942<br />インディーズゲーム最前線<br /><a href="http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/161/161403/" target="_blank" title="http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/161/161403/">http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/161/161403/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/08/12 暗黒能楽集・心綺楼<br />ライナーノーツ。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/08/18  A-Button5周年イベント<br />ゲスト。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/08/23 ポリポリ☆クラブBlog<br />【インディーゲーム】日本のゲーム開発者、勢力図まとめ(ゲーム開発者は同人とそれ以外だとすると、こうなる)<br /><a href="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/08/blog-post_21.html" target="_blank" title="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/08/blog-post_21.html">http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/08/blog-post_21.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/08/27 touch vol.13<br />質疑応答。(1P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/08/29 「読者工学論 物語を書く前に考える6つのこと」第5回<br />ゲスト参加。<br /><a href="http://simugung.egloos.com/5764345" target="_blank" title="http://simugung.egloos.com/5764345">http://simugung.egloos.com/5764345</a><br /><a href="https://togetter.com/li/563389" target="_blank" title="https://togetter.com/li/563389">https://togetter.com/li/563389</a><br /><a href="https://togetter.com/li/556382" target="_blank" title="https://togetter.com/li/556382">https://togetter.com/li/556382</a><br /><a href="https://togetter.com/li/556195" target="_blank" title="https://togetter.com/li/556195">https://togetter.com/li/556195</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/09/27 Tokyo Otaku Mode Interview with Touhou Project Founder and Creator, ZUN<br />英文。<br /><a href="http://otakumode.com/news/52adc1a3f21de80b0e000232/Interview-with-Touhou-Project-Founder-and-Creator-ZUN-Part-1" target="_blank" title="http://otakumode.com/news/52adc1a3f21de80b0e000232/Interview-with-Touhou-Project-Founder-and-Creator-ZUN-Part-1">http://otakumode.com/news/52adc1a3f21de80b0e000232/Interview-with-Touhou-Project-Founder-and-Creator-ZUN-Part-1</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/09/29 19th Anime Weekend Atlanta<br />質疑応答など。<br /><a href="http://rukasarisari.tumblr.com/post/62472030377/zun-qa-at-anime-weekend-atlanta-sept-27-2013" title="http://rukasarisari.tumblr.com/post/62472030377/zun-qa-at-anime-weekend-atlanta-sept-27-2013">http://rukasarisari.tumblr.com/post/62472030377/zun-qa-at-anime-weekend-atlanta-sept-27-2013</a><br /><a href="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1446.html" title="http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1446.html">http://tateito1.blog48.fc2.com/blog-entry-1446.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/10/10 Febri vol.19<br />東方輝針城発売記念インタビュー。(4P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/11/26 コンプエース1月号<br />巻末コメント。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2013/12/31 DOUJIN GAME × PACKAGE DESIGN Vol.01<br />パッケージデザインに関するインタビュー。</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2014年</span><br /><blockquote><p>2014/01/11 第4回ゲレンデジャック<br />参加していた。<br /><a href="http://masamasa71.blog39.fc2.com/blog-entry-136.html" target="_blank" title="http://masamasa71.blog39.fc2.com/blog-entry-136.html">http://masamasa71.blog39.fc2.com/blog-entry-136.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/02/26 週間アスキー(web)<br />ニコニコ超会議3でもZUNビールが飲める 似た味をテイスティングしてきた<br /><a href="https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/202/202859/" target="_blank" title="https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/202/202859/">https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/202/202859/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/03/-- LORD of VERMILION Ⅲ Ark-cell<br />霊夢のフレーバーテキスト。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/04/26 ニコニコ超会議配布の新聞<br />ZUNビールについてのコメントがあったらしい。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/08/11 The Untold History Of Japanese Game Developers vol.1<br />かなり長いインタビューあり(英語)。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/08/16 呑んべえ会「最後尾 2014年8月編」<br />対談に参加。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/10/-- LORD of VERMILION Ⅲ Twin Lance<br />幽々子のフレーバーテキスト。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2014/11/30 ニコニコ自作ゲームフェス4<br />ZUN賞へのコメント。<br /><a href="http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni049884.html" target="_blank" title="http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni049884.html">http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni049884.html</a></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2015年</span><br /><blockquote><p>2015/01/29 週刊ファミ通2015年2月12日号<br />同人ゲームをプレイステーションプラットフォームに! “Play,Doujin!”の狙いとは?</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/01/29 電撃PlayStation Vol.583<br />Play,Doujinインタビュー。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/02/04 電撃PlayStation(Web)<br />雑誌に掲載されたものの完全版。<br /><a href="http://dengekionline.com/elem/000/000/997/997464/" target="_blank" title="http://dengekionline.com/elem/000/000/997/997464/">http://dengekionline.com/elem/000/000/997/997464/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/03/26 コンプエース5月号<br />10周年記念付録小冊子にコメント。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/07/13 ニコニコ自作ゲームフェス5<br />ZUN賞へのコメント。<br /><a href="http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni054591.html" target="_blank" title="http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni054591.html">http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni054591.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/08/14 コミックマーケット40周年史「40th COMIC MARKET CHRONICLE」<br />コミックマーケット共同代表・市川孝一氏との対談。(18P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/08/14 深秘的楽曲集 宇佐見菫子と秘密の部室<br />ライナーノーツ。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/09/30 東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 壱<br />刊行によせて・紺珠伝インタビュー・キャラ紹介のコメントなど。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2015/11/15 デジゲー博2015<br />おしながきやサイン会。</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2016年</span><br /><blockquote><p>2016/03/13 バンドオブブラザーズ 上海アリスリミックスコンテスト<br />受賞コメント。<br /><a href="http://news.9129suppon.com/archives/1053777196.html" target="_blank" title="http://news.9129suppon.com/archives/1053777196.html">http://news.9129suppon.com/archives/1053777196.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/03/21 ニコニコ自作ゲームフェス2016<br />ZUN賞へのコメント。<br /><a href="http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni059925.html" target="_blank" title="http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni059925.html">http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni059925.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/05/03 JAGMO 東方Project フルオーケストラ公演<br />来賓として登場、若干の質疑応答有り。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/05/07 An Interview With ZUN, Creator of the Touhou Series of Games<br />英文。<br /><a href="http://www.animemaru.com/an-interview-with-zun-creator-of-the-touhou-series-of-games/" target="_blank" title="http://www.animemaru.com/an-interview-with-zun-creator-of-the-touhou-series-of-games/">http://www.animemaru.com/an-interview-with-zun-creator-of-the-touhou-series-of-games/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/06/30 東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 弐<br />海原海豚・あきやまうに両氏との黄昏作品に関するインタビュー・キャラクター紹介のコメントなど。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/04 AnimeExpo2016<br />質疑応答やコスプレイベントへの参加など。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-77.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-77.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-77.html</a><br /><a href="http://pastebin.com/Kiatum4a" target="_blank" title="http://pastebin.com/Kiatum4a">http://pastebin.com/Kiatum4a</a><br /><a href="https://togetter.com/li/994742" target="_blank" title="https://togetter.com/li/994742">https://togetter.com/li/994742</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/14 コミケPlus vol.6<br />コミケに関するインタビュー(2P)やコメントなど。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/07/29 Branching Paths<br />インディーズゲームにスポットを当てたドキュメンタリー作品に出演(数分)。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/08/26 Touhou Interview: Creator ZUN Talks Past, Present, and Future of his Touhou Project<br />英文。<br /><a href="http://www.dualshockers.com/2016/08/26/touhou-interview-creator-zun-talks-past-present-and-future-of-his-touhou-project/" target="_blank" title="http://www.dualshockers.com/2016/08/26/touhou-interview-creator-zun-talks-past-present-and-future-of-his-touhou-project/">http://www.dualshockers.com/2016/08/26/touhou-interview-creator-zun-talks-past-present-and-future-of-his-touhou-project/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/09/16 ゲームラボ2016年10月号<br />キラキラスターナイトDX The GOLDのイベントの書き起こし。(2P)</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/10/18 Interview: ZUN on 20 Years of Touhou Project<br />英文。<br /><a href="http://www.usgamer.net/articles/interview-zun-on-20-years-of-touhou" target="_blank" title="http://www.usgamer.net/articles/interview-zun-on-20-years-of-touhou">http://www.usgamer.net/articles/interview-zun-on-20-years-of-touhou</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/10/31 唖采弦二/輪くすさが Art Works<br />帯コメント。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2016/11/17 週間ファミ通2016年12月1日号<br />勇者ヤマダくんコラボ記念対談。(1P)</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2017年</span><br /><blockquote><p>2017/03/02 東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 参<br />書籍・勇者ヤマダくんインタビュー・キャラクター紹介コメントなど。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/03/25 コンプエース5月号<br />読者ページにて質問に回答。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/08/11 ポリポリ☆コミック 夏コミ特大号2017<br />ZUN×木村祥朗×たんたん 鼎談「ゲーム業界の最新勢力図を語る 2017」<br /><a href="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/08/blog-post_21.html" target="_blank" title="http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/08/blog-post_21.html">http://poriporiclub.blogspot.jp/2013/08/blog-post_21.html</a>の続編。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/10/31 東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 肆<br />天空璋・風神録のインタビューなど。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/11/12 デジゲー博2017<br />サイン会やおしながきが新しくなったり等。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/11/14 Game*Sperk<br />【デジゲー博2017】東方Project、Steamへ―ZUN氏に気になるあれこれを直撃インタビュー<br /><a href="https://www.gamespark.jp/article/2017/11/14/76810.html" target="_blank" title="https://www.gamespark.jp/article/2017/11/14/76810.html">https://www.gamespark.jp/article/2017/11/14/76810.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/11/14 IGN Japan<br />Steam版「東方天空璋」を発表した上海アリス幻樂団のZUN氏インタビュー:今後の東方Projectや二次創作の展開について<br /><a href="http://jp.ign.com/tohotenkusho/19395/news/steamzunproject" target="_blank" title="http://jp.ign.com/tohotenkusho/19395/news/steamzunproject">http://jp.ign.com/tohotenkusho/19395/news/steamzunproject</a></a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/12/21 週間ファミ通2018年1月4日号<br />UNTIESが“Play,Doujin!”に参入!インタビュー。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/12/25 8BIT MUSIC POWER ファイナル&アンコール<br />ゲームラボ2016年10月号に掲載されたものの不完全版。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2017/12/30 ファミ通.com<br />ファミ通に掲載されたものの完全版。<br />UNTIESが“Play,Doujin!”に参入! さらに広がる『東方Project』の世界への手応えをZUN氏ら当事者たちが語る<br /><a href="https://www.famitsu.com/news/201712/30149084.html" target="_blank" title="https://www.famitsu.com/news/201712/30149084.html">https://www.famitsu.com/news/201712/30149084.html</a></p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2018年</span><br /><blockquote><p>2018/01/27 台北國際電玩展<br />セガブースにてステージイベントに出演一日目。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-111.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-111.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-111.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/01/28 台北國際電玩展<br />セガブースにてステージイベントに出演二日目。<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-111.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-111.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-111.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/01/31 【TpGS 2018】《東方計劃 不可思議的幻想鄉》製作人訪談:「一直都是隨性地製作遊戲。」<br />台北ゲームショーのときのインタビュー。<br /><a href="https://www.famitsu.hk/articles/2018/01/012222.html" target="_blank" title="https://www.famitsu.hk/articles/2018/01/012222.html">https://www.famitsu.hk/articles/2018/01/012222.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/03/30 東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 2018 Spring!<br />憑依華・地霊殿・星蓮船のインタビューなど。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/04/25 『東方Project』の二次創作作品が電子書籍として“ニコニコ書籍”と“BOOK☆WALKER”より流通、ことの経緯をZUN氏に聞く<br /><a href="https://www.famitsu.com/news/201804/25156325.html" target="_blank" title="https://www.famitsu.com/news/201804/25156325.html">https://www.famitsu.com/news/201804/25156325.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/05/03 JAGMO『幻想郷の交響楽団 - 夢幻響楽宴 -』<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-118.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-118.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-118.html</a><br />古代祐三氏とのトークイベント。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/05/06 上海アリス幻楽団おみくじ<br />霊夢・魔理沙・咲夜・妖夢・女苑のコメントとイラスト。<br /><a href="https://togetter.com/li/1225004" target="_blank" title="https://togetter.com/li/1225004">https://togetter.com/li/1225004</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/05/06 完全憑依ディスコグラフィ<br />ライナーノーツ。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/05/06 第十五回博麗神社例大祭アフターイベント<br />例大祭思い出話や中国の講演会や外国人の差し入れビールの話など。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/05/20 THBwikiのインタビュー<br />北京大学講演会の前後に行われた中国でのインタビュー<br /><a href="https://thwiki.cc/-/23cn" target="_blank" title="https://thwiki.cc/-/23cn">https://thwiki.cc/-/23cn</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/05/20 北京大学講演会<br /><a href="https://zhuanlan.zhihu.com/p/37302297" target="_blank" title="https://zhuanlan.zhihu.com/p/37302297">https://zhuanlan.zhihu.com/p/37302297</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/06/28 週刊ファミ通2018年7月12日号<br />ファミ通シューティングゲーム友の会雑談PART1</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/01 東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 2018Autumn<br />秘封ナイトメアダイアリー・緋想天・非想天則に関するインタビューなど。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/14 東方キャノンボール発表記念本h<br />スマホゲーに関する対談。<br /><a href="https://touhoucannonball.com/special/book/" target="_blank" title="https://touhoucannonball.com/special/book/">https://touhoucannonball.com/special/book/</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/17 東方楽曲4500曲がスマホで配信スタート! 上海アリス幻樂団・ZUN氏&黄昏フロンティア・あきやまうに氏が東方楽曲アレンジについて語る<br /><a href="http://news.denfaminicogamer.jp/interview/181017a" target="_blank" title="http://news.denfaminicogamer.jp/interview/181017a">http://news.denfaminicogamer.jp/interview/181017a</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/19 『UNDERTALE』トビー・フォックス×『東方』ZUN×Onion Games木村祥朗鼎談──自分が幸せでいられる道を進んだらこうなった──同人の魂、インディーの自由を大いに語る<br /><a href="http://news.denfaminicogamer.jp/interview/181019" target="_blank" title="http://news.denfaminicogamer.jp/interview/181019">http://news.denfaminicogamer.jp/interview/181019</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/26 火鳥風傑 東方Project 火鳥作品集<br />帯にコメント寄稿。<br /><a href="https://twitter.com/chiba_sama/status/1052475422141632512" target="_blank" title="https://twitter.com/chiba_sama/status/1052475422141632512">https://twitter.com/chiba_sama/status/1052475422141632512</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/10/26 楽花流水 東方Project 水中花火作品集<br />帯にコメント寄稿。<br /><a href="https://twitter.com/chiba_sama/status/1052475174358925313" target="_blank" title="https://twitter.com/chiba_sama/status/1052475174358925313">https://twitter.com/chiba_sama/status/1052475174358925313</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/11/09 【木村祥朗×堀井直樹×なる×ZUN】「BLACK BIRD」爆誕祭 なぜゲーム開発者はシューティングを作りたがるのか、「原点にして究極」と語るその魅力<br /><a href="http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1811/10/news003.html" target="_blank" title="http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1811/10/news003.html">http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1811/10/news003.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/12/07 JAGMO『幻想郷の交響楽団 - 夢幻聖夜祭 -』パンフレット<br />『幻想郷の交響楽団 - 夢幻響楽宴 -』での対談を掲載。</p></blockquote><br /><blockquote><p>2018/12/27 あそぶ!ゲーム展 STAGE.3 東方projectZUN氏インタビュー<br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-130.html" target="_blank" title="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-130.html">http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-130.html</a><br />旧作についての制作に関するインタビューなど。</p></blockquote><br /><br /><span style="font-size:large;">2019年</span><br /><blockquote><p>2019/01/26 ポリニアン・ユニゾン 霊夢」レビュー<br />スカートが外せないのはZUNさんの指示らしい。<br /><a href="https://daibadi.at.webry.info/201901/article_2.html" target="_blank" title="https://daibadi.at.webry.info/201901/article_2.html">https://daibadi.at.webry.info/201901/article_2.html</a></p></blockquote><br /><blockquote><p>2019/02/05 超ZUNビール ニコニコ超会議2019のテーマは?<br /><a href="https://www.nicovideo.jp/watch/so34583753" title="https://www.nicovideo.jp/watch/so34583753">https://www.nicovideo.jp/watch/so34583753</a></p></blockquote>
133

東方茨歌仙 第49話『断善修悪の怪腕(前編)』の感想

Febri vol.53掲載東方茨歌仙 第49話『断善修悪の怪腕(前編)』2/14発売「Febri vol.53」にて東方茨歌仙49話(前編)掲載されます!バレンタインですが…バレンタイン回では…無い…!!ぜひぜひよろしくお願いします!https://t.co/pQWK8VNMWQ pic.twitter.com/wUGebsNnlB— あずまあや◆2/17COMITIAあ08a (@a_to_z) 2019年2月13日今からお願いしますがどうか次のお話は掲載リアルタイムで見て頂きたいですお願いしますというお... Febri vol.53掲載<br />東方茨歌仙 第49話『断善修悪の怪腕(前編)』<br /><br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">2/14発売「Febri vol.53」にて東方茨歌仙49話(前編)掲載されます!バレンタインですが…バレンタイン回では…無い…!!ぜひぜひよろしくお願いします!<a href="https://t.co/pQWK8VNMWQ">https://t.co/pQWK8VNMWQ</a> <a href="https://t.co/wUGebsNnlB">pic.twitter.com/wUGebsNnlB</a></p>&mdash; あずまあや◆2/17COMITIAあ08a (@a_to_z) <a href="https://twitter.com/a_to_z/status/1095696189897363457?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年2月13日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">今からお願いしますがどうか次のお話は掲載リアルタイムで見て頂きたいですお願いしますというお願いです Febri次号2月14日発売です がんばりました お願いします</p>&mdash; あずまあや◆2/17COMITIAあ08a (@a_to_z) <a href="https://twitter.com/a_to_z/status/1090086125836808192?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年1月29日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />今回の茨歌仙は、あずま先生から異例のリアルタイム推奨宣言がなされた。<br />普段から作品間の話のリンクなどがあるので、リアルタイムで読むことにこしたことはないと思うが<br />時事ネタというわけでもないのに、直々に声明が出されるというのは大変珍しい。<br /><br />個人的に東方で作者さんから今回は大変なことになりますと言われると<br />そこまで言うほどのことだったかな? みたいな感じになりやすいという先入観があるが<br />今回ばかりはそうではなかった。本当に予想だにしない展開となった。<br /><br />カラー扉絵は大変凛々しいバトルモード霊夢。隣のページの9巻の広告の霊夢と好対照である。<br />大入り袋の御札が微妙に締まらない感を出しているが、公式設定だからしょうがない(グリマリ参照)。<br /><br /><br /><br />というわけで本編。<br />前々回無限地獄へ落とされた霊夢は相変わらず闇の中を一人で歩いている。<br />無間地獄の謎の音声が響き渡る中、松明の炎だけを頼りに当て所無く彷徨う霊夢。<br />松明とは言うものの、以前はちゃんと棒が燃えているような感じだったが<br />今回は先端に炎が灯っている謎の棒である。お祓い棒かなという気もしたがそうも見えない。<br /><br />途方に暮れる霊夢のお腹が空腹を訴える。<br />霊魂も腹が減るのか? と霊夢の様子を伺う謎の人影が疑問を呈する。<br />その人影はどう見てもあの人にしか見えないが…。<br /><br /><br />その頃博麗神社では、早苗の張った結界の中にあった霊夢の肉体が消えていることに魔理沙が大騒ぎ。<br />しかし早苗は結界が無傷であることに着目し、霊夢は連れ去られたりしたわけでなく<br />その場から突然消滅してしまったと考察する。<br />魔理沙は霊夢が瞬間移動の使い手であることを思い出し、きっと目を覚まして<br />里の蕎麦屋にでも行ったんだろうと楽観的に考える。<br />早苗は最悪のケースも想定し、別の世界から謎の攻撃を受けてその敵に連れ去られたのかもしれないと考えた。<br />もしかすると本殿で見た戦いの跡は気を引くための罠で、見張りが手薄になった瞬間を狙われた…。<br />二人の顔が青ざめる。<br /><br /><br />再び無間地獄。<br />霊夢はついに空腹に倒れる。<br />周囲にはお見舞いに来ていたと思われる霊夢の知り合いたちの幻が、まるで最期を看取るかのように現れた。<br />昔は他人に興味がないみたいに言われていた霊夢が、こんな幻を見るなんて意外といえば意外だった。<br />なんだかんだ霊夢も変わってきているということか。<br /><br />しかしその中に実体のある人影が混じっていた。先程のあの人にしか見えないような影。<br />それに気付いて霊夢が声を張り上げると幻は消え、残った人影が近づいてくる。<br />その影は、時間の進まない永遠に心だけが苦しむ無間地獄で<br />なぜお腹が空いているのかという疑問を霊夢に投げかけた。<br />霊夢の腹の虫が鳴くと、恥ずかしいのを誤魔化すかのように<br />懐からお祓い棒を取り出し戦闘態勢に移る。<br />誰だってお腹ぐらい空くわよ!と必死に反論する霊夢がとても可愛いぞ。<br /><br />ついに姿を現した黒幕?に殴りかかる霊夢。<br />易者を真っ二つにするような一撃を次々と繰り出すも腕一本に防がれてしまう。<br />無間地獄は本来精神を閉じ込める場所であり、何も見えない、何も触れられない。<br />飢えることも死ぬこともない永遠に虚無を感じる地獄のはずだった。<br />本来は人影すら見ることのできないはずの場所だったが、なぜか霊夢は見ることができた。<br />それはどうやったのかはわからないが、自分の肉体を持ち込んだからだと人影が指摘する。<br />いつの間にか暗闇だけではなくなり、霊夢は周囲の様子も判るようになった。<br />そして人影の正体が明らかになる。それは霊夢のよく知っている人物だった。<br /><br />その正体は茨華仙。少なくとも霊夢はそう認識している。<br />普段頭に付けているシニョンキャップが外れ、そこに隠されたものが姿を現す。<br />それは紛れもない鬼の角。そして普段の温和な性格からは想像できないほどの凶悪な面構え。<br />そして黒タイツ(ストッキング?)である。なかなか良いっすね…。<br /><br />断善修悪の怪腕 茨木童子の腕、と紹介されているからには本人ではないのだろう。(以降、腕華扇と記す)<br />仏教の言葉に『断悪修善』というものがあって、それは全ての煩悩を捨て去るという誓いのことを言うらしい。<br />全ての悪を断ち切って善を修めるという意味の言葉で断悪修善だから<br />断善修悪とはつまりその反対、善を断ち悪そのものになろうとしているということか。<br />しかしここに来て人格を持った腕とは驚いた…。<br /><br />霊夢を永遠に閉じ込めて力を借りるつもりだったが、鬼らしく肉体ごと喰らってやろうと腕華扇が動き出す。<br />腕しか無いくせに!と霊夢は御札を取り出して反撃するが、腕華扇はその攻撃にものともせず霊夢に殴りかかる。<br />霊夢が言うには華扇の姿はあくまでイメージで、実際は腕が飛んでるだけなのか?<br />ただ腕自身も存在しない本体が見えるのか? と言っているので読んでいて多少混乱する。<br /><br />霊夢は紙一重で腕華扇のパンチを躱すが、逸れていった拳が地面に衝突すると大きなヒビを作った。<br />その威力は某ビッグバンインパクトに匹敵する(推定)。<br />鬼の出鱈目なパワーに驚く霊夢は、距離を取って御札による攻撃を続けた。<br />だがその攻撃も腕華扇の霊撃?のような力の放出によって無力化されてしまう。<br />腕華扇は落ちていた柱を持ち上げて投げる。次々と地面に突き立てられる柱を辛うじて避ける霊夢。<br />必死に投げ返す御札も柱によって防がれ、霊夢はその力を前に地面にへたり込む。<br />その美しさもへったくれもない攻撃に、やはり鬼は嫌いだと改めて思う霊夢。<br /><br /><br /><br />という驚愕の展開で次回続く。<br />今回は本来一話分の話を前後編に分けたらしく、いつもよりページ数がちょっと少ない(26P)<br />せっかくのバトルシーン、しかもスペルカード無関係のガチバトルを<br />端折らず描いてくれるというのはありがたいが、生殺しには違いない。<br /><br />それにしても東方の漫画のクライマックスって、なんだかんだバトルやるんだなと改めて思う。<br />儚月抄はそもそも後半はバトルがメインだし、三月精だって紫や霊夢と戦って終わった。<br />鈴奈庵だってマミゾウが百鬼夜行絵巻の妖怪と戦ったし、今回も大詰めの雰囲気がバリバリである。<br />この後は49話後編で腕華扇との決着、50話で大団円…という感じになるのだろうか。<br />おそらくこの後華扇の家にあった陣から、華扇本人や天子小町が霊夢の元に駆けつけて<br />霊夢が無間地獄から救出されるんじゃないかなと思うが、きっと一筋縄ではいかないだろうな。<br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">今回茨歌仙の49話が「前編」になっているのは、頂いた原作プロットの分量がたっぷりで作画の都合上により前後編に二分割しました…ので次回掲載は「49話後編」になります!ページ都合で端折ること無く作画もたっぷりでお届けしますので後編は次号をお待ち下さい!</p>&mdash; あずまあや◆2/17COMITIAあ08a (@a_to_z) <a href="https://twitter.com/a_to_z/status/1095978614242238464?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年2月14日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">区切らせていただいた前編もやばいですが後編はもっとやばいっす!私から言えるのは以上です!!!!!続きは4月!!!!!</p>&mdash; あずまあや◆2/17COMITIAあ08a (@a_to_z) <a href="https://twitter.com/a_to_z/status/1095979245975687172?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年2月14日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />前回までは、4月掲載分で10巻分の話が貯まるということで、ちょうどキリがいいし例大祭で出す頒布物に<br />合わせて何か来るんじゃないかという予想があったが、話が分割されることになり49話後編が4月に<br />50話が6月になるのでやっぱり特に合わせてこなさそうである。夏の東方新作には関連はありそうだが。<br />三月精と同じ地獄絡みの話の同時進行ということで、両方関わりがあるのかと思われていたが<br />今回の腕華扇主導の話を見るにどうやら2つの話は深く関係はしていなさそうだ。<br />無間地獄の音声がヘカーティアと同レベルのセンスっぽいので<br />地獄ってこんな感じの場所ですよというのを、予め見せておくつもりの描写だったのかもしれない。<br /><br /><br />それにしても今回の話のキモは華扇の鬼バレに尽きる(正確には本人ではないが)。<br />鬼であることが霊夢たちにバレたときに茨華仙が終わる、というのが大勢の認識だったこともあるし<br />むしろ正体に触れないまま茨歌仙が終了することすら考えられたのだから、ちゃんとバラしたことさえ驚きであった。<br />メタ的にはどうせ鬼なんでしょ、というのはとっくに分かっていたことであったけども。(最初から有角の仙人って言われてたし)<br />鬼の角もせいぜいシニョンキャップに収まる程度の小ささだろうと思っていたが<br />そんなの関係ねぇ!とばかりに収まりきらない大きな角が生えていたのは思わず笑ってしまった。<br />32話のときにあったマミゾウの想像したシルエットでは、華扇の正体はゲッター○ボだとネタにされていたが<br />実際見てみると想像以上にゲッター○ボだった。ゲッター○ボGの敵は百鬼帝国だし無関係とは言えないな!<br /><br />こうなると華扇本人は黒幕ではないと思うので(まだわからないけど)これまでの流れを想像してみると<br />本殿で倒れている霊夢と現場の戦いの後を見て、何があったか理解した華扇が霊夢を母屋に運んで寝かせ<br />自分の家から地獄への入り口を開いて霊夢の魂を追跡。そしてそれを見つけた天子と小町が<br />華扇を追いかけるようにして地獄へ向かう。そして誰かが、もしくは自分で霊夢の肉体を魂の元へ移動させる。<br />そんな感じだろうか。<br /><br />霊夢の肉体を移動させたのは誰か、という点についてだが本命はやはり紫…だとつまらないので。<br />霊夢が自分で呼び寄せた説を推そうかな。霊夢は瞬間移動が可能だと話の中でも触れられているし<br />それをやった自覚がないとしても、ダブルスポイラーの『夢想亜空穴』のコメントなどを見ると<br />本人が気付かないうちに瞬間移動している場合もあるらしいので。<br />腕華扇が言った、霊夢の魂を無間地獄に閉じ込めて力を借りるというのもどういうことかなと考えたが<br />身体の中身が空っぽなら完全憑依が可能…ってことでいいのだろうか? ちょっとよくわからない。<br /><br />そして華扇の分身のような姿の茨木童子の腕。平安時代に鬼の四天王として萃香や勇儀と暴れていた頃は<br />きっとこんな感じだったに違いないというのを思わせるに十分なワルい華扇だった。<br />黒ストというのは先に書いた通りだが、本人と違い足に重りがついているのは封印されているからということか?<br /><br />よくよく考えてみると、華扇は腕を探しているとは言ったが、それをどうしたいかについては言ったことはなかった気がする。<br />自分の腕が悪の人格に染まっているということで、もしかすると昔の自分と決着を付けるために腕を探していたのかもしれない。<br />いずれ自分の邪悪な心を自分の手によって始末することによって、晴れて天人として認められる…とか。<br /><br />そんな話どこかで見たことあるなあと思って<br />真っ先に思い浮かんだのは、ドラゴンボールに登場するピッコロと神様の関係だった。<br />(もしくはナイトガンダムとブラックドラゴンとか。古いのばっかり)<br />神様は神として認められるために、悪の心としてピッコロを分離させた。<br />そんな感じでかつて一条戻り橋で渡辺綱によって茨木童子の腕が斬られたときに<br />善の心と悪の心に別れたのではないか、と腕の様子を見て想像した。<br />善の心を持った鬼は仙人の修行をし、いずれは天人になろうと考えた…のか?<br />仙人になった理由は人に近づきたかったから…的なことを17話の神子との会話で言っていた気がする。<br />PS4版深秘録において、鈴仙で華扇に勝ったときの台詞、心の奥底は冷淡で非人間的と評されていたし<br />これまでの展開から見ても仙人の華扇もまるっきり善人というわけでもなさそうなんだけど。<br /><br />ただ百薬枡の話のときに、飲み続けないと腕が腐ってしまうと言っていたのが気になる。<br />自分の邪悪な部分を腕に持たせ、本体は天人として認められた後に腕と合体しようと考えた?<br />まあ今のところはほとんど想像に過ぎない。<br /><br /><br />しかしながら霊夢がどこで鬼の腕を見つけてきたのか、ということや<br />箱開けてないのになんで腕が外に出てるのか、ということもいまだに謎だ。<br />もしかしたら箱の中の腕と目の前にいる茨木童子の腕は別物だったり?<br />第一話を見るに、華扇は自分の腕をミイラ状態だと思っているようだし…。<br />多分その謎も今後明かされるに違いない、と期待しながら次回を待とう。<br /><br /><br />
132

東方三月精VFS 第13話『異変の二重螺旋』の感想

月刊コンプエース2019年3月号掲載東方三月精VFS 第13話『異変の二重螺旋』そんなワケで本日発売の「コンプエース 2019年3月号」にて三月精第13話「異変の二重螺旋」が掲載です!今回は三月精始まって以来のピンチが訪れるのか?という展開でいよいよあのお方も本格的に登場です!良かったら是非!https://t.co/bbYjNW5pnC pic.twitter.com/4fEHbTu6Bq— 比良坂真琴@冬コミ2日目シ-51b (@hirasaka8) 2019年1月26日四話構成の... 月刊コンプエース2019年3月号掲載<br />東方三月精VFS 第13話『異変の二重螺旋』<br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">そんなワケで本日発売の「コンプエース 2019年3月号」にて三月精第13話「異変の二重螺旋」が掲載です!<br>今回は三月精始まって以来のピンチが訪れるのか?という展開でいよいよあのお方も本格的に登場です!<br>良かったら是非!<a href="https://t.co/bbYjNW5pnC">https://t.co/bbYjNW5pnC</a> <a href="https://t.co/4fEHbTu6Bq">pic.twitter.com/4fEHbTu6Bq</a></p>&mdash; 比良坂真琴@冬コミ2日目シ-51b (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/1089108211389493249?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年1月26日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />四話構成の話の二話目、起承転結の承。<br />前回は幻想郷の妖精の減少と石桜の出現が描かれた。<br />茨歌仙の地獄の話と、新作ゲームに向けての前振り含めてどういった展開を迎えるのか<br />そしてあの方の登場ということで期待を煽ってくる三ヶ月に一度のお楽しみ、三月精の始まり始まり。<br /><br /><br />本編。<br />蝉の鳴く真夏の博麗神社。<br />前回の妖精の減少から、ひまわり不作異変(仮)と名付けられたその異変はいまだにその原因を特定できずにいた。<br />そのことで悩んでいる霊夢の元に魔理沙がやってくる。<br />三妖精たちも遭遇した魔法の森や玄武の沢の異変を霊夢に報せに来たのだ。<br />そのいずれの場所からも石桜が見つかったことから、今回の異変には石桜が関係しているに違いないという霊夢。<br />石桜は霊魂が結晶化したものであり、どんな霊魂が結晶化したのかは見ただけではわからない。<br />そもそも地獄でもないと手に入らないもののはずなので、誰かの手によって意図的にばらまかれた<br />爆弾のようなものだと判断する二人。<br /><br /><br />その頃三妖精たちは幻想郷の妖精が減ったため、暇をつぶす相手が減ったことで退屈していた。<br />だがルナだけは神社が騒がしいことに気付いて監視へ向かったらしい。<br />残った二人は石桜に刺激を与えると光ることに気づく。<br /><br />神社に向かったルナは、霊夢と魔理沙が石桜が爆弾のようなものだという会話を聞き、石桜の存在に不安を覚える。<br />そこに思いつめたような顔のピースが現れ、ルナは口を塞がれ取り押さえられてしまう。<br /><br /><br />霊夢と魔理沙は石桜が幻想郷中に現れたのとは別に、今回のひまわり畑の不作の原因は<br />棲む妖精が少なくなったからだと残った妖精たちの噂話から情報を入手していた。<br />しかしそれは異変の原因であって、どうして妖精が減っているかの方が霊夢は気になるらしい。<br />魔理沙は誘拐の線を考えてみるが自分で否定する。食糧問題や環境問題について考えて見るもののしっくりと来ない。<br />妖精はたとえ逃げてしまったとしても次から次へと湧いてくるものらしい。それと石桜の関係については分からずじまいだった。<br />そうしていると二人の前にある人物が姿を現す。<br /><br /><br />ふたたび三妖精(二妖精)。<br />ルナが帰ってこないことに業を煮やしたサニーはスターを連れて博麗神社へ向かう。<br />しかしそこにはルナの帽子と石桜だけが残されていた。<br />二人がルナを探していると、博麗神社に見知らぬ人物を見つける。<br />鎖に繋がれた3つの星と変なTシャツ。見間違えるはずもない、ヘカーティア・ラピスラズリその人。<br />ヘカーティアがなんと靴を履いているが、比良坂先生曰く格好がつくようにということらしい。<br />ちなみに髪色は4話のときの指定は青だったそうなので今回も青のはず。つまり地球ーティア。<br />彼岸花と夥しい数のしゃれこうべが描き添えられているが、おそらくイメージイラストだろう。<br />今は蝉がけたたましく鳴く夏である。彼岸花は九月以降のはずだからだ。<br />霊夢と魔理沙とヘカーティアを物陰からこっそり様子を伺うサニーたち。<br /><br />突然の来客に呆気にとられる霊夢と魔理沙。<br />立ち話もなんだからとヘカーティアを神社の住居に上げると、質素で素敵な部屋だと褒めそやす。<br />ヘカーティアがちゃぶ台の上に置かれていた石桜に目を留めると、魔理沙はさっと隠してしまう。<br />霊夢は地獄の女神が突然やってくるなんて嫌な予感しかしないと言うと<br />ヘカーティアは霊夢の勘の良さを褒め、嫌な話があると返した。<br /><br />ヘカーティア曰く、石桜は妖精の生命力が結晶化したものであり<br />幻想郷の自然から生命力が失われているのは妖精が次々に石桜として結晶化しているからだという。<br />魔理沙は石桜は地獄にしか存在しないのだから、この異変は地獄の奴の仕業なのかと問い質す。<br />しかしヘカーティアは通常ならそういうことになるが、と本番である次の話に移ろうとする。<br />なんと結晶化した妖精を地獄に持っていきたいという。<br /><br /><br />日が暮れたがルナは住処に帰ってこなかった。<br />そして夜も更けた頃、三妖精の住処の扉を叩く者がいた。<br />目を覚ましたスターが扉を開けると、そこにいたのはチルノだった。<br />緊急事態だから作戦会議のために二人にひまわり畑まで来いと告げる。<br /><br /><br /><br />というわけで今回の話だが、正直なところあんまり言うことがない。<br />前回の感想でだいたい言ってしまったので、答え合わせ待ちである。<br /><br />ただはっきりとはしないものの、ひとつ気になった部分がある。<br />妖精を石桜に変えたのは地獄の奴の仕業かと魔理沙に聞かれたとき、通常ならそういうことになるとヘカーティアが答えたのは<br />遠回しに地獄の関与を否定しているのではないか、ということ。つまり今回は通常ではないということだから。<br /><br />そうなるとピースがルナに襲いかかったのもおそらくミスリードだと思われる。<br />地獄の関与がなくなるとすれば黒幕として思い浮かぶのは…ラルバか。<br />動機についてはまったく不明だが、ラルバには生命力を操るだけの力があることは前回説明した通り。<br />9話の最後でピースはラルバに協力を求められたが、今回思いつめたような顔をしていることから<br />ラルバの暴走についていけなくなったのかなぁとなんとなく思っているが、今の所具体的なことはわからない。<br /><br />チルノの台詞をよく見返すと『二人とも』と既にルナがそこにいないことを知っているようだ。<br />そうなるとルナを連れ去ったピースについての事情は既に知っている? そしてチルノはラルバと敵対しているのか?<br />謎は深まるばかりだ。<br /><br />ヘカーティアが妖精の石桜を地獄に持っていくと言ったのは、本心からか、はたまた霊夢と魔理沙に発破をかけているのか。<br />幻想郷の自然は妖精の存在に依存しているのに、ヘカーティアが妖精を地獄に持っていくことをレイマリが受け入れることは考え辛い。<br />本心だとすればなぜ地獄へ妖精を持っていきたいのか。環境改善のため? それともそれ以外の理由があるのか?<br />こちらも今の所不明である。ヘカーティアが4話でピースに出した指示についてもまだ謎が残っている。<br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">次回の三月精もすでに打ち合わせ済みなのですが、ここからさらに思いもよらない展開というか思いもよらないキャラの登場で、まるで少年マンガのような熱い展開になって行きます!</p>&mdash; 比良坂真琴@冬コミ2日目シ-51b (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/1089110940946030592?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年1月26日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />熱い展開というのがそもそも東方らしからぬという感じだが<br />今回の最後にチルノが出てきた時点でだいぶ少年漫画感があった。<br />結構主人公の風格があるなと再確認した。<br /><br /><br />
131

