カウンター
プロフィール

管理者:矢吹天成(旧名:石動雷獣太→無)
TwitterID:@LittleTrailHand
地霊殿くらいからの東方ファンの一人。今は東方から少し距離を置いている。

24

博麗神社あとの祭り(2010)のメモ

http://live.nicovideo.jp/watch/lv126519292010/03/14(日) 開場:18:50 開演:19:00【出演】Z=ZUN司=やまけん(MC)伴=伴龍一郎ル=ルー(DNAsoftware)少佐(Neetpia)もりけむ(BLUE&WHITE)うたげ(OHBA堂)TBN(大雪戦)へっぽこ(永久る~ぷ・現円環再起動計画)0:00~ 放送開始。 前説や伴氏のai sp@ce宣伝など。0:04~ ZUN氏登場。 乾杯など。0:06~ 例大祭レポート。 写真を表示して一日を振り返る。 伴「モザイクか... <a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv12651929" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv12651929">http://live.nicovideo.jp/watch/lv12651929</a><br />2010/03/14(日) 開場:18:50 開演:19:00<br /><br />【出演】<br />Z=ZUN<br />司=やまけん(MC)<br />伴=伴龍一郎<br />ル=ルー(DNAsoftware)<br />少佐(Neetpia)<br />もりけむ(BLUE&WHITE)<br />うたげ(OHBA堂)<br />TBN(大雪戦)<br />へっぽこ(永久る~ぷ・現円環再起動計画)<br /><br /><strong>0:00~ 放送開始。</strong><br /><blockquote><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_19-42-41_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_19-42-41_No-00s.png" alt="後の祭り5" border="0" width="400" height="290" /></a><br /><br /><p> <blockquote><p>前説や伴氏のai sp@ce宣伝など。</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:04~ ZUN氏登場。</strong><br /> <blockquote><p>乾杯など。</p></blockquote><br /><strong>0:06~ 例大祭レポート。</strong><br /><blockquote><p> 写真を表示して一日を振り返る。<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-29_23-18-17_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-29_23-18-17_No-00s.png" alt="後の祭り4" border="0" width="400" height="293" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-29_23-18-36_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-29_23-18-36_No-00s.png" alt="後の祭り3" border="0" width="400" height="298" /></a><br /> <blockquote><p>伴「モザイクかかるとちょっとエロいですよね」<br /> Z「でも卑猥なものも多いしね……」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:22~25 CM</strong><br /><br /><strong>0:25~ ゲーム試遊(ダブルスポイラー)のコーナー。</strong><br /><blockquote><p><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-29_23-42-44_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-29_23-42-44_No-00s.png" alt="後の祭り2" border="0" width="400" height="295" /></a><br /><blockquote><p> Z「今回は超マゾいですよ、ゲーム自体が。Mが遊ぶゲームなんで」<br /> 司「前作もすごい難しかったんです……」<br /> Z「今回は難しいとかじゃなくて、なんかね……自分を虐める人が楽しめる。どうせシューターMばっかだからいいよね」<br /> Z「もうね、本当に自分がなんでこんなことしてるんだろうっていうのが止められなくなる感じ」<br /><br /> Z「今回ステージが煩悩の数だけある。108ステージ」<br /> Z「だからここでオススメ言うこと自体がネタバレに」<br /> Z「ちなみにダブルスポイラーのスポイラーは、ネタバレって意味です。台無しって意味でもある」</p></blockquote><br /><br /> ギャラリーのプレイ中煽りまくるZUN氏。<br /><br /> 1-1にて。<br /><blockquote><p> Z「これ中に入って撮ると点数高いんです。あの中に」<br /> 司「何言ってんですか中に入ってって」<br /> Z「でもそうやって作ってありますから。そうやること前提で」<br /> 司「あの中入れるんですか」<br /> Z「あれ入れるぐらいになってます。全然いける。むしろ入らないと点数出ないですから」<br /> Z「入れる入れる、レベル1だから」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 司「これ作ってるときはやっぱりS心出しながら作ってるんですか」<br /> Z「いやいやM。超Mい」<br /> 司「こういうことされたいと」<br /> Z「そうそう」<br /><br /> 司「108あればM大満足ですよね」<br /> Z「まあ満足しないことに満足するのがMです」<br /> Z「良かったーって気分にならない感じも喜ぶ」<br /><br /> 司「横からプレッシャーがかかるって新しいSTGですよね」<br /> Z「ゲームってそういうもんです、挑発するの隣から」<br /> Z「対戦ゲームとかだったらこれで勝てるんだからね」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「ちなみにレベルって上がっていくと、指数曲線で難しくなっていくんです」<br /> Z「全然桁違い、後半の上がり方とかがそういうことになるので。でもゲーム上達度もそのくらい上がるから、あとからこんなの見るとなんかつまんなくてしょうがない」<br /> 司「昔あんなに波動拳出せなかったのにみたいな」<br /> Z「今波動拳はコンボに入れなきゃいけないレベルになっちゃうからさ」<br /> 司「レイジングストームのコマンド遅って感じますもんね」<br /> Z「レイジングストームなかなか出なかったからなあ」</p></blockquote><br /> レベル3。<br /><blockquote><p> Z「大抵の人がまず6ぐらいで詰まるんです。そこら辺から急激に難易度が難しくなるから」<br /> Z「さらに9で桁違いに難しくなる、そこから。っていうレベルになる」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:50~0:53 CM</strong><br /><br /><strong>0:54~ スケブ大喜利のコーナー。</strong><br /><blockquote><p><br /> テーマ:初めて遊んだ電子的なゲームのキャラを教えてください。