博麗神社例大祭生放送 #142 ~秋季例大祭生放送~(の中の東方キャノンボール発表会+α)のメモ

https://www.youtube.com/watch?v=3g7_nQx1x2018/10/14(日) 09:30~【出演(敬称略)】ZUN是空とおる(MC)伊東章成(SME)三鍋尚貴(アニプレックス)田中俊介(Quatro A)3:56~ ステージイベント開始。 出演者登壇。軽い自己紹介。発表記念本について。 三「おもむろにビールが…」 伊「まあ触れざるをえないですね」 是「みなさん喉の流れを良くするためにね…喉の流れ? なんだそれ。口の滑りを良くするためにです」 Z「僕も... <a href="https://www.youtube.com/watch?v=3g7_nQx1x" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=3g7_nQx1x">https://www.youtube.com/watch?v=3g7_nQx1x</a><br />2018/10/14(日) 09:30~<br /><br />【出演(敬称略)】<br />ZUN<br />是空とおる(MC)<br />伊東章成(SME)<br />三鍋尚貴(アニプレックス)<br />田中俊介(Quatro A)<br /><br /><br /><br /><strong>3:56~ ステージイベント開始。</strong><br /><blockquote><p> 出演者登壇。軽い自己紹介。発表記念本について。<br /><a href="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/2019010620041464a.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/2019010620041464as.png" alt="第五回秋季例大祭1" border="0" width="400" height="224" /></a><br /><blockquote><p> 三「おもむろにビールが…」<br /> 伊「まあ触れざるをえないですね」<br /> 是「みなさん喉の流れを良くするためにね…喉の流れ? なんだそれ。口の滑りを良くするためにです」<br /> Z「僕もう飲んできてる」<br /><br /> そして乾杯。</p></blockquote></p></blockquote><br /><br /><strong>4:01~ 『東方キャノンボール』の概要。</strong><br /><blockquote><p> 東方Projectのスマートフォン向けゲーム。<br /> 企画はアニプレックス、開発運営がQuatroA。2019年リリースに向けて開発中。<br /> QuatroAはアニプレックスの100%子会社で、拠点は東京と札幌。開発スタッフは30名程。東方キャノンボールが初のリリース作品となる。<br /><blockquote><p> 是「まずは東方キャノンボールというタイトルですか? これはどんな経緯で生まれた感じなんでしょうか」<br /> 三「これに関しては結構まあ、正直200から300通りくらいのタイトル名を、漢字で東方○○とか盤上○○とかですね、そういう案は色々出してたんですけども」<br /> 三「東方キャノンボールに最終的に落ち着いたのは、まずひとつには今回のゲームのクエストの方にもあるんですけども、みんなで競い合って一番最初にゴールに到達した人が勝ちみたいなものがあって」<br /> 三「キャノンボールにはそういった意味があるのと、もう一つは勢いというか。最終的にはそこですけどね。勢いで東方キャノンボールっていうのが言葉として良いんじゃないかと」<br /> 三「これは個人的にですけど、割と言いたがりっていうか。東方キャノンボールって繰り返しと言いたくなっちゃう」<br /> 是「ちなみにZUNさん、タイトルお聞きになったときはいかがでしたか」<br /> Z「僕はずっとタイトルの件は気になってて、何になるんだろうって。仮のタイトルは言ってもいいんですかね? ずっとすごろくって書いてあって。すごい僕の中で微妙で」<br /> 伊「東方すごろくってなってたんだよね」<br /> Z「(仮)って、僕の中でそれはないだろうって思って、どうせ変わるだろうって思ってたんだけど、どんなタイトルだったらしっくり来るか全然わからなかった」<br /> Z「ただやっぱ後でも言うんですけど、これは公式のゲームじゃないです。僕が出してるゲームじゃないので、あんまり公式っぽいタイトルだったらNG出そうかなーって」<br /> Z「それは駄目だと。というように構えていたところに謎の…いきなりタイトル、ZUNさんこれに…これどうですかって聞いてきたのがキャノンボールで。あ、え?キャノンボール?って二度聞きして」<br /> Z「そうなると急に馬鹿っぽいし、急にバカゲーのように。これはいいなと。まあまあ二次創作感も出てるしすげーいいんじゃね、二次創作の参加する人も公式じゃないなら気軽に参加できるかみたいな、いいタイトルになったんじゃないかなーと思いました」<br /> 三「そのときのZUNさん的には一周回って、初めの”え?”から入って一周回ってすごいしっくり来ると」<br /> Z「最初聞いた瞬間はさすがにそれはないかなと思ったんだけど、ずっと話してるうちに面白くなってきてなるほどバカゲーっていうのはこういうことなのかと」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 是「先程からも色々話題出てますが、東方Projectの方で二次創作作品としてスマートフォン向けのゲームっていうのは今まで許可されてなかった空間だと思うんですけど」<br /> 是「先になぜZUNさんこのタイミングで許諾を出されたのかっていうのか皆さん気になってると思うので簡単に」<br /> Z「ここが一番キモの部分で長くなるんですけど、これは結構記念本にインタビューで書かれてるんだよね。そこを読んでもらうのが一番正確なんですけど」<br /> Z「強いて言えば結構前から色んな所からスマートフォンのゲーム作りたいって来てた。でも一過性のすごい盛り上がりのあるときはちょっと避けたくて、しばらく出してなかったんだけど」<br /> Z「このまま出せないのも結構困っちゃうし、いずれどこかで二次創作としてガンガン出せるような時代が来てほしかったの。そこでちょうどいい話が伊東さんの方から来まして、タイミング的には丁度いいと」<br /> 伊「タイミングは本当に偶々なんですけどね」<br /> 是「本を読むと2016年から皆さんタイミング的には…」<br /> 伊「その頃からスマートフォンの流れとかを、ZUNさん常にもっと前から気にしてて、まあそれもあってって言うところでしたね」<br /> Z「要は僕が…今まで二次創作のガイドライン的には僕が出してないところでは出せなかったんですけど、ただ僕がスマートフォンのゲーム出せるかって言うと結構難しくて、どこかでこういう二次創作出してくタイミング、最初のきっかけとしてなったらいいなぐらいの感じで」<br /> Z「多分勘違いしちゃいけないんですけど、僕がこれ作ってるわけじゃないですからねこのゲームは。基本僕はノータッチなんで」<br /> 伊「全部田中さんが陣頭指揮でやってますので」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 是「三鍋さんが実際初めてZUNさんとお会いされたときとかですね、あとゲームの内容固めていくにあたってどれくらいのお時間、先程の日数とか掛かってると思うんですが、どういうイメージでやられてった感じなんですかね」<br /> 三「初めてZUNさんにお会いしたのはちょうど二年前くらいですかね。2016年くらいに神楽坂の居酒屋? 飲み屋であのとき4~5時間お時間頂いて、最初は気軽にビールから始まったんですけど、そのうち日本酒だワインだみたいな感じになりまして」<br /> 伊「みんな平常な状態ではなかったですね」<br /> 是「ちなみにそういうときにこういうゲームで行こう、ああいうゲームで行こうみたいな感じのお話もされてた?」<br /> 三「そうですね、僕らとしてもちょうどアニプレックスとして2016年の夏ぐらいですね。本格的にスマートフォンゲームに取り組むってところで、そういう話を伊東さんとしながらお会いしてたんですけど」<br /> 三「幾つかジャンルとしては案を持ってはいましたね。ただその中でZUNさんの今までのゲームに対する想いとかお考えを聞く中で、今回のいわゆるボードゲームっていう所に行き着いたという感じですね」<br /> 是「ZUNさんはボードゲームに行き着いたときとかってどういう感想を持たれたりとかありましたかね?」<br /> Z「僕の所に来たのは順番的には結構最初からボードゲームだったので。考えていってこういうジャンルになったというよりは、ボードゲームありきで話になったのでちょっと感覚が違うんですよね」<br /> 三「ボードゲームってそもそもみんなで遊ぶゲームじゃないですか。東方の文化っていうのもみんなで巻き込んで、ユーザー同士でやってくみたいなところもあるので、そういった意味でも相性がいいんじゃないかと思ってます」<br /> 是「伊東さんとかも立ち上げの段階で色々悩まれたりとかされたんですかね」<br /> 伊「ゲームの内容に関しては僕はあまり深くは突っ込んでいってないんですけど、とにかくスマートフォンの環境を東方Projectの中で実現していったら面白いだろうというの」<br /> 伊「PlayDoujinをお手伝いさせてもらっている中でもう必然的に考えついて、提案しにいったと。最終的にボードゲームに行き着いたのはやっぱりみんなの総合力というか、そういうところで結果が出てきたという感じで、最初はまた別の企画だったりとかはしたんですよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 是「田中さんは最初にキャノンボールのお話頂いたときにはどんな感想だったんでしょうか?」<br /> 田「すごく驚きましたね。私QuatroAに入って(初めて)のお仕事がこのキャノンボールになりますので、正直アニプレックスの子会社というところだったので、アニプレックスの作品のどれかのゲームを作ってくれってお話があると思ったので、東方Projectって聞いたときにはときには本当にびっくりしました」<br /> 是「ちょっと予想外のところが来たなって感じで」<br /><br /> 是「何か(ニコニコ生放送の)おもしろ弾幕ありました?」<br /> 伊「コメント見ながら話すのアレですね」<br /> Z「コメントが基本ガチャの話しかしてないんだよ。その辺の話はこの本を読めと」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>4:12~ 東方キャノンボールの内容公開。</strong><br /><blockquote><p> 流れたPV<br /> <a href="https://www.youtube.com/watch?v=DrzRySNXwBU" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=DrzRySNXwBU">https://www.youtube.com/watch?v=DrzRySNXwBU</a><br /><blockquote><p> Z「驚きの内容の無さ」<br /><br /> 是「声入ってた、可愛い子たちが」<br /> Z「そんなの他の二次創作でもやってるよ」<br /> 是「まあまあ田中さんお願いします」<br /> 田「声はいってたんですけど、今全世界でPV初公開させていただきました。でこの場でキャストについても公開させていただきます」<br /> 田「博麗霊夢を鬼頭明里さん、霧雨魔理沙を飯沼南実さんにご担当いただきます」<br /> 是「みんな拍手!」<br /> Z「多分みんなピンと来てないよ」<br /><br /> 是「キャスト含めて他のキャラ山ほどいますけど、続々発表されていく予定なんでしょうか」<br /> 田「その予定です。初期段階で40キャラクターを目標に今制作しておりまして、この後決まり次第どんどん発表していきたいと考えています」<br /> 是「ZUNさん声が乗りましたが、これ二次創作だからちょっといいかなみたいな」<br /> Z「個人的には嫌なんだけどね」<br /> 是「あら」<br /> Z「もう勝手にやるもんだししょうがないよね。内容には触れない」<br /> 是「ばちっと嵌ったメンバーじゃないですか」<br /> Z「ここで文句言われても、僕のせいじゃないから」<br /> 是「そこは二次創作的な…」</p></blockquote><br /> 開発中の動画が流れる。<br /><blockquote><p> Z「どうツッコんでいいか分からないんだけど」<br /> 是「あの、ツッコミ前提なの? ツッコみたい所は多いんですけど」<br /><br /> 是「これバトルシーンですよね」<br /> Z「なんで戦ってるんだろう」<br /><br /> 是「どうですかZUNさん(LIVE2Dで)ぬるぬる動いてましたけど」<br /> Z「ね」<br /> 是「興味を持てよ」<br /> 三「今ビールが無いから」<br /><br /> 是「どうでしたか、先程画面でも色んなキャラクターの弾幕再現されてましたけどいかがですか」<br /> Z「ね、もうちょっとキャノンボール感欲しいよね」<br /> 是「それはこれから入ってくるんじゃないですか」<br /> 伊「ちょっとこれはゲームのベーシックな部分…」<br /> 是「キャノンボール感って初めて聞いた日本語なんですけど。あんまり考えずに言いました今?」<br /> Z「いやいや、これキャノンボールってタイトルが後から決まったので、そのタイトルが決まってたらもっとこうした方が良かったってきっとあると思うんだよね」<br /> 是「じゃあ今からその辺が」<br /> 田「キャノンボール感をこれからいっぱいふんだんに盛り込んでいきます」<br /><br /> 是「この辺のゲーム画面というのはZUNさん色々と見られているんですか」<br /> Z「まあちょっとだけ」<br /> 是「キャノンボール感とかもそうですけど、やっぱりスペルカードとかこういう風に演出されるっていうのは面白いかと思うんですけど」<br /> Z「そうなの?」<br /> 是「えっ、違うんですか」<br /> Z「そういうところはお任せしてます」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 伊「東方Projectでせっかくアプリを出させてもらうからには、普通に同じようなゲーム性で出してもっていうことだと思ってて、なんとかみんな一緒に参加できるというか、そういう方法をZUNさんも前から言ってくれてたんですよね」<br /> Z「むしろそこが足りないんじゃないかと。二次創作するのに、ただ単に二次創作の絵が出たりとか曲が流れるだけじゃ意味ないだろうということはちょっと言いました」<br /><br /> 是「これはイオシスさんに決まった経緯みたいなのっていうのは何かあったりするんですか」<br /> 田「弊社QuatroAの札幌スタジオの公園を挟んですぐ、一分のところにイオシスさんが」<br /> Z「物理的に距離が近い」<br /><br /> 三「さっきユーザーの方にも触れましたけど、基本的にはイラストレーターの方とか、音楽を作ってる方とか色んな方に参加していただくことが、この東方キャノンボールの一つの目的でもあるかなと言う風には思ってます」<br /> 是「ある種の交流の場を作っていこうというわけでございますね」 <br /> 伊「それを目指したいですね」<br /> Z「まあ最初はね、そういう話で僕の所に来て、実際にどうするんだろうなっていうのはほんとにお任せでよく分からない」<br /> 是「どうやって集めるのかなみたいな」<br /> Z「そこで二次創作の人たちが自由に参加できるように、もっと一歩踏み込んだ何か自由に参加する方法ないのかなーみたいなのを考えてる。そういうのが欲しいなと」</p></blockquote></p></blockquote><br /><br /><strong>4:29~ ZUNさん北海道へ行く。</strong><br /><blockquote><p><br /> 是「田中さん、なぜこういう応援イラストを今回集めようと思ったのか教えていただけると」<br /> 田「今年の夏にですね、ZUNさんに弊社札幌スタジオの方にお越し頂いたときに、ホワイトボードに思い思いのイラストを描かせていただいて、それを見て頂いたというところが深く印象に残っており、今回の色紙イラスト募集をさせていただくことになりました」<br /> 伊「そんなきっかけだったんですか」<br /> 是「まずZUNさんが札幌に行かれて、僕噂に聞いたんですけどウェルカムボード的なものを作られたっていうのが」<br /><a href="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/20190106200417b0d.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/20190106200417b0ds.png" alt="第五回秋季例大祭2" border="0" width="400" height="225" /></a><br /> 田「そのときのイラストがこちらになります」<br /> Z「これね。よく見ると酒が結構ある。カニとシャケとか」<br /> 是「こういうのを見て、応援する企画って面白いなということで今回の冊子に繋げた感じなんですかね」<br /> 田「はいその通りです」<br /> 是「ちなみにZUNさん札幌の視察に行かれたときっていうのは」<br /> Z「あれは家族旅行だよ。子供と一緒に行ってね」<br /> 是「子供と一緒に四人で」<br /> Z「二泊三日の間ほとんど家族旅行で、ちょっと小一時間立ち寄っただけです」<br /> 伊「ちょっと立ち寄ってみた感じの、一瞬仕事をする」<br /> Z「マジでそんな感じでした」<br /> 是「どうでした家族旅行は」<br /> Z「良かったですよ」<br /> 是「どの辺り行ったんですか」<br /> Z「ほんとに市内なんですよね。円山動物園とか」<br /> 是「円山行ったんですね。旭山までは…」<br /> Z「あんな遠くまで行ってない」<br /><br /> Z「結構ジンギスカン食べたり」<br /> 伊「ジンギスカンに関してはテンション上がってましたよね」<br /> Z「ビール園行って、ビール園いいね」<br /> 三「サッポロビールのクラシックの生」<br /> Z「生で…ジンギスカンが美味しい」<br /> 是「円山動物園はもぐもぐタイムとか見たんですか」<br /> Z「見ましたよ…見たかな? その夜ビール園に行くことしか頭になかった」<br /><br /> 是「じゃあZUNさんは一周回って頑張ってねーみたいな」<br /> Z「みんな喜ぶと思いますよって言われて行ったけど、結構全然会話が弾まなくて。これ仕事邪魔してるだけだと」<br /> 是「冊子の方でも仕事してくださいみたいなZUNさんのコメントが」<br /> 田「このイラスト描くのに仕事時間使って描いてたので…」<br /> Z「基本仕事場に行って、仕事場でおおはしゃぎもできないよねみんな。社会人として。凄い邪魔しに行っただけでした」<br /><br /> 是「なんか随分子供の話で盛り上がったって噂聞きましたけど」<br /> 三「そうですね、僕一番最初にZUNさんにお会いしたときの冒頭30分ぐらいは子供の寝かしつけについての会話を。結構みなさんお若いんであれかもしれないですけど」<br /> 是「ここ全員子持ち」<br /> Z「パパトークしちゃうんだよね」</p></blockquote><br /><strong>4:35~ その後の展開について。</strong><br /><blockquote><p> Z「これ最初に書いてある座談会ってさぁ、結構ここで配ってるだけだと勿体無い気がするんだよね。僕の言いたいことは実はここに書いてある」<br /> Z「ただ会場の人たちとネットで聞いてる人たちとの温度差がすごい」<br /> 三「それで言うとですね、今回のこの発表記念本なんですけども冒頭でZUNさん交えて意見交換させていただいて対談の様子が書かれておりまして」<br /> Z「多分ですけどコメントでさっきからガチャガチャ言ってる人と僕は同じこと言ってるから、そこはぜひ読んで欲しいなと思う」<br /><br /> 是「基本的には今回のZUNさんのコメント等々こちらの重要なこと僕も読ませていただいて、今日のトークよりも正直ものすごい深い内容が。酒飲みながらよくこれを引き出したなって感じですけど」<br /> Z「正直言うとこういう放送のときにそんなに深いこと言えないですよ」</p></blockquote><br /><strong>4:39~ 最後に一言。</strong><br /><blockquote><p> Z「そうですね、結構コメントが荒れてたみたいで、でもこれは予想通りであります」<br /> Z「僕もきっとそんな感じなんだろうなーと思ってたんですけど、まあそうは言ってもねスマートフォンゲームを作らないわけにはいかないので、今回こういう機会があったので僕が作ってるわけじゃないんですけど」<br /> Z「二次創作をこれから色々面白い…例えば許可をすれば面白いゲームを作るところも出てくると思う。僕はここで独占的にこのゲームを出すっていうつもりはないです」<br /> Z「ってなってくると、結局面白いかどうかはユーザーが決めていいと。こういうのが嫌だからやらないってやれば、多分そのゲームは続かないしよりいい方法を見つけていくんじゃないかと」<br /> Z「っていうことを楽しみに見てます。そのスタートラインとして今ここにいるのかなと思っています」<br /> 是「素晴らしい。完璧にいいコメント貰って逆にびっくりしてるんですけど」<br /> Z「これは要は開発者にちょっとプレッシャーを与えてるわけです、適当にやっても多分うまくいかないよっていう考え方です」<br /> Z「ただそれも、ユーザーも自由にこれをうまくいくように頑張ってみんなで盛り上げていこう、とかじゃなくたって良いところを盛り上げていけばいいだろうという考え方です」<br /> Z「将来的に僕が公式でSTGをスマホで出したらそのときは応援してください(笑)」</p></blockquote><br /><strong>4:45 ステージイベント終わり。</strong><br /><br /><br /><br />その後公式サイトが開設され、発表記念本も公開された。<br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">【お知らせ】<br>博麗神社秋季例大祭にて『東方キャノンボール』の開発を発表致しました。<br>公式サイトはこちら⇒<a href="https://t.co/RV1UNq86Hs">https://t.co/RV1UNq86Hs</a><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E6%96%B9CB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東方CB</a></p>&mdash; 東方キャノンボール (@Touhou_CB) <a href="https://twitter.com/Touhou_CB/status/1051352175136272389?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年10月14日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">【お知らせ】<br>博麗神社秋季例大祭にて無料頒布した「東方キャノンボールProject発表記念本」の内容を公式サイトにて公開致しました。<br>是非ご覧ください。<a href="https://t.co/u8EORnIHvL">https://t.co/u8EORnIHvL</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E6%96%B9CB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東方CB</a></p>&mdash; 東方キャノンボール (@Touhou_CB) <a href="https://twitter.com/Touhou_CB/status/1055030332834045952?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年10月24日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><br /><br /><strong>4:55~ ステージの後、公式生配信の東方乙女部の宣伝に登場。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/20190106200417933.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/20190106200417933s.png" alt="第五回秋季例大祭3" border="0" width="400" height="224" /></a><br />Z「あっち(ステージ)ちょっと緊張しちゃった。初めての経験」<br /><br /> 是「ZUNさん最近料理とかされるんですか?」<br /> Z「(ちょっとだけのジェスチャー)おつまみとか。ちょっとだけねちょっとだけ」<br /> 是「お嫁さんが基本的には全部…」<br /> Z「だいたいお任せしたいけどやっぱりちょっとだけ」<br /><br /> Z「家でこれで料理やだなぁ。一応東方は仕事でもあるので、仕事っぽくなる」<br /><br /> 是「お化粧されますかZUNさんは」<br /> Z「しない…化粧はないな。今まで一回だけ。こういう生放送よく出るんですけど、普通生放送こうやって出るじゃないですか。別になんともなく飲みながらいぇーいって出てくるんですけど」<br /> Z「あれは電撃だったかな…そっちの公式チャンネルなんかに出たときにメイクさんがいて、顔にファンデーション塗られたときにえーって」<br /> 是「テカりとか抑えるやつ」<br /> Z「顔が白っぽくなった、みたいな。そういうことありました」<br /><br /> Z「今日新宿行ってきたんですけど、新宿のアトレ今ジョジョになってますね。ジョジョの五部のコラボしてる。それ観てきた」<br /> 是「ジョジョ今新番始まってますからね。観ました? 第五部」<br /> Z「観た観た。早いね話が」<br /> 是「あれぐらい詰めてかないとね」<br /> Z「長いからね」</p></blockquote><br /><strong>5:12 ZUNさん降壇。</strong><br />この後アフターイベントにもZUNさんが出たらしいんですが、情報不足でちょっとわかりません。<br />ごめんなさい。<br /><br />
130

あそぶ!ゲーム展 STAGE.3 東方projectZUN氏インタビューのメモ

http://channel2.skipcity.jp/pc/popup/?md=mus_asbgmtn3zunbyon_960x540&mw=560&mh=3152018/12/27(日) 公開【出演(敬称略)】ZUNおにたま(インタビュアー)0:00~ OP~東方靈異伝についての話など。 お「最初の一作目、霊異伝の作ったきっかけというか、そもそもPC9801という機種で作り始めたきっかけっていうところから行ってみたいと」 Z「その当時まだパソコンに触ったことがなくて、大学入った瞬間にゲーム作るのにちょっ... <a href="http://channel2.skipcity.jp/pc/popup/?md=mus_asbgmtn3zunbyon_960x540&amp;mw=560&amp;mh=315" target="_blank" title="http://channel2.skipcity.jp/pc/popup/?md=mus_asbgmtn3zunbyon_960x540&amp;mw=560&amp;mh=315">http://channel2.skipcity.jp/pc/popup/?md=mus_asbgmtn3zunbyon_960x540&mw=560&mh=315</a><br />2018/12/27(日) 公開<br /><br />【出演(敬称略)】<br />ZUN<br />おにたま(インタビュアー)<br /><br /><br /><br /><a href="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/201812311909317ba.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/201812311909317bas.png" alt="遊ぶゲーム展3" border="0" width="400" height="224" /></a><br /><strong>0:00~ OP~東方靈異伝についての話など。</strong><br /><blockquote><p> お「最初の一作目、霊異伝の作ったきっかけというか、そもそもPC9801という機種で作り始めたきっかけっていうところから行ってみたいと」<br /> Z「その当時まだパソコンに触ったことがなくて、大学入った瞬間にゲーム作るのにちょっとパソコン欲しいなって感じで」<br /> Z「何のパソコン買うのがいいんだろうから始まってるので、まったく予備知識が無かったんです。一番売れてる98なのかなと」<br /> お「取り敢えず何か買えば作れるだろうっていう?」<br /> Z「何でも勉強できるんじゃないのみたいな」<br /> お「それまではゲームのプログラムとか一切やったことがない?」<br /> Z「一切やってない」<br /> お「じゃあ買ってから覚え始めた。今と違ってPCの機種ごとに作り方も違うし、動かし方も違うということで」<br /> Z「直にハード触んなきゃいけないですからね」<br /> お「まずそれも勉強して覚えなければいけないですけど」<br /> Z「今みたいにインターネットとか…あったんですけど、家ではやれない時代でしたし。」<br /> お「じゃあ本買って」<br /> Z「本買って、自分でこうしたらどうなるのか毎回止まっては試すみたいな」<br /> お「絵を出すだけでも結構大変」<br /> Z「動かそうとするとさらに大変」<br /> お「一作目音楽も入ってるし、絵も動いて、ちゃんと動いているのは相当すごい」<br /> Z「でもこれを作る前に幾つか作ってます、勉強として」<br /> お「なるほど習作が」<br /> Z「一番最初に作ったのはぷよぷよでしたよ」<br /> お「落ち物?」<br /> Z「完全にぷよぷよのコピーを作りました。ちゃんと対戦できるように作りましたよ」<br /> お「もう既にそこまで?」<br /> Z「そこまでやったら、後は何でも作れるのかなーと思って」<br /> お「いきなり作れるっていうのは相当凄いことだと思います」<br /> Z「でもそこはちょっと焦りがあって、ゲーム作るサークルに入ったんですけど、みんな知識あるわけじゃないですか」<br /> Z「もう結構みんなパソコンとか知ってるし作れてるので、それはもうこちらとしては必死に勉強しなきゃいけない、追いつかなきゃいけないと思って勉強して」<br /> Z「GW中とかに勉強してたらそれなりにだいぶ…やっぱり必死さがあると覚えます」<br /> お「なるほど…それは同じ先輩とかから教わったり」<br /> Z「全然」<br /> お「独学で全部?」<br /> Z「もう学校に行かずに、家で必死に」<br /> Z「文化祭のときまでに何か出来ないかなーみたいな感じで」<br /> お「目標があって、それに向けてとにかく頑張って作ってたっていう」<br /> Z「それまでにはそれなりな形になってないとなーって」<br /> お「それは相当毎日何時間も頑張った」<br /> Z「でも楽しかったですよ。動けば」<br /> お「動くと楽しいですよね。それは絵とかはどうやって描いてた?」<br /> Z「絵は最初の頃は…マルチペイントなんですけど」<br /> お「あMPS、98で出てた良く出来てる」<br /> Z「絵も仕方がなくが強くて…絵もあまり描いたことがなかったですけど」<br /> お「そうなんですか!」<br /> Z「仕方がなく絵を描く」 <br /> お「ゲームに使う絵を描くのがとりあえず自分しかいなかった」<br /> Z「一番最初には音楽が作り方りたかったので、パソコン買ってまずは音楽作るわけです。それをゲームに使いたい」<br /> Z「でプログラムを勉強して、ゲームには絵が必要だから絵を描いたって感じですよね」<br /> お「最初に音楽を作って、それをゲームに入れてっていう」<br /> Z「最初はMIDIで作ったのでハードはあまり関係なかったんです」<br /> お「MIDIから最初に作って、後で本体の音源に作ったっていう…キーボードでいきなり曲を作る?」<br /> Z「当時はそうでしたね」<br /> お「楽譜とかではなく?」<br /> Z「キーボードですけどゲームのやつはMMLなんで、弾いてMMLに直すの繰り返しです。今もあまり変わらないです」<br /> Z「結局今も弾いて打ち込んで作ってるので、今も昔もやり方は変わってないですねそこだけ」<br /> お「音を確認しながら作っていくっていう」<br /> Z「今のほうが弾いた音とまったく同じ音が出るので楽ですけど」<br /> Z「音楽に関しては小さい頃から好きで、ずっと家で弾いたりしてたし、曲を作ってみたりしてたので曲自体はすんなりだった」<br /> Z「それをパソコンで演奏するのにちょっと時間がかかっただけで」<br /> お「それをずっと家で?」<br /> Z「コタツの上にパソコン置いて、寝て起きて電源つけて、また電源消して寝てました」<br /> お「えー、一日中それだけをやって!?」<br /> Z「そういう生活してました」<br /> お「それすごくいいですよ」<br /> Z「一日って言っても分からないですよ、一週間に何回寝て起きてるからわからない」<br /> お「やってる間に日が出て日が沈んで…」<br /> Z「眠くなったら寝て、目が覚めたら電源つける」<br /> お「理想的な生活ですね」<br /> Z「理想的じゃない(笑)。多分大学生ぐらいじゃないとできない」<br /> お「開発する上ではほんとにそれで集中できるし、プログラミングってほんと集中力いるんで」<br /> Z「卒業できるギリギリの単位だけ取って卒業しました、だから。あんまりオススメできるアレじゃないですけど」<br /><br /> Z「懐かしいなぁ(後ろのゲーム画面を見ながら)。ほんとに一作目は習作で、これこそプログラムもパソコンもよく分からず作って」<br /> お「でもブロック崩し風ゲームだけれども、STGっぽい要素もあり」<br /> Z「本来はSTG作りたいんだけど、まずプログラム的にスクロールさせることがまだ出来なかったので、でも固定画面STGってたまに、昔はありましたしたまに出てたんですけど、そんなに面白くないので」<br /> Z「それでなんか別のことできないかなーって思って作った」<br /> お「自分がお祓いと言うか弾を撃ったりだとか、ブロック崩し風かと思いきやボスが出たり」<br /> Z「一応STGを将来的に作るにはどうすればいいかを勉強して」<br /> お「基礎的な形が全部できてる。まあ東方の一作目ということで、世界観も最初から頭の中にあった?」<br /> Z「そうですね、今ほど膨らんでる世界じゃないですけどちょっと変わった東方の世界で、当時は巫女さんが出るゲームっていうのがほとんど無くて、巫女さん自体がマニアックな存在だったのでそれを使ったという」<br /> お「なるほど。習作を作ってるときもこういう世界観でっていう」<br /> Z「どちらかというと音楽に関しては自分で世界観が選べないので、好きな曲打ってバーンって作ったらそれに合ったゲームを作らなきゃいけない」<br /> Z「それがだいたい昔と今で変わってないので、好きな音楽のジャンルが東方の世界観になってるのかな」<br /> Z「この靈異伝は音楽がメイン。音楽から生まれてるようなゲーム」<br /><br /> Z「学祭のときは結構評判で、みんな遊んでくれて楽しかったんですけど、毎回5面を越す人がいないぐらいな感じで。これすごい先まで作ってあるんだけど、学祭ではまず最後までいかないからそこで無料配布したんです。家で遊んでくださいって」<br /> Z「ただこれを作ったときに、すごくちゃんと作ったからその後サークルでコミケに申し込んでこれをちゃんと売ろうという話になったのは、この学祭に出したときのサークルみんなの反応でした。」<br /> お「それくらい良く出来てると」<br /> Z「ほんとにラスボスまで盛り上がっててエンディングまで作ったんだけど、学祭ではそこまで行く人はいないわけですから、それ用に作ったというよりは一応一つのゲームとして作ったつもりだったので勿体無いと」<br /> Z「じゃあ次回申し込んで売ろうよって話になって、次回申し込むときにはもう一本作っちゃうという。せっかく申し込んだんだから次の作品作っちゃおうよというような感じでしたね」</p></blockquote><br /><strong>9:45~ 東方封魔録についての話など。</strong><br /><blockquote><p> お「二作目、今度はSTGに」<br /> Z「ガチのSTGをようやく作れた」<br /> お「これはSTGを最初から作りたかったっていう」<br /> Z「一応STGを作るためにPCを買ったみたいな」<br /> お「これはもうかなり色々準備をして…」<br /> Z「すぐここまで行かれなかったのは、スクロールが難しかった。スクロールさせるのが難しくて」<br /> お「スクロールさせるのがまず難しいですし、1ドットずつ動かすのが当時は物凄い難しい」<br /> Z「まず縦の方が楽なの。横スクロールはさらに難しい」<br /> Z「これが結構特徴的なのが、当時弾幕って言葉が全然無くて弾の多いゲームを僕は作りたかったの。弾幕って言葉が存在しない」<br /> お「じゃあまだそういうのが全然ない頃に弾をいっぱい出したかった」<br /> Z「弾を出すためにどうすればいいかっていうのは結構課題で」<br /> お「研究してた」<br /> Z「一作目だとそうでもないんですけど、四作目まで行くと今風の弾幕になるんです。そのときに背景を消すんです」<br /> Z「いっぱい出したいから背景を消してそういう演出にしてたんですけど、それが今のシステムでいうスペルカードに繋がってるんです」<br /> Z「今は重たいからそうするって必要はないんですけど、あれは結構演出的に良かった。弾がたくさん出るときに見やすい背景にしてしまえみたいな」<br /> Z「元々は弾がたくさん出したいがためにやった苦肉の策だった」<br /> お「縦の画面じゃないですか。縦スクロールSTG。縦に拘ったっていうのは何か?」<br /> Z「それは僕が縦STGが好きなんですよね。別に横STGやらないとかじゃないんですけど、アーケードで遊ぶとしたら縦STGの方が好きで」<br /> Z「家庭用はテレビが横だから横でもよくやったんですけど、横STGは自機を外から見て自分で操作してるイメージ。そうすると操作が上手くなくて死ぬっていうもどかしさを感じるんですけど」<br /> Z「縦STGは自機そのものが自分のイメージで、立ち向かってくる敵を自分が撃つって感じになるのでよりシンプルな感じ」<br /> お「進んでいく方向が同じなので」<br /> Z「もう自分が死んだ。自分の操作で死んだ。横STGはそこにあるおもちゃを動かしてるイメージでちょっともどかしくなっちゃう、で縦STGの方が好きだった」<br /> お「直感的じゃない」<br /> Z「で結果ハード的にも縦STGの方が作りやすかったので、よかったんですよね」<br /> お「98のテクニックなどと合わせて。このとき初めてコミケに?」<br /> Z「コミケに参加したときはこの2つの作品を最初に出しました」<br /> お「このときはどうでした、出してみて」<br /> Z「出してみて…正直言うとちょっとしか持って行かなかったんですけど、記憶が確かなら靈異伝は30枚の封魔録が50枚くらいだったような気がする」<br /> Z「当時フロッピー焼くのにもすごく時間がかかったんで、それだけ焼くだけでも相当かかりましたし」<br /> お「一枚一枚手で」<br /> Z「プリンターとかも持ってなかったんで、ジャケットにあるやつとかはコピックで描いて、紙に描いた絵をセブンイレブンでカラーコピーして」<br /> お「カラーコピーで! プリンターじゃなかった!」<br /> Z「結構コストかかっちゃうんですそれだと。これマスターディスクです。資料持ってきてくれって言ったらこれしかなくてね」<br /> Z「これは本当に一番最初に出した靈異伝の」<br /> お「文化祭で」<br /> Z「文化祭で配ったやつです。コミケで出すときは絵も必要だって言われて絵を描いたんですよね」<br /><br /><a href="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/20181231190927664.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/20181231190927664s.png" alt="遊ぶゲーム展2" border="0" width="400" height="222" /></a><br /><a href="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/20181231190925359.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-123.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/20181231190925359s.png" alt="遊ぶゲーム展1" border="0" width="400" height="223" /></a><br /><br /> お「初期のやつがカラーコピーで作ってた…」<br /> Z「絵自体は全部カラーコピーだったこんな感じの、もうほんとボールペンとコピー機で。ボールペンですよ」<br /> お「期間内に全部自分でやってるわけですよね。絵も描いて音楽も作ってプログラムやって。ゲームもデザインしてるっていう」<br /> Z「これに関しては最初からわかってたことじゃないんですけど、ずっと曲作ったりずっとプログラムしたり絵を描いてるよりは、曲作るのに飽きてちょっとプログラムしよう、プログラム作るのに煮詰まったから絵を描こうとか」<br /> Z「自分でペースを変えられるので気分転換が永遠に続いて良かったのかなと思う。今も結局ずーっと作ってて気分転換になります。ちょっと気分転換に曲作ってみようかとかできるので」<br /> お「でちょっと出してみた感想としては」<br /> Z「出したときに結構みんな食いついてきて、当時大々的に宣伝するとかもなかったんですけど、その場で来てみんな98のゲームとか買っていく中、これ面白そう面白そうって買っていくわけですよ」<br /> Z「すぐ売れてすごい嬉しかった。完売した。それですぐ次に申し込もうってことになって、申し込んだときにもう前の感想言ってくる人がいっぱいいるわけだよ。すごい面白くて」<br /> お「それは相当なヒットがそこであったということで」<br /> Z「で面白いっていうのがいっぱい来て、良かった」<br /> お「いい流れですね、最初自分が楽しく作っててさらに反応も」<br /> Z「じゃあもう次の作品あるぞみたいな感じで、そのときになって次の新作があるわけですよ」<br /> お「そうですよね、じゃあ次はその人たちに向けて次のものを作ろうという流れが」<br /> Z「ほんとコミケがあったから、その元々の作りたい欲もゲームをいずれ作りたいから大学に入って、でも自分が必死に勉強した理由も学祭で出すから」<br /> Z「遊ぶ人がいるからそこに向けてどういうの作ってるかみんなに内緒で必死に作ってたのが、コミケに出した途端に目標がコミケになるんですよね。コミケでこういうの人に遊んでもらおうという風になって」<br /> Z「それが僕の方でうまく回ったと言うか」<br /> お「やっぱり誰かに遊んでもらいたいっていう。自分の作った世界をみんなに見てもらいたいと」<br /> Z「それを見せるまでは中にいっぱい仕掛けを用意して、秘密にして秘密にしてバーンで出しとくとやっぱり楽しい。作るときのモチベーションが上がる」<br /> Z「きっとみんなここで死ぬんだろうな、みたいな」</p></blockquote><br /><strong>17:30~ 東方夢時空についての話など。</strong><br /><blockquote><p> お「夢時空…(クレジットを見ながら)これがね、またすごい技術が上がってると僕個人的に見て思ったんですけど」<br /> Z「時間が余っちゃってるんですよ」<br /> お「これは相当スプライト、というか絵がいっぱい出てる。これもまた色々研究して、技術を高めたというか」<br /> Z「そうですね」<br /> お「これ左と右で両方出さなきゃいけないから、単純に考えてすごい絵がたくさん動いてる」<br /> Z「これはさっき言った通りに背景を出さなくした。それだけでまずたくさん出る。そうするとこの縦のドットを400ラインから200ラインにしたことによってさらに倍出せる。そうやって実現した無茶苦茶弾の出るゲーム」<br /> Z「僕の作りたかった弾幕というのをやってみた。ゲーム内容はそのとき好きだったティンクルスタースプライツですけど」<br /> お「対戦シューティングっていうね。この形式も面白いんですけど、やっぱりいっぱい出したかった、弾を」<br /> Z「とにかくいっぱい、最初のうちはおとなしく見えて、最終的にはわけわからなくなるぐらいを、それこそ98の限界まで出してみたかったんですよね」<br /> お「確かに。これは本当に弾がすごい量出てきて。ここでキャラクターとかも多彩になってきて、世界観もすごいはっきりしてきた」<br /> Z「それに関してはどうしてもキャラクタをたくさん出さなきゃいけなかったことが、正直言うと僕の中でのネックでもあったんですよね」<br /> お「選ぶキャラクターを用意したいっていう」<br /> Z「この後に同じようなゲームをWindowsでも作ってるんですけど、そのときはもうキャラクターがいっぱいいるので誰を出すのかっていう選択肢になるんですけど」<br /> Z「このときはこれ用にキャラクターを作らなきゃいけない、ストーリーの説明とかもできないのでそれがネックでしたね」<br /> Z「ゲームの性能からキャラクターを考えるっていう考え方で、キャラクターごとに性能が違うで」<br /> お「ゲームの仕様に合わせて」<br /> Z「後ろから出すやつ出したいな、横から出すやつ出したいなみたいな性能で考えてましたね」<br /> お「ストーリーとかはどの段階で考えてるんですか? ゲームを作りながら…」<br /> Z「これはね、ストーリーなんて何も考えてない」<br /> お「台詞とか会話シーンみたいなのは」<br /> Z「正直言うとPC98で作った頃はストーリーは後回しでしたね。ストーリーはおまけで、とりあえず作りたいゲームを作ってみて後でストーリーを考える」<br /> Z「今はもうちょっとストーリーを強めに、軸に考えたりするんですけど、当時は全然」<br /> お「まずゲームを作りたいっていう」<br /> Z「でもストーリーが無いとキャラクター選択する意味ないからストーリー考えるみたいな。有って無いようなストーリー」<br /> Z「昔からアイディア勝負でゲーム作るのが嫌いで、ちょっとゲーム会社行ったときもゲームはアイディアだって風潮もあって、そうじゃないと思うんだよな…」<br /> Z「ちょうどそのPSが出た頃ってアイディア勝負みたいなゲームっていっぱい出たんですよ。バカゲーっぽいのが。どれも面白くなかった」<br /> Z「たまに面白いのあるけどそれはアイディアだけじゃないの、ぜんぜん違うところが光ってたの。これを見てゲームはひとアイディアじゃないなと」<br /> Z「居酒屋で、あそれ面白いねぇみたいなアイディアで作ったゲームなんて面白くないの。っていう風に大学の頃から思ってました」<br /> Z「ちょっとそういうゲームが多くなりすぎちゃって、ちょっとアイディアとか奇抜なタイトルが好きじゃなかった」<br /> Z「もうちょっとオーソドックスにSTGで」<br /> お「普通のSTGだけど、その中をさらに煮詰めて面白くするっていう」<br /> Z「STGに奇抜な要素を一つ入れるというよりは、もう全体を通して見てしっかり作ってあって、細かいところでそれぞれにちょっと驚きがあった結果全体が今までにない珍しいものである、にしたい」<br /> Z「なにか一つとは言えない。偉そうなことを言うとそういうことを考えてました」<br /> お「本当に完成度の高いっていうゲームを突き詰めて、色々その度毎に」<br /> Z「その完成度っていうのもね、一個一個…当時もみんな完成度とか言うんですけど、ちゃんと絵を描いて曲もちゃんとこういう曲作って、ってそういう完成度じゃないんですよね」<br /> Z「その部分は人を集めればなんとかなるから出来ちゃうし、そこの部分が重要なゲームであればそこは大切」<br /> Z「たとえば…そういうなんでしょう、○○(不明瞭)のメニューの部分とか次の部分が重要なゲームっていうのはいっぱいあるんですよ。ペルソナみたいなやつだったら、最近のペルソナだとそういう演出込みで世界観が出来てる」<br /> Z「そういうのは完成度としてはすごい重要。そうでもないゲームだとそこの部分にそんな力入れてもしょうがない。むしろこのSTGでOPムービーやってどうすんだって話で」<br /> Z「完成度っていうのは間違っちゃうとそこでフルCGのムービーをつけちゃう」<br /> お「データの量とかではない」<br /> Z「僕の結論としてはげーむをゲーム性で誤魔化しちゃいけないんです。ゲームっていうのはエンタメなんで、みんなが味わって愉しめばいいわけです。そこはそのゲーム性を楽しんでるとは限らない」<br /> Z「ゲーム性とはなんぞやと。ボタンを押してここでランダムで何かがある。運が良くなったとか技能を高めたら自分が操作できるようになったとか、みんなそういうところをゲーム性っていうんだけど、そこではない」<br /> Z「そこを楽しんでいる人もいれば、そこじゃないところを楽しんでる人もいっぱいいる。だからゲームは楽しまなきゃいけない。遊んでる人が楽しまなきゃいけない、そこの部分に力を入れたい。そこがゲームの全てだと思ってます。偉そうに言うと…」<br /> Z「最悪遊ばなくてもいいですよ。今だとそんな感じになってます。それでも楽しんでくれればそれでいいです」<br /> お「そういう世界観がある意味東方Project全体の雰囲気というか、みんなが二次創作とかそこの世界に入ってきやすい土壌を作ってるっていう」<br /> Z「多分その頃尖ってた結果、その結果が丸く見えるというかなんでも許容してるように見える。いろいろ許容するのは尖ってた結果ですよ」<br /> お「今本当に多くの人たちがこの世界を楽しんでやってきてますけど、当初はそういうところまでは考えてなかった」<br /> Z「まったく考えてなかったですね」<br /> お「二次創作とかみんなが作れるようにっていうのを意識し始めたのはどれぐらいのことなんですか」<br /> Z「六作目の紅魔郷を出したときは、旧作五作出すまで出したら大学卒業だったので、でもうゲーム会社に就職するしもうこれで終わりですよって僕の中ですっきりして、あー大学の時面白かったって、大学四年間大学行かなかったけど面白かったってそういう風に思ってたんですけど」<br /> Z「でも就職してから四年ぐらい経って結構不満が溜まってきちゃってうまくいかない。なんだろうこれは、そうか自分で作らないと駄目だなと」<br /> お「今までの話からするとやっぱり会社で作る作り方とはだいぶ違う」<br /> Z「それで自分でWindowsで作り始めた紅魔郷の頃はもちろん二次創作とかいうのも全然考えてない。思ってるのはきっと98の頃出してたような感覚で、出していきなり面白いと驚かせることが出来ると単純にそれだけしか考えてなかった」<br /> Z「きっと面白いからって、出来るよってやって。で次の妖々夢を作る前に二次創作する人が出てきたの」<br /> Z「で冬に妖々夢の体験版出して、その時凄い人が来てこれはすごいことになってるなと、というところからちょっと意識し始めましたね」<br /> Z「なるほど遊んでる人がどう考えて、しかもそれが二次創作で出るっていう。ちょっとそういうのも意識しつつ作るようになりましたね。もう妖々夢あたりから」<br /> お「だからそれまでは自分ひとりの世界だったのが、知らないうちにみんなが」<br /> Z「そうするとその、かなり細かく設定しといてあまり出さない、敢えて奥がありそうな感じで出してくとやっぱりより楽しめるんじゃないかと。遊んでる人もきっと楽しいだろうという感じで中身で設定して作って、表にはゲームの軽い部分しか出さないっていうような作り方に、妖々夢辺りからですね」<br /> お「他の人が作るっていうことに関しては特に抵抗みたいなのはなかった」<br /> Z「なかった。むしろ嬉しいだけでした。今も別に抵抗はあまりない」<br /> お「むしろ嬉しい、作ってもらえて」<br /> Z「やっぱり嬉しいです。ファン同士で見ると二次創作って原作者ってどう思ってるんだろうなって、嫌なのかなって思ってるかもしれないですけど、殆どの人自分が作ったものがみんなが真似して二次創作とかしてくれたらきっと嬉しいと思う」<br /> Z「自分の立場になってみれば絶対嬉しいと思います」<br /> お「そういうのも含めて、なんか凄い優しい人達が揃ってる雰囲気が出てるのかなっていう気がします。そういうのが伝わってるんじゃないかなっていう」</p></blockquote><br /><strong>28:32 動画終了。</strong><br /><br /><br />
129

東方茨歌仙 第48話『迷者不問の暗黒郷』の感想

Febri vol.52掲載東方茨歌仙 第48話『迷者不問の暗黒郷』東方茨歌仙・最新話掲載のFebriは明日13日発売です!電子書籍は日付変更直後から見れると思います!よろしくお願いします~!https://t.co/NsSYGivlzJ https://t.co/w28fVQJzqb— あずまあや3日目シ10a (@a_to_z) 2018年12月12日前回に引き続き霊夢は倒れたまま。天子はなんと茨歌仙四話連続の登場。霊夢の出番が少ないこともあってすっかり主人公の風格である。この... Febri vol.52掲載<br />東方茨歌仙 第48話『迷者不問の暗黒郷』<br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">東方茨歌仙・最新話掲載のFebriは明日13日発売です!電子書籍は日付変更直後から見れると思います!よろしくお願いします~!<a href="https://t.co/NsSYGivlzJ">https://t.co/NsSYGivlzJ</a> <a href="https://t.co/w28fVQJzqb">https://t.co/w28fVQJzqb</a></p>&mdash; あずまあや3日目シ10a (@a_to_z) <a href="https://twitter.com/a_to_z/status/1072809608467570690?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年12月12日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />前回に引き続き霊夢は倒れたまま。天子はなんと茨歌仙四話連続の登場。<br />霊夢の出番が少ないこともあってすっかり主人公の風格である。<br />このままいくと10巻は全話天子が出ることになりそうだ。<br /><br />扉絵は魔理沙と早苗と小町と天子の四人。今回はこの四人がメインとなる。<br />まさか次のゲームもこの四人がメイン…? などどいうのはいささか早すぎるか。<br />そもそもそれだと霊夢がいないことになるが、しかし既成概念に囚われることを嫌うZUNさんのことだから<br />もはや常識になってしまった主人公霊夢を、あえて外してくることが絶対ないとは言い切れない。<br />そんな何か新しいことが起こりそうな茨歌仙最新話。<br /><br /><br />さっそく本編へ。<br />三途の川で話をする天子と小町。<br />前回ノープランながら今の霊夢の状況を調べるとみんなの前で言った手前か、早速行動に移している天子。<br />霊が地獄へ行ってしまった霊夢の行方を専門家に訪ねているようだ。<br />しかし地獄で苦しめられるのは、死後も肉体に未練を持っている者だけという小町。<br />生きたまま霊魂だけが地獄へ行くのは聞いたことがないらしい。<br />気になるのでボス(四季映姫)に霊夢のことを聞いみるという。<br /><br />小町は天人が人間のことに熱心になるのはどういう風の吹き回しなのかと尋ねた。<br />天子は霊夢から血生臭い地獄のような匂いがするといい<br />天人として地獄が地上に手を出そうとしているのを見過ごせないという。<br />小町はそれを見て、普段邪険に扱われているから<br />人間に頼られることが嬉しかったんだろうと察する。<br /><br /><br />その頃博麗神社では。<br />相変わらず眠ったままの霊夢を見張っている魔理沙と早苗。<br />状況には全く変化がなく、医者(永琳)も定期的に問診に来ることもあって<br />お見舞いの客も途絶え、前回見舞金を徴収していたにとりも商売にならないと引き上げていったようだ。<br />見舞い客が来ているコマには前回のメンツに加えて、レミリアやチルノの姿も見える。<br />チルノに払う金があったのかどうかは謎だが。<br /><br />魔理沙は早苗と交代で霊夢の見張りをやっている間、独自に調査を進めていたらしい。<br />にとりが前回霊夢に秘策ありと言っていたことについては<br />客寄せ出来るアイテムを手に入れていたらしいという情報を入手していた。<br />前回の最後に霊夢が持っていた鬼の腕のことで間違いないだろう。<br /><br />しかし魔理沙はそこまで詳しくは分からなかったらしく、ふたたび早苗に見張りを任せ<br />その客寄せできるアイテムを探しに神社を探索しようとしていた。<br />しかし早苗も同行すると言い出し、霊夢に何か反応があったらすぐに判るという結界を張る。<br />今回、魔理沙と早苗の二人きりだからか早苗がかなり砕けた口調になっている。<br />霊夢をさん付けせずに呼び捨てしているが、どうやら霊夢が側にいるかどうかで態度を変えている?<br />今は霊夢が目覚めないことがわかっているので呼び捨てになっているのだろうか?<br /><br /><br />その頃天子は、前回から影も形も見えない華仙の家を訪れていた。<br />最近姿を見かけないというのは、どうやら幻想郷の住人にとっても同じのようだ。<br />返事がないので天子は家の周囲を調べるが、そこかしこに強い封印がかかっていて中に入ることができない。<br />まるで中から何かを逃げ出さないようにしているみたいと天子は思い<br />寝たきりの霊夢についてはここが怪しいと結論づける。<br />天子は懐から緋想の剣を取り出すと、封印された扉に向かって斬りかかった。<br /><br /><br />ふたたび博麗神社。<br />魔理沙と早苗は家探しをしていたが、とくに目ぼしいものは見つけられなかった。<br />しかし魔理沙は神社の本堂に気になるモノをみつけたという。<br />余談だが、本堂はお寺に使う言葉であって、神社なら本殿のはずでは…?(以後本殿を使う)<br />博麗神社の本殿。何気に東方に出てくるのは初めて…だと思う。<br />そもそも本殿があったのかという感じで、外から見てどこが本殿なのかよく分かっていなかった。<br />二人がそこで見たものは夥しい数の爪の跡と千切れた御札。つまり戦いの跡だった。<br /><br /><br />場面はまた華仙の家に戻る。<br />結局緋想の剣でも封印は破れず、扉と格闘し続ける天子。<br />今度は要石でもお見舞いしてやろうかとしているところに小町がやってくる。<br />この屋敷は寝たきりの霊夢と関係があるに違いないと確信している天子は<br />小町の距離を操る能力を使って屋敷に入ろうと試みる。<br />扉の厚さを引き伸ばし、封印と扉の隙間を作れば斬ることができるということらしい。<br />空き巣の片棒を担げと言う天子の提案に小町は乗る。<br />緋想天の頃から絡みがある二人だから、この組み合わせなのかと思ったが<br />それもあるだろうが多分別の理由だろう。<br />この二人は華扇ともそれぞれ知り合いであって、華扇の仙人としての知り合いが天子で<br />華仙の鬼…?として知り合いが小町なのだ。よって華扇の二面性を表していると思われる。<br />天人を目指す仙人茨歌仙と自称大悪党の茨木華扇を使い分けているのだ。<br /><br />小町が詠唱すると周囲はまるで槐安通路のような格子のある空間に変化。<br />封印された入り口の扉をバラバラに分解することに成功する。<br />阿頼耶識~と言っているが阿頼耶識を一言で説明するのは自分には無理なので省略する。エイトセンシズである。<br />東方の○○する程度の能力というのは何種類かあって、自分の得意技や技能<br />種族としての特性や願望みたいなものまで、自己申告制なのでキャラによってスタンスがそれぞれ違うが<br />詠唱が必要ということは、距離を操る程度の能力は死神に予め備わっている能力というわけではなく<br />後天的に習得する技というか術?なんだろうか。<br />この描写を見てなんだか能力バトル漫画っぽいと思ったのは自分だけではないはず。<br />ハンターハンターとかジョジョとかそんな感じ。能力の使い方バリエーションの貴重な描写だ。<br /><br />小町曰く扉の厚さを可変にしたそうだが、絵で見るとどうもわかりにくい。<br />扉のパーツの隙間の距離を広げてその間を通ったという感じの描写に見える。<br />そうして扉の間を通ると、途中に華仙が施したと思われる薄い一枚の封印があった。<br />封印を通り過ぎた天子は、今度こそ緋想の剣で扉を破壊する。<br />これ、既に封印は通り過ぎて中に入れてるんだから、破壊する必要あった…?<br />単に鬱憤晴らしに破壊しただけかもしれない。多分。<br /><br />家の中の様子は普段と変わらず、単に留守だっただけかもと焦る二人。<br />小町は霊夢のことを閻魔(四季映姫)に聞いてきたという。<br />地獄で見たという噂はあるが、正規ルートでの入獄ではないため鬼の管理下にはないらしい。<br />鬼と言えばこの屋敷の主も……と小町が言いかけたとき、天子がやはり当たりだと確信する。<br />霊夢からも臭っていた血生臭い匂いがある部屋から匂うという。天子はその扉を蹴り破って中に入る。<br /><br />そこは茨歌仙の書斎だった。天子が乱暴に散らかっている本をどかすと<br />床に八卦と八芒星(オクタグラム)を組み合わせたような魔法陣?を発見。<br />鬼門(北東)の方向だけがかすれたようになっていて、開放されていた。<br />それはまさしく地獄への通路であり、華扇は地獄と繋がっていると天子は断定。<br />その様子を見てどうしたものかといった顔の小町。<br /><br />一方本殿を探す魔理沙たちを尻目に、霊夢の姿はどこかへ消えていた。<br />早苗の結界役立たず!<br /><br /><br /><br />というところで今回のお話は終わり。まだまだ地獄編は続きそう。<br />華扇が何を思うのか、鬼の腕との関係は何か、華仙の屋敷にあったモノは何なのか?<br />眠り続ける霊夢と無間地獄の謎、なぜ霊夢の身体が消えたのか<br />そして三月精のエピソードとの関連性…いやいや謎が多すぎる。<br />先が読めなくて面白い。<br /><br />前回から多少時間経過しているらしいが、それでもキャラの服装は秋のままなので<br />現実の暦とはズレたようだ。東方の漫画作品は、クライマックスになると時間経過が緩やかになるという特徴がある。<br />儚月抄で月に行ってから、鈴奈庵で小鈴が行方不明になったときなどがそれにあたる。<br />今回も同じなら、もうかなり終わりが近いのでは? という予感もある。<br /><br />そして華仙の屋敷に書かれていた魔法陣?についてちょっと考えてみる。<br />八卦は道教なので仙人が用いるのは普通だ。では八芒星は何なんだろうか?<br />ローマ数字(IとかII)が一緒に書かれているためおそらく西洋の八芒星だと見て間違いないと思う。<br />ちょっと調べてみたところ、ベツレヘムの星という東方の三賢者にキリストの誕生を知らせた星が八芒星で表現されるという。<br />これはもしや華扇が幻想郷の賢者であることの暗示ということなんだろうか?<br />それとも結界ということで他の幻想郷の賢者…つまり紫の介入があったのかもしれない。<br />東方においてはスペルカードの発動エフェクトなどは西洋的な魔法陣が展開されたりするので<br />華仙が使うスペルが東西折衷の形になっていたとしてもなんら不思議ではないので、考え過ぎかもしれないが。<br /><br />そんな感じで今回はおしまい。<br /><br /><br />
128

東方三月精VFS 第12話『死にゆく真夏』の感想

月刊コンプエース2018年12月号掲載東方三月精VFS 第12話『死にゆく真夏』これから12月掲載予定の三月精の打ち合わせです!4話構成の2話目のこのお話では三月精始まって以来のピンチが妖精達を襲います…!わりとシリアス目な展開で風雲急を告げる感じの三月精をよろしくお願いします!— 比良坂真琴@例大祭あ-17ab (@hirasaka8) 2018年9月27日そんな4話構成の最初のお話は、10月26日発売のコンプエースに掲載します!同じ日... 月刊コンプエース2018年12月号掲載<br />東方三月精VFS 第12話『死にゆく真夏』<br /><br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">これから12月掲載予定の三月精の打ち合わせです!<br>4話構成の2話目のこのお話では三月精始まって以来のピンチが妖精達を襲います…!<br>わりとシリアス目な展開で風雲急を告げる感じの三月精をよろしくお願いします!</p>&mdash; 比良坂真琴@例大祭あ-17ab (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/1045258957571252225?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年9月27日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">そんな4話構成の最初のお話は、10月26日発売のコンプエースに掲載します!<br>同じ日に三月精の2巻も発売しますので良かったら是非!</p>&mdash; 比良坂真琴@例大祭あ-17ab (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/1045260209843654656?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年9月27日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />茨歌仙の無間地獄に引き続き、こっちも地獄か? と注目していた三月精。<br />やはりこちらも地獄だった。と言ってもどうやら時系列的にはこちらは夏(茨歌仙は秋)<br />のようなので、今のところは両方の話がリンクしそうな気配がない。<br />本来は9月掲載予定だったのが何故か1ヶ月遅れたので、結果的に茨歌仙と前後してしまっただけか。<br /><br /><br /><br />というわけで本編へ。<br />蝉の鳴く夏真っ盛りの幻想郷。<br />博麗神社の縁側では、霊夢と魔理沙が今夏の幻想郷について話し合っていた。<br />どうやらひまわり畑では四季異変のあった去年より花の背丈が低く<br />プリズムリバーwithHのライブが盛り上がりに欠けているらしい。<br />二人は去年あった四季異変の影響ではないかと疑い、調査の必要性を感じていた。<br /><br /><br />その頃三妖精とチルノ達は、木陰でかき氷を食べながら夏を満喫していた。<br />今年は肌が焼けていないと三人にいじられるチルノは<br />日焼けさせることが出来ないくらい夏が弱くなったんだと反論する。<br />かき氷を食べ終わった4人は、夏を楽しめるところへ行って遊び倒すことにした。<br /><br />魔法の森で、四人はそれぞれ一番夏っぽいものをバラバラになって探す。<br />ルナは朝顔の群生地へ。いつもは人喰い朝顔のいる場所には普通の朝顔しかなかった。<br />スターは虫の集まる樹液の出る木へ。しかし目当ての大きな虫は全然いなかった。<br />サニーは木の上に生る魔法スイカを探しに行ったが、今年のものは例年よりずっと小さいらしい。<br /><br />四妖精が再び集合するが、その成果は芳しくなかった。<br />チルノは水晶のような謎の石を持ってくる。しかしそれは夏っぽくないとして誰も関心を持たない。<br />サニーが今度は河童のキャニオニングをしようと言い出し、玄武の沢に向かうことになった。<br /><br />だが妖精たちが玄武の沢に着くとキャニオニングは開催されていなかった。<br />その場にいたにとりが言うには、原因はわからないが川に生命力が感じられないという。<br />にとりの調査では川に住む妖精が減ったのが原因ではないかと睨んでいた。<br />その間にチルノは森で見つけた石をまたもや発見する。それも大量に。<br />にとりいわく川が死んだのと同時期に見つかるようになった謎の石らしい。<br />なんの毒性も検出されなかったが、なんとも禍々しい光を放つ石。<br /><br />一方、太陽の畑にひまわりの調査をしにやってきた霊夢と魔理沙。<br />見たところ確かにひまわりに元気が無く、霊夢は不作の原因は妖精の欠如だと睨む。<br />そこにピースがふらりとやってくるが、ひまわりの様子を見に来ただけというと<br />まるで何か隠し事をしているかのようにそそくさと立ち去る。<br />霊夢たちはピースのいた場所に、チルノたちが見つけたのと同じような赤紫色の石を発見した。<br />しかもよく見ると太陽の畑のあちこちに落ちていた。<br /><br />博麗神社に戻った霊夢と魔理沙。空は今にも夕立が降りそうな曇り空。<br />二人は先程拾った石のことが気になっていた。<br />そうしていると雨が降り出し、雷が落ちる。すると拾った石が光を放ち始める。<br />そこでようやく二人はその石が何なのかを思い出した。<br />それは魂が純化されて結晶化したという石桜であった。<br />しかしなぜそのような石が太陽の畑に、しかも大量にあったのか。<br />嫌な予感がしつつもその意味は二人にはわからなかった。<br /><br /><br /><br /><br /><br />というわけで三月精ではいまだかつてないシリアス、かつ不穏な雰囲気の引きだった。<br />最初に読んだときは単に、これから地獄編かーゲームの前振りかなー、という感想しかなかったが<br />一緒に買ってきた単行本二巻を一通り読んだ後、改めて一度この話を読んだら別の感想になった。<br />これまでの話は、みんな今回の話のための前振りだったのでは…?<br /><br /><br />まず三月精VFSに入ってから特に顕著だが、妖精がどれだけ自然に影響を与えているかを頻繁に描いてきた。<br />SaBNDの最終話付近など、そういった話は過去にもあったが単発のエピソードに過ぎなかった。<br />VFS二巻では6話の花咲かじいさんの回や、8話の天空璋アフターは本編も含めて妖精の自然への影響の話があり<br />そして今回は妖精の減少した幻想郷を描いているので、その前振りだったと言ってもいい。<br /><br />石桜についてもはっきりと明言されてはいないものの<br />2話でピースが地獄の桜はピンク色の石だと言及している。<br />これは石桜のことで間違いないだろう。<br /><br />純化した魂の結晶とされる石桜。実はこれに類似しているものが他に存在した。<br />ピースの持つ狂気の松明のがそれだ。<br />地獄に堕ちた者の生命力を集めたものというのは9話の最後に書かれている。<br />魂と生命力が東方において完全に一致するものなのかどうかはまだ定かではないが<br />石桜も人の心に影響を与えかねないことは、茨歌仙28話での華扇の台詞<br />「ずっと見てたら心まで乗っ取られてしまうわ」で示唆されている。<br />(華扇の台詞をそのまんま受け取るのもちょっとアレだが)<br /><br />追記・ピースの松明を使い切っても、また時間が経てば灯るんじゃない?と言われていることから<br />周囲の生命力を集める装置か何かだという説もありえる…かな?<br /><br />そしてピースの狂気の松明に、似た副作用を持つ能力が出てきた。<br />隠岐奈(というか里乃・舞)の力によって生命力を引き出されると、性格が好戦的になりテンションがあがる。<br />さらに天空璋の異変後に、後ろ戸の魔力の影響を受けたラルバが生命力の暴走を操る力に目覚める。<br />これは生命力を集めたものであるピースの松明の炎を一時的に消してしまうほどの大きな力で<br />博麗神社周辺の植生を南国に変えてしまうほどだった。<br />7話では、同じく後ろ戸の力を得ていたと思われるスターはテンションが上がり、気象すら変えてしまった。<br /><br />石桜と狂気の松明。<br />後ろ戸の魔力と生命力の暴走。<br /><br />これらの要素を考えると、石桜が幻想郷に現れた原因はピースと、そしてラルバのせいではないかと思う。<br />妖精の減ったところに石桜が現れた、ということから石桜は妖精の成れの果てでほぼ間違い無さそうだが<br />無限に蘇るはずの妖精の魂が純化して結晶化するのかどうかは正直なところ謎だ。<br />紺珠伝で純狐によって純化され、鬼神の如き力を発揮したピースも石桜になったりはしなかったのだから。<br /><br />ただラルバの生命力の暴走は消えた松明を見る限り、生命力を文字通り”使う”もののようなので<br />妖精は生命力を司る存在と6話で魔理沙が言っていることもあって、妖精の魂さえ純化してしまう可能性は十分にある。<br />天空璋でも隠岐奈がチルノに「それ以上暴走したら、妖精とはいえ持たないかもしれんぞ」と言っている。<br />そしてラルバの能力も隠岐奈の影響で得たものだから…。<br /><br />とまで考えてみたものの動機についてはまだ不明なわけで<br />ピースは地獄に妖精を持っていくために妖精を桜石に変えてるのかなーとか<br />ラルバは力の類似性から隠岐奈に疑いをかけるためなのかなーぐらいの妄想しか今の所できそうにない。<br />ピースはヘカーティアから時期が来たら人前に現れるように指示されていたが<br />今回石桜が発見された地域はこれまでの話でピースが訪れた場所でもある。<br />狂気の松明の影響を知らず知らずのうちに広げて、狂気に陥った妖精がやがて石桜に…なんてことも考えたりした。<br /><br />まあ予想はいつも外れる。<br />今後の展開を楽しみにしておこう。<br /><br /><br /><br /><br />そして今回の酒コラム、渋谷のチーズフォンデュのお店らしいので<br />それらしいところを調べてみたら27日に移転と書いてあった。もう過ぎてる!<br />こりゃあ確認は難儀しそうだ…。
127

東方茨歌仙 第47話『幸災楽禍の理想郷』の感想

Febri vol.51掲載東方茨歌仙 第47話『幸災楽禍の理想郷』本日Febri vol.51発売日です!東方茨歌仙47話掲載されています!どうぞよろしくお願いします!!!!とだけ…!!!すごい展開だ!ぜひ本誌で!また電子書籍も同日発売です!https://t.co/OMdvUg3IY9— あずまあや(azmaya) (@a_to_z) 2018年10月17日ZUNさん都合の休載を経て47話。気がついたら43話からずっと茨歌仙の感想を書いてなかったみたい。例大祭の原稿と被った... Febri vol.51掲載<br />東方茨歌仙 第47話『幸災楽禍の理想郷』<br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">本日Febri vol.51発売日です!東方茨歌仙47話掲載されています!どうぞよろしくお願いします!!!!とだけ…!!!すごい展開だ!ぜひ本誌で!<br>また電子書籍も同日発売です!<a href="https://t.co/OMdvUg3IY9">https://t.co/OMdvUg3IY9</a></p>&mdash; あずまあや(azmaya) (@a_to_z) <a href="https://twitter.com/a_to_z/status/1052526372340387840?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年10月17日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />ZUNさん都合の休載を経て47話。<br />気がついたら43話からずっと茨歌仙の感想を書いてなかったみたい。<br />例大祭の原稿と被ったりして色々と間が悪かったので<br />今回からまた頑張っていきたい。<br /><br /><br /><br /><br />というわけで本編。<br />のっけから永遠亭を探して彷徨う魔理沙。<br />そこ見かねた兎たちが道案内をしてくれる。<br />そういうこともあるんだ? みたいな感じの描写。<br />妹紅に頼むとかはできなかったのかな?<br />そんな兎たちを狩って食おうというのだから、幻想郷の人間のメンタルはやばい。<br /><br /><br />一方その頃博麗神社では、昏睡状態になった霊夢の話を聞きつけて咲夜や早苗が様子を見に来る。<br />さっきの魔理沙は、どうやらこの霊夢のために永琳を呼びにいったらしい。<br />霊夢が空腹で倒れたものと思って、何もない空間から食べ物をパっと取り出す咲夜さん。<br />早苗は霊夢を目覚めさせるために、色々と道具を広げて儀式めいたことをやっていたが<br />逆に貴方が封印しているように見えると咲夜さんに突っ込まれる。<br /><br />魔理沙がようやく永琳を神社につれて帰ってくると<br />二人は咲夜が持ってきた料理を食べながら談笑している真っ最中。結構この二人仲がいい。<br />さっそく霊夢を診る永琳だが、見たところ聴診器ぐらいしか見当たらないのに<br />一体何で脳波を調べているのか…? しかし霊夢は病気ではないので治療法はないという永琳。<br />このままでも身体が腐らない薬を出すものの、目覚めさせる薬ではないという。<br />永琳は本人か誰かの意志で目を覚まさないのだろうということで<br />第三者が邪魔をしないほうがいいと言って神社を立ち去る。<br /><br />永琳が立ち去った途端あの薮医者!と悪態をつく魔理沙。<br />眠っている奴にどうやって薬を飲ませればいいんだと言っているが<br />前回は食あたりで三途の川を渡りかけていた霊夢に薬を飲ませていたような…。<br />というか今回の話は前回と色々と被っている。<br />単行本で見たらまた霊夢殿が死んでおられるぞ!って感じになりそう。<br />薬が前回の丹と違って粉薬っぽいので、どうやって飲ませればいいんだと思うのはまあ仕方がない。<br />結局永琳でも原因不明としかわからなかったので、霊夢が目覚めるまでみんなで神社を見張ることに。<br /><br /><br /><br />翌日話を聞きつけた妖夢が神社にやってくる。<br />妖夢は空を飛んで神社までやってきたらしいが、漫画で見ると結構新鮮な低空飛行描写。<br />漫画だと大抵みんな鳥居をくぐってやってくる印象が強く<br />飛んでいるのはだいたい魔理沙ぐらいなものである。<br /><br />妖夢は境内で『倒れ霊夢』の看板を見つけ、まるでお葬式みたいと思いながら障子を開けると<br />そこには霊夢を心配に思って駆けつけた人妖達が! 酒盛りを!<br />人間たちはさることながら、マミゾウやあうん、アリスの姿も見える。<br />なんかすごい久しぶりに見た気がする原作アリス。台詞は無し。<br /><br />そこにお見舞金として金を徴収しようとするにとり。妖夢がチャリーンとお金を支払っているが<br />この描写なんか違和感あるな…と思ったので過去を遡ってみたら<br />文花帖のときはお給金も出ないみたいな文とのやりとりがあったのでどうもそのせいらしい。<br />ようやく幽々子からお小遣いが貰えるようになったのかな…と思うと涙を禁じ得ない。<br />まあ厳密に言えば、儚月抄でもおそらく自費で霖之助から科学雑誌購入してたりしたけども。<br /><br />妖夢がどうして倒れた霊夢の周りで宴会してるのかと魔理沙に尋ねると<br />周囲で騒いでいれば、いてもたってもいられず起きてくるに違いないという天の岩戸作戦のつもりらしい。<br />妖夢は霊夢が健康体であることを知るとほっとするが、見舞金を騙し取られたことに気付いて落ち込む。<br />霊夢の昏睡状態は既に二日間に及んでいた。<br /><br />やがて霊夢が倒れた謎を解き明かすために集まった人妖の中で情報交換が始まる。<br />マミゾウは掃除中の霊夢がそわそわしていたのを目撃し、にとりは紅葉祭りの概要を聞きに来たときのことを話す。<br />にとりは紅葉祭りの成功を疑問視していたが、霊夢は絶対の秘策アリと自信満々のようだった。<br /><br />ここで妖夢から、彼岸で霊夢に似た幽霊を目撃したという噂を聞く。<br />それについて冥界で幽霊たちから質問攻めにあっていたらしい。<br />妖夢が博麗神社を訪ねたのはそういう理由があったからだという。<br />確か幽霊は喋れない…みたいなことが求聞史紀に書いてあった気がするが<br />妖夢は幽霊との意思疎通が可能なようだ。さすが半人半霊ということなのか。<br /><br />ここでそれまで黙って座っていた天子が待ってましたとばかりに存在を主張しだす。<br />今の霊夢からは、天子が最も嫌う血なまぐさい死の穢れの匂いがぷんぷんするという。<br />その霊夢の霊魂の痕跡から、霊夢の霊魂は死の穢れで充満している地獄だと言い放つ天子。<br />ざわめく一同。<br /><br /><br /><br />一方その頃、霊夢はいくら進んでも終わりのない暗闇の中を、たいまつの炎を頼りに一人歩いていた。<br />その脇には霊力あふれる珍品の入った小箱を抱えていたが、まさか罠だったとは…と独りごちる。<br />そんな暗闇に、ウェルカムトゥヘル!という音声が響き渡った。その音声によるとここは無限地獄。<br />まるで録音されたような音声に霊夢の苛立ちは募るばかり。<br />霊夢に録音という概念があるんだなというのがちょっと驚いた。<br /><br /><br />再び博麗神社。天子に霊夢は地獄に行ったという話を聞いた一同は、やっぱり…といった感じで納得しかけていた。<br />自ら望んだまま地獄には行かないだろうということで、誰かから攻撃されているんじゃないかと天子は結論付ける。<br />心配ないなと言うと、霊夢が大好きで仕方のない魔理沙は一人だけ必死に抵抗する。<br />しかし天子は勝ったら戻ってくるし負けたら地獄で裁きの手間が省けるだけと返されてしまう。<br />なんだか霊夢が地獄へ行くのが当然みたいな話の流れになっているが<br />花映塚の頃は死んでも地獄にすら行けないと言われていたのに比べたら多少はマシ…なのだろうか?<br /><br />天子は地獄に詳しいやつに聞いてきて、どういう状況なのか調べておいてやると安請け合いしたが<br />実際は完全にノープラン。前回で小町と知り合いになったので、その繋がりをさっそく利用しようということだろうけど。<br /><br /><br />そして再び無間地獄。<br />歩き疲れた霊夢が脇に抱えた箱を投げ捨てるが、それ自体に魔力があるかのように霊夢の手元に戻ってきてしまう。<br />その箱にはなんと『鬼の腕』という文字が書かれていたのだった。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />というわけで今回はなんと…ノー華扇でフィニッシュ! 茨歌仙とは一体…。<br />いやそこじゃなくて。<br /><br /><br />色々と驚きの展開というかなんというか。<br />霊夢が死んで永琳のお世話になって…というところまで前回と一緒なので手抜きかな? と最初はと思ったものの<br />三月精が始まってからじわじわと動き出していた地獄編(仮)と、華扇の目的であった鬼の腕の二つが同時に動き出して<br />なんだか話を締めにかかってるような、次のゲームへの仕込みのような、かなり続きが気になる感じに。<br /><br />それにしても天子が憑依華で復帰してから、もう毎回のように茨歌仙に登場していて<br />この推しっぷりと、華扇が天人になりたい話と含めてこの先ガッツリ関わりそうだなというのを感じる。<br /><br />次回作は地獄に行った霊夢を他のキャラたちが救出する、初の霊夢が出ないゲーなのでは? というのを思ったり。<br />霊夢のお見舞いに来ているキャラはあうんを除いて全員自機経験者だったりするので、そうなるとあうんが次の自機候補?<br />こうなるといかにも与太話という感じになってくるけど、茨歌仙も50話がちょうど例大祭前になるので<br />それに合わせて仕込みをしていくのでは? ともいうのは考え過ぎだろうか。<br /><br />無間地獄の音声がウェルカムトゥヘルだったりするのが、どうにもヘカーティアかその眷属の差金っぽい。<br />三月精が次の話から四話連続のシリアス話らしく、こっちも地獄の話になるんじゃないかと言われているので<br />こうなるといやがうえにも話のクロスを期待してしまう。そういう意味でも三月精の今後の展開に注目したい。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />それともう一つ、もう結構前の話になりますが去る9月1日、秋葉原のメロンブックスで行われた<br />あずまあや先生のサイン会に行ってきました(唐突なですます口調)。<br />今年は例大祭のおみくじを当ててZUNさんのサインも貰ったので、くじ運は良かったらしいです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0669.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0669s.jpg" alt="サイン1" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />5階にある特設会場で開催されたんですが、狭いところに人がひしめき合っていて結構な圧迫感が。<br />ここで話したことはインターネッツには書かないでください!とあずま先生が仰っていたので<br />書くのは控えたいと思いますが、連載のこぼれ話がちらほらあって非常に興味深い内容が多かったです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0670.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0670s.jpg" alt="サイン2" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />サインには咲夜さんを描いていただきました。今回の話に出てきたのと比べてもちょっと幼い感じで可愛いです。<br />あずま先生どうもお疲れ様でした、そしてありがとうございました。<br /><br /><br />
126

第十四回東方紅楼夢にサークル参加します。

例大祭のときは前日に告知というほとんど意味のないことになってしまったので、今回は早めに告知します。10/21(日)にインテックス大阪で開催される、第十四回東方紅楼夢 I-.09a Unfinished Phantasmにて『東方Projectと幻想郷のタイムライン調査ver1.6』を頒布いたします。当初は例大祭で足りなかった分を再販すればいいやくらいに思っていたんですが今年は秘封ナイトメアダイアリーがあったりしたので、追加しないわけにはいか... 例大祭のときは前日に告知というほとんど意味のないことになってしまったので、今回は早めに告知します。<br /><br /><br />10/21(日)にインテックス大阪で開催される、第十四回東方紅楼夢 I-.09a Unfinished Phantasmにて<br />『東方Projectと幻想郷のタイムライン調査ver1.6』を頒布いたします。<br />当初は例大祭で足りなかった分を再販すればいいやくらいに思っていたんですが<br />今年は秘封ナイトメアダイアリーがあったりしたので、追加しないわけにはいかないと思い<br />いっそのこと全面的に見直しました。元が240KBくらいだったのが280KBくらいになりました。<br /><br /><br />サンプルもver1.6に差し替えました。といっても最初の方は1.5と殆ど変わっていないので何が変わったのかという感じですが…。<br />例大祭のときは紙媒体で頒布したいなーと思っていましたが、結局の所紙だとデータの利便性が失われて<br />あまり意味が無いということで、データをそのまま頒布するのがベターだという結論に達しました。<br />なので今回もCD-Rで頒布します。頒布価格は100円です。<br /><br />↓サンプルはこちら<br /><a href="https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lhhhs46Za-vibR--uNhiPRQwpFNUP43Bl6oJbx5AUA/edit?usp=sharing" target="_blank" title="https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lhhhs46Za-vibR--uNhiPRQwpFNUP43Bl6oJbx5AUA/edit?usp=sharing">https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lhhhs46Za-vibR--uNhiPRQwpFNUP43Bl6oJbx5AUA/edit?usp=sharing</a><br /><br /><br />それでは当日よろしくお願いいたします。
  • Date : 2018/10/17(Wed) 00:00
  • Category : 未分類
  • Comment : 0
125

ポリポリ☆クラブ 第85回「ゲーム開発 ボクらの〆切戦争」のメモ

ポリポリ★クラブ始まりますー。久し振りにゲストとしてでます。https://t.co/CJctkFRSXJ https://t.co/wVflfufjMR— 博麗神主 (@korindo) 2018年9月24日https://www.youtube.com/watch?v=rJYGpXbPIUY2018/09/24(月)20:00~【出演】木=木村祥朗 旅人でゲームデザイナー(ひげのほう)丹=丹沢悠一 旅人でゲームデザイナー(カラテ)杉=杉山圭一 ミュージックコンポーサー(カレーの達人)吉=吉永龍樹 サラリーマンク... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">ポリポリ★クラブ始まりますー。久し振りにゲストとしてでます。<a href="https://t.co/CJctkFRSXJ">https://t.co/CJctkFRSXJ</a> <a href="https://t.co/wVflfufjMR">https://t.co/wVflfufjMR</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/1044179792667369473?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年9月24日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=rJYGpXbPIUY" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=rJYGpXbPIUY">https://www.youtube.com/watch?v=rJYGpXbPIUY</a><br />2018/09/24(月)20:00~<br /><br />【出演】<br />木=木村祥朗 旅人でゲームデザイナー(ひげのほう)<br />丹=丹沢悠一 旅人でゲームデザイナー(カラテ)<br />杉=杉山圭一 ミュージックコンポーサー(カレーの達人)<br />吉=吉永龍樹 サラリーマンクリエイター<br />Z=ZUN レギュラーゲスト<br />(敬称略)<br /><br /><br /><strong>0:00~ 放送開始~導入。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>木「本物よ、本物のZUNさんよ」<br /> 丹「偽物が出てくるの」<br /> Z「でもよく会いますよ、韓国のZUNとか」<br /> 木「色んな国のZUNいるんだ」<br /> Z「ドイツ人もいました。そっくり」</p></blockquote><br /> <blockquote><p> 木「(前回)同人のお歴々が登場する会で」<br /> 吉「STG大集合」<br /> Z「僕呼ばれてたんだけど、その日北海道にいました(8/26頃)」 </p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:09~ ポリポリコーナー</strong><br /><blockquote><p> 北海道土産のじゃがポックルを食べる。木村さんの入院の話など。</p></blockquote><br /><strong>0:13~ トークテーマ「ゲーム開発 ボクらの〆切戦争」</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> 丹「締切って何のために存在するんですか?」<br /> 木「僕はね、何のためかな…締切がないと完成しない? そんなことはないよね?」<br /> 丹「やっぱり、寿命があるから。定命のものだから我々は」<br /> Z「やっぱり締切無いと完成しないからじゃないからかなぁ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 丹「仮に無限に生きていられるとするじゃないですか、それでも締切無いと完成しないんですかね」<br /> Z「やっぱりゲームの中でAもいいBもいいってやつが、両方満たせるように作られてなくて、Aの方に寄っていくとBが犠牲になっていくから、それ延々と(シーソーのように)なっていくからどっかで終わらないんだよ、両立することができない」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 木「でも子供の頃に最初にゲーム作り始めたときってさ、別に締切なんてなかったけどさ、自分なりの終わりがあって”でーきた”って終わらんかった?」<br /> 丹「次に行くためのステップでもあるんですよね」<br /> 木「完成させることによって学ぶものがあるから、完成させて友達呼んで遊ばせて、わーってなって次も作る気になってもう一本ってなったりして、とにかく終わらないと人に見せれないから、終わらないと見せれないは合体してるし、やっぱり締切があろうがなかろうが終わるときは終わんのちゃうかな」<br /> Z「終わらないと反省できないですよね、次作れない」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 木「ZUNさんも締め切りあるんでしょ? どんな風に決めるんですか締切」<br /> Z「それは外部の力で」<br /> 木「コミケ」<br /> Z「もちろんコミケにイベントが一年に何回かあるんで、どこで出すかは大雑把に自分で決めるわけです、夏出すか、冬出すか、春出すか」<br /> 木「でもそのコミケの日付は自分ではコントロールできないんですよね」<br /> Z「だから締切は決まっちゃうんですそこで」<br /><br /> Z「それはやっぱり外部から与えられるわけですよ、そういうのありがたい」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「締切に踊らされる状況って、木村さんにはちょっとないと思う、僕としては多分外注で発注してもう締切自体絶対に犯せない、でも作ってる側も別に自分たちの作品じゃないんだよ。言われてることをやってるだけだから、なんちゃって風で出来ていくのが集まって、酷いけどこれ出すしか無いってゴーサインを出す…」<br /> 木「あんまり言いたくないけど、業務委託を出してる側と出されてる側の関係でこれはよく起こり得るんだよね」</p></blockquote><br /> 質問:締切を破ると売上に影響あるんですか?<br /><blockquote><p> Z「ベストな発売タイミングってあるもんね。夏に発売したいゲームが秋に出るってなったときに、内容が夏向け過ぎると」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 木「ZUNさん一人で作っちゃう。一人で作ってるうちに東方なんたら編とか色々作っちゃうわけじゃない。ああいうの見てるとすごいと思う。良いもの作ったら締切もなにもないと思うんだけどどうなんかな」<br /> Z「頭の中で、僕がゲーム作るときなんて一人ですけど、そうすると大きな締切よりもネックになるのは細かい締切で、ここまでに絵が、一面ができてないと絶対無理とか」<br /> Z「一面ができてるためにはここまでに音楽が出来てないとダメとか、ほぼ毎日時間刻みで締め切り。ああ酒のんだから間に合わなかったとか延々と考え続ける」<br /> 杉「誰も助けてくれない」<br /> Z「休んだら休んだ分苦労するという」</p></blockquote><br /> チームによるゲーム開発での話。<br /><blockquote><p> Z「本当はでも、ステージごとみたいな風に開発チーム分けたほうがそこの部分が面白くなるので、絶対その方がいいわけで」<br /> 木「責任を持つ範囲を塊としてあったほうが面白かったんやなーと」<br /> 吉「そこにプライドが乗ってきますからね」<br /> Z「他のステージより面白くなる、さらに良いものになる」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 木「時間の締切よりも、心のモチベーションの高まりの方を大事にしたほうが結局早く終わるんじゃないかというね」<br /> Z「例えば音楽作る人とか多いですけど、他の人にわかんないような、でもまだ完成してない部分っていうのは人に聴かせたくないです」<br /> Z「一応納得できる部分まで持っていかないと他の人には聴かせられないっていうのはライバル心みたいのがあって…」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:01~ 機材トラブルで質問コーナーに。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> 丹「ZUNさんは何かインプットあるんですか」<br /> Z「僕最近インプットするとしたらね、やっぱゲームですね。で何のゲーム遊んでるかとかは、みんなが遊んでなさそうなやつしか遊ばない。評価とか見ない」<br /> Z「それで面白かったかどうかとか、誰にも感想言わない。遊んだとかも言わない。クリアまで遊んだのもあれば、そうじゃないのもいっぱいある」<br /> 吉「昔からずっとゲームなんですか」<br /> Z「ゲームが多い。最近またゲームに戻ってきました」<br /> 吉「波があると。それはSTGに限らずですか」<br /> Z「なんでも。なんでもやるし、昔はやり始めたら全部やろうかと思ったけど、最近はそれもなくて、面白いと思わないと全部やらない、っていうのが多くなりました」<br /> Z「だからちょっと時間空いたらゲームやっちゃう」<br /> 吉「ゲームを作るのにゲーム…」<br /> Z「良くないよね」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「僕はゲーム作るの休もうと思って作らないタイミングのときに、ちょっと気を病んじゃってダメになって」<br /> Z「これもう作ろうか!って急に作り始めた。今年の夏はそれでしたよ」<br /> 丹「ZUNさんの話で、僕タイトーに一緒にいたときに印象に残ってるのは、会社ですごい忙しくてストレスが溜まったうっぷんを、家に帰ってからゲームを作ることで晴らすっていう」<br /> 吉「ゲーム作りの鬱憤をゲーム作りで晴らす?」<br /> 丹「最初聞いてて意味わかんない、意味わかんないこの人って」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:14~ BLACK BIRD試遊コーナー。</strong><br /><blockquote><p> 最初に木村さんがプレイ。<br /><blockquote><p> 木「要塞がこの世界に6つあるわけ」<br /> Z「ファンタジーゾーンじゃん」</p></blockquote><br /> 次にZUN氏のプレイ。<br /><blockquote><p> Z「弾を避けるのは仕事ですから。人生を避けてしょうがない」</p></blockquote><br /> ボス戦の声で。<br /><blockquote><p> 丹「これサムスピの…天草四郎」<br /> Z「それだけでちょっと笑っちゃったよ」<br /> Z「話にならんわ」<br /> 丹「オッホッホって言いながら左右に…」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:38~ STG難易度調整の話。</strong><br /><blockquote><p> Z「STGは発売した一時間後くらいには隠しが出てる。STGは驚きますよ」<br /><br /> Z「STGはどんなに優しくしても難しいっていう人いるし、難しくないと面白くないんですよ」<br /><br /> Z「びっくりするほど苦手な人は苦手。画面に弾が一個しか出てないのに、どうやって当たるんだろうって当たりに行きますからね」</p></blockquote><br /><strong>1:49~ ゲーム音楽の合わせ方の話。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> 木「ZUNさん分かってくれると思うんだけど、音楽に敵を合わせるのって大変じゃないですか」<br /> Z「…大変」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「曲の方を合わせたほうがいいなら曲を変えればいいし、ここすごい盛り上がるんだってなったら曲の方にインパクト与えるようにしますよ」<br /><br /> Z「でも最初にこのステージはここで盛り上げますってわけにはいかないんだよ。曲があったから、曲が盛り上がってる部分に合わせましょうとかやってかなきゃいけないから」<br /> Z「トータルで見れる人っていないんです。そうすると一人で作ったほうが楽なんですけど、それこそしょうがないじゃあ作って、良かったからじゃあ戻してを繰り返して良くしていくしかない」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:55~ ゲームの価格設定の話など。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「コミケで買う人が、僕にお布施ですってお金渡そうとしてくるときに、受け取らない。さすがに」<br /> 木「それめっちゃ宗教っぽい」<br /> Z「絶対受け取らない」<br /> 吉「賽銭ですよそれ」<br /> Z「それ受け取らないと、みんなお酒で持ってくるようになってお酒が溜まって」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 木「隣の人が売ってるSTGは1500円だからって(コメントに)書いてある」<br /> Z「お店で出してるときは1500円。それは30%分プラスしてるんですけど、1000円で売ってる理由っていうのは当時僕がコミケで出した頃に、simple1500がすごい出てきてて」<br /> Z「安いゲームといえば1500円というのがあって、普通に出てたんです。それを越えづらかった」<br /> 吉「それを越えるとパッケージ買えちゃうじゃんと」<br /> Z「パッケージのソフトより高くなっちゃうのが難しくて。当時はSimple1500が出てたから、それより安くしたかった」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:15~ 締め。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> 杉「ZUNさん冬コミ出るんですか」<br /> Z「冬コミは出ないです。最近は夏だけ。冬だって忙しいもん…夏と冬の間短いんだもん、何も出来ないですよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「今年も2軒目ラジオイベントやります。ロフトでやりたいな、スケジュールは組んでないですけど。ついに100回目なんですよ12月で」</p></blockquote><br /></p></blockquote><br /><strong>2:22~ 延長戦。</strong><br /><br /><strong>2:25 放送終了。</strong><br /><br /><br />
124

萎えラジDNA 夏コミ反省会スペシャル(2009)のメモ

https://www.dna-softwares.com/article/565萎えラジDNA 夏コミ反省会スペシャル2009/09/21(月) 19:30~場所:A-Button【MC】D.N.A.ルー【ゲスト】Z=ZUN紫雨陽樹羊羹【観客】葉庭晃帆波N =NKZ狩夢(敬称略)名前のない「」は誰が発言したか不確かなもの。0:00~ マイクテスト。  「あの、非常に恥ずかしい質問しなくちゃいけません。星蓮船一面の曲の読みってなんですか?」 Z「湊(みなと)」 他に何かに人集まりすぎて... <a href="https://www.dna-softwares.com/article/565" target="_blank" title="https://www.dna-softwares.com/article/565">https://www.dna-softwares.com/article/565</a><br />萎えラジDNA 夏コミ反省会スペシャル<br />2009/09/21(月) 19:30~<br />場所:A-Button<br /><br />【MC】<br />D.N.A.<br />ルー<br /><br />【ゲスト】<br />Z=ZUN<br />紫雨陽樹<br />羊羹<br /><br />【観客】<br />葉庭<br />晃<br />帆波<br />N =NKZ<br />狩夢<br />(敬称略)<br />名前のない「」は誰が発言したか不確かなもの。<br /><br /><br /><br /><strong>0:00~ マイクテスト。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「あの、非常に恥ずかしい質問しなくちゃいけません。星蓮船一面の曲の読みってなんですか?」<br /> Z「湊(みなと)」</p></blockquote><br /> 他に何かに人集まりすぎて止めた、みたいな話をしているが不明瞭な会話。</p></blockquote><br /><strong>0:13~ 放送開始~前置き。</strong><br /><br /><strong>0:19~ 夏の上海アリス幻樂団の列についての話(コミケ76)。</strong><br /><blockquote><p> コミケ史上一番長い列だったという話。<br /><blockquote><p>  「今回はちょっと中も、いつものコミケのペースで考えると人いたよね最後まで」<br /> Z「あれ四日目フラグですよね」<br />  「四日目は無理でしょう」<br />  「スタッフが死んじゃうよ」<br /> Z「四日になっても分散しないで、結局みんな四日間行ったりするんだよね」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「今年のコミケは上海アリスに始まり上海アリスに終わるっていう、上海アリスの列整理をした人たちはみんなそう言う感じだったので」<br /> Z「みんないいもの見させてもらいましたって言ってましたよ」<br />  「さすがにみつみ美里…Cut A Dashに竹箒を超えて上海アリス幻樂団がっていうふうな最長記録を達成しましたってスタッフに言われてしまうと、ちょっと色々考えることが多いので…」<br /> Z「まあイベントらしくていいんじゃん? なんか寂しいイベント行くよりはいい」<br />  「コミックマーケットでじゃんけん大会やってるのを見たのは初めてです私は。十年以上コミケに参加してて」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「午後になっても通路に人がいるなんて同人ソフトの島じゃねえよ」<br /> Z「昔は同人ソフトは午後になったらほぼ全て売り切れてたよね。だからいなくなってたっていう」<br />  「昔はみんな手焼きとかさ、フロッピーだったりしたじゃん」<br /> Z「100枚も売れないよみたいな。だいたい50枚くらいでいっぱいいっぱい」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:30~ 東方星蓮船についての話。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「僕全部やったよ一応。死にそうだったけど」<br /> Z「簡単だよね」<br />  「UFOが無ければ簡単だと思う」<br /><br />  「後半になると緑と青ばっかりだからね」<br /> Z「後半はもう赤いらねえじゃんっていう僕の」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「あとはスターフォース魔理沙を使わない。なんであんなに弱いの?」<br /> Z「弱いね~魔理沙B」<br />  「Easyでもクリアできなくてなんでかな~って」<br /> Z「あれはエンディングがエクストラに繋がってるのあれだけなんです。あれが真のエンディングなわけですよ。だから難しくしてあるの」<br /> Z「超弱い。ボムも超弱い」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「レインボーUFOに小さいUFOガンガン吐かせるってところに気付けば楽なんだけど」<br /> Z「レインボーUFOはUFOの周りが早いんだよね、回転が」<br /> Z「レザマリは体験版だと一面くらいしか見せ場無いけど、EXぐらいになるとすごい見せ場多いので」<br />  「レザマリはボムってマスタースパーク出した瞬間に、UFOが画面外に消えていくのを眺めるしかないっていう」<br /> Z「取りにいけないとね、それ以外はだいたい強い」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「でも一年前はお燐に散々張っ倒されたから慣れたでしょ」<br /> Z「地霊殿は難しいね」<br />  「ついに認めました!」<br /> Z「難しかった。ちょっと間違えたね」</p></blockquote><br /> 星蓮船のバグの話など。<br /><blockquote><p>  「でも10億(バグ)は驚いたんじゃないですか」<br />  「あれでしょ、カンマが入るやつを黄昏酒場のやつから持ってきて、黄昏酒場はあんなに桁増えなかったから」<br /> Z「あれはどっちかというとコピペミスなんだよ。あれはバグ聞いたときに予想できてたんだよ。あそこ間違えたんだろうなって」<br /> Z「で見たら同じIF文が二個繋がってるっていう。条件変えてないじゃんって」<br />  「プログラム的にはごくごく一行だけの数字設定ミスっていうね」<br /> Z「ほんとは最後だけELSEにしておけばいいのに、ELSEのところに無駄なIF文が入ってて、処理いかないところがあっちゃったりしてね。それで落ちちゃう」</p></blockquote><br /><br /><blockquote><p>  「ここにいる面々は、星蓮船はゲームそのものより、やっぱり外の列並べるのが大変だった的な」<br /> Z「あれこそむしろイベントだよね。ゲームっぽい。文字通り弾幕、答えが用意されていない」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:41~ 東方幻想麻雀 Revision2や麻雀の話など。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「神主は現在三次会です」<br /> Z「三次会で済むかどうかもわからない」<br />  「昨日からカウント続いてる」<br /> Z「昨日は村雨さんと飲んだ後に、朝まで家に帰らなくて」<br /><br /> ZUN氏はこの時点で21時に帰ると予告。</p></blockquote><br /> 同人ゲームでラブプラス云々の話になったとき。<br /><blockquote><p>  「iPhoneがあるじゃん今」<br />  「iPhone画面ちっちゃいじゃん」<br /> Z「でもみんなちっちゃい人がいいんじゃないの? ちっちゃい彼女」<br /><br /> Z「ラブプラスの彼女が、今日敬老の日で介護に行かなきゃいけない…それ結構萌える…よね? リアリティある」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:07~ 東方のこぼれ話など。</strong><br /><blockquote><p> 幽霊客船の時空を越えた旅のある音について。<br /><blockquote><p>  「ポコと言えば四面のポコ…」<br />  「今流れてるのは四面ですね」<br /> Z「あれはわざとだよ」<br />  「わざとかよ!」<br /> Z「入ってるのはわざとなんだけど、ツイッターでも多分書いたと思うんだよ…でもあのタイミングがちょうど良くて気持ちがいい」<br /> Z「音楽っていうのはああいうもんだと思って、そのままにしたんだよ」<br /><br /> Z「音楽ってそういうもんだよ。リアルタイムでいいものができたらそれでいいじゃん」<br />  「いいんだけど、絶妙すぎてあれが意図したものかどうかわからない」<br /> Z「意図してないんだけどいいから残した」</p></blockquote><br /> 夢想転生についてのアレ。<br /><blockquote><p>  「テーレッテーについて後で弁解してもらいましょうか」<br /> Z「違うんだよ、あれは前からそういう話はしてたんだよ。あれは余裕があったっていうのが一つだったんだよ」<br /> Z「余裕があったらやろうって企画がいっぱいあって、僕に余裕が全然無かったのにあれだけ…」<br />  「多分あきやま先生がやっちゃったんでしょうね」<br />  「うにさんがね、ニコニコに僕らの非想天則が上がったらですね、ノリノリでカラオケバージョン作ってちゃんとヒーローもののように終わるとかですね、1分30秒のMP3を大爆笑しながら聞いてた」<br /> Z「あれが黄昏の狂気なのか僕の狂気なのかってね、だいたい企画通りだよやばいよね」<br />  「神主の狂気に黄昏の狂気が備わり最強に見えると」<br /> Z「昔は僕が無茶なこと言ってもやらなかったんだけど、最近無茶なことやるようになった」<br /><br />  「緋想天のときは無茶言ってなかったの?」<br /> (会話不明瞭でわからず)<br /> Z「だってナマズも緋想天だし」<br />  「中国(美鈴)とか緋想天で入れるつもりだったのが間に合わなくて非想天則っていう」<br />  「緋想天のときにこんな無茶を言ってたっていう話でもずいぶん無茶言ってた気がする」<br /> Z「地面ボコボコ言うのもだいぶ無茶言ってた。そんなシステムねーよって言われたけど、面白いんじゃない?って思って」<br /> Z「実現されたのは天子のスカートが本当は空の絵を流すようにしようって、そのシステムができなかったから…」<br /> Z「でもそれは非想天則で実現されてうつほに移動して超重い」<br /> Z「でもあれ簡単に軽く出来ると思うんだけど」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:13~ 冬コミに向けての話。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「ZUNさんはこの間の飲み会でちょろっと言ってたけど、冬はコミケに出ないでビール作るとか」<br /> Z「コミケ出ないですよ。だって申込み忘れたもん」<br />  「申し込みされるとすればそれで何を出すのかと…」<br /> Z「スタッフも身構えちゃうし面倒くさいよね」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「冬コミって期間短いんですよね。もう気がついたら9月の後半なわけですよ。残り10月11月しかない」<br /> Z「なんか間に合わせで出してもね。音楽CDとかだいたい間に合わせだけど」<br />  「いや音楽CDの続きを…」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「香霖堂のアレ…」<br /> Z「僕の問題じゃないから」<br />  「終わってるんだ」<br /> Z「ある原稿出せばいいだけだから」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「(幻想麻雀に)五人打ちとか入れないの?」<br /> Z「基本的に五角形で、雀卓あったらカッコいいなって」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:20~ 東方質問コーナー。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「五面のスペルカードとか…」<br /> Z「それは他の面も同じで、いっぱいネタが仕込まれてるわけです。まあどうでもいいんだけど」<br />  「阪神、虎柄の毘沙門天…つまり阪神」<br /> Z「まああれは阪神だね」<br />  「今回は雲山が巨人で虎丸が阪神、巨人対阪神」<br /> Z「巨人対阪神対ドアラ」<br /> Z「そもそもドアラって何の生き物なの? …ドラゴンじゃないんだ」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「ZUNさん立ち絵は毎回換えてるけど、キャラのドット絵って描き換えてるの?」<br /> Z「あんま変えてないな」<br />  「妖精とかは変わってないよね」<br /> Z「基本変える理由がない。それを他に回したほうが良い」<br /> Z「たとえばゲーム変わったら変えますけどその理由がないんだったら。でも後半新しい雑魚毎回出てきますよ。描き換えてはいないけど追加してます」<br /> Z「今回は後半にゴスロリっぽいような妖精が出てきますよ、あれは魔界っていう…」<br />  「ボスは毎回ドット作らなきゃいけないから、それが大変なんですね」<br /> Z「ドット絵は大したことでもないんだよな…立ち絵のほうが描くの面倒くさい」<br />  「あと地味に面倒くさいのがエフェクト」<br /> Z「エフェクト面倒くさいよね」<br />  「だから腹くくって三万円くらいのパーティクルイリュージョンってソフト買いました」<br /> Z「でもパーティクル動かすだけのエフェクトがね…いけることはわかったんだけどなんか飽きてきちゃう。光り物がいっぱい飛んでるエフェクトが」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「風っぽいエフェクトが難しい。空気の流れっていうのかな」<br /> Z「エフェクトではだいたい空気感っていうんだけど、空気感見せるのが難しい。やっぱ暑いときにむわっとしてる空気とかそういうのを出すのが面倒くさい」<br />  「神主よく考えたら武刃街のときエフェクト担当だからな」<br /> Z「ずっとエフェクトとメニューやってた」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「ZUNさん頑張ってピクセルシェーダー2.0必須にして」<br /> Z「そういうゲームを作る必要性を感じていない」<br />  「STGはやばいんだよね、エフェクトかけると邪魔!」<br /> Z「そういうこと言われる。でも毎回新しいの出さなきゃなーみたいなことになる」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「魔法陣かなんか、ボスキャラの周りの空間湾曲ってあれ風神録からでしたっけ?」<br /> Z「地霊殿だね。あんなの大したことじゃない。処理も面倒くさくないですあれ自体は」<br /> Z「むしろあれができるようになった環境の時点で上がっただけ。あれをしてることが重たいわけじゃない」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「最後のボスはインベーダー意識してますか」<br /> Z「どう考えてもそうだよ。それ以前に今回自体がインベーダーエクストリーム2の発売記念ゲーム」<br /><br /> Z「EXのUFOはあれちゃんとインベーダーと同じ得点配列だよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「どうして六面のルナは弾を避けさせる気がないんですか」<br /> Z「そんなことはないよ。どっちかというと、一面や二面のルナの方がおかしかったりする」<br /> Z「あのね、六面くらいになるとEasyとNormalの差が減ってくる、そんなに無くなってきて最初の方の面は最初からクライマックス。また電王ネタになっちゃう」<br />  「最高難易度だとテンション上がりすぎて一面のほうが難しくなっちゃう」<br /> Z「ほんとそうなる、気を付けないと。一面は装備が弱かったりするから更に難しい」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「旧作弾幕はでも地霊殿であったんだ?」<br /> Z「いやないんじゃない?」<br />  「風神録の早苗のやつが」<br /> Z「どれ? 覚えてないよ多分」<br />  「周りから波が出てくる」<br /> Z「ああ…あれちょっと意識してた。意識はしてるけど…ネタにはしてないけど、今回は完全ネタだから。魔界だし。なんで空行ったのに魔界行っちゃうんだろうな~」<br />  「しかも星蓮船出た瞬間魔界って出て俺頭抱えたからね。一切ZUNさんから話聞いてないのに魔界卓作ろうぜって魔界卓実装したら魔界とか出てきて、これどうしたらいいんだろうって」<br />  「一部からDNAはZUNさんから情報提供受けたんじゃないかって言われてますけどありません、うちらは勝手にやってるだけです」<br />  「あの魔界はどっちかというとあれですからね、神綺実装したから魔界作ろうぜって」<br /> Z「あれは旧魔界だよね」<br />  「旧魔界なんだあれは。新魔界? あの魔界は同じ魔界なの?」<br /> Z「同じなんじゃない? 広いんだよきっと」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「寂れた温泉街? 地霊殿そんな感じ?」<br /> Z「僕の頭の中でも寂れた温泉街。観光客がいなくなった」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:35~ アケゲーの話など。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「同人って基本は出落ちじゃない?」<br /> Z「だからいけないんだよ」<br /><br /> Z「TATUJINは無理。あのレーザーにあこがれて(子供の頃)遊んだけど難しい」</p></blockquote><br /> 黄昏酒場続編の話題。<br /><blockquote><p> Z「どっちかというとあれでしょ? 伊佐美が居酒屋を始める」<br /><br />  「あれ最初タイトルの時点でZUNさんが洒落(黄昏)で入れて」<br /> Z「仮で入れてそのゲームやろうよって言ったのに結局他にいい案がなくて、どんどんと酷い名前になっていって」<br />  「それは最初に決めたらそのまんま突っ走っちゃったもんね。プロジェクトネームはアルコールシューティングだったんですよね?」<br /> Z「それはローマ字で黄昏酒場って入れたらがっかりするから、アルコールシューティングにしました」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「ノリと勢いで作るとだいたいこんなもんなんだよね。だから平安のエイリアンとかさあ」<br />  「インベーダーなのに平安のエイリアン」<br /> Z「インベーダー最後に持ってきたらみんなもうわかってるじゃん。それはもう平安京エイリアンよ」</p></blockquote><br /> 他に脱衣麻雀の話など。</p></blockquote><br /><strong>1:46~ 第二部開始。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「お前らボンバーマンのパロディするんだったらボンバーキングやれって。それで誰もやってくれなかったのでウチのサークルでやることになりました」<br /> Z「あれでしょ、一面クリアしたらカラオケ始まるんでしょ」</p></blockquote><br /> 他に戦艦ゴモラの話など。</p></blockquote><br /><strong>1:53~ NKZ氏参戦。東方弾幕ACTの話題など。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「黄昏フロンティアさんなかなか表に出てきてくれないんですよね、みんなシャイだから」<br /> N「飲まないんですよ。ZUNさんと初めて打ち合わせ行ったときに、確か万世のとこでしたっけ?」<br /> Z「あれは僕衝撃的だったよ。じゃあとりあえずビールをって手を上げたら誰も手を挙げないという。今呑み屋に来てるんじゃなかったっけって」<br /> Z「でもまあお酒は飲むようになってきたよね。別に飲ませたことはないんだけど」<br />  「それであのテーレッテーについてはどうなの」<br /> N「あれは効果音でした」<br /> Z「でもあれねぇ、緋想天の頃からテーレッテーでこれでいいよと」<br /> Z「文句言われたら、嬉しい。箔がつくじゃん。そんなこと僕もわかってるんだよ、宣伝になるじゃん」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「緋想天のときの鈴仙の薬が弱かったんだよ、あれ使う意味がほぼなかった」<br /> N「今回は強化しすぎたというか、うどんげの…夢想転生食らって死なないという、あれカード19枚使ってでしたっけ」<br /> Z「だいたい一撃っていうのはロマンがありすぎて実践では出せない、どう考えても。ありえない。でも一応あるのはいいなと」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「諏訪子様のドット絵についてやりすぎた件については色々と話は聞きましたが、元はといえばポリゴンで起こしてるんだっけ?」<br /> N「なんかいつの間にかドット絵のはずが、普通二ヶ月とかかかるはずなのに新技術でいきなりポリゴンでモデリングしてそれ動かして」<br /> Z「あれも僕が言ったネタをやらなくていいんだよ」<br />  「ひょっとしてZUNさんがポリゴンから作ってって」<br /> Z「要は性能の話。最初はしゃがんだら蓮が出てくる、それで下段に無敵になるようにしよう。それで空中も泳げるようにして、歩きを無くしてぴょこぴょこにしようよって」<br /> Z「別にそれは無理って言ってよかった」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「ナマズ、僕の想像では単色のナマズ、すごい普通に平面っぽいナマズなんだろうなって思ったんだけど、あれ夢っぽく」<br /> Z「普通ナマズって黒一色じゃんって僕の頭のなかで思ったのに」<br /> N「あれうちの地元がナマズの里なんで、駅前に金箔になってるナマズがある。その辺が影響されてる」<br /> Z「その辺が僕が言ったことをリアルにやりすぎだと思う」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「あの萃香の(スカートの)模様はなんで?」<br /> Z「ドット絵用にキャラクター描いたんだよね全部、元の絵だと結構きついから簡略化したキャラクターデザインした」<br /> Z「だから萃香ラスボスだったから複雑に描いた」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「海外からオファーが来てる件は…いいんじゃね、どうでも」<br /> Z「この話していいの? 前から来てるけどガン無視してる」<br />  「あの記事も、やりたいなあ的な希望的な文章なのに」<br />  「gamesparkだっけあの文章書いたの」<br />   <a href="https://www.gamespark.jp/article/2009/09/13/20197.html" target="_blank" title="https://www.gamespark.jp/article/2009/09/13/20197.html">https://www.gamespark.jp/article/2009/09/13/20197.html</a><br />  「あの記事自体が東方とかやりたいですって希望的な意味合いで書いてるのに、なぜか確定情報とじて流れてるっていう」<br /> Z「僕を分かってる人間はそうやって分かってる、そんなことはないと」<br /> Z「まあ自分でやらなくても勝手に全部やってくれるって言ってもやる気があるのかどうか」</p></blockquote><br /><blockquote><p> N「ナマズの設定ってありましたっけ」<br /> Z「結構ナマズの設定細かいよ」<br />  「女体化したりしないんですか」<br />  「女体化だとナマズの顔はそのまんまで」<br /> Z「胸が出てる…今ものすごい女体盛りしか頭に浮かばなかった」<br /> N「昔ネタでナマズっぽいラスボスを…」<br /> Z「天子になる前がね、ラスボスをナマズにしようって話になったんだよね」<br /> Z「泥臭いけど○○○(不明瞭)無かったことになったんだよね」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「霊夢の守銭奴がもう公式になったのとか書いてあるじゃん、あの手のネタが二次創作に出てるやつは元の僕が書いたことがだいたい元なんですよ、ですよね」<br /> Z「僕がプロット書いたことがだいたい元になってるから公式も何もないです」<br />  「守銭奴がどうこうって、賽銭箱の中がからっぽっていうのを誰かに言われて怒ってる」<br /> Z「それ多分萃夢想かな。萃夢想のときにそういうネタを書いた気がする」<br />  「それがそのまま発展して守銭奴扱いっていう」<br /> Z「だいたい殆どの二次創作には元があるんだよ。何もないところで二次創作になるものって割と少ない」<br /> Z「中国(美鈴)も中国風のって設定に書いてあるところから来てるわけです。それしかない」<br />  「その後どっかのインタビューで中国って」<br /> Z「チャイニーズって言ったんです」<br />  「もっと酷いよ」<br />  「前々回(の萎えラジ)かな、チャイニーズネタがあったの」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「二次設定…⑨=馬鹿は二次設定でもなんでもない」<br /> Z「あれは僕がやったわけだ。だいたいのものは元ネタがある」<br />  「ごめんなさい、秋姉妹いらない子は俺の発言です」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「二年前にうちの萎えラジで、ZUNさんがマイクロソフトの講習というかカンファレンスに行った帰りに、受け取ったのが洗剤だったっていう。潜在能力と洗剤をかけてる」<br /> Z「超重たい、大きさ的にはCD-Rの箱があって、開けたら洗剤」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「衣玖さんのドットは誰がやったんですか(的な質問)」<br /> Z「それはわからないけど黄昏さんがやったんじゃないですか」<br />  「それは…鰯先生がまた。最初設定でサタデーナイトフィーバー、あれ本当は相手の方に向かって指さして(雷)落とすつもりだったのに、なぜか上向いてるっていう」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「なんで今回毘沙門天出したの」<br /> Z「あれは設定的にラスボスのいるお寺が毘沙門天を」<br />  「白蓮の弟設定は存在するんですか」<br /> Z「あれはリアル、リアルじゃなくて有名な話。だからちょっと出せない…」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「うどんげっしょーについてあらたさんはどこまで許されてますか」<br /> Z「あの人とよくお酒飲む」<br />  「そういうことじゃなくて」<br /> Z「飲んでるときに編集から電話かかってきて怒られる」<br />  「でも見たところ、あらた先生にはかなりフリーダムにやってもらってるでしょ」<br /> Z「フリーダムだね。僕○○○(不明瞭)」<br />  「正直言っちゃうとあれはあらたさんの漫画だもんあの画風は。絶対神主は見てるだけ」<br /> Z「一応最後の方だけね、大まかな流れとしてここで誰出すってことぐらいは言う。それ以上やるとネタ考えられなくなる」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「比良坂さんといえばペド…だいたいエロいんですけど」<br /> Z「いいや、そうかな…あの人とはよく飲む。朝まで二人で飲んでもだいたい大丈夫」</p></blockquote><br /> 他にUFOの色や形問題の話、幻想麻雀18禁版の話など。</p></blockquote><br /><br /><strong>2:16~ 幻想麻雀の話の続き。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「写真撮影についてはスケジュールすげえ大変だったんだから」<br /> Z「わざわざ海老名まで来てもらって」<br />  「ZUNさんの家の近くなら良いよって言われたのでZUNさんのところまで行って、撮影したタイミングでZUNさんに曲頼んでZUNさんに曲上げてもらうっていう」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「そもそもなぜ神主を撮影したのか」<br /> Z「あれは僕が言った。絵を描くぐらいだったら実写がいいよって」<br />  「じゃあいいよ撮りに行ってやるよってカメラマンと一緒に飲みに行って」<br />  「それこそA-Buttanで飲んでるときに、ZUNさんの絵誰に描いてもらいましょうって話をしたら、やるんだったら実写で出るよって」<br />  「出るネタとして実写で出るのが一番面白いの」<br />  「格ゲーでもZUNさん出ていいんですか」<br /> Z「あー色んなクソゲー思い出す」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「非想天則はにとり出そうと思ったら嫌がられた」<br /> Z「キャラクターはリグルとチルノとにとりと…1・2面で固めようとしたらテンション下がっちゃって」<br />  「にとりは(腕)伸ばさなきゃいけないから面倒くさそう」<br /> Z「(片方伸びたら)片方短くなる。ヨガじゃない」<br />  「HALTさん、リグルかてるよか妹紅担当になるって言ったのに早苗になるという」<br /> Z「早苗後の方だったからね、決まったの」<br />  「あんなメインなのに」<br /> Z「最初はパッチっていうかさ、パッチつまんないと思って、オリジナルのひとつのゲームにしようよって」<br /> Z「ゲームでやっぱ人数少ないから弱いキャラがいるよって、ラスボスはもっと他の人達を出そうってことは言った気がする<br /> Z「別のキャラ言ったんだけどね、やっぱり黄昏のテンション下がっちゃった気がする」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「ゲームで誕生日って言われて思いつくのが竜虎2しかない…(本当は外伝の話)」</p></blockquote><br /> 他に東方キャラの誕生日の話や、FlipFlopsと飲んだ話など。</p></blockquote><br /><strong>2:29~ クソゲー・レゲーの話。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「驚かせようとせずに驚かせちゃうクソゲーたち」<br /> Z「それ最高!」<br />  「このメンツでクソゲーっていうと、ファミコン時代のクソゲーになるんで」<br /> Z「それはもう今更なんです。だいたいの人がファミコン時代のゲームで遊んで、昔はああいうクソゲーあったねっていうのは面白くない」<br /> Z「新しいクソゲーだよ。新しいクソゲーで盛り上がりたい」<br />  「ゲームはそれ単体じゃ成り立たないから、やっぱプレイヤーがいないとゲームにならないんですよ」<br /> Z「だからゲームと同時にプレイヤーも出せばいいんですよ」<br />  「だからクソゲープレイヤーが今必要」<br /> Z「ゲームと同時に動画を撮って、出せばいいじゃん」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「マインドシーカーはクリアした。実機で、子供の頃にクリアした。アレで今超能力が使えるようになってる」<br /> Z「マインドシーカーは本当に超能力発生するからいいんですよ。昔アレクリアしたから今自信あるようなもんだから」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「EDで地球爆発しまくりって言ったの僕なんでしたっけ?」<br /> Z「タイトーのSTGは本当に星破壊するの大好き。あれ気になってしょうがない」<br />  「STGで星破壊するのはわりとあること。メトロイドだって毎回破壊してる」<br /> Z「あれは惑星破壊人でしょ」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「FPSで神主役? 手しか見えねえじゃん」<br />  「ここはダンシングアイで」<br /> Z「ダンシングアイだったらやってもいいな。女体に猿でしょ? やりたいやりたい」</p></blockquote><br /> うみねこに魔理沙が出たことについて。<br /><blockquote><p>  「竜騎士さんがZUNさんに東方の二次創作書いていいですかって、ZUNさんがお断りしたんですよね」<br /> Z「確かに、初めて二次創作をお断りした気がする」<br /> Z「竜騎士さんは自分でやってほしいんですよ、二次創作なんて出したらやることなくなっちゃうじゃん」<br />  「ある意味お断りされるのはレアかもしれない」<br /> Z「一人だけですよ、お断りしたのは」<br />  「だって交流あるというか、飲みに行ったり」<br /> Z「最近は忙しいって言って、僕が誘っても忙しいっていうんですよあの人」</p></blockquote><br /> 他に映画版スーパーマリオの話やZUN氏は明日滝を見に行くらしいなど。<br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">袋田の滝なう。しかし今年は水量が少なくてがっかり滝</p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/4165179630?ref_src=twsrc%5Etfw">2009年9月22日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:41~ 本当の反省会。</strong><br /><blockquote><p> Z「こういうこと言ってると、あんまり文句言ってくれなくなるかもしれない。いっぱい文句言ってほしいんだよ」<br />  「文句はね、みんな思ったことを2chにだらだら書いてくれればいいです、見ないけど」<br /> Z「見てないけど次第に2chでも書かなくなるかもしれない。それだと文句言われる隙は用意しとかないと。面白くなくなっちゃうよ」<br /><br /> Z「僕自体文句言いながらゲーム遊ぶ人間だから、その楽しさを奪うのは良くない。よくわかる」<br /><br /> Z「文句言われなかったら文句言われるようにしたほうがいい、そのぐらいの勢いだよ」</p></blockquote><br /><strong>2:49~ 最後の東方質問コーナー。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>  「天子と衣玖のデザインは神主ですか?」<br /> Z「もちろんドット絵は書いてないですけど、デザインはそうだよね。でもデザイン自体はかなり簡略化された気がする」<br /> N「アルフェスさんが線画で書いて、ZUNさんがウチのスタジオの方に来たときに塗り絵してもらったんですよね」<br /> Z「色がね、決まらなくて」<br />  「アルフェスさんが第一稿を起こした後、色を…」<br /> Z「さっきも行ったけど、僕はスカートの青い部分を空の絵にしたくて、それができないというのもあって」<br /> N「帽子ののところ何もなくて寂しいなーって」<br /> Z「桃を乗っけまして」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「下(着)までの設定はない。下は見えない設定だから、相談しない」<br />  「見るまでわからない」<br /> Z「そうそう、シュレディンガー。パンツかどうかもわからない。シュレディンガーの下半身」</p></blockquote><br /><blockquote><p> N「帽子の桃って片方だけでしたっけ。よく二次創作で左右に2つ…抱きまくらとか見ると気持ち悪い」<br /> Z「ゲームは左右反転だから、デザイン的に二個のほうがいいよね」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「東方も公認名人とか…」<br />  「天帝でいいんじゃないですか」<br /> Z「天帝だったのかな、ツイッターから飛んできたの、星蓮船のときに今回こういう弾幕作ったのってノーマルで100回やってもクリアできなかったって話を書いたら、すごい楽しみにしてますって帰ってきて」<br /> Z「僕は難易度落としたんだけど…」<br /> Z「GILって人から来た」<br />  「GILって天帝ですね」</p></blockquote><br /><blockquote><p>  「上海アリス音楽サークルじゃなかった?」<br /> Z「最近はビールサークルだから」<br /><br /> Z「明後日ビール作りに行きますので、75本できます」</p></blockquote><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">自作ビール煮沸中 http://movapic.com/pic/200909231430564ab9b29021af2</p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/4309152283?ref_src=twsrc%5Etfw">2009年9月23日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /> 他にラブプラスの話やA-Buttanの展示物物色したり、みじんこぴんぴん現象に言及したりなど。</p></blockquote><br /><strong>3:10~ まとめ</strong><br /><blockquote><p> Z「僕としては東方を越える人が出てきてほしいわけではない。それが出たらそれを越える人がまた出なくなるじゃん」<br /> Z「やっぱり違う方向に行ってほしいんだよね」<br />  「出てきたら出てきたでしんどいと思うんで…キャパシティ的にやばいんでそれは」<br /> Z「ぜんぜん違う、そうやって一つに集める必要がないようなものを出してほしい、僕としては」</p></blockquote><br /><strong>3:20 放送終了。</strong><br /><br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">今日はウェブラジオに参加した。あれは酷い。でもあれを楽しめた人間はおそらく楽しい人間だという事だけはわかる</p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/4146762395?ref_src=twsrc%5Etfw">2009年9月21日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><br />
  • Date : 2018/09/24(Mon) 23:00
  • Category : 萎えラジ
  • Comment : 0
123

隠された酒コラムの店を特定せよ!(第102回~第105回)

現在コンプエースで連載中のZUNさんのコラム『博麗神主のゲームが先かお酒が先か』。はっきりいってこれを熱心に読んでいる東方ファンはそんなに多くないと思いますが、最近ちょっとした異変がありました。なんと第102回からお店の名前が出なくなったんです。理由ははっきりとはわかりませんが、お店の方からクレームがついたとか今後書籍にする場合に、店の名前が載ってると無断だから色々マズいとか色々あるのかなーとか推測しま... 現在コンプエースで連載中のZUNさんのコラム『博麗神主のゲームが先かお酒が先か』。<br />はっきりいってこれを熱心に読んでいる東方ファンはそんなに多くないと思いますが、最近ちょっとした異変がありました。<br />なんと第102回からお店の名前が出なくなったんです。<br /><br />理由ははっきりとはわかりませんが、お店の方からクレームがついたとか<br />今後書籍にする場合に、店の名前が載ってると無断だから色々マズいとか色々あるのかなーとか推測しますが<br />とにかくいきなりお店の名前を出さなくなったので非常に不自然な感じです。<br /><br />訪れるお店はわりと個性的なところが多いし、コラムの文章をよく読めばそんなに隠すような感じでもないんですが<br /><strong>隠されると気になるじゃないか!!</strong><br />ということで事前に調べた上で、実際に自分の足で現地を訪れて確認してみたレポートになります。<br />ぶっちゃけただの食レポです。<br /><br /><br /><br />コンプエース2018年7月号掲載。<br /><span style="font-size:large;"><strong>第102回 神田神保町の沖縄料理店</strong></span><br /><br />神保町の沖縄料理店、ということで『神保町 沖縄料理』と検索してみますと何件かの店がHit。<br />さすがにこれだと特定は難航しそうか…? そう思われたとき、コラムの中に出てくるメニューがあるのは<br />一軒しかないことに気が付きます。大量の沖縄のクラフトビールと、特に写真としても掲載されているしゃぶしゃぶ鍋。<br />野菜を豚肉で包んだものが、さらにしゃぶしゃぶ鍋の上に円を描いて配置されているという独特なもので<br />これはもうここに違いないともうほぼ断言できるくらいの一致でしたが、万が一ということもあります。<br />ということで実際に行ってきました。神保町の『ガチマヤ』へ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0602.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0602s.jpg" alt="酒コラム102_1" border="0" width="300" height="400" /></a><br /><br />お店の場所は、都営三田線&新宿線&東京メトロ半蔵門線が乗り入れている、神保町駅から歩いてすぐ!なんですが<br />乗り換えが発生する関係で、JR水道橋駅から白山通りを歩いて神保町に行きました。ゆっくり歩いておよそ15分程度。<br />そして靖国通りとの交差点を左に進んでいくとすぐにありました。神保町駅からなら多分徒歩一分程度の距離です。<br /><br />看板の裏の階段を降りていくと、スマトラカレーのお店の隣に『ガチマヤ』がありました。<br />土曜日のランチタイムでしたが、隣のカレー屋と比べるとあんまりお客さんいないな?<br />というのがわかるガラス張りの扉を開け、壁一面にメニューの書かれている店の中へ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0566.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0566s.jpg" alt="酒コラム102_2" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />案内されてカウンター席に座りましたが、途中のレジの後ろの席にどうも既視感が…。<br />それもそのはず、コラムの水炊きさんのイラストの背景と全く同じ場所。<br />この回はあうんちゃんが、しゃぶしゃぶ鍋の前でシーサーの像を抱きかかえているイラストでした。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0567.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0567s.jpg" alt="酒コラム102" border="0" width="400" height="72" /></a><br /><br />まさかここまでそのまんまな証拠があるとは思わなかったなーと思いながら、メニューを拝見。<br />ZUNさんも食べたしゃぶしゃぶ鍋を注文したいのはやまやまでしたが(イラストにも描いてあるし)<br />一人で食べるのは無謀な量なので、カウンターの向こうで豚の三枚肉がぐつぐつ煮えているのを見て<br />思わず食べたくなったラフテー沖縄御膳定食と、宮古島コーラルエールに注文を決めました。<br /><br />料理に先立ってマスターが運んできた宮古島コーラルエールは、宮古島のサンゴ由来の水を使ったビールらしく<br />口当たりがちょっとしょっぱい感じで(気のせい?)、市販のメーカーのビールと比べると新鮮な感じ。<br />ほどなくして運ばれてきたラフテー沖縄御膳定食は厚みのある角煮と沖縄そばのセットで<br />味の沁みた豚の三枚肉とビールがまた合って、非常に美味でした。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0601.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0601s.jpg" alt="コラム102_3" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />(写真は二回目に訪れたときのスパムカツ定食と、シークワーサーホワイトエールです、すみません)<br />あんまりお酒に強くないのでビール一杯で結構酔ってしまいました。<br />そうしてお腹もいっぱいになって、会計を済ませながら先程の席を見ると<br />なんだか本当にあうんちゃんがいるように思えるのでした。<br /><br />沖縄 Craft Beerガチマヤ<br /><a href="https://gachimaya-j.com/" target="_blank" title="https://gachimaya-j.com/">https://gachimaya-j.com/</a><br /><br /><br /><br />コンプエース2018年8月号掲載。<br /><span style="font-size:large;"><strong>第103回 ペルー料理とタイ料理が両方食べられるお店</strong></span><br /><br />今度のお店は乃木坂ということで、『乃木坂 ペルー料理』で検索してみると一軒しかHitしないので<br />これは確定だなと思いましたが、よくよく考えたら乃木坂には一度も行ったことがなかったので<br />じゃあついでに行ってみるかという感じで行きました。<br /><br />何年か前に六本木の国立新美術館で開催されていた<br />『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム』という紅魔郷が展示されていたイベントに行ったことはあったので<br />近くまでは行ったことはあったんですよね。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/IMG_4838.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/IMG_4838s.jpg" alt="酒コラム103_5" border="0" width="400" height="267" /></a><br /><br />というわけで千代田線に乗って乃木坂駅へ。<br />駅を出るとまず乃木神社があるんですが、これが乃木邸跡と公園を合わせるとかなり立派な神社で見応えがあります。<br />人物自体は…まあ今さら説明する必要はないと思いますが、日露戦争で有名な人ですね。非常に毀誉褒貶の激しい人物です。<br />一通り観光してから乃木坂唯一のペルー料理のお店へ行きました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0582.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0582s.jpg" alt="酒コラム103_1" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />乃木神社から六本木方向に歩いて1~2分。検索で見つけた『ジャイタイ・ナスカ』です。<br />ペルー料理のお店と言ってもそれだけではなく、タイ料理のお店も兼ねているというお店らしいです。<br />ウェブサイトを見るとタイのほうがメインで、ペルーのほうはついでみたいな感じらしいですが。<br /><br />中に入ってみると、まずタイっぽい金ピカの舟に乗った神様の像が真正面にお出迎え。<br />壁紙にはナスカの地上絵が並んでいて、そしてアルパカ…というなんとも例えがたい雰囲気でしたが<br />その2つの国の文化は並んでいても不思議と違和感はありませんでした。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0581.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0581s.jpg" alt="酒コラム103_3" border="0" width="300" height="400" /></a><br /><br />非常に見にくいメニューを見て注文したメニューは、ランチセットのロモサルタドとペルービールのクスケーニャ。<br />ZUNさんが頼んだらしいアヒデポヨとご飯のセットは休日のランチメニューに入っていないらしく<br />代わりにロモサルタドというペルー風牛肉野菜炒めを注文しました。<br />他にもコラムに書いてある料理を色々頼みたいんですが、一人だと食べられる量が限られているので厳しいところです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0580.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0580s.jpg" alt="酒コラム103_2" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />料理と同じ皿に盛られているジャスミンライスは、コラムの文章中に書かれている通りピラミッド型に整えられていました。<br />水炊きさんのイラストに描かれている紫苑も同じピラミッド型ライスを持っていますね。<br />そんな感じでジャスミンライスだったり、肉野菜炒めのほうも何か香辛料が入っているらしく<br />口に入れたときはそうでもないんですが、飲み込んだときの後味はかなり独特なものでした。<br />ZUNさんが誰が食べてもおいしいとコラムに書いていましたが、個人的は苦手な部類でうーんという感じ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/_20180714_205802.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/_20180714_205802.jpg" alt="酒コラム103" border="0" width="394" height="260" /></a><br /><br />ペルービールなんてものは初めて飲みましたが、日本のキレの強いビールに比べると少し薄いというか、いい意味で飲みやすい。<br />ZUNさんはペルーワインの『タカマ』や、蒸留酒の『ピスコ』も注文していましたが、酔いが回ってちょっと無理でしたね…。<br /><br />ジャイタイ・ナスカ<br /><a href="http://www.jaithai.co.jp/roppongi/index.html" target="_blank" title="http://www.jaithai.co.jp/roppongi/index.html">http://www.jaithai.co.jp/roppongi/index.html</a><br /><br /><br /><br />コンプエース2018年9月号掲載。<br /><span style="font-size:large;"><strong>第104回 神楽坂にある離島にテーマを絞ったお店</strong><br /></span><br /><br />神楽坂で離島、ということで検索してみると、前回と同じように一軒しか出ないので特定は楽でした。<br />離島がテーマの店なんてそんなにあるわけがないので当然のことなんですが<br />ますますコラムで店名を隠している理由がわかりませんね。<br /><br />というわけで今回は乗り換えの関係でJR飯田橋駅に降り立ちました。<br />飯田橋は中央・総武線に乗り秋葉原から三駅の距離にあります。<br />この駅の西口を出たところにある、早稲田通りの坂をずーっと上がっていったところに今回の目的地があります。<br />余談ですが、飯田橋駅西口を出てすぐのところにある『CANAL CAFE』は<br />以前酒コラムでZUNさんが入ったことのあるお店(第53回)ですが、今回は都合により通り過ぎます。<br /><br />神楽坂を登っていくと、両側にかなりの数の飲食店が立ち並んでいます。<br />この神楽坂、酒コラムでの登場回数が実に20回以上という、まさに酒コラムの聖地と言っても過言ではない場所なのです。<br />もし東京に来て入る店のアテがなかったら、とりあえず神楽坂に来てみるといいと思います。<br />そこはもしかしたらZUNさんも利用したことのあるお店かもしれません。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/IMG_4944.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/IMG_4944s.jpg" alt="酒コラム104_6" border="0" width="400" height="267" /></a><br /><br />しばらく歩いて15分ほど。途中毘沙門天が本尊の善国寺をついでにお参りしつつ、赤城神社に入る道を右折。<br />もっと近道があると思いますが、わかりやすさ重視です。<br />そうして入った赤城神社の鳥居の前をさらに右折。そこから徒歩一分以内のところに今回の目的地『離島キッチン』はありました。<br /><br />ちなみに赤城神社、建て替えてから間がないということもありますが、境内にカフェやらフリマやらがあって<br />やたらとモダンでお洒落な神社でした。女性客で溢れかえっていて、なんだか場違いな気分になりましたね…。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0585.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0585s.jpg" alt="酒コラム104_4" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />『離島キッチン』の中に入ると、ちょっと薄暗い隠れ家的お店でした。<br />コラムにも書いてある通り、店内の飾り付けも最小限な感じで個人的には好みです。<br /><br />レジの横には東京では見慣れない離島土産が置いてありました。<br />どうやら離島のアンテナショップを兼ねつつ、月イチで特定の島をメインにして離島の郷土料理を提供するというお店のようです。<br /><br />メニューを見ていると、食べ物にも飲み物にもほぼ○○島の○○という名前がついていて、コラムの記述とも一致します。<br />その中でも特徴的なのが、青酎<奥山直子>と青酎<広江マツ>という生産者の名前が書いてあるお酒。<br />こんなのは他所で見る機会はほぼないので、特定の揺るぎない証拠になりました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0584.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0584s.jpg" alt="酒コラム104_3" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />このお店で注文したのは、コラムにも書かれていて水炊きさんのイラストの芳香の御札にも書かれているあわぢびーる。<br />コラム中ではあわ”じ”と間違えていましたが、あわぢビールです。<br /><br />それと今回のコラムに注文した料理は書かれていなかったので<br />(コラムに写真はあったものの白黒なのと、メニューに写真が乗っていないのでわからない!)<br />単純に食べたかったひゅうが丼という、甘いタレに漬け込んだマグロの漬け丼を注文しました。<br />マグロに外れがあるわけがない! というような経験に基づいています。<br /><br />実際あわぢびーるの、市販のビールとは違った良い意味でのキレのなさ(実際にアルコール度数3.5%で低い)と<br />厚みがありつつも甘いタレの染み込んだマグロのひゅうが丼がちょうどよくマッチして非常に美味しかったです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0583.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0583s.jpg" alt="酒コラム104_2" border="0" width="400" height="300" /></a>」<br /><br />店員さんによると、メニューはお持ち帰りOKですというので持って帰りました。<br />なんでも毎日微妙にメニューが変わるので大丈夫らしいですが、こういうお店は初めてだったので驚きました。<br />メニューを見ていただくと、だいたい○○島の○○と書いてあるのがわかると思います。<br />今度行くときは、もう少し注文を冒険したいですね。家の近くにこういうお店があってほしいと思えるようなお店でした。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0591.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0591s.jpg" alt="酒コラム104_1" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />離島キッチン 神楽坂<br /><a href="http://ritokitchen.com/" target="_blank" title="http://ritokitchen.com/">http://ritokitchen.com/</a><br /><br /><br /><br />コンプエース2018年10月号掲載。<br /><span style="font-size:large;"><strong>第105回 フォレスト・ガンプをテーマにしたエビのレストラン</strong></span><br /><br />第85回のリベンジで、フォレスト・ガンプをテーマにしたレストランに行った、ということで特定の必要はないはずなんですが<br />だんだん酒コラムで紹介された店に行くのが楽しくなってきたので、必要なくても行ってきました。<br />お店の名前は第85回を見ればわかりますね。『ババ・ガンプ・シュリンプ 東京』です。<br />ただし同じ店舗かどうかは書いてないのでわかりません。東京都内なら後楽園の他に豊洲にも店があるらしいので。<br /><br />お店にはJR水道橋駅から歩いていきました。東京ドームと後楽園遊園地があることで有名な場所ですが<br />『ババ・ガンプ・シュリンプ 東京』はそのジェットコースターのある建物の一階にありました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0665.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0665s.jpg" alt="酒コラム105_1" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />この『ババ・ガンプ・シュリンプ 東京』、フォレスト・ガンプのテーマレストランということで<br />名前も映画に出てくる会社名をそのまんま使っています。本店はもちろんアメリカで、全世界に20店ほどある模様。<br />今流行りのゲームとかアニメのコラボショップのはしりみたいな感じなんでしょうか。<br /><br />元ネタを一応解説しておきますと、バッバという主人公の戦友の夢が海老漁師になることだったんですが<br />その戦友が戦死してしまったために主人公が意志を継いで作った会社の名前が『ババ・ガンプ・シュリンプ』だったのです。<br />その後に主人公の上官であったダン中尉が合流するのですが、まあそれはまた別の話ということでお店の中に入りました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0664.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0664s.jpg" alt="酒コラム105_5" border="0" width="400" height="225" /></a><br /><br />アメリカ映画らしくアメリカ風の店内(完全に想像で言ってます)。<br />入るやいなやグッズ売り場があったり、映画に関する展示があったりなど<br />フォレスト・ガンプのテーマレストランというのをこれでもかと主張してきます。<br />ちなみに映画を観たのはもうかなり前のことなので、細かいネタは結構忘れてます。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0662.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0662s.jpg" alt="酒コラム105_4" border="0" width="400" height="225" /></a><br /><br />テーブルに置かれている『RUN FORESST RUN』の札、これをめくって赤い札にするとSTOPになるんですが<br />STOPにしておくと店員さんが「ストップフォレストーー!」って叫んでテーブルまで来てくれます。<br />劇中のセリフが元ネタだとわかったんですが、最初はさすがに笑ってしまいました。<br />このプレートはなんと店頭のグッズショップで売っているらしいです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/_20180826_184214.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/_20180826_184214s.jpg" alt="酒コラム85" border="0" width="172" height="400" /></a><br /><br />第85回のイラストで見切れているプレートの由来はこれだったんですね。<br />ちなみに第85回は珍しくZUNさんが映画について語っているという回なので必見です。<br />結構フォレストの生き様に共感するようなところがあるみたいですね。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0660.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0660s.jpg" alt="酒コラム105_2" border="0" width="400" height="225" /></a><br /><br />メニューの形もフォレスト・ガンプらしくラケット型という拘りよう。<br />劇中でフォレストが卓球の代表選手に選ばれたというエピソードに基づいています。<br />まあでも実際わりとメニューは見辛いですね(笑)。普通のメニューもあるのでそっちを見たほうがいいです。<br /><br />まずはZUNさんも頼んだバドワイザーを注文し、じっくりメニューを見ました。<br />そして第85回のイラストにも書いてあったシュリンパーズ・ネットキャッチを注文。海老のビール蒸しというものらしいです。<br />味がケイジャンとガーリックとチーズから選べるというのも、コラムの内容と一致します。<br /><br />イラストにはグラスから海老がはみ出して盛られている、インスタ映えしそうなシュリンプ・カクテルというのがあったんですが<br />この店実は結構お高いんですよ。なんで注文は少なめになってしまいました。<br />他にもダン中尉の名前のメニューがあったりして、気になってはいたんですが。<br /><br />そしてバドワイザーも飲み終えると本命であるコロナ・リータを注文。<br />コラムにも写真が載っている、マルガリータのグラスの上に<br />メキシコのコロナビールの瓶がぶっ刺さっているというやばいやつです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0661.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0661s.jpg" alt="酒コラム105_3" border="0" width="225" height="400" /></a><br /><br />このコロナ・リータ、カクテルだからと正直かなり舐めてかかっていたんですが、そもそも量が尋常じゃなかったです。<br />おまけに飲んだそばからビールが追加されていって、段々ビールの味しかしなくなってくるという。<br />そしておつまみの海老がビール蒸しだからますます酔うという悪循環。<br />最初のバドワイザーいらなかったわ…みたいな感じになってしまいました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0666.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0666.jpg" alt="酒コラム105" border="0" width="248" height="381" /></a><br /><br />そうしていまだかつてないほどにフラフラになりながら会計を済ませると、占めて5000円ちょっと。<br />正直マジか~という感じでしたが、あんまり頭が働かなかったのでポンと支払い店を後にしました。<br />そもそもコロナリータが1900円だったんで、あんまり気軽に来れる店ではないですね…。<br /><br />ババ・ガンプ・シュリンプ 東京<br /><a href="http://bubbagump.jp/" target="_blank" title="http://bubbagump.jp/">http://bubbagump.jp/<br /></a><br /><br /><br /><br />というわけでお送りしましたが、最近ブログあんまり更新しないけどこういうことも一応やってますって感じの記事でした。<br />あまり記事にはできませんが、色々やってはいますんでそのときは見てもらえるとありがたいです。<br />他にも酒コラムから東方の展開を予測する研究とかもありますが、そっちは公開できないまま終わりそうです(笑)<br /><br />ところでこのブログも9月で二周年を迎えてしまいました。<br />その記念としてZUNさんが酒コラムで訪れたお店のMAPを作ってみました。<br />『<a href="https://niguruta.hatenablog.com/" target="_blank" title="加熱済み宇宙食4691パック">加熱済み宇宙食4691パック</a>』のにぐるたさんに許可をいただいて<br />それぞれのお店のピンからその回のコラムのページに飛べるようにしてみました。<br />(二つ返事で許可していただきどうもありがとうございます)<br />前述のようにどれだけ神楽坂にコラムで取り上げたお店が固まっているか、とか<br />どれくらいの時期から神奈川に行かなくなって東京ばかりになってるかとかわかるようになっていると思います。<br /><br />いかんせん誰でも思いつくようなものなので、どこかとネタ被りしている可能性はかなりあると思いますが<br />より良いものに仕上げたつもりなので、当ブログ共々ご贔屓くださいますよう、よろしくお願いいたします。<br /><br /><iframe src="https://www.google.com/maps/d/u/1/embed?mid=1t1n02sLqMiGpazA2ir-jCeBwulndqhiU" width="640" height="480"></iframe><br /><br /><br />
  • Date : 2018/09/07(Fri) 23:00
  • Category : 聖地巡礼
  • Comment : 0
122

東方ステーション#13 東方新作プレイ!夏コミ振り返り&ゲーム特集のメモ

20時より、この放送に出ますー。 https://t.co/cpvxQVD9Zq— 博麗神主 (@korindo) 2018年8月22日ただ今リハーサル中!!スペシャルゲストが…東方ステーション#13はこの後20:00からhttps://t.co/TNV0Z4It7i#東ステ#東方ステーション#東方Project pic.twitter.com/gPQWeXvNd1— 東方ステーション (@touhou_station) 2018年8月22日リハ中のZUNさん。#東方ステーション pic.twitter.com/0MIg5jKoYd— ビートまりお@夏コ... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">20時より、この放送に出ますー。 <a href="https://t.co/cpvxQVD9Zq">https://t.co/cpvxQVD9Zq</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/1032219203409825797?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年8月22日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">ただ今リハーサル中!!<br>スペシャルゲストが…<br><br>東方ステーション#13はこの後20:00から<a href="https://t.co/TNV0Z4It7i">https://t.co/TNV0Z4It7i</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E3%82%B9%E3%83%86?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東ステ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E6%96%B9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東方ステーション</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E6%96%B9Project?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東方Project</a> <a href="https://t.co/gPQWeXvNd1">pic.twitter.com/gPQWeXvNd1</a></p>&mdash; 東方ステーション (@touhou_station) <a href="https://twitter.com/touhou_station/status/1032215776596357120?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年8月22日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><blockquote class="twitter-tweet" data-conversation="none" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">リハ中のZUNさん。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E6%96%B9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東方ステーション</a> <a href="https://t.co/0MIg5jKoYd">pic.twitter.com/0MIg5jKoYd</a></p>&mdash; ビートまりお@夏コミ新譜・委託開始 (@beatmario) <a href="https://twitter.com/beatmario/status/1032215844997087232?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年8月22日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv315031842" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv315031842">http://live.nicovideo.jp/watch/lv315031842</a><br />2018/08/22(水)20:00~<br /><br /><br />【MC】<br />ま=ビートまりお<br /><br />【ゲスト】<br />Z=ZUN<br />J=JYUNYA(AQUA STYLE)<br />結<br />カ=カナザワ(同人ソムリエ)<br />斉=斉藤大地(vaka)<br />コンプ(豚乙女)<br />(敬称略)<br /><br /><br /><br /><strong>0:00~ 放送開始。</strong><br /><blockquote><p> <a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-29_7-37-39_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-29_7-37-39_No-00s.png" alt="東ステ13_5" border="0" width="400" height="224" /></a><br /><br /><br />上海の東方オンリーイベントとコンサートの話。<br /><blockquote><p> <a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-28_23-36-7_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-28_23-36-7_No-00s.png" alt="東ステ13_7" border="0" width="298" height="400" /></a><br /> ま「こちらが上海のTHO、上海の東方オンリーの略なんですけど、今年で第9回目ってことでね、これがカタログの表紙のイラストですね。これ中国のイラストレーターさんが描いてるんですけどカッコいいんですよさとり様がね。足元とかエロスを感じる」<br /> Z「東方ってこんな感じだったっけ…?」<br /> ま「あちらでこんな感じになってるらしいですよ?」</p></blockquote><br /><blockquote><p> <a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-28_23-40-25_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-28_23-40-25_No-00s.png" alt="東ステ13_6" border="0" width="400" height="301" /></a><br /> Z「これ売ってんの?」<br /> ま「頒布してましたよ」<br /> Z「へぇ」<br /> ま「実際にサークルさんと仲良くなって、衣装作ってもらってるってサークルいたみたいで、中華アレンジの感じ…」<br /> Z「へぇ。中国の方ってあんまり本は少ないけど、コスプレが多いんだよね」</p></blockquote><br /> 他、会場やゲーム大会、ライブの様子など。</p></blockquote><br /><strong>0:09~ ゲストの紹介。</strong><br /><blockquote><p> 結さんが最近有野課長と絡んでる話で。<br /><blockquote><p> ま「有野課長に東方勧めといてほしい」<br /> 結「それだ!」<br /> ま「ゲームセンターCXで東方やってって」<br /> Z「絶対できない。絶対クリアできないよ」<br /> 結「次回それ言っときます!」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:10~ C94振り返り:出演者が先日の夏コミを振り返ります。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> ま「ZUNさん一般参加なんかしないでしょ」<br /> Z「そうそう」<br /> ま「元々参加しない方?」<br /> Z「だって始めてもサークル参加だったし。わざわざ行きたいと思わない…」</p></blockquote><br /><blockquote><p> ま「自分のキャラクターを使った二次創作の本がいっぱいあるじゃないですか。そういうの色々見てみたいなとかないんですか? あんまりない?」<br /> Z「そうね、あんまりないかもね」</p></blockquote><br /> 他、コミケのときは話しかけてくる相手が誰だかわからなくなる話や来年のコミケ四日開催についてなど。</p></blockquote><br /><strong>0:24~ 秘封ナイトメアダイアリープレイ:ZUNさんに特別に許可をいただき、番組内でプレイします。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> ま「俺絶対出ないと思ってたもん新作」<br /> Z「寸前まで僕も出るかどうかわからないから」<br /> ま「ぶっちゃけどんなタイミングで出そうって目処ついたというか」<br /> Z「それはジャケット入稿したとき…」<br /> ま「違う違う、作ろう今からって決めたとき」<br /> Z「それはだいぶ前から」<br /> ま「何月?」<br /> Z「何月だろうね…」</p></blockquote><br /> <a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-29_13-23-46_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-29_13-23-46_No-00s.png" alt="東ステ13_4" border="0" width="400" height="224" /></a><br /><blockquote><p> Z「最初の日曜日はチュートリアルなんで別の日がいいな」<br /><br /> ま「文花帖の系譜って言えば分かりやすいですかね。撮影していくってゲームなんですけど」<br /> Z「ただね、倒し方が撮影じゃなくてダメージ与えなくちゃいけないの。結構違う感覚になる」<br /><br /> ま「ハッシュタグ出るのが面白くて、あれ色々見たくなる」<br /> Z「あれ物凄い数あるよ」<br /><br /> ま「100%の文字大きくなった? 見やすくなった」<br /> Z「でもほとんど見ないよね文字は。カチっと音がするから、本当は効果音で知るんだよね」<br /><br /> 結「ZUNさんオススメの曜日っていうのは…」<br /> Z「それはだいぶ後ろの方になっちゃうから」<br /><br /> 結「ZUNさんも負けることあるんですね」<br /> ま「ZUNさんさ、自分の弾幕全部避けきれてるテストはしてるんですよね?」<br /> Z「もちろんね。今回はね、結構きつかったよ。途中で心折れかけた」<br /> ま「たまに下方修正あるんですか?」<br /> Z「簡単にするってこと? 毎回毎回。避けられても最終的にやっぱり簡単にする」<br /><br /> Z「基本クリアした後も毎回クリアできるようになるわけじゃない、やっぱ死んじゃう」<br /><br /> ま「カナザワさんさ、テレポボタン独立してほしいとか思ったりした?」<br /> カ「思いました」<br /> ま「でもさっきZUNさんに聞いたんだけどね」<br /> Z「ボタンが多すぎてダメなんだよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> ま「ZUNさんパッド何使ってるの? 俺サターンパッド」<br /> Z「普通にPS2ですよ。それのUSB繋ぐやつ。ずーっとそれ使ってる」<br /><br /> 結「ZUNさんインスタとか見るんですか」<br /> ま「ZUNさんはフェイスブックだよね」<br /> Z「あんまり見ないけどね、フェイスブックもインスタも」<br /><br /> <a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-29_13-57-11_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-29_13-57-11_No-00s.png" alt="東ステ13_3" border="0" width="400" height="225" /></a><br /> Z「僕もこれ(サターンパッド)持ってますよ」<br /><br /> ま「これスコアが高いとダメージ高いであってるの?」<br /> Z「ん、そんなことはない。ダメージは写真の中心かどうかだよ」<br /><br /> Z「意外とストーリーがメインのゲームなんだよね」<br /><br /> ま「ラストはシューター的に熱くなった。ラストはうぉぉぉぉってなりました」<br /> Z「そこまで行ける人なら熱くなる。そこそこ難易度高いから」</p></blockquote><br /> 他、クラウンピースに苦戦するZUNさんなど。</p></blockquote><br /><strong>0:54~ 夏コミのピックアップコーナーアレンジ編。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> イノライ『ツナガルセツナ』<br /> ORANGE★JAM『Resolution』<br /> Minstrel『Hopeless Desire』<br /> まらしぃ『幻想遊戯〈謝〉』</p></blockquote><br /> ま「今やトヨタのCMとかいろんなのやってますよ」<br /> Z「そうなの? すごいなぁ」<br /> ま「トヨタとか、あとどこだっけ? 錚々たる企業のCMの曲とか弾いてますよ」<br /> Z「じゃあピアノっぽかったら大体…」<br /> ま「あ、これまらしぃだなって」</p></blockquote><br /><strong>1:02~ 夏コミのピックアップコーナー同人誌編。</strong><br /><blockquote><p> 一味三昧『架空CDジャケット合同イマジナリーレコーズ』<br /><br /> がらくたろけっと『Story』<br /> あやちるの話が出る。花映塚のEDが初出だという話を聞いて。<br /><blockquote><p> Z「だいぶエンディング覚えてない」<br /><br /> ま「最近あやちるが勢いを増してる」<br /> カ「乗ってますよねあやちる」 <br /> Z「こないだ天空璋で両方共自機だったからね」</p></blockquote><br /> ふつうのひと『東方Projectで使用されたフォントまとめ』<br /><blockquote><p> ま「なんかフォント勢みたいな人いるんだよね、フォント警察」<br /> カ「フォントガチ勢」<br /> Z「ちょっと前にね、流行ったんですよ。フォント当てが。10年ぐらい前ですかね」<br /> Z「その後から生き残りがどんどんと凄くなって」<br /><br /> 結「これZUNさんに合ってるかどうか見てもらえば?」<br /> Z「わかんないし…」<br /> ま「昔月姫フォントとかあったじゃん」<br /> Z「結構独特な形のフォントだと分かりやすい」<br /><br />フォントを変形して使うかという質問にはノーコメントだった。</p></blockquote><br /><br /> 機械仕掛けの世界『ONEDRAW premium 002』<br /><blockquote><p> Z「一筆書きじゃないの?」<br /> <br /> <a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-29_18-32-7_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-29_18-32-7_No-00s.png" alt="東ステ13_2" border="0" width="400" height="225" /></a><br /> Z「これいいね。これ綺麗」<br /><br /> Z「案外一時間って長いよ。一時間集中したらだいたいそこそこ完成してる」<br /> 結「ZUNさんいつもどれくらい(絵を描くのに)かかるんですか?」<br /> Z「三時間くらい? まあ途中で酒飲んだりするから」<br /><br /> ま「実際キャラクターの設定とか考えてから描くじゃないですか。実際1キャラこの世に生み出すのにどれくらいかけてるんですか」<br /> Z「それは設定とか考えるのも含めてって話?」<br /> ま「ZUNさんが生きてきた中で色んな書籍を読んだとかいったら何十年ってなりますけど、このキャラのこうしたい!ってなってからどんな感じで」<br /> Z「1~2ヶ月かかるんじゃん? …もっとかかるね。その間なんも考えずに、別に作業してるわけでもないけど」<br /><br /> Z「構想っていうのはだいたい何もやってないってことですから。頭の中でぼんやり考えてる時間が…必死に考えたってしょうがないんだよね」</p></blockquote><br /> azmaya『ハレノヒ』<br /><blockquote><p> Z「これ多分言えば言うほどあやさんが困るだろうな」</p></blockquote><br /><blockquote><p> ま「終わらない。終わらないコンテンツ」<br /> Z「…終わらせなきゃね」<br /> ま「終わらせないで! ZUNさんが死ぬことがあれば…」<br /> Z「死ぬと終わらないんだよ」<br /> ま「死ぬと逆に終わらないよね、教祖になっちゃう」</p></blockquote><br /></p></blockquote><br /><strong>1:21~ ビートまりおの告知。</strong><br /><blockquote><p> Cool&Create『とうほう★あまねりお+ぷらす』 </p></blockquote><br /><strong>1:23~ ゲーム紹介パート:東方Projectの二次創作ゲームを紹介! </strong><br /><blockquote><p> vakaの社長の斉藤大地氏はZUNビールの初代担当だったのでZUNさんにいじられる。<br /><br /> LADYBUG『TOUHOU LUNA NIGHT』<br /><blockquote><p> 結「ZUNさんからもドットに関してお褒めの言葉が」<br /> Z「ね。でもあんまり褒めるのもどうかなって」<br /> 結「さっきPV中は褒めてらっしゃったのに何故」<br /><br /> 他にも悪魔城っぽさに言及したりZUNビールの裏話など。</p></blockquote><br /> C3AFAの告知など。<br />AQUA STYLE『ロータスラビリンス』<br /> Souvenir circ.『舞華蒼魔鏡』<br /> Neetpia『幻想郷ディフェンダーズ』<br /><blockquote><p> Z「ずーっと昔からね、僕のところにSteam版で出させてくださいって毎回言ってくるんだけど、一応ルールとして僕がSteam出したらかなみたいな話をしてたんです」</p></blockquote><br /> 海外のイベント出展の告知も。<br /> 3rd eye 制作委員会『3rd eye』<br /> MyACG Studio『永遠消失の幻想郷』</p></blockquote><br /><strong>2:02~ 放送予定時間を過ぎて雑談タイム。</strong><br /><blockquote><p> ビートまりおが例のアレ(クッキーとか淫夢)の話を振り出す。<br /><blockquote><p> Z「コンテンツは続かなければいけないものではないです。僕はそう思う」<br /> Z「続いてるコンテンツだから偉いってことはないです」</p></blockquote><br /> 北京大学講演会のときの話。<br /><blockquote><p> Z「僕も今年中国行きまして、ちょっとすごかった」<br /> ま「具体的にどうだったの、俺知らないんだけど」<br /> Z「全部チケット制なんで入る人数が決まってて、一番僕驚いたのは何から東方知ったのかって言ったときに全員原作だったの」<br /> Z「でも中国では中国版東方警察が厳しくて、原作を知らないといけばい風潮がすごい強い。だからこそ原作は凄いんだって感じが僕の中で怖くてね」<br /> Z「だからといって二次創作が嫌いとかそういうわけじゃないですよ。だから二次創作の動画とか流すとみんなで歌ったりするからすべて一緒に見ていて、でもどれが原作かってわかっててやってるのは日本以上かもしれない」<br /> ま「これは良し悪しじゃなくて、中国のほうが今は原作原理主義は強いと思う」<br /> Z「だから今Steamで出せば売れるってことだよね」</p></blockquote><br /> 出演者全員登場。<br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-30_13-38-52_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab_lv315031842_1flv_2018-8-30_13-38-52_No-00s.png" alt="東ステ13_1" border="0" width="400" height="224" /></a><br /> ま「俺はZUNさんが二次創作に興味ないってスタンスを取ってるっていうのは知ってるんですけど、ZUNさんから見た二次創作って何なんですかね」<br /> Z「でもまりおぐらいになったら、まりおも二次創作ありでしょ?」<br /> ま「俺の二次創作? ありがたいことにあります」<br /> Z「それ見たのと同じじゃないかな」<br /> ま「でもそれは俺のオリジナルではないじゃないですか俺って。やっぱりZUNさんとは違うじゃないですかそれって」<br /> コ「何が聞きたいの?」<br /> ま「俺はただZUNさんの考えを昔から2007年あたりにね、ZUNさんと初めてお話させてもらったときに、俺はそのとき20なにがしでわかんなかったけど、こんな考え方をするんだこの人、今までこんな人いなかったって思ったのと、このぐらいの考え方じゃないとそりゃ作れねーよなって思ってそのときから崇拝だったわけ」<br /> ま「でその崇拝力をいっぱい聞きたいのね」<br /> Z「変人力だね」<br /> ま「童貞力とも言える。ZUNさんは結婚しても童貞力は衰えないわけじゃん?」<br /><br /> 結「童貞力ってどうやって維持していくんですか?」<br /> Z「童貞力っていうのは厨2と一緒だからね言ってることは。子供っぽさなのかな」</p></blockquote><br /> 新旧東方コミュニティ。 <br /><blockquote><p> ま「東方って長く続いてるから、みんなの中で言葉が変になっちゃうけど、序列っていうのがあるのかな? ずっとやってる先輩たちの許可を得た上でやらなければいけない、みたいな風潮ができてたら俺は嫌だなと思って」<br /> コ「風潮じゃないんじゃない? 情報がむかしまりおさんが始めたときよりあるから、それによってリテラシーもさ、昔のネットリテラシーとまた違ったリテラシーができてるから、やっちゃえやっちゃえみたいな文化あんまりないんじゃない?」<br /> Z「それでもさ、コミケもそうじゃん。コミケ参加するにはこういうルールがある、コミケはこうじゃなきゃいけないっていうのがいっぱいあったわけだよ。そのルールがあるところに入っていくことを楽しみにしてるんだよ」<br /> Z「そこに入ってぶち壊して、すごい騒いでるっていうのも、で叩かれるとかそういうのもちょっと面白い話として聞いてるんだよ。コミュニティとしては、コミュニティの文化を壊す行為自体もコミュニティの一つなんだよ」<br /><br /> Z「基本二次創作は僕ができないことばかりやってるんだよ。思いつかないようなことばかりやってます」</p></blockquote><br />子供世代の東方。<br /><blockquote><p> ま「子どもたちが東方を知る機会って絶対出てくるじゃないですか。伴さんの子供たちが太鼓の達人でナイトオブナイツを叩いてくれてるらしくて、俺すごい嬉しくて」<br /> コ「さっきも控室で聞いたけどふし幻をずっとやってるって」<br /> J「五歳とかだっけ。うちのゲームルビがふってあるから読みやすいらしい」<br /> ま「確実に世代を越えてくるわけじゃないですか。それについてどう思う?」<br /> Z「そしたら、実はあれを作っているのはお父さんだぞって。そういうことでしょ?」<br /> ま「東方を知ってほしい? 知ってほしくない?」<br /> Z「いや知ってほしいでしょう」<br /> ま「それは自然に知ってほしい? それともこれこれって、これやってーって」<br /> コ「東方知ってほしくないって、いかがわしいものみたい」<br /> ま「東方知っちゃったら伊東ライフとかも知っちゃうじゃん」<br /> Z「いかがわしいものを知ったりああいうものを見て、でもその元は子供でも大丈夫なように作ってます。だからそこだけを見て、世界の綺麗なものだけじゃないよっていう世界も見れる」<br /> ま「たとえばBad Appleこれ原曲これなんだよとか子供が言い出したらどんな気分になる? ナイト・オブ・ナイツこれ原曲なんだよとか言い出したらどんな気分になる? お父さん的に」 <br /> Z「だからそれは違うよって。ちゃんとWikiで調べて」<br /> ま「そうなってもZUNさんは変わらないと」<br /> Z「やることは変わんないし、そんなに子供が東方のこと知っても動揺はしないと思うよ。…動揺するかもしれない」<br /> 結「うっすら感じられてはいないんですかね?」<br /> Z「まだちっちゃいからな」<br /><br /> Z「結構児童館とかに行ったりするとさ、学童の子がピアノを弾いてるとそれが東方の曲だったりする」<br /> 結「その場にZUNさんが居合わせるみたいな?」<br /> Z「あ、これ僕が作ってる曲だって」<br /> 結「それめちゃめちゃドキドキしますね」<br /> Z「しないよ」<br /> ま「これ俺の曲だってならないの? どういう気分?」<br /> Z「なるよなるよ」<br /> ま「そわそわしたりしないの?」<br /> Z「こんなちっちゃい子にも広まってるんだって」<br /> 結「ちなみにそれどんな曲だったんですか」<br /> Z「(長考)セプテットだね」</p></blockquote><br /> 海外のストリートミュージシャンが東方の曲を流していたという話で。<br /><blockquote><p> Z「いずれどこかの盆踊りで流れるよ」<br /><br /> ま「ZUNさんはどこまで想定してたの(世界に広まることを)」<br /> Z「想定なんか何もしてない。今もなんもしてない」<br /> ま「でも常に自信満々だったじゃん」<br /> Z「それは基本自分が作ってるものには自信があったから」<br /> ま「2006年頃俺らが勝手にライブやったら「僕の作った曲を勝手にアレンジして何やってんだろうね」みたいな感じだったじゃん」<br /> Z「今もそんな感じだったじゃん」<br /> Z「何を想定してるのかわからないけど、売れることを想定して物を作ることっていうのはないじゃん。商売的には確かに売れることを想定して作るんですけど、ものを作るんだったらそういうことはない」</p></blockquote><br /> 最後に一言。<br /><blockquote><p> Z「今日は僕は告知が、ありまして」<br /> Z「最近忙しくてね、それじゃあなんで忙しいんだって話になるんですけど」<br /> Z「そんなに大きな告知ではないです。とりあえず今まで出してた外來韋編、あれの6が…次のやつ、秋のやつがもうすぐ出ます。今作ってます」<br /> ま「それ小此木さんに怒られない?」<br /> Z「今日小此木さんと話ししてきた。それはいままでと違って、今まで付録にCD付いてましたけど、それが実は小冊子が付いてます。その小冊子の内容はちょっと言えないです」<br /> Z「それは結構ビックリするんで言えないです」<br /><br /> Z「外來韋編で漫画書いてもらってる火鳥さんと水中花火さんでしたっけ? その二人の単行本が出ます。要は溜まったから。ようやくついに外來韋編から本が出ます」<br /> J「書籍になるんだあれって」<br /> Z「なるの。あれ一応連載でコミック化するの」<br /><br /> ま「公式の単行本ってこと?」<br /> Z「公式のアンソロジー的なことになるんですけど、アンソロジーではないな」<br /> ま「公式でしょ?」<br /> Z「だから…謎なんだよ。二次創作の本としてコミックが出ます。そういうのも含めてちょっとおもしろい方向に」<br /> Z「ゲームや音楽はもっとメジャーな方勝手に行ってたけど、コミックもそういう方向に行こうかなと。行けそうな、同人誌以外の土地でも。普通に僕が見てなくても」<br /> ま「公式の二次創作本」<br /> Z「公式ではない。そういうのが書店に並ぶ」<br /><br /> コ「それと?」<br /> Z「こんだけ!」<br /><br /> J「外來韋編に冊子が付くっていう重さがすごい」<br /> 斉「酒コラムでは?ってコメントが」<br /> Z「全然そんなもんじゃない。そんなもんって言ったらあれだけど…」</p></blockquote><br /> 他、次の2軒目ラジオの告知など。</p></blockquote><br /><strong>2:32 放送終了。</strong><br /><br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">昨日も <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E6%96%B9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東方ステーション</a> をご覧頂きありがとうございました<br>ZUNさんの急な登場でびっくりされた方も多いのでは!?<br><br>次回放送も調整中ですので乞うご期待<br><br>タイムシフトご覧いただけます<br>昨日の放送見逃した方はぜひ<a href="https://t.co/TNV0Z4It7i">https://t.co/TNV0Z4It7i</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E3%82%B9%E3%83%86?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東ステ</a> <a href="https://t.co/Li2IcI448n">pic.twitter.com/Li2IcI448n</a></p>&mdash; 東方ステーション (@touhou_station) <a href="https://twitter.com/touhou_station/status/1032487357830770688?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年8月23日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E6%96%B9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東方ステーション</a><br>ありがとうございましたーー!!東方大好き!! <a href="https://t.co/TZyDRdTN8B">pic.twitter.com/TZyDRdTN8B</a></p>&mdash; ビートまりお@夏コミ新譜・委託開始 (@beatmario) <a href="https://twitter.com/beatmario/status/1032264539423690752?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年8月22日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><br />
  • Date : 2018/08/30(Thu) 23:00
  • Category : 東方STATION
  • Comment : 0
121

東方三月精VFS 第11話『制御不能の偽龍 後編』の感想

月刊コンプエース2018年9月号掲載東方三月精 第11話『制御不能の偽龍 後編』そんなワケで本日発売の「コンプエース 2018年9月号」にて三月精第11話「制御不能の偽龍 後編」が掲載です!今回の衣装はウエットスーツとの指定だったのですが、足首まであると流石にあまり可愛くないのであんな感じになりました!良かったら是非!https://t.co/HHszbrcWEp pic.twitter.com/zD41S7z2QQ— 比良坂真琴@新三月精1巻発売中! (@hir... 月刊コンプエース2018年9月号掲載<br />東方三月精 第11話『制御不能の偽龍 後編』<br /><br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">そんなワケで本日発売の「コンプエース 2018年9月号」にて三月精第11話「制御不能の偽龍 後編」が掲載です!<br>今回の衣装はウエットスーツとの指定だったのですが、足首まであると流石にあまり可愛くないのであんな感じになりました!<br>良かったら是非!<a href="https://t.co/HHszbrcWEp">https://t.co/HHszbrcWEp</a> <a href="https://t.co/zD41S7z2QQ">pic.twitter.com/zD41S7z2QQ</a></p>&mdash; 比良坂真琴@新三月精1巻発売中! (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/1022394749594943488?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年7月26日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />水着ではなくてウェットスーツ? あんまり色気がないけど東方だとそんなもんかなーと思いつつの11話後編。<br />儚月抄最終回で水着があったときは、ダサくするようにZUN氏から言われてあんな感じになったらしいので<br />あまり東方にそういう面を期待するようなことではないものの、あのときの霊夢のダサ水着はわりと好きだったので<br />色々期待と不安が入り混じりつつの三月精。<br /><br /><br />話は前回の数日後から。<br />前回最後の三妖精たちによるキャニオニングのテスト結果はすっ飛ばされて、既に営業が始まっている模様。<br />お客さんも集まっていて、幽々子・妖夢、早苗・諏訪子を筆頭に一輪・小傘・赤蛮奇・針妙丸・あうんがいる。<br />(その後のコマに射命丸・ルーミア・うどんげ・てゐ・雛なども)<br />針妙丸は文果真報でも川下りが記事になっていたので妥当な人選だけど、赤蛮奇なんかは結構意外な感じ。<br /><br />そこに魔理沙が様子を見にやってくる。玄武の沢の水量と勢いを見かねた魔理沙は<br />危なくないのかとにとりに訪ねたが、にとりはコースから外れそうになったら河童がそっと戻しているという。<br />しかし魔理沙が案じていたのはキャニオニングについてではなく麓の川の氾濫についてであった。<br />それについてのにとりの返答は、そんなのは自然の決めること…というのは冗談で<br />川の治水は水流をコントロールできる河童の担当であり、氾濫させるもさせないも河童の自由であるらしい。<br />こんな話、前にどこかで見たような…と東方鈴奈庵の6巻を取り出してペラペラ捲る。<br />どうやら『紫色の日は外出を控えましょう 後編』で射命丸が言っていた<br />里の水害は河童が守っているということの実例が今回の話だったということらしい。多分。<br /><br />そして魔理沙はにとりからお友達価格で安全を保証すると言われて、実際にキャニオニングを体験することに。<br />水流の上を飛んだり跳ねたりしながら息も絶え絶えにゴールに辿り着いた魔理沙は、その楽しさに思わず感動。<br />ここで比良坂先生の言っていたウェットスーツが出てきたが、割と普通に女児用水着の上にライフジャケットを着ているような感じ。<br />あとがきにも書かれていたが、露出少なめで可愛らしくという結構無茶なZUN氏の指定の結果としては妥当な感じだと思う。<br />フリルとリボンがマシマシなら少女っぽいとか可愛らしいというのが東方だし(言い過ぎ)。<br /><br />一方その頃三妖精は、最高の夏を教えるという名目でクラウンピースを伴って河童のキャニオニングへ向かっていた。<br />ちょうど妖夢が水着に着替えたところで、幽々子に無理やり連れてこられたのかなと思うとちょっと可愛そう。<br />どうやら三妖精たちも、テストプレイで自分たちが感じた恐怖をクランピースに味わわせたいらしい。<br />そういえば前回の松明で三妖精の家が燃えて…というくだりはどうなったのかというと、家の扉を焦がした程度で済んだようだ。<br />あれで家が燃えて一悶着起こるのが今回の話に違いない!と前回の記事で予想したのは大外れ。悲しい。<br /><br />しかし三妖精はお金を持っていないということでにとりに門前払いを食らう。<br />テストのときは無料だったということに気づいていなかったらしく、玄武の沢で途方に暮れる四人。<br />そこにキャニオニングを終えた魔理沙が戻ってくる。<br />にとりは妖精の保護者みたいなものだから代わりに払ってくれるならいいと提案する。<br />そこで魔理沙はさっきの話を思い出し、妖精が揉め事を起こして治水に影響が出ないようにあえてお金を払うことに。<br /><br />こうしてウェットスーツに着替えた四人。<br />クラウンピースの普段と違うツインテールやスターの後ろをリボンで纏めた髪型が新鮮で可愛い。<br />既にキャニオニングの恐ろしさを知っているサニーは初心者コースにしようとするが<br />ピースの希望で無理矢理超上級ルナティックコースに放り込まれ絶叫を上げる。<br />仕掛け役の河童が川を下ってくる四人を見て、そろそろ大ジャンプさせて脅かしてやろうかというところに<br />クラウンピースの松明の火を見てしまい狂気に染まる河童。その瞬間水は龍のように空に立ち上り四人を空中に飛ばす。<br />このときの河童、にとりは川岸にいるのでにとりではないらしいがデザインが結構似ているので最初は困惑した。<br />まったくの無名の河童なのだが、それでも水を自在に操る程度の能力は持っているようだ。<br />これを見たにとりは想定外の事態にキャニオニングを一時中断し、原因は妖精のほうにあると判断したらしく<br />その後妖精たちを二度と滑らせることはなかった…というオチ。<br /><br /><br />キャニオニングやらアクティビティやら、今に始まったことではないにせよ<br />幻想郷の住人が横文字を多様しているのは結構違和感があった回だった。<br />次の話から今後に関わる重要な話だということらしいので、その前の息抜き的な話だった。<br />鈴奈庵も終わってしまったので、そこでできなかった話をこっちに持ってきたのだろうかという感じ。<br /><br /><br /><br />酒コラムのイラストはコラムの内容にちなんで青娥(と芳香)。おっぱいでかい。<br />今回のお店、神楽坂で離島がテーマということで検索してみたら一発だった。<br />神楽坂の『離島キッチン』という店で多分正解。難易度が低いと迷わないので助かる。<br />最近は確認のために実際にお店のほうに実際に赴いたりしているので<br />数が増えてきたらそれについての記事も書こうと思う。<br /><br /><br />
120

東方三月精VFS 第11話『制御不能の偽龍 前編』の感想

月刊コンプエース2018年8月号掲載東方三月精VFS 第11話『制御不能の偽龍 前編』大変ご無沙汰しておりました。時が経つのは早いもので、もう二月からまともに更新してませんでした。5月までは例大祭に出すモノの準備をずっとしていたんですが、ブログの更新との両立はちょっと無理でした。例大祭が終わってからは燃え尽きたような、なんだかやる気の出ない日々が続いていたんですがいつまでもそういうわけにもいかないので、また... 月刊コンプエース2018年8月号掲載<br />東方三月精VFS 第11話『制御不能の偽龍 前編』<br /><br /><br />大変ご無沙汰しておりました。<br />時が経つのは早いもので、もう二月からまともに更新してませんでした。<br />5月までは例大祭に出すモノの準備をずっとしていたんですが、ブログの更新との両立はちょっと無理でした。<br />例大祭が終わってからは燃え尽きたような、なんだかやる気の出ない日々が続いていたんですが<br />いつまでもそういうわけにもいかないので、また少しずつ更新していけたらいいなと思います。よろしくお願いします。<br /><br />と前置きはここまでにして…。<br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">そんなワケで本日発売の「コンプエース 2018年8月号」にて三月精第11話「制御不能の偽龍」が掲載です!<br>扉がカラーページで涼し気な感じになっております!<br>今回は前後編の前編でまだ不穏な展開になる前のお話です(笑<br>良かったら是非!<a href="https://t.co/M1TDRUS6U9">https://t.co/M1TDRUS6U9</a> <a href="https://t.co/vn7RdqDWul">pic.twitter.com/vn7RdqDWul</a></p>&mdash; 比良坂真琴@新三月精1巻発売中! (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/1011426715938144257?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年6月26日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">次回三月精は実に夏らしい涼し気なお話です。<br>三月精ではモブでしか登場した事がないキャラがメインとなります。<br>次が3巻のトップのお話なのでカラーもありますよ! <a href="https://t.co/TvEI8HcXVl">pic.twitter.com/TvEI8HcXVl</a></p>&mdash; 比良坂真琴@新三月精1巻発売中! (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/1006117835263770624?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年6月11日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />なんだか凄く思わせぶりだな~と思いながら発売前に色々候補を考えていたものの結局不正解。<br />青が基調の涼し気なカラー扉絵、カラーということはつまり単行本の最初の話。そこに描かれていたキャラはなんと…にとり。<br />確かに三月精ではこれまで宴会や縁日の隅っこに描かれていたものの、台詞有りで登場したことは一回もない(はず)。<br />同人誌の方でにとりが出ていたことがあったかはちょっと思い出せないけれど<br />比良坂先生の大きなにとりは結構新鮮に感じられる…気がする。<br />モブ河童はどうやらおかっぱとメガネは判別可能の模様。<br /><br /><br />前後編なのでやはり今回も短めの19ページ。<br />鳴門海峡のごとく渦を巻く玄武の沢を見下ろす河童たち。<br />玄武の沢の話は霊夢や魔理沙の耳にも既に届いており、なんでも今年の冬は雪が多かった影響で<br />川の水かさが増していて、夏になって氾濫の恐れがでてきたとのこと。<br />そのせいで玄武の沢にあった河童のアジトは水没してしまったが<br />霊夢は川に流されていたらこれが本当の河童の川流れだと冗談とも本気とも取れる言い方で笑う。<br />最近の茨歌仙では商売のコツをにとりから聞いていて、それなりに成功しているので円満な関係なのかと思ったら<br />結構初期の河童に対する風当たりの強さは変わっていないらしい。<br /><br />それを聞いていたサニー・ルナ・スターの三妖精たち。<br />無鉄砲な妖精らしく、大変なことになっているという玄武の沢を見に行こうと言い出す。<br />ルナが近づいたら危険だと霊夢たちが言っていたことを思い出すが<br />二人にそんなことは言っていなかったと押し切られる。やはり妖精である。<br /><br />ほどなくして玄武の沢に到着する三人。<br />崖の上から見下ろすと大荒れも大荒れで、特徴的な柱状節理の川辺は見る影もない。<br />いつもは谷底に河童のアジトが見えるはずなのに今は全く見えないというルナ。そういう設定だったのか。<br />すると! 河童が川を流れていくではないか!<br />あまり深刻そうには見えないが、とにかく河童が川を流れていく。何匹も何匹も。<br />それを見ていた三妖精たちは思わず「超ウケる!」とご機嫌。<br />ついこの間の茨歌仙でも小町が使っていたが、幻想郷で流行っているのだろうか? それともZUNさんのマイブーム?<br /><br />一方その頃、クラウンピースは暑さに耐えかねて三妖精の家を訪れる。<br />しかし三人が今頃玄武の沢。生憎留守だったので、家の前に座り込んでしまう。<br />「疲れちゃった、眠いよう」とは紺珠伝で倒した後の台詞だったかな…。<br />その場に置いた松明の火が木に燃え移って…といささか不穏な空気が漂う。<br /><br />そして再び玄武の沢。<br />三妖精はにとりと鉢合わせる。<br />サニーは川がこんな状態で河童は大丈夫なのかと尋ねるが、河童がこれしきの水で戸惑うことはないと一蹴。<br />逆にお前たちは「超ウケる!」と大笑いしてただろと指摘されてしまう。<br />しかしにとりはそれをあまり気にしていない様子で、さっきの川流れが一体何なのかを説明する。<br />今年は玄武の沢が荒れているため、いつもやっているバザーの代わりに<br />アクティビティとしてキャニオニングをテストしているという。<br />現実のキャニオニングとは複合的なアウトドアスポーツらしいのだが<br />ここにおいては単に生身で川を流れることを指しているらしい。<br />ラフティングにも言及されているが、文果真報であった針妙丸の急流下りなどが思い出される。<br />そうしている間にももう一人の河童が流れてくるが、渦に巻き込まれた挙げ句壁に激突して浮上してこない。<br />そこでにとりは妖精なら何が起きても問題ないはずと、ロープで縛ってテストに使おうと迫ってくるのだった。<br /><br /><br />というわけで前半のお話は以上。最近三月精も茨歌仙も地獄ネタが立て続けに来ていたので<br />いかにも新作の前フリのような感じの話が今回も来るのかなと思ったら、そうでなくて拍子抜けではあった。<br />偽龍というのでてっきり里の龍神の像とか、前から何度か出てきていた梅雨明けの虹のこととか<br />そういう話かと思っていたらおそらく川の流れのことを制御不能の偽龍と言っている?ような感じで後半はどうなるやら。<br />ピースの松明の炎が三妖精の家に燃え移りそうなのが一波乱あるんだろうなーと思う。<br />茨歌仙で博麗神社が燃えたら結界が弱まるという話をしていたこともあるけれど<br />さすがにそっちまでどうにかなるということは考えづらいかな。<br /><br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">これから次次回三月精の打ち合わせに行ってきます!<br>今月掲載の三月精は前後編の前編で、来月に後編が掲載予定なので、またその次のお話になります!</p>&mdash; 比良坂真琴@新三月精1巻発売中! (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/1009735745353932802?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年6月21日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">今回頂いたお話は東方本編や三月精の今後の展開にかかわる重要なお話で、少し不穏な空気を漂わせています…。<br>このお話から3巻の最後に向けて4話ほどかけた長編のお話になります!</p>&mdash; 比良坂真琴@新三月精1巻発売中! (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/1009738595962253313?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年6月21日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">単行本に関しては今月掲載分から3巻に収録されるお話なので、2巻は1巻ほどお待たせしないでお届け出来るかと思います!</p>&mdash; 比良坂真琴@新三月精1巻発売中! (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/1009739690713346048?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年6月21日</a></blockquote><br /><br />次回以降の展開も既に決まっているらしく、本編や今後の展開に関わる重要な話らしい。やはり地獄か?<br />今回の話から三巻目にあたる話で、この後四話かけた長編ということはそれでぴったり一冊に収まることに。<br />三巻というと三月精においては区切りの巻と言っても過言ではなく、もうすぐ終了なのではという予感も。<br />今までがそうだったからといって今回もそうなるとは限らないけれど。<br /><br /><br />そういえば先月号の酒コラムから店名が明記されなくなったらしい。<br />今回の乃木坂のペルー料理店、多分「ジャイタイ・ナスカ」っぽい。<br />検索しても他に出てこないので。<br /><br /><br />
118

幻想郷の交響楽団-夢幻響楽宴-のメモ

【チケット一般販売、本日〆切!】東方Projectオーケストラ公演『幻想郷の交響楽団-夢幻響楽宴-』5月3日(木・祝)不朽の名作から最新作『東方憑依華』まで迫力の生演奏でお届け!昼公演ではZUN氏×古代祐三氏の対談も!残席わずか!本日〆切!▼ご購入はコチラから!▼https://t.co/cKq4UqD5QW pic.twitter.com/NEOedYInU0— JAGMO[+♪●]広報部 (@jagjagmo) 2018年4月30日2018/5/3(木)昼公演の中間の20分休憩に実施された。場所... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">【チケット一般販売、本日〆切!】<br>東方Projectオーケストラ公演<br>『幻想郷の交響楽団-夢幻響楽宴-』<br>5月3日(木・祝)<br><br>不朽の名作から最新作『東方憑依華』まで迫力の生演奏でお届け!<br>昼公演ではZUN氏×古代祐三氏の対談も!<br><br>残席わずか!本日〆切!<br>▼ご購入はコチラから!▼<a href="https://t.co/cKq4UqD5QW">https://t.co/cKq4UqD5QW</a> <a href="https://t.co/NEOedYInU0">pic.twitter.com/NEOedYInU0</a></p>&mdash; JAGMO[+♪●]広報部 (@jagjagmo) <a href="https://twitter.com/jagjagmo/status/990835706502103040?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月30日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br />2018/5/3(木)昼公演の中間の20分休憩に実施された。<br />場所:東京オペラシティ<br /><br />【出演】<br />Z=ZUN<br />古=古代祐三<br />司=司会のJAGMOプロデューサー<br />(敬称略)<br /><br /> <br /><blockquote><p>司「第五回ということで、結構区切りのいい回ということで何か特別なことをしたいなということで前々から企画しまして、何かトークイベントでもできればなと」<br />司「去年の五月にいらっしゃった方もいらっしゃると思うんですけど、ZUNさんとJAGMOも名誉会長を務めていただいております古代さんと、ちょっとツイッター上でいろいろ絡まれてたといういきさつがあって」<br />司「ダメ元でお二人に講演、トークしてくださいよって言ったらご快諾いただきましてですね、今日はお二人をお呼びしまして短い時間ではあるんですけど、トークをざっくばらんにできればいいなと思っておりますのでお楽しみください」<br /></p></blockquote><br />当時のツイート。<br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">わー! 自分はお父さんのファンです。 <a href="https://t.co/8VBP24lp7r">https://t.co/8VBP24lp7r</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/859698242203795456?ref_src=twsrc%5Etfw">2017年5月3日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote><p>司「早速ですがゲストのお二人にご登場いただきます。まずPCゲーム黎明期より作曲を始められ、世界樹の迷宮やセブンスドラゴン、様々なタイトルを手がけJAGMOの名誉会長も務めていただいております、日本を代表するゲーム音楽作曲家古代祐三さん」<br />司「そして今や日本のみならず世界的な人気を博している同人ゲーム界の雄、ご存知東方Projectの生みの親ZUNさんのお二人です。大きな拍手でお迎えください」</p></blockquote><br />(両氏入場)<br /><blockquote><p>司「こんなGWの真ん中にお越しいただけるとは本当に思っても見なかったんですけど、お忙しい中お越しいただき本当にありがとうございます。よろしくお願いします」<br />Z・古「よろしくお願いします」<br />司「ZUNさんとか、先日超会議にいらしたばっかりで、ツイッターで見てたぐらいなので」<br />Z「まだお酒が抜けてないくらいです」<br />司「先程楽屋でお会いしたときに、おかげで緊張してると仰られてたんで」<br />Z「今までにないくらい緊張してます」<br />司「ZUNさんも古代さんもこういう機会多いと思うんですけど、入ってきて開口一番すごく緊張すると言われてるんですけど、何か理由はございますか?」<br />Z「今日古代さんと初めて会うんです。子供のときから古代さんのファンだったので、失礼の無いように、失礼の無いようにと思って今日はお酒を飲まないで来ました」<br />司「では時間がないので、早速ちょっと色々と議題を持って参りましたので、お二人の方にお伺いしようと思うんですけど」<br />司「今も言われましたけども、ZUNさん古代さんお互いのことを面識自体は?」<br />Z・古「初めて」<br />司「ZUNさんの方は古代さんにお会いしたいお会いしたいって言われてた」<br />Z「それはもう小さいときから」<br />司「お二人のそれぞれの印象とかをお伺いできればなと思うんですけど」<br />古「東方のゲーム自体を知ったのは十五年…本当に二十年近く前なんですけど」<br />Z「相当前ですね」<br />古「知人で某大手のゲーム会社に勤めてるプログラマーさんがいて、その彼が今すごく流行ってる同人のSTGがあるんで是非見てくださいって言って、それを持ってきたのが初めて」<br />Z「それは98の?」<br />古「98のやつですね。それが最初の出会いでそのときは凄いSTGだなって遊ばせていただいたんですけど、それから何年かしてからやっぱりムーブメントが段々大きくなってきて」<br />古「名前は知ってたんですけど、結構よく見たのがキャラクターがAAになって2chとかでよく貼られてた」<br />Z「ゆっくりですね」<br />古「ゆっくり! あれで”あ!”って思って、それが多分近年で最初の出会いなんですけど、当然曲も色々聴かせて頂いて、原曲はみなさんご存知でたくさんありますけど、個人的に一番最初にインパクトがあったのがナイト・オブ・ナイツっていうんですけど」<br />古「あれビートまりおさんがアレンジしてる曲ですね。あれを最初聴いたときにすげー曲だなと思って、それがまたマッドビデオか何かに使われてて、余計にインパクトがあってすごい印象に残って、それからすごく東方の音楽を意識して聴かせて頂くようになって」<br />Z「その頃すごく電波曲というか、Flashアニメで…懐かしい」<br />古「そうなんですよ! すごく中毒性があって」<br />Z「それは僕の曲というよりアレンジが素晴らしいと思うんですよ。元々の曲は結構マニアックな…そんなに人気もない曲だったので、ビートまりおがアレンジしてくれたから有名になった」<br />古「元の曲って、初期の頃はFM音源」<br />Z「初期の頃は5作品全部FM音源だったので、どちらかというとそれも古代さんの影響が強い。PCで作るときにはやっぱりイースの頃から見てきて、作りたいな作りたいなと思って真似して真似してって感じでした」<br />古「その後月日は流れてですね、今度は私の娘ができまして。で娘がですね、すごく東方のファンで、ピアノの発表会で何の曲弾きたいかって話になったときに彼女が選んできたのが、UNオーエン」<br />古「それを弾きたいって言って、でも楽譜が無いんですよ。で一生懸命ネット探して、ファンの方が作ったのがあるんですけど、弾いてみてもあまり似てなかったりとかして、あと曲難しいんですよ」<br />Z「難しい。あれ演奏しようと思ったら」<br />古「ちょっと難しくて、そのとき小学校低学年だったんで指もおっつかないしこれは無理だから、諦めようって言ってポケ…いいや、スプラトゥーンに変えたんですよ結局」<br />Z「弾いてたらちょっとおもしろかったですね」<br />古「ぜひ聞いていただけたら」<br />司「娘さんいつもお越しいただいてて」<br />古「いつも来てるんですけど、全部曲わかるって言ってました」<br />Z「僕でも分からないのに」<br />司「逆にZUNさんは古代さんにお会いしたりして思うところあると思うんですけど」<br />Z「それを話すと結構長くなりますよ? 元々そんなにゲームミュージック作ってる人の名前とか分からなかったんです」<br />Z「やっぱりその当時小学生で、会社のサウンドチームとか名前つけてくれるとかやってたりとか、もしくは有名な作曲家に頼んだりとかあったんですけど、その頃古代さんの名前は知らなくて、初めて名前意識してわかったのがアクトレイザーのとき」<br />Z「そのアクトレイザーを遊んでCD買って、もう堂々と名前が出てるじゃないですか。それでなるほどゲームミュージックを作ってる人なんだって印象になってから、自分もゲームミュージック作る人目指したいなーって考え方になって」<br />Z「だから古代さんに出会ってなかったら、ゲームミュージック作るってなっても会社のサウンドチームに入って作るって話だったのかなーって思います」<br />Z「今ちょっとありがたいです。東方の産みの親の…(不明瞭)」<br />古「とんでもございません。光栄ですありがとうございます」<br />Z「ミスティ・ブルーも大好きです」<br />古「お客さん若いから、ミスティ・ブルーとか言われても分かんない方いっぱいいらっしゃる」<br />Z「そうですね。最近世界樹の迷宮出てるときも、世界樹はアクトレイザーの世界樹なんだろうなと思って」<br />古「あっちにも世界樹ありましたね」<br />Z「あれはすごいなーと思いましたよ。すみません、僕がオタクトークして。それくらい自分が小さいときからのファンだったんです」</p></blockquote><br /><blockquote><p>司「色んなトピック用意したんですけど、二人のお話でなかなか尺をいっぱい取ってしまいましたので…」<br />司「今回実はパトロネージュの会員様に、事前に二人にお伺いしたいことみたいなことをお聞きしてまして、その中から答えられる範囲で構いませんので」<br />司「答えられないなら、本当にダメですって言ってもらっていいんですけど、幾つか紹介させていただきますのでちょっとお付き合いください」<br />司「まず全く関係ないことなんですけども、最近読んでいる本や嵌っていることはなんですかという質問なんですけど…」<br />Z「急にこういう幅広い質問…最近ほんと言うと私生活がすごい忙しくて、子供が二人いるんです。ちょうど三歳と一歳なんでちょっとすごい大変なときですね」<br />Z「ちょうどそれで子育てをいっそ楽しんじゃおうと思って、子育て色々調べたりとか色んな所に言ってみたりとか、子供に合わせて生活すると新しいことがいっぱい発見できて面白くてしょうがなくて、今嵌っていることと言ったら子育て」<br />古「私はですね、ここのところずっと仕事が続いておりまして、それで全然嵌まれるものが無いんですけど、ZUNさんおっしゃってましたけどまあ私も子供と遊ぶのが好きなので、暇な時間はなるべく子供と遊ぶようにしてるので、それが趣味というか今嵌っていることですね」</p></blockquote><br /><blockquote><p>司「ではですね、これ次ちょっと怒られるかどうかわからないんですけど、言うのが憚られるような質問がひとつ来てまして」<br />司「東方Projectのキャラクターの中で最後の一撃、トドメを刺されるならどのキャラがいいですか」<br />古「いやすごい迷ったんです。魔理沙か霊夢かで…でもやっぱり霊夢かな」<br />Z「ですよね、取られちゃうよね…そうですね、余り物みたいになっちゃうからね。じゃあそこは魔理沙で」<br />司「そこは王道ということで」<br />Z「雑魚に殺されたくないです」<br />司「自分で作られておいて言いますね! これなかなかレアなお話だと思いますので、是非記憶に残しておいていただければと思います」</p></blockquote><br /><blockquote><p>司「では最後に一つ、ちょっと難しい質問なんですがゲームを作る上で必要なのは、シナリオやシステムなどよりもBGMが一番だと思いますがという質問なんですけど」<br />司「シナリオとゲームの中で、BGMが占める割合といいますかそういうのはどういうくらいの割合を占めるものとして普段ものを作られているのかなという質問だと思います」<br />古「じゃあ私から。その中ですとどれも捨てがたいというか、私も曲を作ってるので曲一番って言いたいところなんですけど、でも実際曲を制作するときに一番意識するのは絵なので、だからビジュアルですよね」<br />古「その中ですとビジュアルなんですけど、あえてその中じゃないのを挙げるとすれば私はゲーム性というのを一番大切にしてます」<br />司「基本音楽作られるときもゲームの絵とかを見られて、制作することが多い?」<br />古「そうですね、絵を見ないとあんまり浮かんでこない。だから絵の資料を見せてくださいってお願いします」<br />司「ZUNさんとかは音楽を聴いてほしくてゲームを作っている…」<br />Z「そういうとこありますよ。これは今の質問の答えで言うと、ゲームによるんじゃないですか。たとえば全部のゲームがBGMが一番いいとかはないですけど、当然それはないです。でももしかしたらBGMが一番大切なゲームもあるかもしれない」<br />Z「ゲームに合わせてみんなを作るものだったり、もちろん絵が大切なもの、シナリオが大切なものって絶対あると思う。それはゲーム毎に一番は違うんじゃないかなーと思ってます」<br />司「東方Projectのゲーム作られてるときも、作品によって重きも違ってきます?」<br />Z「そうですね」<br />司「たとえば音楽に力を入れていたりとか、わりと音楽先行で作り始めた作品とか中には」<br />Z「結構音楽のほうが先で、STG…昔のタイプのSTGなんですけど、ステージの配置が全部決まっているので、先に音楽を作ってそこに合わせて絵を出したり敵を出したりって作り方をした方がゲーム全体が音楽にノリやすいです」<br />Z「サビの寸前で難しい攻撃が来ると、避ける側も曲で覚えてるので避けやすい。っていうので僕としては先に曲を作ってそこに合わせていくって作り方をしてます」<br />司「なるほど…面白い話をたくさん聞かせていただいてありがとうございます。時間も少なくなって参りまして、後半も曲が盛りだくさんなので、このあたりでこのセクションを終わらせていただこうと思うんですけど」<br />司「改めまして本日ゲストにお越しいただきましたお二人に大きな拍手で」</p></blockquote><br />(両氏退場)<br /><br />その後のツイート。<br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">ZUNさんからサイン付きゲームも頂きました。義弟のありが君<a href="https://twitter.com/ariga_megamix?ref_src=twsrc%5Etfw">@ariga_megamix</a>も一緒に記念撮影 <a href="https://t.co/RHzBNVv2fC">pic.twitter.com/RHzBNVv2fC</a></p>&mdash; 古代祐三 (@yuzokoshiro) <a href="https://twitter.com/yuzokoshiro/status/991979125756735489?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年5月3日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">東方オーケストラ楽しかったです! 憧れの古代さんと楽屋で <a href="https://t.co/bBcoYjaRDB">pic.twitter.com/bBcoYjaRDB</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/991956444936261632?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年5月3日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><br />
117

【超会議特番】超ZUNビール試飲&命名会~GWの東方Projectはこれでバッチリ!!~のメモ

まもなく、生放送しまーす。 https://t.co/zfdE8GaxU6 pic.twitter.com/1s80MxsgWU— 博麗神主 (@korindo) 2018年4月24日http://live.nicovideo.jp/watch/lv3123546182018/04/24(火) 19:50開場 20:00開演<出演者>Z=ZUN ひ=ひろゆき 伴=伴 龍一郎その他(敬称略)0:00~ 超会議宣伝VTR。0:03~ 放送開始。 伴「今年どんな味って言ったんでしたっけ?」 ひ「ZUNさんから説明を。色々ストーリーがあるんで」 Z「あ... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">まもなく、生放送しまーす。<br> <a href="https://t.co/zfdE8GaxU6">https://t.co/zfdE8GaxU6</a> <a href="https://t.co/1s80MxsgWU">pic.twitter.com/1s80MxsgWU</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/988732201578610688?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月24日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv312354618" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv312354618">http://live.nicovideo.jp/watch/lv312354618</a><br />2018/04/24(火) 19:50開場 20:00開演<br /><br /><br /><出演者><br />Z=ZUN <br />ひ=ひろゆき <br />伴=伴 龍一郎<br />その他<br />(敬称略)<br /><br /><br /><strong>0:00~ 超会議宣伝VTR。</strong><br /><br /><strong>0:03~ 放送開始。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_18-25-37_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_18-25-37_No-00s.png" alt="ZUNビール2018_2" border="0" width="400" height="227" /></a><br /><blockquote><p> 伴「今年どんな味って言ったんでしたっけ?」<br /> ひ「ZUNさんから説明を。色々ストーリーがあるんで」<br /> Z「あんまり言い過ぎるとあれだけど、最初にいつも打ち合わせをして、ベアードさんと打ち合わせをするんだけど今回都合が合わなくて、ベアードさんが来なかったんだよね」<br /> Z「向こうが来なくて、じゃあうちらだけでどんなのが出来るのかって結構はっちゃけたことを言ったら、ベアードさんから返ってきたのが全然違うやつで、それ以外の案はないのかと」<br /> 伴「ダメ出しされたと」<br /> ひ「静岡のおでんとか、おでんビールみたいなのできるわけねーだろみたいな」<br /> Z「ひろゆきさんは山椒を使いたいとか言って、僕はみたらし団子的なやつがいいって言ったんだけど、帰ってきたらぜんぜん違うものになってたね」<br /> Z「ひろゆきさんは最初はレモンティー…」<br /> ひ「結局静岡に因んだ食べ物は無理だから、じゃあ文化で対決をしようっていうので僕はレモンティー、紅茶でイギリス側につきますと」<br /> Z「先にこれはレモンティーになるなと思ったので、じゃあカフェ的なものでコーヒーかなみたいな話をしてて、でもそれじゃ普通で面白くないよなーって言いながら」<br /> Z「まあコーヒーでカフェっぽくしましょうよと、イギリスっぽくしましょうと話をしたところの、返ってきた答えがコーヒーとなぜかほうじ茶に変わってて」<br /> ひ「レモンティーだったレモンもはっさくに変わってて、僕がオーダーしたレモンと紅茶っていうのが両方ともなくなってるから」<br /> Z「向こうも面白いって言ってたのにね」<br /> ひ「あれーって思って。あれはベアードさんとの間に入って連絡した人がまずいの? なんでこの話がこうなったのかがわからないんだよね」<br /> Z「で結論だけ来たんだよね。で本当はイギリスでカフェっぽくするのに、一人カフェになっちゃった」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:11~ 出演者・おつまみ提供店の紹介。</strong><br /><blockquote><p> 船橋の路地裏(超会議の後の2軒目ラジオを放送する(した)店)。</p></blockquote><br /><strong>0:26~ ZUNのビールブース告知。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_19-58-49_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_19-58-49_No-00s.png" alt="ZUNビール2018_1" border="0" width="400" height="226" /></a><br /><blockquote><p> ひ「でもZUNさんってあんまり東方の音楽やってる人と絡まないですよね。あっち行ってイェーイってやってもいい派じゃないですか。派閥としては」<br /> Z「そうなのかな…恥ずかしいじゃんあんなの。だってそれは相当酔ってなきゃできない」<br /> ひ「でもわりとあっちの人たちってZUNさんのここが好きとか、この曲が好きとか言うわけじゃないですか。それに対して熱い言葉を掛けたことほぼほぼないじゃないですか」<br /> Z「それは音楽は自分が作ってるのが一番好きだから」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:32~ 超会議の東方関連ブース告知。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> た「東方眼鏡が売れてるんですよ」<br /> Z「みんな目が悪いんだよ」</p></blockquote><br /> アトレ秋葉原イベントの下の階で買うとポプテピピックのオマケがついてくる話で。<br /><blockquote><p> Z「東方好きの人は好きそうだよねポプテ」</p></blockquote><br /> アトレ秋葉原のイベントには行ってないというZUN氏。理由は前に行ったから。</p></blockquote><br /><strong>0:54~ 参加音楽サークルからの告知(歌ばかり)。</strong><br />ZUN氏も歌う。<br /><iframe width="560" height="315" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/EydAxnbJaWk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><strong>1:18~ 東方同人電子書籍配信の告知。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_22-39-47_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_22-39-47_No-00s.png" alt="ZUNビール2018_5" border="0" width="400" height="227" /></a><br />ひろゆき氏が強引に歌わされた後で。<br /><blockquote><p> ひ「だってZUNさんもサラリーマン時代とかやってないんですか?」<br /> Z「サラリーマンときはこんな無茶ぶりされなかったよ。されたらパワハラって言ったかもしれない」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 伴「ZUNさんにお許しをいただきまして、東方Projectの二次創作同人誌をニコニコ書籍とかBookWalkerで売ったり買ったりしていいよというお話をいただきました」<br /><br /> ひ「本当に漫画村の話してるじゃん」<br /> 伴「まあタイムリーですからね」<br /><br /> ひ「これって審査は誰がするの?」<br /> 伴「ZUNさんはまずしません」 <br /> Z「東方的にはね…だけど気になるのはその人の作品だと誰が審査するの?」<br /> 伴「それは今までは一次創作は普通に貴方のですよねってやってるんでその流れでやってます。勝手に他人のを売ることはできないようになってます」<br /><br /> Z「法律的には著作権違反っぽいけど、でもこれをね、むしろやってしまおうと」<br /> 伴「今までわりと会うたびに、ZUNさんにそろそろいいんじゃないのみたいなことを言ってたんだけど、ようやっといいよって言われた」<br /> Z「僕がSteamで出しちゃったからね」<br /><br /> Z「ただこれがこっち側が認めたものだけ出すっていう流れが面白くない」<br /><br /> ひ「中学生とかがたとえば自分の同人作りたいですって言ってさ、一生懸命作ってコミケ持っていってもまあまあ通らないし、行っても誰も買わないじゃん?」<br /> ひ「でもとりあえず作って、一応東方の二次の同人誌ですってネット上で売れるようになっちゃうのって、コミケとか通過しなくなっちゃう」<br /> Z「僕が思うのは、そこは多分そう思います(小声)。そういうところも見据えての…」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「これがもしうまく行って、他のコンテンツが通じてきたら、あっ東方がやったんだってできる」<br /> ひ「そこまで考えてないでしょ!」<br /> Z「そこまで考えてない…」<br /> Z「僕はそういうところしか見てないです。売れるかどうかっていうと多分売れない気がするし」<br /><br /> Z「昔から売れっ子の人が東方の二次創作やると売れない、叩かれるって言われる」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:32~ ビール命名。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_23-56-8_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_23-56-8_No-00s.png" alt="ZUNビール2018_4" border="0" width="400" height="227" /></a><br /><blockquote><p> Z「ESPだけ大文字にしてるのは超に掛けてね、超に超能力を掛けてバリスタにスタイルを掛けた」<br /> ひ「よく思いついたね、エスプレッソからESPが取れるって」<br /> Z「これエスプレイドってシューティングがありまして。エスプはエスプかーみたいな」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:46~ 締め。 </strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-21_0-17-31_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-21_0-17-31_No-00s.png" alt="ZUNビール2018_3" border="0" width="400" height="223" /></a><br /><blockquote><p> Z「引っ越しとかするとさ、色んな所でもらったポストカードが邪魔になるんだよ…」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:51 放送終了。</strong><br /><br /><br />
  • Date : 2018/05/21(Mon) 06:00
  • Category : ZUNビール
  • Comment : 0
116

東方ステーション #12第十五回博麗神社例大祭直前スペシャルのメモ

http://live.nicovideo.jp/watch/lv3120061652018/05/04(金) 19:00~22:00Z=ZUNま=ビートまりお(敬称略)0:04~5 東方電子書籍配信についての説明。2:44~47 ZUN氏の自宅映像。 ま「実はビートまりおはですね、この番組始まる前にZUNさんのお宅にお邪魔してきまして、この例大祭にZUNさん何出すんですかっていうのを聞いてきました。それを映像で撮ってきました」 Z「だいたい訓練されたファンなら分かる通り、今年は忙し... <a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv312006165" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv312006165">http://live.nicovideo.jp/watch/lv312006165</a><br />2018/05/04(金) 19:00~22:00<br /><br />Z=ZUN<br />ま=ビートまりお<br />(敬称略)<br /><br /><br /><strong>0:04~5 東方電子書籍配信についての説明。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_0-47-21_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_0-47-21_No-00s.png" alt="東方ステーション12_1" border="0" width="400" height="226" /></a></p></blockquote><br /><strong>2:44~47 ZUN氏の自宅映像。</strong><br /><blockquote><p> ま「実はビートまりおはですね、この番組始まる前にZUNさんのお宅にお邪魔してきまして、この例大祭にZUNさん何出すんですかっていうのを聞いてきました。それを映像で撮ってきました」<br /><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_10-8-22_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_10-8-22_No-00s.png" alt="東方ステーション12_3" border="0" width="400" height="225" /></a><br /><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_9-28-37_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-20_9-28-37_No-00s.png" alt="東方ステーション12_4" border="0" width="400" height="226" /></a><br /><blockquote><p> Z「だいたい訓練されたファンなら分かる通り、今年は忙しくてゲーム作れてないです。新作がないです」<br /> Z「今年はちょっと育児休暇ということで」<br /> Z「いつも例大祭でわざわざブース用意してもらって申し訳ないなと」<br /> Z「もう一つ申し訳ないと思ってることがありまして、コミケや例大祭に来る人にいつもサイン求められたりなんかして、ちょっとそれやるとスタッフに怒られるからやってなかったんです」<br /> Z「ただ今回はちょっと、日本で初めてサイン会をしようと思いまして。大手を振ってサインをしようと思いまして」<br /> ま「相当人並んじゃうんじゃ」<br /> Z「だからこそ今悩んでる。やり方はまだ決めてないです」<br /> ま「何枚くらい書くの?」<br /> Z「限界はあるので、数は言えないけどたくさん書こうかなと」<br /> Z「具体的なことが決まったらもう一度アナウンスする」<br /> ま「先着ですか抽選ですか」<br /> Z「多分抽選。そんなに数多くないからね、先着だとおそらくすぐ終わってしまう。抽選をどうするかは未定」<br /> ま「それはいつ発表されるの」<br /> Z「当…いや当日の可能性が高い。他のサークルと相談してね、どうするかはこれからちょっと考えます」<br /> Z「もしかしたら当日怒られてやってないかもしれない」</p></blockquote></p></blockquote><br /><br />当日はこのような感じでした(外部へのリンク)→<a href="https://togetter.com/li/1225004" target="_blank" title="https://togetter.com/li/1225004">https://togetter.com/li/1225004</a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/IMG_4579.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/IMG_4579s.jpg" alt="東方ステーション12_2" border="0" width="400" height="354" /></a><br />自分もZUNさんにサインをいただきました。(おみくじは大吉と交換してもらったもの)<br /><br /><br />
  • Date : 2018/05/20(Sun) 18:00
  • Category : 東方STATION
  • Comment : 0
115

ニコニコ超会議2018関連のメモ

今年もZUNビール作りました! 明日、明後日、ニコニコ超会議で飲めますよー! 今年は、「超ESPressoポーター バリスタスタイル」と「はっさくほうじ茶beer」の二つです! 結構攻めた内容ですよー。 pic.twitter.com/rEd9nAEuAw— 博麗神主 (@korindo) 2018年4月27日監修しましたよー。恐るべき美白 pic.twitter.com/c7I7ikiVk0— 博麗神主 (@korindo) 2018年4月27日【出演者】Z=ZUNま=ビートまりお是=是空とおる(敬... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">今年もZUNビール作りました! 明日、明後日、ニコニコ超会議で飲めますよー! 今年は、「超ESPressoポーター バリスタスタイル」と「はっさくほうじ茶beer」の二つです! 結構攻めた内容ですよー。 <a href="https://t.co/rEd9nAEuAw">pic.twitter.com/rEd9nAEuAw</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/989780812970184704?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月27日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">監修しましたよー。恐るべき美白 <a href="https://t.co/c7I7ikiVk0">pic.twitter.com/c7I7ikiVk0</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/989781158501076992?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月27日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />【出演者】<br />Z=ZUN<br />ま=ビートまりお<br />是=是空とおる<br />(敬称略)<br /><br /><br />2018/04/28(土)<br /><br /><a href="http://live.nicovideo.jp/gate/lv312744753" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/gate/lv312744753">http://live.nicovideo.jp/gate/lv312744753</a><br />博麗神社例大祭生放送~#131【東方Project】ニコニコ超会議2018会場(1日目)より生放送<br /><br /><strong>0:30頃  ZUNビールブースのZUN氏。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_22-41-7_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_22-41-7_No-00s.png" alt="超会議2018_一日目3" border="0" width="400" height="225" /></a></p></blockquote><br /><br /><strong>0:44~52 ZUN氏出演。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_23-2-3_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_23-2-3_No-00s.png" alt="超会議2018_一日目2" border="0" width="400" height="225" /></a><br /><blockquote><p> Z「このホールの並びが面白くて、奥から笑点・鉄道・自衛隊・ビール。凄いよ、隣戦車だよ。戦車の隣でビール飲めるよ」<br />Z「で隣のホールにずっと見えてるのはテクノ法要。あそこにお寺がある」<br />是「袈裟が着れるらしいですよ」<br />Z「神主なのに袈裟が?」</p></blockquote><br />他、ZUNビールの宣伝など。</p></blockquote><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">ZUNさん弾幕うってきそう <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%B3%E8%B6%85%E4%BC%9A%E8%AD%B02018?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ニコニコ超会議2018</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%B3%E8%B6%85%E4%BC%9A%E8%AD%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ニコニコ超会議</a> <a href="https://t.co/c0WMNBFRlC">pic.twitter.com/c0WMNBFRlC</a></p>&mdash; コンプ@豚乙女(例大祭新譜委託中) (@butaotome_comp) <a href="https://twitter.com/butaotome_comp/status/990050648300257280?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月28日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv312570423" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv312570423">http://live.nicovideo.jp/watch/lv312570423</a><br />超東方LIVEステージ@ニコニコ超会議2018[DAY1]<br /><br /><strong>0:34~39 ZUN氏登壇。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-17_19-6-9_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-17_19-6-9_No-00s.png" alt="超会議2018_一日目1" border="0" width="400" height="231" /></a><br /><blockquote><p> Z「これは裏の楽屋で話したんですけど、去年のライブステージより人が多い。最初のステージからこんなに人がいるなんて」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「今回は(ZUNビール)5.5%なんだけど、お酒はお酒なんでね。お酒を舐めてかかっちゃいけない」<br />是「皆さんに合った量を摂取していただいて」<br />Z「どっかのアイドルグループのメンバーに…」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:42~1:58 ZUN氏登壇。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p>Z「最近はね、超会議で他に呼ばれることもなくなってZUNビールだけでいい。だいぶ楽」<br />是「昔忙しかったんですよ結婚式出たりとか」<br />Z「結婚式は面白かった。昔っていうか去年なんですけど」<br />Z「このステージ以外にも面白いものいっぱいあるよ。けもフレ…」<br />是「やめろ」<br />Z「行ってみたいものいっぱいあるじゃん。なんだろうあれ」<br />是「パチスロですパチスロ」<br />Z「そんなに興味ないかも。奥で笑点やってる。今年相撲はないの? …今年は色々あったもんね!」<br />是「それは憶測だから」<br />Z「ちょっとバイオレンス的な」</p></blockquote><br /><blockquote><p>是「ZUNさんがどこまでプライベート公表してるかわからないんで、何か公表できるプライベートありませんか最近の」<br />Z「最近は子育て一辺倒だからね、もう子供が可愛くて」<br />是「あんまり興味ないみたいみんな」<br />Z「そうだよね~。これわりと子育てトーク始まっちゃうから」</p></blockquote><br /><blockquote><p>是「昨日ZUNさんも一応超会議周ったらしいじゃないですか。あんまり時間がなかったにせよ、どこ周られました?」<br />Z「一応全部見たよ」<br />是「何か気になる場所とか」<br />Z「そんなにね…あ、でもお化け屋敷行った。昨日お化け屋敷入りました。内容言えないけど結構怖いよ」<br />Z「お化け屋敷怖くて、とにかく真っ暗なの。だから通路がわからなくて…入るでしょ。で次どっちかわからなくてカーテン開けたら仕掛け人がいてすみませんすみませんって」<br />Z「で向こう側開けたら仕掛け人が来る。多分今日もそういう事故が多発してると思う。昨日はちょっとデバッグの感じ、入ったとき仕掛けを置き始めてたりしてたから面白いよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p>Z「去年水分補給をビールでって言ったんですけど、ドワンゴに怒られたのでビールは止めましょう」</p></blockquote><br /><blockquote><p>Z「さっきも聞いたよ、東方どこで知ったのって言ったらyoutubeでって。ニコニコじゃないんだよ…」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>4:06~10 ZUN氏登壇。</strong><br /><blockquote><p>石鹸屋のファン層の違いの話など。</p></blockquote><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">ってゐ!~withZUNさんVer~ <a href="https://t.co/hp5xZa3eOl">pic.twitter.com/hp5xZa3eOl</a></p>&mdash; ビートまりお@例大祭新譜ショップ委託中 (@beatmario) <a href="https://twitter.com/beatmario/status/990116175248936960?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月28日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv312035582" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv312035582">http://live.nicovideo.jp/watch/lv312035582</a><br />超演奏してみたステージ@ニコニコ超会議2018[DAY1]<br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">なんということでしょう!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85%E6%BC%94%E5%A5%8F%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超演奏してみた</a> に、<a href="https://twitter.com/hashtag/ZUN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ZUN</a> がサプライズゲストで登場!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96NEETs?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東京アクティブNEETs</a> と共演!<a href="https://t.co/oW2S10PSNV">https://t.co/oW2S10PSNV</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%BC%94%E5%A5%8F%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#演奏してみた</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85%E4%BC%9A%E8%AD%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超会議</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/chokaigi?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#chokaigi</a> <a href="https://t.co/4KqHQW7FeD">pic.twitter.com/4KqHQW7FeD</a></p>&mdash; 【公式】超会議2018@4/28,29 (@chokaigi_PR) <a href="https://twitter.com/chokaigi_PR/status/990146877059358720?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月28日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/ZUN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ZUN</a> さん「<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85ZUN%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超ZUNビール</a> 盛り上がってますよ 私は…(チラ」<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%82%86%E3%81%8D?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ひろゆき</a> さんは…ZZZ<br>今年の <a href="https://twitter.com/hashtag/ZUN%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ZUNビール</a> もおいしいですよー<br><br>ブース詳細はこちら<a href="https://t.co/WGKlB8vILG">https://t.co/WGKlB8vILG</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85%E4%BC%9A%E8%AD%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超会議</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/chokaigi?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#chokaigi</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%B3%E8%B6%85%E4%BC%9A%E8%AD%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ニコニコ超会議</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ビール</a> <a href="https://t.co/SxMFes0UJ4">pic.twitter.com/SxMFes0UJ4</a></p>&mdash; 【公式】超会議2018@4/28,29 (@chokaigi_PR) <a href="https://twitter.com/chokaigi_PR/status/990130463489409024?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月28日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />こちらの不手際により、一日目の超東方LIVEステージと超演奏してみたステージの終盤の録画が残っていないので、それ以降についてはこちら等で補完してください→(韓国語)http://simugung.egloos.com/5907036<br />もちろん情報提供も大歓迎です。<br /><br /><br />2018/04/29(日)10:00~<br /><br /><a href="http://live.nicovideo.jp/gate/lv312744817" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/gate/lv312744817">http://live.nicovideo.jp/gate/lv312744817</a><br />博麗神社例大祭生放送~#132【東方Project】ニコニコ超会議2018会場(2日目)より生放送<br /><br /><strong>0:09頃  ZUNビールブースのZUN氏。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-15_22-18-25_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-15_22-18-25_No-00s.png" alt="超会議2018二日目6" border="0" width="400" height="224" /></a></p></blockquote><br /><strong>0:45~50 ZUN氏出演。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-15_23-49-49_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-15_23-49-49_No-00s.png" alt="超会議2018二日目5" border="0" width="400" height="224" /></a><br /> 昨日のステージの話や演奏してみたブースのアウェイ感の話など。<br /><blockquote><p>Z「あれビックリした、僕が。急に出るって話になって…」<br />Z「確かに東方の曲やるから出て、って言われたんだけど言ってみたらアウェーなんだよ」<br />Z「これどうすればいいのって言ったらZUNさんの好きなタイミングでって」<br />Z「あの言い方だと僕が出たいって言ったので、しょうがない出てくださいってことになってるんだよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><br /><strong>1:09~10 ZUNビールブース中継。</strong><br /><br /><strong>5:46~50 プリクラ撮影の様子などのスライドショー。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_19-54-29_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_19-54-29_No-00.png" alt="超会議2018二日目4" border="0" width="304" height="399" /></a><br /><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_19-55-41_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_19-55-41_No-00s.png" alt="超会議2018二日目3" border="0" width="296" height="400" /></a><br /><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_19-58-48_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_19-58-48_No-00s.png" alt="超会議2018二日目2" border="0" width="296" height="400" /></a><br /><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_20-1-48_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-16_20-1-48_No-00s.png" alt="超会議2018二日目1" border="0" width="400" height="226" /></a></p></blockquote><br /><br /><br /><a href="http://live.nicovideo.jp/gate/lv312570424" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/gate/lv312570424">http://live.nicovideo.jp/gate/lv312570424</a><br />超東方LIVEステージ@ニコニコ超会議2018[DAY2]<br /><br /><strong>0:05~08 ZUN氏がZUNビールの宣伝のために登壇。</strong><br /><br /><strong>2:05~08 ZUN氏登壇。</strong><br /><blockquote><p>年齢層の話や去年のステージパフォーマンスの話など。</p></blockquote><br /><strong>2:37~44 DiGiTAL WiNGのステージに呼ばれて登壇。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-15_12-14-54_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-15_12-14-54_No-00s.png" alt="超会議2018二日目9" border="0" width="400" height="228" /></a><br />『ZUNノイア』を歌う。</p></blockquote><br /><strong>5:23~27 Cool&CreateのステージにZUN氏乱入。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-15_19-44-4_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-15_19-44-4_No-00s.png" alt="超会議2018二日目8" border="0" width="400" height="228" /></a><br /><blockquote><p>ま「ZUNさんアレでしょ、ちょっと心配して出てきちゃったんでしょ?」<br />Z「本当は最後の曲で出ていくつもりだったんだけど、あまりにもまりおが可哀想で…」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>5:40~43 Cool&CreateのステージにZUN氏再度乱入。</strong><br /><blockquote><p>『Help me,ERINNNNNN!!』合唱。</p></blockquote><br /><strong>5:43~ 締め。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-15_21-7-5_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-117.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-5-15_21-7-5_No-00s.png" alt="超会議2018二日目7" border="0" width="400" height="229" /></a><br /><blockquote><p>是「今のうちに業務連絡を行っておきます。本日はニコニコ書籍様のスポンサーで行っております。そこの入り口とかに大沖さんの描いたイラストとかがあります。ニコ書が始まるみたいなやつで…ファミ通のインタビューでも」<br />Z「さっき宣伝しろって言われた。ニコニコ…何? ニコニコ、書籍」<br />是「ニコニコ書籍大好きって言って」<br />Z「ニコニコ書籍大好きー!」</p></blockquote><br /><blockquote><p>ま「ZUNさん! たくさんの我々、そしてたくさんの十代たちが繰り広げる東方について、ちょっとだて真面目にどう思ってるのか語ってほしくて」<br />Z「全員が終わった後にやるの!? クールダウンタイム?」</p></blockquote><br /><blockquote><p>Z「未成年がこんなに多くて、酔いどれの男がこんな出てきて申し訳ない気分になっております。ZUNビールができてるのは超会議のおかげなんです」<br />Z「っていうことはニコニコってもの自体が東方を暴れさせた、ニコニコがなければ東方はここまで暴れなかったっていう<br />Z「その場に今こうやって歌ってね、昔から…なんだろう、超会議がある前からあった曲ばっかりの人たちかも知れないけど、そういうのがまたここで盛り上がれるっていいなって思いました。それだけ! 酔っ払ってるんで!」</p></blockquote><br />全員挨拶一巡して再び。<br /><blockquote><p>Z「お疲れ様です、なんか昨日からずーっとライブに参加して、結局しょっちゅうステージに昇りましたけど、別にZUNビールブースが嫌だったわけじゃなくて単純にここに昇ってると落ち着くんです」<br />Z「みんなが暖かい、ホーム。この話何度もしちゃうけど昨日演奏してみたブースに行ってやったときは、ちょっとドキドキしてそのときやりたくてもやれなかったことを今日やりたいと思います」<br />Z「昨日やったんだよ、これを投げて…あげます!(ビールジョッキ型の柔らかいものを投げる)」<br />Z「これで昨日投げたら風で戻ってきたんです。あげます、それサイン書いてある」<br />Z「やりたいことやれました、僕はもう思い残すことはない」</p></blockquote><br />最後に三本締め。</p></blockquote><br /><strong>5:56 放送終了。</strong><br /><br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">超東方LIVEステージ! 参加した12サークルさんとZUNさんの寄せ書きを添付忘れた。失礼しました!♪ そしてお疲れ様でした!!<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E6%96%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東方</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E6%96%B9project?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#東方project</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%B3%E8%B6%85%E4%BC%9A%E8%AD%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ニコニコ超会議</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85%E4%BC%9A%E8%AD%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超会議</a> <a href="https://t.co/qh0b8sjoDB">pic.twitter.com/qh0b8sjoDB</a></p>&mdash; 博麗神社崇敬会 (@hakurei_sukei) <a href="https://twitter.com/hakurei_sukei/status/990518157507837952?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月29日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><br />
  • Date : 2018/05/18(Fri) 18:00
  • Category : ZUNビール
  • Comment : 0
114

第十五回博麗神社例大祭にサークル参加します。

前日ですが告知します。まだ作業中なので簡潔ですがご容赦を…。第十五回博麗神社例大祭 つ-23a Unfinished Phantasmにて『東方Projectと幻想郷のタイムライン調査ver1.5』を頒布いたします。以前からオンライン版を公開していましたが、その最新版となります。全体の半分を公開していますので、興味の有る方は近くを通行の際にでもお立ち寄りください。本当なら紙媒体での頒布にしたかったのですが間に合わずに無理でした。なので... 前日ですが告知します。まだ作業中なので簡潔ですがご容赦を…。<br /><br /><br />第十五回博麗神社例大祭 つ-23a Unfinished Phantasmにて<br />『東方Projectと幻想郷のタイムライン調査ver1.5』を頒布いたします。<br />以前からオンライン版を公開していましたが、その最新版となります。<br /><br /><br />全体の半分を公開していますので、興味の有る方は近くを通行の際にでもお立ち寄りください。<br />本当なら紙媒体での頒布にしたかったのですが間に合わずに無理でした。<br />なので媒体はCD-Rになります。頒布価格は100円です。<br /><a href="https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lhhhs46Za-vibR--uNhiPRQwpFNUP43Bl6oJbx5AUA/edit?usp=sharing" target="_blank" title="https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lhhhs46Za-vibR--uNhiPRQwpFNUP43Bl6oJbx5AUA/edit?usp=sharing">https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lhhhs46Za-vibR--uNhiPRQwpFNUP43Bl6oJbx5AUA/edit?usp=sharing</a><br /><br /><br />個人サークルとしては初の参加になります。<br />それでは当日よろしくお願いいたします。
  • Date : 2018/05/05(Sat) 17:00
  • Category : 未分類
  • Comment : 0
113

東方三月精VFS 第9話『大寒の灼熱炎祭り 後編』の感想

月刊コンプエース2018年4月号掲載東方三月精VFS 第9話『大寒の灼熱炎祭り 後編』前編の感想前後編の後編ということで今月も短め。前回は縁日の前日の準備の話だったが、今回は縁日の当日の博麗神社から。霊夢が蒸し暑さに目を覚ますと、焦げ臭い匂いがあたりに立ち込めていた。火事かと思って寝間着のまま飛び起きると、境内に大きな炎が燃え盛っている。雪を溶かすほどの勢いの強い炎が珍しいのと、縁日が重なって人が集まって... 月刊コンプエース2018年4月号掲載<br />東方三月精VFS 第9話『大寒の灼熱炎祭り 後編』<br /><br /><br /><a href="http://theylivewesleep.blog.fc2.com/blog-entry-110.html" target="_blank" title="前編の感想">前編の感想</a><br /><br /><br />前後編の後編ということで今月も短め。<br />前回は縁日の前日の準備の話だったが、今回は縁日の当日の博麗神社から。<br /><br />霊夢が蒸し暑さに目を覚ますと、焦げ臭い匂いがあたりに立ち込めていた。<br />火事かと思って寝間着のまま飛び起きると、境内に大きな炎が燃え盛っている。<br />雪を溶かすほどの勢いの強い炎が珍しいのと、縁日が重なって人が集まってくる。<br />普通の火力ではありえないほどに暑いことから霊夢はピースの仕業だと察し<br />魔理沙はサニーを捕まえて、これが『灼熱炎祭り』であることを吐かせる。<br />しかしサニーは冬よりも夏のほうが縁日が盛り上がると力説。<br />前日におでんの具材を仕込んでいた霊夢はなかなか引き下がれず<br />しまいには泣き出してしまう。かわいい。<br /><br />霊夢も結局は灼熱炎祭りの案を受け入れる。<br />真冬だが夏のような暑さの博麗神社にはどんどん人が集まってきた。<br />通称バカルテットの四人に紅魔組、冥界組にてゐに天子を筆頭に<br />橙藍マミゾウにとり幽香文はたて華扇アリス慧音妹紅早苗諏訪子お燐お空赤蛮奇などなど。<br />こういうイベントがあるときにおなじみのメンツはさることながら<br />小鈴が端っこの方描かれているのは、鈴奈庵の最終回の展開を受けて霊夢たちの仲間入りをしたからだろうか。<br /><br />チルノの恒例かき氷屋台も暑さのおかげで真冬でも売れている様子。お客は華扇。<br />縁日の大賑わいに霊夢の泣き顔も一変満面の笑みに。かわいい。<br />でもいくら暑いからといって、冷やしたおでんの屋台が繁盛するような気はしないが…。<br /><br />人で賑わう博麗神社に、前回のサニーたちとの約束通りラルバが寒がりながらやってくる。<br />本当にイベントをやっていたと驚くラルバと、燃え盛る炎を見て喜ぶピースが遭遇。<br />冬の寒さが苦手な者同士気があったようで話が盛り上がる。<br />ラルバは神社に燃え盛っている炎を見ていると不思議な気分になってくるというが<br />それもそのはず、ピースの持つ見ると気が狂う松明による炎であった。<br />よく見るとコマの端で、さっきまでかき氷の屋台にいた華扇が今度は鈴瑚の団子屋台にいる。<br /><br />人が集まったので、もっと火力を上げて地獄絵図にしようというピースだったが<br />ラルバは周囲を見て、中には強力な妖怪も混じっているので地獄を見るのは自分のほうだとピースに注意喚起。<br />ピースはしぶしぶ引き下がる。<br />コマの端では華扇が今度は霊夢たちの冷やしおでんの屋台に。もしかして全部の屋台を総ナメするつもり…?<br />萃香・小町・針妙丸のトリオもあって三月精ではおなじみの組み合わせ。<br />今回は幽香もいるので確かに喧嘩を売るのは得策ではない。<br /><br />今度はラルバがピースの松明を横取りする。一度隠岐奈と二童子によって暴走させられていたラルバは<br />この炎がただの狂気の塊ではなく、生命力が暴走した炎だと見破った。<br />そして松明を振りかざすと辺りの植生が変化し、博麗神社がまるで南国のようなヤシの木生い茂る景色に。<br />境内の炎は消え、松明の炎も消えてしまったが、ラルバ曰く時間が経てばまた灯るらしいが…。<br />その現象によってピースはラルバにさらに興味を持つのだった。<br /><br />四季異変から”半年”が経ち、ラルバはそのときの生命力の暴走を自分のものにしつつあるらしい。<br />そしてピースの松明は地獄に堕ちたものの生命力を集めたものであるという。<br />この二人の出会いは今後幻想郷にどういった影響をもたらすのか…というところで終わり。<br /><br />というわけで前後合わせてラルバ回だったが<br />ラルバは隠岐奈が言ったように本当に常世神…? と思わせるような底知れなさが印象的だった。<br />四季異変での経験のおかげで暴走する力を制御しつつあるということで<br />隠岐奈は敵対する相手に利する行為をしてしまったのかもしれないというのは皮肉な話だ。<br />直接的な絡みはまだないが、今後のラルバと隠岐奈の絡みはさらに期待できそう。<br /><br />それとは別に、霊夢の喜怒哀楽の描写がなんとなく茨歌仙を彷彿とさせ<br />比良坂先生の作画ではちょっと新鮮でかわいい感じだったので良かった。<br /><br />次回は単行本2巻の最後の話ということで、あの方(ヘカーティア?)が登場してビックリなお話らしいので楽しみである。<br />酒コラムも来月でちょうど100回。何かある…というわけではないと思うけど。<br /><br /><br />
112

2軒目から始まるラジオ第89(90)回のメモ

本日20時より2軒目ラジオを放送します。1軒目で満足してなければ憑依華とか台北ゲームショウの話になるでしょう。https://t.co/a2vDQqqzFm— 博麗神主 (@korindo) 2018年1月30日https://www.youtube.com/watch?v=7HIED7Omzww2018/01/30(火)20:00~場所:今澤【出演】Z=ZUN豚伊=伊東章成J=JYUNYAう=あきやまうに(敬称略)0:00~ 放送開始。 トラブルにより放送の遅れ。 UNTIES伊東氏についての話など。0:03~ ZUN親... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">本日20時より2軒目ラジオを放送します。1軒目で満足してなければ憑依華とか台北ゲームショウの話になるでしょう。<a href="https://t.co/a2vDQqqzFm">https://t.co/a2vDQqqzFm</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/958198466236174336?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年1月30日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=7HIED7Omzww" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=7HIED7Omzww">https://www.youtube.com/watch?v=7HIED7Omzww</a><br />2018/01/30(火)20:00~<br />場所:今澤<br /><br />【出演】<br />Z=ZUN<br />豚<br />伊=伊東章成<br />J=JYUNYA<br />う=あきやまうに<br />(敬称略)<br /><br /><br /><strong>0:00~ 放送開始。</strong><br /><blockquote><p> トラブルにより放送の遅れ。<br /> UNTIES伊東氏についての話など。</p></blockquote><br /><strong>0:03~ ZUN親子の台湾旅行記。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> 豚「ZUNさんは昨日まで大変お疲れだったということで」<br /> Z「実はギリギリまで台北にいたの。帰ってきたのも昨日の夜遅かったんだよ。僕一人だけだったらこんなに疲れないんだけど、子供と一緒にいたの」<br /> Z「三泊四日で、なかなか息子と父親の二人でなんて旅行しないよ。僕もそうだし多分息子もへっとへとですよ」<br /> 豚「すごい不思議だったんですけど、あなたステージ出てたりしたじゃないですか。その間息子さんどうしてたんですか」<br /> Z「その間ルーさんに預けてた」<br /> 伊「うにさんも行ってた?」<br /> Z「うにさんも行ってたけどやっぱり自分の見たいものあるから。うにさんはどちらかというと僕が行くから行くーみたいな、僕がうにさんと旅行するとうにさんが結構愚痴るんだけど、夜遅くまですごい飲むの僕が。それがすごい疲れる。それで朝早い」<br /> Z「子供と一緒だから遅くまで飲まない、だからいいって言うんで来て、台湾では部屋で僕の息子が寝た後に僕の部屋で酒盛りしてました」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「一応リスナーの皆さんのために、何しに台湾に言ったのか言っておいたほうがいいと思うよ」<br /> Z「一応仕事だったんだよこれ。TGS。台北ゲームショー。ややこしくて止めて欲しいんだよねTGS」 <br /> Z「向こうでTGSって言ったら台北ゲームショー。うちらがTGSって言うとTOKYO GAME SHOW」<br /> 豚「さらにもう一個東方ゲームショーっていうややこしい奴もやってるでしょ」<br /> Z「TGS奪い合い」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「台北ゲームショーで、僕は必須ではないオマケで行ってて」<br /> Z「東方の二次創作のゲームが出てるからそのステージをやるので僕も来て欲しい的な感じだった」<br /> 伊「お客さんどうでした?」<br /> Z「お客さんヤバかった…あんまり放送で言えないことかもしれないけど、すごくたくさんいた。たくさんいたってことは言っていいと思うんだけど、まあ要はパブリッシャーさんがね、セガさんでセガの中で一番人気だよ」<br /> 伊「某コンテンツより来てたって言っていいわけですよね?」<br /> Z「敢えて言うと目の前、僕の一個前が」<br /> 伊「あの黒い人」<br /> Z「まあ言えば名越さんですよ。龍が如くがあって、その後のステージだったけどそれより多いと言われました」<br /> Z「龍が如くのときに、そこに目の前にかぶり付いて座ってる二列ぐらいは東方の待ちだった」<br /> 伊「東方のジャケットとか持って待ってる子とかいて、すごいファンいるなーと思った」<br /> Z「その手の話は、多分この後ゲストが来るかもしれないです、その人がきっと話してくれる」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「人がすごかったね。動けない。TOKYO GAME SHOWは動ける。台北ゲームショーは動けない。本当に中入って動けなくなって途方に暮れるって感じ。入れ替えじゃないけど入場制限してる。外で待ってる人がいっぱいいる」<br /> Z「入り口からどうやっても動けないみたいな感じ。台北ゲームショーだけじゃない、台湾に行く理由ってイベントがあったりする、ファンシーフロンティアとか行ったときも動けなかったです。こういうもんなんだ、これが台湾なんだというイメージ。あまり日本ではない感じ」</p></blockquote><br /> 伊東氏退席。<br /><blockquote><p> 豚「息子と二人で海外旅行っていうのもなかなかない」<br /> Z「それはね…ドキドキしてるのは僕だけですよ。子供はそうでもないんでしょうけど、僕はドキドキするね」<br /> 豚「謎の千と千尋的な場所に連れて行かれるわけでしょう?」<br /> Z「朝市に行ったの。ホテルの近くに朝市があってさ、朝市って言うと日本の朝市なんてさ、魚介類バンバンってやってるようなイメージじゃない? なんかあれよりも怖いんだよ。狭い道に活気があって人がいる、もしかしたらうちらみたいな観光客もいるかもしれないけどほとんどは現地の人で、そこで野菜やら肉やらみんな売ってる。もう衛生的にヤバい。この辺の屋台でバンバンって肉を切りながら売ってる、豚の頭も売ってる、鳥も丸々売ってる、その隣には魚が生のまま置いてある、すごい」<br /> Z「本来で言えば痛まないようにかもしれないけど、人間の目的にもあんまり凝視したくないようにだいたい暗いの。朝から暗い所で肉もあれば人もいて買っていく感じっていうのがやっぱり怖いね」<br /> Z「大人は怖い感じを味わいたいから観光客になるけど、子供は普通に怖がってた、ホテルに戻るーって。手を繋いで歩いてるときはそう言ったけど、じゃあ抱っこならいいって抱っこすると、戻るって言いながらわーわーって肉見ながら驚いてる」<br /> Z「下だとどうしても人混みの中で何も見えないから怖いだけ。あと匂いもすごい臭いし。そういう場所でした」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「最近パパって言わせないようになって、お父さんにした。お父さんとしか言わない」<br /> 豚「それは息子だけ? 娘は?」<br /> Z「娘にもそうしたいけどまだ全然喋れないので、パパって言ったら…全然言っちゃう」<br /> Z「三歳ぐらいがちょうどいいのかな、僕の息子も三歳だけど。三歳ぐらい…あともうちょっと後でもいいかもしれないけど、あんまりずっとパパだと直せなくなるかなと思って」<br /> Z「中学生とか高校生からパパって言われたらちょっとヤダなって思ってるのでいずれはお父さんにしたい。そもそもなんでパパにしたかって言うと、元々お父さんお母さんって呼ばせたかったんだよ。実際呼んでた、自分たちのことお父さんお母さんって、で子供にも呼ばせたかった」<br /> Z「なんだけどなかなかそういうこと言ってくれないわけですよ。でようやくこっちのこと呼んでくれたって、パパとかママとか呼んでくれるようになったら嬉しくなるから、パパねママねってなっちゃう。これ自分たちのことだよねって思ってるときに、お父さんでしょとか言えないから」<br /> Z「そろそろ直そうと思ってお父さんにしました。そしたらめっちゃ可愛い。お父ちゃんお父ちゃんって。お父さんって言ってるはずなのにお父ちゃんとしか聞こえない」</p></blockquote><br /> バリ旅行に行っていた店長からお土産が渡される。<br /><blockquote><p> Z「本当に毎年バリ行ってるんだ…ちょっとバリ行ってみたいな」<br /> 豚「メガテン的な」<br /> Z「それは…アレですか」<br /> 豚「バロンとランダ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「やっぱりね…怖いね。自分も飲んで酔っ払って、子供一人連れてきててなんかあったときとかすげー困るじゃん。酔わなかったね。相当飲んだけど酔わなかったよ、酔えない」<br /> 豚「パパが勝ったね、すごい」<br /> Z「ホテルの中で子供を寝かせて、その後も飲んでるけど酔えない。結構飲んでるなと思いながら、調子良くなれない。ステージに登ってるときもどっか不安でさ、今自分が近くにいないことがすごく不安でさ。本当にルーさんで大丈夫か?」<br /> Z「結果で言えば大丈夫だったうえに、面倒くさいことに○○がルーさん気に入っちゃってね」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「ちょっと僕の中では心残りというのは、やっぱりすごいサイン求めてきたり写真撮る人っていっぱいいたんだけど、子供もいたから全部断ったの」<br /> Z「でイベントステージの後とかも出待ちみたいのあって、でも子供抱えてる状態で、でもみんなすごいついてくるの。すごい難しくて」<br /> Z「一人なら面倒くさいけどやるんだけど、それができなくてね。出来なくて断って、断って欲しいんだけど結局僕も日本語しかできないから一応通訳でやってるらしいんだけど、わからない。で結局ついてくるんだけど心残りでしたね」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「僕としてもちょっと子供小さいうちに色々あちこち行かせたいのもあって、特に台北は何度も行ったことあるけどわりと不安が少ない。だから全然楽、子供と一緒でも。なんか…日本」<br /> 豚「延長上にあるみたいな、行きやすいですね」<br /> Z「漢字でなんとなく分かっちゃうし、英語で伝わることもあるし、日本語が伝わることもあるから結構どうとでもなる。文化も似てる、食べ物もそんなに変わらない」<br /> 豚「そんなにビックリするような味付けもない」<br /> Z「まあね。だいたい八角(香辛料)の味がする。それがJYUNYA君は苦手らしい」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:26~ 東方憑依華の話。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> 豚「今年一発目だし、そろそろ憑依華の話も聞きたいんじゃないの」<br /> Z「そうだね、話したいこといっぱいあるよ」<br /><br /> Z「なかなか複雑でね…ゲームと設定が入り混じってる感じが。結果作業量ばっか増えるんだよ」<br /> Z「タッグにすることによってボリュームは増してるけど作業量も増してる、当然のように。それが体験できてよかった」<br /> 豚「まあきっと他の話は次の外來韋編であなたと海豚さんの対談とかでもうちょっとみっちり聞くと思うんで」</p></blockquote><br /> ストーリーの話。<br /><blockquote><p> 豚「結局ラスボスが姉妹なのって、タッグだから二人出さなきゃいけないんで、じゃあ二人出さなきゃいけないから姉妹とかにとかそういうやつなんですか」<br /> Z「まあそれというよりは、本来は追加キャラの数が決まってて、ラスボスは1キャラなの。1キャラしか追加できないって言われてて、僕は設定的に困って2キャラに勝手にしたの」<br /> Z「2キャラ分それぞれプレイアブルとかには作業量的にはできないし、僕もそういうふうにはできないので元々二つで1キャラ分という風にしてある」<br /> 豚「黄昏さんの作業量的なところだったわけですね」<br /> Z「作業量だけでもないしね。ストーリー的にもね、双子でっていう形にしてでも結局ドット絵もどうしても数が増えちゃう。そこで遅れとか発生しちゃう」<br /> Z「それぞれ単体で動くようなキャラでもないし、二人セットでっていう」<br /> Z「タッグのシステムで最後が1キャラボスっていうのは難しいんだよ、設定が。ラスボスと誰を組ませるとかになって、ストーリー考えづらくてラスボスを二人しか考えられなかった」<br /> 豚「しばらく紫はダッグじゃなかったわけじゃないですか。最終的に霊夢と組むというところに意味があったんだと思うんですけどああいうのは」<br /> Z「あれはいくつかの人の思惑が説明無しで進んでて、ちゃんとみんな読み取れているのか。タッグを組むことは罠であると知ってるから組まない。最後で組んでそれで勝つために、でも勝つ決め手がわからないときに天子が来てそこで気付くんだよ。っていうのをストーリー読み取れてるのかどうかだよ。天子と針妙丸が来て、なるほどそういう仕組みかと」<br /> 豚「完全憑依のシステムを見破るところまで」<br /> Z「だからストーリー遊んだ順番によっちゃう可能性もあるけど、一応開放順に遊んでいくとにだいたいいい」<br /> 豚「一応そこは、ちゃんとそうだよって説明するためにあの順で開放してるわけですから」<br /> Z「だから語ってないけど、紫はもっと前から気付いてることと霊夢が最初霊夢ストーリーの後紫といろいろやりとりしてるって部分が裏であるはずなの」<br /> Z「でそこに華扇とかたまに出てくるのを一人ひとり読み取れって。だから結構ストーリーがみんな読めてるのかどうか」<br /> 豚「結構投げてるところが多い」<br /> Z「前の放送かなにかで言ったかも、あれはちゃんと一つのストーリー的な軸で、一つを段階的に見ていくように作ってるのであれはちゃんと読み取って欲しいなと。でも読み取れないのはこちらが○○○(不明瞭)」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「タッグの選択も、みんなそれぞれ名前が変わるじゃないですかなんとかの二人みたいな」<br /> Z「あ、それ気付いてくれた?」<br /> 豚「そりゃ気付くでしょう! みんなが一番楽しいところでしょ。ホニャララでホニャララな二人みたいなね」<br /> Z「あれちゃんとラスボス入れると三人になる。特別ラスボスと雲山で四人になる。そこだけ特別だから、そのタッグで組むと」<br /> Z「それ面白いんじゃない?みたいな肩書を書いていって、結局スクリプト組まなきゃいけない負担が」<br /> 豚「他は二人なのにそこだけ四人ってなんだよって」<br /> Z「三人ならイレギュラーであるかもしれないけど、二人同士が二つあるとどうしても四人になっちゃう。面倒くさい」<br /> 豚「あと遊ぶキャラの部分はスペルカード名ぐらいですか命名、まあお話は考えるじゃないですか。で新規のスペルカードみたいなやつとか」<br /> Z「スペルカードは名前つけるね」<br /> 豚「シン・ゴジラのアレとかさ。紫の廃線列車爆弾みたいな」<br /> Z「ああ、あれは僕が付けました」<br /> 豚「まあやりおったなって感じしかないんだけど」<br /> Z「あれ遊んでるときに(無人)って書こうとしててやり忘れてたわーと」<br /> 豚「うっかりいるかもみたいな」<br /> Z「廃線(無人)はやりすぎかなーと思って。まああの手のやつはやっちゃうね適当に。それは黄昏さんもそういうノリで作ってるから、じゃあそれに合わせようかと」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「ストーリーモードの最後…最後っていうか一個手前か。霊夢と紫のタッグの回とかって、うっかり意外とこれゲージ貯まるの早くて夢想封印撃ちまくれるの気付かないみたいな」<br /> Z「まあ撃ち放題じゃなくても勝てるんじゃない」<br /> 豚「まあ勝てるけど、厳しい」<br /> Z「あれなんで撃ち放題かって説明一切ない」<br /> 豚「ないね。あるんでしょ、きっと」<br /> Z「あれはどちらかというと元々の設定から始まって、ああいうその名残があったから、あのゲームで説明されていない以上しないほうがいい」<br /> 豚「もうしなかったからこのままお蔵入りかみたいな、そういう…」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「あと曲名ね、曲名。Live Verがあるってことは、Liveじゃないバージョンもあるの?」<br /> Z「あれはだからあそこから歓声がなくなったりするとか。あれリズムとっていつも拍手してるけど、ああいうのも無くなっちゃうと結構寂しくなっちゃう」<br /> 豚「そうですね…ホリズムリバーじゃなくなったんだって思って」<br /> Z「ホリズムリバーはあれ雷鼓がそれがいいんじゃないかなって言っただけだから、決定してないんだよ。それは喧嘩したんだよ取材後に」<br /> 豚「Withホニャララになった時点でブルゾンの方に引っ張られたのかなって思って」<br /> Z「それは間違いない。でも、まあ分かるように決まってはいないからねそこは」<br /> 豚「勝手に答えてるだけでしたからね」<br /> Z「本人はそれがいいと思ったら、やっぱり嫌がったんだよ。っていうストーリーを考えて欲しい」<br /> 豚「ホリズムリバーはないだろって会話があったんだろうなみたいな」<br /> Z「というのを全部読み取って欲しい」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「意外となんか文果真報ネタがあったなって」<br /> Z「ネタがあったというか、その頃には佳境…設定が全部終わってる状態、そのネタを小出ししてるぐらい」<br /> 豚「制作の流れ的にはそうか…延びたからこんなアレですけども」<br /> Z「長いんだからゲーム制作って」</p></blockquote><br /> キャラクターについての話。<br /><blockquote><p> 豚「新キャラっていうのもなんですけど…女苑と紫苑ね。キャラデザインとかもまあわりとはっちゃけてるかなというか、楽しいなと」<br /> Z「もえさんが結構頑張ってくれて」<br /> 豚「でもZUNさんも出したんでしょ元絵こういうのでみたいな」<br /> Z「僕はその細かい部分は、もう元絵描いて細かい部分のここはこう、ここはこうって書いてあるやつを強調してくれる」<br /> Z「女苑はブランド物、パチモンでもなんでもいいけどブランド物を付けて、扇子も持ったり、サングラスも、こういう帽子でこういうバッグ持ってとか」<br /> Z「で紫苑の方は請求書とか身体にいっぱい付けよう、そういうもんじゃないだろうけどそういう服の継当てを請求書にしたら超面白いよと。もちろん絵は描いてあるよ」<br /> Z「絵も結構前の話だから」<br /> 豚「うっかり一昨年ぐらいの話」<br /> Z「一昨年の結構最初の方かなって勢いで」<br /> 豚「そんなに!?」<br /> Z「先にキャラクターデザインとか決めて、僕が設定も決めて」<br /> 豚「確かにもえさんに描いてもらうにはそれぐらいのタイミングじゃないとですもんね」<br /> Z「そこからの、どういうゲームになるかなあみたいな。なかなか壮大な実験ゲームでもあるようなイメージでした」<br /> 豚「ZUNさんに言うことでもないんですけど、プレイ感もどっちかというと今までよりは単純操作で爽快感みたいな、そういう方向に走ってたので」<br /> Z「終わりだけ見ればそういうけど、単純操作で超複雑なゲームですよ」<br /> 豚「だから先に極めようとするとそうなるんですけど、とっつきは前よりも良くなったかなって思いますよ」<br /> Z「キャラクターの雰囲気とかは分かりやすい。キャラクターの個性が出やすい」<br /> 豚「スペルカードのデッキを選ぶということもなくなった」<br /> Z「そっちのほうはマニアックすぎる。でもマニアックな部分を覚えればそういうゲームなんだよ。そういうものを越えてなんかちょっと人を騙すゲームだけど、それはいいことかもしれない」<br /> 豚「間口広くなったなって感じは個人的にはしました」<br /> Z「キャラクターの魅力出やすいですよ、一人よりも二つ選べたほうが」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「もちろんキャラ同士の組み合わせがあって、そこで新しい変化があったみたいなやつはもちろん楽しんで見ちゃうんですけど」<br /> Z「そこからね…あのゲームは同キャラ憑依はできないようになってるので、なんとか2キャラ選ばなきゃいけないんだけど、最強の2キャラというのをみんな探したくなるわけですよ」<br /> Z「本当に対戦ゲームとしての強さ、そういうのが意外な組み合わせだったりするとそれはそれでまたストーリーがま面白くなる。そういうところに面白さがある、二次創作の新しいのが生まれたりとかネタ的には実は相性がいいんじゃないかとか」<br /> Z「そういうのが読みやすくて面白いゲームだなと思う」<br /> 豚「こういうのもどうかと思うんですけど、ゲームの上手い人と漫画描くのが上手い人は別だと思うんですよね。そういう人がそういうプレイ動画とかをいっぱい発信したら、あっこの二人にこんな相性の良さが?みたいな感じにはなるんでしょうけど」<br /> Z「ただ複雑すぎ、組み合わせが多すぎるし、最強のキャラって探しづらい」<br /> 豚「まあ自称最強の二人はいますけど」<br /> Z「実際あのゲームの誰が強いかはよくわからない」<br /> 豚「こいしの無意識に課金が捗る~とかオイオイみたいな」<br /> Z「あれでも分かりやすいでしょ。疫病神はそういう奴で、貧乏神はこういうやつっていうのを他のキャラクターに説明させてるんだよ」<br /> Z「疫病神はそいつに取り憑かれると不幸になって、でも疫病神は潤うんだよ。貧乏神は一緒に不幸になる、違う」<br /> 豚「疫病と貧乏の違いね。なかなか難しいけどね」<br /> Z「貧乏になったほうが、貧乏になることによって財禍に、お金儲けてることによって起こる災いを防ぐことができるっていう守り神<br /> 豚「珍しく何か仏教的だなとそういう意味では」<br /> Z「貧乏神はそういう性格で、疫病神はもっと財禍そのものになるっていう考え方のキャラクター。お金に因われた結果不幸になるよってお話。コインチェックの話じゃないけど」<br /> Z「お金に因われすぎてみんなものがよくわかんなくなっちゃうじゃん? 課金とかの話は全部そう」<br /> Z「それが疫病神、お金にまつわる災いです」<br /> 豚「そういう意味ではコンシューマーゲームのアペンド定額販売とかは超優しい、そういう話ですよ」<br /> Z「まあそういう話ですね」<br /> 豚「本当?」<br /> Z「そこには結びつかないんだよね実は。今言ってるのは実はそこのことではない。だからそっちがいいよとは言わない」<br /> 豚「それはそれ、これはこれね」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「憑依華ではそういう意味では色んな人の飢えを癒やす部分もいっぱいあったと思うんです。天子も久しぶりに出て。天子の扱い結構良くなかったですか?」<br /> Z「だいたい良かったよ。あれ真のラスボスだから、それは最初から決まっててこいつがラスボス…最初から決まってたわけではないんだけど、途中から決まってるね」<br /> Z「ラスボスにしたくて出したかったというよりは出して、エキストラボスにしようと。ストーリーだったらストーリーが終わってその後ラスボス倒しに行って、みんなと倒して終わりってやり方してたけどそうじゃなくて、ラスボスが自機になるのもいいけどそこはエキストラにしようと。でエキストラにはラスボスが必要で、ラスボスとしては天子だと、そういう決まり方をしてる」<br /> 豚「天子が糞みたいな性格してるのにも理由があって、みたいな…」</p></blockquote><br /> 0:51 あきやまうに・JYUNYA両氏登場。<br /><blockquote><p> Z「細かい設定とかじゃなくて、何故こういう風になったのかもっと大きな話だったなね」<br /> う「最初の予定から変わってるでしょ多分」<br /> 豚「また別方向からぶっこんできてる…そういえば耽美とかエロとか言ってましたよね?」<br /> Z「ストーリー自体は後なんだよ。設定は先なんだけどストーリーは後になっちゃうんだよね。そうするとエロ感は出せなかった」<br /> う「よくある」<br /> Z「エロ感はストーリーで出したかったんだけど、思ったよりエロ感は出せなかった。それしか言いようがない」<br /> う「せっかくの要素がHアイテムだけ」<br /> Z「本当にそう。エロ感もうちょっと出そうかなと、あんまりストレートにエロ出さなくても、わりと自分の中では出てるかなぐらいの感覚はあるんだけど」<br /> 豚「弾幕がエロいって言っちゃう人のエロ感なんで…」<br /> Z「そんなにエロくないかな…わかんねえや。僕の言ってることがよくわかんなくなってきた。今思えば別にエロいじゃんって思ってるけど」<br /> 豚「憑依するなんて、みたいな」<br /> Z「身体乗っ取るイメージでさ、会話もちょっと面白くないですかエロさ。喋ろうとしてバーンと出て来るなんてちょっと面白い」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「急にどうぶつの森起動された」<br /> 豚「やってるの?」<br /> Z「うん」</p></blockquote><br /><blockquote><p> う「うちらも一軒目でね…」<br /> Z「一軒目どこだったの?」<br /> J「鬼平って居酒屋です」<br /> 豚「鬼平と聞いて黙っていられない私が通りますよ。池波正太郎ファンだから」<br /> Z「そっちしか僕もわからないけど、犯科帳しか。鬼平っていうね、秋葉原の店なんだよね」</p></blockquote><br /> 0:59 再び憑依華の話。<br /><blockquote><p> Z「憑依華よかったよ」<br /> J「会話の数が多いっすね」<br /> う「ZUNさんの仕事はすごい良かったです」<br /> Z「あれは対戦とかはちゃんと状況見れてるのかな?」<br /> う「対戦終わった後の?」<br /> Z「やっぱり自分が誰と組んで戦ってるときとかで台詞変わったりする」<br /> 豚「みんな総当りで調べてますよ」<br /> Z「100%で出ないから面倒くさいじゃん」<br /> J「ストーリー終わった後にNPCと対戦して会話を集めるみたいな」<br /> 豚「そうですよね、ストーリー終わった後の楽しみってそれですもんね」<br /> J「あの会話から設定から仲の良さから色んなもの見えてくるし、しかし数多いなって」<br /> Z「文章書くだけなら別に大したことないけど、どの組み合わせってあれはスクリプトじゃないんだよ。なんていうんだっけ、CSV。CSVで書いてるから僕の中で若干面倒くさくて」<br /> J「スクリプトから直にじゃなくて、CSVでやってパンって吐き出す感じですか」<br /> Z「スクリプトで書いたほうが自分としては好きなんだけど、CSVで書いたりするのが面倒くさい、表示とかもしづらいし。あれどちらかというとやだ。自分で全部触れたほうがいい」<br /> J「みんなでやるからしょうがないっていう」<br /> Z「条件とかつけるから面倒くさいんですよ」<br /> う「作業量は絶対的に多くなった」<br /> Z「あそこまで多くなるとは思わなかったぐらいだね。予想僕も舐めてかかってた」<br /> う「あのへんは最後でしたよね多分」<br /> Z「最後の11月12月が必死だった」<br /> う「ストーリーも結構…いつも言ってるけど、ストーリーがないうちに曲作るのが辛い」<br /> Z「やっぱり曲は後だよ」<br /> う「でも今回は、ステージってイメージだったからわりと作りやすかったというか、あんまりストーリーとか考えないで」<br /> Z「僕の方もストーリーとか関係しに曲入れてた、ストーリーに合わせる」<br /> う「結果的にはちょっと後悔してる部分もあるけど、大まかにはだいたいうまく行った。流す場所は何個かあっていうのはあるんですけど」<br /> う「サントラね、二枚組か三枚組かで今迷ってる。多すぎて」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「でもそれってさ、全部入ってる曲を入れるんだよね? 前回入ってた曲も入れるんだよね?」<br /> う「それは入れないです」<br /> Z「それでも足りない?」<br /> う「ギリギリ二枚で、無理やり詰め込むと若干きついかも。ケースがきつくなったりとか原価がね…できれば二枚の方で値段変わらないほうがいいかなって思うんですけど、74分ギリギリのやつが二枚とかになる」<br /> う「後はこれから作る曲の長さ次第」<br /> う「まあ例大祭かな、出すの。順調にいったらそんなにきついはずはない」<br /> Z「Steamのサントラでしたっけ? そっちはねあんまり…あんまりとかじゃないけど、やるんだったらやってもいいんじゃない。言っちゃ悪いけど音楽CDなんて聴かないよ」<br /> Z「音楽CDなんて結局リッピングしてデータ化するしかないじゃん。そっちの方がいい」<br /> う「下手すると三枚組とか言って二枚が音楽CDで一枚がデータが入ってるとか」<br /> Z「僕はリビングの棚の一つにラジカセ入れてるよ。今はカセットもMDもないから小さいんだけど、それを置いてCDはそこで聴く」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「憑依華のサントラをSteamで販売するってことは、東方の音楽DL販売認めることになるんじゃないのって話をしてたんですけど」<br /> Z「関係ないな。DL販売自体を始めておけば別にサントラだろうが一緒でしょう。すでになってるでしょうって話。それは僕自分ではオッケーですって言ったわけじゃないけど、そういう風に解釈するべきなんじゃないの?」<br /> 豚「お前らが忖度しろよってやつですか」<br /> Z「忖度レベルが低いなみんな」<br /> 豚「なんかビクビクやるよりは自信を持ってというか、安心してやりたい」<br /> Z「問題が起きたときに僕が許可したじゃねーかってなるから、そうではない。結果良かったやつだけ自分が許可したやつにしたい。そういう考え方ですよ」<br /> う「それじゃあZUNさん簡単に出せるじゃないですかCD」<br /> Z「音楽CDだけってサントラ出せるの? どの作品とも結びついてない」<br /> 豚「オリジナルだもんね」<br /> Z「ああいうやり方した方が面白くない? ゲームのサントラとして工夫するよりも、音楽CDの中にもう一回作品作りとして楽しめる。あるデータを使って。あの方が楽しい」<br /> Z「自分やってるゲームのことが、サントラのことだけどちょっと面白いやり方してると思ってる」<br /> う「サントラを作るのは、パッケージの部分作るのをほぼほぼ楽しみにしてるみたいな」<br /> Z「そこしかないんだよね、印刷物になっちゃう」<br /> う「そもそも聴くだけならMUSIC ROOMで聴けるものなんで、それにプラスして何ができるかってみたいな」<br /> Z「それよりも音楽的には、この曲とこの曲を一つにして結び付けたほうが聴いて面白いんじゃないかとか、一つの作品として再構築できるよ」<br /> Z「もちろん憑依華はできないんでしょうけど、もう一回再構築してこの曲とこの曲と新しい曲入れて別の作品みたいなことに実はできるんだなと。できるのかなって僕の中では思っててやってきたのが秘封だったんだよ」<br /> Z「なんか実を結んだかどうかはわからないけど、一応一つの作品が出来始めている。でもそのやり方がマニアックすぎて、でも好きな人は好きになる」<br /> Z「ということもできるのさ。そういうのはSteamの曲とかじゃないんだよねやっぱり。ゲームじゃないんだよ」</p></blockquote><br /> 外來韋編の予告。<br /><blockquote><p> Z「僕も話したいことあるけどとっておきたい。2軒目ラジオで話すのは勿体無い」<br /> 豚「ということでみんな、3月末に東方外來韋編が出るよ、多分」<br /> Z「何が載るの?」<br /> 豚「クロスレビューも載るよ多分。基本憑依華の特集、もありつつ今回はここで初公開かよって話もちらほらしながら例大祭の特集もあります。博麗神社例大祭。北条さんから話はいっぱい訊いたので」<br /> 豚「そもそも同人誌即売会を知らないキッズにも大丈夫なそういうのをしっかりね。これに興味あったら君も明日から運営だみたいなそういうやつ、もしくはスタッフだよ」<br /> 豚「そういう特集をやりつつ過去作品のこともちょっと触れたり、これまでと違うネタあったり。私もどうなるかわからないと思いながら言ってるんですけど」</p></blockquote><br /> あきやま氏の憑依華における仕事や海原・うに不仲説など。<br /><blockquote><p> Z「僕が海豚さんに曲作って出すと、海豚さんがすげーテンション上がるときと、そうでもないときがある」<br /> う「テンション上がらないときがあったんだ」<br /> Z「ありがとうございますとか、あーいいですねみたいなときがある。今回はテンション上がってた」<br /> う「深秘録ぐらいのときから感想言うようになってきた気がする」<br /> Z「言われたことに対してこれがいいっていうのが分かってきてる気がする」<br /><br /> う「なんで今日来てないんですか」<br /> Z「今日呼んだんです。僕も確かに憑依華の話したいと思って呼んだんだけど、無反応だった。LINE始めたっていうからLINEで呼んだんだけど…あっ、いま来てた」<br /> Z「反応遅くなりました、風邪でダウンしてるのでどっちみち不参加でした、だって」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:25~ 台湾の話・ファンとの交流編。</strong><br /><blockquote><p> ファンの出待ちや大名行列、現地メディア取材の話など。<br /><blockquote><p> Z「こっちは長々と待った結果、質問聞いたらうん、そうじゃないですかって」<br /> J「でみんな下向いてカタカタカタって、見ましたあれ? 一斉にカタカタカタって」<br /> <br /> Z「もちろんこれをどう記事にするのかは…もうしてるのかな? 見物じゃないですか」<br /> J「どうなるんだろう、しかも各社ごと別にあるんじゃないかという」<br /> う「向こうのメディアの話だから、見れたとしても翻訳のアレが」<br /> Z「ニュアンスとして、あそこで僕がこう言ったら面白いであろうってやつが、断定的にこうだってなる可能性が高い。ただ海外で変なこと言ったとしてもあれは通訳がおかしいんだよ」<br /> J「AnimeExpoでやったときも質問がマニアックすぎて通訳が通訳できなくて、わりと適当に返してて」<br /> J「そしたら大変すいません、本来ならしっかり勉強した通訳を送り込む予定だったんですけど、時間がなくてですね…って勉強できんのコレって」<br /> Z「時間がなくてというか、朝からやってるやつ全部勉強してるから時間が全部裂けない。持ってる紙に全部のゲームが書いてあるんだよ」<br /> Z「だから焦ってました、急に宇佐見菫子とか言われてなんだか分からないから」<br /> 豚「それでJYUNYAさんが一番影響を受けたキャラはって言われて儚月抄のレイセンですとか言うからでしょ?」<br /> J「わかるでしょ! 東方ファンだったら質問したやつが一番マニアだった」<br /> Z「今回もレイセンですって言って、ちゃんと伝わってるかどうかわからないよね」<br /> J「いやわかるでしょう! ボウゲッショウOK?って言ったらOK!って」<br /> Z「それは通訳を介さずに言ったんだよね?」<br /> J「酷い囲み取材だった。東方でしかありえない」<br /> Z「東方でしかありえない。でも囲み取材できてバハムート(向こうのメディア)の人が話しかけてきて、ZUNビール飲みに行ってあのとき会いましたよって」<br /> J「その人ニコニコ好きだからニコニコの質問してた」<br /> Z「まだネタバレはできないから、あまりにも酷い質問されてその酷い質問に対して僕は、結構酷い質問で答えを返した。あれが通訳を介してどういう風に伝わったのか、なんで僕ドワンゴの心配しないといけないんだ」<br /> Z「でも結構いいように答えて向こうもおーって感じだったんで、それは是非どのように翻訳されたのか見て欲しい」<br /> 豚「日本に負けないオタな人たちが来てる」<br /> Z「海外に行くとパワーが強すぎてやられちゃうくらい」</p></blockquote><br /> 台湾の飲み屋での一幕。<br /><blockquote><p> Z「前のときのほうが凄かったね、凄かったねって言い方変だけど前のときは本当に来て、帰りの空港でサインとか求められて。その辺の道でも会ったりとか。それはファンシーフロンティアっていうイベントで行ったので、むしろ同人で、だったっていうのもある」<br /> Z「一番驚いたのが駅の近くで海賊版を買ってるときに、東方の海賊版売ってるわって思ってゾンさんですかゾンさんですかって。今回もありましたよ、店のところに子供と一緒に写真いいですかって言われて、分かってんのかなって子供NGだよって言って写真撮ったりしましたよ」<br /> Z「会場ではダメだったけど、別の場所だったら…。初日うにさんと行ったよねあの変な店…あのお店僕先に帰ったけど、帰るとき下の店でイェーイZUNってやられて捕まってたりしたけど、あのとき木村祥郎さんがたまたまそこで会って、同じ店で飲んだんです」<br /> う「あれば別に分かってるわけじゃないですよね?」<br /> Z「あれ分かってなかったんじゃないかな」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:45~ 親子の台湾旅行記その2</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「みんな僕がずっと身体弱そうと思ってたけど、子供を連れてみんながちょっと子供触って抱っこしただけで大変だ大変だって言うけど、あれずっと僕がいつもやってると思ってるとみんな貧弱だなって思っちゃう」<br /> J「それ今回見直した」<br /> Z「体力的も精神的にもみんな貧弱だ」<br /> J「みんなわからないと思うけどZUNさんのこれみんな筋肉ですよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「あのときお寺に寄ったよね? ホテルの近くにお寺があって」<br /> Z「台湾って道教のお寺だからね、お寺って言っても」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「帰りは子供が寝るってことわかってたからがっちり映画見ましたけど」<br /> 豚「映画何観たの?」<br /> Z「邦画をこう見てて、『私が犯人でした(22年目の告白 -私が犯人です-)』っていうの見たの」</p></blockquote><br /> 他、子供の躾や金属探知機に引っかかった話、おもらしした隣の席の人が官能小説読んでいて異世界感があった話、台湾のパチモノの話など。</p></blockquote><br /><strong>2:27~ 2軒目ラジオ今年の抱負。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> 豚「キズナアイに勝つとか」<br /> Z「知らんね」</p></blockquote><br /> 100回記念できたらいいね話など。</p></blockquote><br /><strong>2:32~ 台湾の話TGSの話など。</strong> <br /><blockquote><p>『龍が如く』とのコラボ妄想話。<br /><blockquote><p> 豚「おのれらこんな弾幕で本当に躱せると思っとんのか!みたいなね」<br /> Z「霊夢は完全にヤクザだからな元々」<br /> 豚「妖怪? しばいたるわ!とかそういうやつですからね」<br /> Z「人里から離れてヤクザな商売してるんだよ」<br /></p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「最近また一人ヤクザみたいなのが、疫病神も現れましたけど」<br /> Z「ヤクザいっぱいいるからあの世界。疫病神はだいぶどちらかと言うとチンピラ感が。下っ端も出てきてヤクザ業界潤うばかり」<br /> 豚「幻想入りしてるからできるネタだなと思って…」 </p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:46 放送終了。</strong><br /><br /><br />
111

2018台北國際電玩展・不可思議的幻想郷ステージイベントのメモ

台北に来てますー pic.twitter.com/2k2MAbgGUZ— 博麗神主 (@korindo) 2018年1月26日2018台北国際電玩展・セガブースイベントステージ【場所】台北世貿一館【出演】Z=ZUNJ=JYUNYA(AQUASTYLE)通=通訳(敬称略)この記事に限りタイムスタンプは秒単位になります。2018/01/27(土)16:00~16:30https://www.youtube.com/watch?v=cIERbSqWOtQhttps://www.youtube.com/watch?v=Rj7J_BVIup8https://www.youtube.com/watch?v=... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">台北に来てますー <a href="https://t.co/2k2MAbgGUZ">pic.twitter.com/2k2MAbgGUZ</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/956883253247451136?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年1月26日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />2018台北国際電玩展・セガブースイベントステージ<br />【場所】<br />台北世貿一館<br /><br />【出演】<br />Z=ZUN<br />J=JYUNYA(AQUASTYLE)<br />通=通訳<br />(敬称略)<br /><br />この記事に限りタイムスタンプは秒単位になります。<br /><br /><br />2018/01/27(土)16:00~16:30<br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=cIERbSqWOtQ" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=cIERbSqWOtQ">https://www.youtube.com/watch?v=cIERbSqWOtQ</a><br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=Rj7J_BVIup8" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=Rj7J_BVIup8">https://www.youtube.com/watch?v=Rj7J_BVIup8</a><br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=Jm1qWKFjBVs" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=Jm1qWKFjBVs">https://www.youtube.com/watch?v=Jm1qWKFjBVs</a><br />(有志のアップしてくれた動画)<br /><br /><strong>0:00~ 挨拶。</strong><br /><blockquote><p> Z「上海アリス幻樂団のZUNです、よろしくお願いします」</p></blockquote><br /><strong>1:55~ ZUN氏への質問。</strong><br /><blockquote><p> 通「台湾は何回目ですか?」<br /> Z「台湾は三回目です」<br /><br /> 通「今回台湾にお越しいただき、今回特に遊びに行きたいところはありますでしょうか」<br /> Z「今日一応この台北101(超高層ビル)に行ったんですよ。登りました。後は台湾ビールさえ飲めればどこでも」<br /><br /> 通「台湾のビールと日本のビールはどちらがお好きでしょうか」<br /> Z「そういう返答に困る質問をするんですね…もちろん台湾のビールです」</p></blockquote><br /><strong>3:36~ JYUNYA氏への質問。</strong><br /><blockquote><p> 通「今朝臭豆腐が食べたいと聞きましたので」<br /> Z「でも臭豆腐美味しいですよ。全然アリです」</p></blockquote><br /><strong>5:00~ 不思議の幻想郷の紹介。</strong><br /><br /><strong>7:21~ 質問タイム。</strong><br /><blockquote><p> 通「東方シリーズ20周年を振り返って、何か思い出深いことはありますでしょうか?」<br /> Z「20年って急に言われて…これ台本一切ないんです、今。何喋れば良いんでしょうね?」<br /> Z「これ大学のときに趣味でゲーム作り始めまして、それで大学四年間作ったらもう止めて就職しようと。就職したわけなんですけど…続けても大丈夫ですか?」<br /> Z「就職先で色々ありまして、またずーっとゲーム、東方作ろうと思って作り始めちゃって、結局だらだらと作ってたらこうなっちゃったんです」<br /> Z「僕としては20年経っても…なんだろうな。長かったようであっという間です」<br /><br /> 通「JYUNYA様とZUN様はどれくらいのお知り合いですか?」<br /> J「存在を知ってるのはすごい前からなんですけど」<br /> Z「僕はあんまり知らない、こっち」<br /><br /> 通「JYUNYAさんに対するイメージを伺いたいんですが」<br /> Z「あー、チャラくてあんまり信用の置けない…でもゲームに対する愛が強くて、あとコーラが好き。そういうイメージです」<br /><br /> 通「ZUN様へのイメージはいかがでしょうか」<br /> J「僕からしてみればZUNさんはZUNさんでやっぱりチャラくて、でもゲームは真面目にやってて、あとお酒が好き」</p></blockquote><br /><strong>11:30~ 不思議の幻想郷のPV</strong><br /><blockquote><p> 有志の動画ではカットされている。</p></blockquote><br /><strong>11:52  次の動画へ。</strong><br /><br /><br /><strong>0:00~ 不思議の幻想郷について。</strong><br /><br /><strong>3:00~ 再び質問タイム。</strong><br /><blockquote><p> 通「スタジオの皆さんに本日の感想を伺ってもよろしいでしょうか」<br /> Z「こうやってステージに上がることって、実はあんまり多くないんですけど、日本でもあんまり数無いんですけど」<br /> Z「なんでしょう…僕が作ったゲームじゃなくて二次創作のゲームで、おかげでこの台北のゲームショウのステージに来ることができたので、僕としては棚ボタみたいなものですよ」<br /> Z「来てみたらこんなに人がいて、なんでしょう…楽しいね。自分のゲームが中文に対応してないので、こんだけ遊ぶ人がいるんだったら頑張ってもいいのかなと思うくらい」<br /><br /> 他、不思議の幻想郷の限定版の話など。</p></blockquote><br /><strong>8:00~ フォトセッション。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-1-28_17-23-49_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-1-28_17-23-49_No-00s.png" alt="台北1" border="0" width="400" height="222" /></a><br />霊夢のコスプレイヤーさんとの撮影会。</p></blockquote><br /><strong>8:38~ 次の動画へ。</strong><br /><br /><br /><strong>0:00~ 最後に一言。</strong><br /><blockquote><p> Z「ありがとうございまーす。台湾はいいよね、冬があったかい。結構みんな真冬とは思えないような格好してるね」<br /> Z「冬…何が言いたいかって言うと、冬に来てもビールが美味しい。そんなことでこれから台湾ビール飲みに行きますので」<br /><br /> 通「明日の午後四時もステージがありますので」<br /> Z「まあ、出来たら来ます!」</p></blockquote><br /><strong>2:00 動画終了。</strong><br /><br /><br />2018/01/28(日)16:00~16:30<br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=IJD9TQ-lhxA" title="https://www.youtube.com/watch?v=IJD9TQ-lhxA">https://www.youtube.com/watch?v=IJD9TQ-lhxA</a><br />(有志のアップしてくれた動画)<br /><br /><strong>0:00~ 挨拶。</strong><br /><blockquote><p> Z「昨日に引き続き来てくれた方ありがとうございます。上海アリス幻樂団のZUNです。もうビール始めてるので、今日はゆるーく行きます。よろしくおねがいします」</p></blockquote><br /><strong>1:40~ 質問タイム。</strong><br /><blockquote><p> 通「昨日は台湾のどこに飲みに行きましたか?」<br /> Z「行きました。ホテルの近くの、いわゆる普通の中華料理屋さんに行きました」<br /> Z「そのあとね、ホテルに帰って12時過ぎまで飲んでました」<br /><br /> 通「昨日と今日はファンの熱さはどちらが増していますか」<br /> Z「まだ放送始まったばかりだけど、昨日は大変熱かったけどまた今日のほうが凄いね」<br /><br /> 通「シリーズの20年の歴史を振り返っての感想はいかがでしょうか?」<br /> Z「昨日も質問で一番困ったんですけど、なかなかダラダラと作ってきたらいつの間にかね、20年経っちゃったな~っていうような感じでまさか台湾まで来てステージに立つことができるとは夢にも思ってませんでした」<br /><br /> 通「来場の皆様の中で、ZUN様のファンになって八年以上の方もいらっしゃいますので」<br /> Z「八年以上のファンの? ありがとうございます、謝謝」</p></blockquote><br /><strong>7:00~ 不思議の幻想郷の質問。</strong><br /><blockquote><p> 通「不思議の幻想郷という作品ですが、何か魅力は何でしょうか?」<br /> J「そうですね魅力は2つあるんですが、一つは僕が東方好きであるから東方の世界観をなるべくローグライクのゲームで再現したいっていう想いが詰められてます」<br /> J「ですからこういうステージに立ってますけど、あなた方の立場と何も変わりません」<br /> Z「それは二次創作作れっていう脅迫?」<br /><br /> J「これこの前貰ったやつなんですよ(PSアワードのトロフィーを掲げる)。東方好きだと良いことありますね」<br /> Z「これ半分くらい僕のだよね?」</p></blockquote><br /><strong>9:50~ 再び質問タイム。</strong><br /><blockquote><p> 通「お二人お会いしたときにどのような印象をお持ちでしたでしょうか?」<br /> Z「初めて会ったのがいつだったのか思い出せないですけど、チャラくて信用の置けないやつだなと」<br /> Z「でもゲームに対してすごい熱い、好きなものに対して熱い人間なんで、ゲーム自体は面白いだろうなと思いました」<br /> J「ZUNさんは、最初はファンから入ったんでなんて凄いゲームを作ってるんだろう、凄い人だろうなって思ってたんですよ」<br /> J「会ってみたら酒しか飲まねえし、結構適当にふわっと生きててすごいなんか意外だなという感じでした」<br /><br /> イベント中におかわりを要求。<br /> Z「思ったより暑くて飲んじゃった」<br /> Z「(JYUNYA氏が酒を勧められて)こいつあんまり酒強くないんでやめたほうがいい」</p></blockquote><br /><strong>12:45~ 不思議の幻想郷PV上映と限定版の告知。</strong><br /><br /><strong>22:00~ 最後に一言。</strong><br /><blockquote><p> 威勢のいいJYUNYA氏に対して。<br /> Z「これはこいつが酔ってるだけですよ」<br /> Z「これは驚きのすごい酔っている。大分酔っています」<br /><br /> 通「作品についてご予定とかありますでしょうか?」<br /> Z「予定? 今日の予定ですか? 作品の予定ってこと? やりたいこと?」<br /> Z「とりあえず…今日も美味しいビールを飲みたいです。台湾だとビール以外だとどういうお酒飲むんですか?」<br /> <br /> Z「ちょっと質問していい? 未成年の人どのくらいいるの? ここで未成年の人って手を挙げてもらっていいですか?」<br />Z「ほら多いよ、あんまりお酒の話しちゃいけないよ」</p></blockquote><br /><strong>28:00~ フォトセッション。</strong><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-1-29_12-37-42_No-00.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2018-1-29_12-37-42_No-00s.png" alt="台北2" border="0" width="400" height="228" /></a><br />コスプレイヤーさんとの撮影会(27日とだいたい同じ)<br /><br /> 通「チャンスがあったらまた台湾にお越しいただけますか?」<br /> Z「そりゃ勿論さ!」</p></blockquote><br /><strong>30:53 動画終了。</strong><br /><br /><br /><br /><blockquote><p>関連記事(外部)<br /><a href="https://www.4gamers.com.tw/news/detail/34273/tpgs-2018-the-tower-of-desire-touhou-genso-wanderer" target="_blank" title="https://www.4gamers.com.tw/news/detail/34273/tpgs-2018-the-tower-of-desire-touhou-genso-wanderer">https://www.4gamers.com.tw/news/detail/34273/tpgs-2018-the-tower-of-desire-touhou-genso-wanderer</a></p></blockquote><br />
    Return to Pagetop