<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_16-29-6_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_16-29-6_No-00s.png" alt="後の祭り1" border="0" width="400" height="295" /></a><br /> <blockquote><p>ル「おっさん向けだよね完全に」<br /> Z「そんなことないぜ、ViewPointは新しいゲームだよ全然」<br /> Z「むしろ新しすぎてみんなついてこれないようなゲーム」</p></blockquote><br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_16-37-1_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_16-37-1_No-00s.png" alt="後の祭り8" border="0" width="400" height="294" /></a><br /> ぷよぷよについて。<br /><blockquote><p> ル「ZUNさんは?」<br /> Z「昔やりましたよ。基本無印ですけどね」</p></blockquote><br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_16-33-18_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_16-33-18_No-00s.png" alt="後の祭り9" border="0" width="400" height="293" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_16-31-26_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_16-31-26_No-00s.png" alt="後の祭り10" border="0" width="400" height="295" /></a><br />※きーさんは後のZUN氏の奥さん。<br /><br /> テーマ:とあるコマンドでどんな技が出るか。<br /><blockquote><p> 桜沢いづみ氏のスケブなどが出た。</p></blockquote><br /> テーマ:こんなジャンルの即売会二度と行くか!<br /><blockquote><p><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_16-49-57_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_16-49-57_No-00s.png" alt="後の祭り7" border="0" width="400" height="290" /></a></p></blockquote><br /></p></blockquote><br /><strong>1:09~1:16 CM(この間にZUN氏の語り有)</strong><br /><br /><strong>1:17~ LIVEのコーナー。</strong><br /><blockquote><p> COOL&CREATE『シアワセうさぎ』『ナイト・オブ・ナイツ(ギターソロ)』<br /> SWING HOLIC『冷たい湖畔のシンフォニア』『Border of Life』<br /> SOUND HOLIC『Grip & Break down !!』『No Life Queen』</p></blockquote><br /><strong>1:51~1:57 CM</strong><br /><br /><strong>1:53~ ぐだぐだ1.5(同人ゲームサークルによる対談)コーナー。</strong><br /><blockquote><p>へっぽこ氏乱入により放たれるZUNキック。(gifアニメ)<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/2016103100441689a.gif" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/2016103100441689as.gif" alt="ZUNキック" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />テーマ<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_18-19-48_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_18-19-48_No-00s.png" alt="後の祭り6" border="0" width="400" height="292" /></a><br /><blockquote><p> Z「基本的に締切終わらせてさっさと温泉行って酒飲みたい」<br /> Z「若い人ほど締切守らない」<br /> あまりテーマについては語られず</p></blockquote><br /> テーマ<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_18-45-58_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_18-45-58_No-00s.png" alt="後の祭り13" border="0" width="400" height="298" /></a><br /><blockquote><p> 司「思い出のゲームを一人づつ言うとかどうですか」<br /><br /> う「東方妖々夢」<br /> Z「そんなつまんないセリフいらねーわ」<br /><br /> 司「ZUNさんはどうですか」<br /> Z「これはマジレスのターンですから、スーパーマリオかな」<br /> ル「なんか今卑怯な大人を見た」<br /> Z「いやいや違うよ、スーパーマリオ凄かったんだってその時代。チラシ集めたりしてましたもん。あの凄さに」<br /> Z「もうマリオがさ、なんか最初のマリオはほんとに配管工だったんだけど、次は空に海に地上で、そう考えたときにすごいわくわくして、スクロールしてあちこち行けて、面白くてさ」<br /> Z「あんな面白いゲームがファミコンでずっと遊べた。もう超面白くて」<br /> Z「あれがやっぱりなかなか買えなくて、親に買ってきてってお願いして、買ってもらったらバイナリィランドだった」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 司「ゲーム以外も、アニメとかも好きだったりするんですか皆さん」<br /> Z「僕アニメ見ないんですよ全然」<br /> ル「アニメ見ない代わりに特撮見てるからさ」<br /> Z「まあ見てますね」<br /> Z「最近ずっと特撮見てます」<br /><br /> 司「一番最近ハマったアニメみたいな」<br /> 司「じゃあZUNさん特撮を語っていいですよ」<br /> Z「いやいやそんな語ることはないですよ。でも去年初めてEVA見た。一人で映画館行きました」<br /> Z「EVA見に。初めてのEVAを。あれ面白いですよね。さすが素晴らしいと思いました」<br /> 司「2009年にEVAあれ面白いって発言いいですよね。染み渡ります」<br /> Z「わりとマジで」<br /> Z「まああとはプリキュアも面白いです。それくらいかな」<br /> Z「いやさあ、ハートキャッチがさあ、絵柄超引いてたけど、内容は面白いです。動きがいいから」</p></blockquote><br /> テーマ<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_19-11-22_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_19-11-22_No-00s.png" alt="後の祭り12" border="0" width="400" height="294" /></a><br /><blockquote><p> Z「いやもうね、変わってますよそれは。正直ゲームの作り方は…わりとこれはマジレスのターンでいいんですよね? 全然遊ぶ人の感覚も変わってるし、作る人の感覚も変わってますよ<br /> Z「それは正直プレイする必要がなくなったの。もうゲームは見てるだけでも大丈夫なの。そうすると見てることが重要なゲームになってくるじゃないですか。」<br /> Z「もちろん遊びたい人は遊んでるから見てる人がいるんですけど」<br /> Z「もう全員が全員プレイしろっていう必要性がなくなってきた」<br /> 司「そうですね、人のゲームってつまんないのの代表だったんですけどね」<br /> Z「今はね、むしろスーパープレイは面白いかもしれないって昔の人はそう思ってるんですけど、今は下手な人のプレイを見るのも面白いんです」<br /> Z「生でプレイしてる動画とかあったら面白いじゃないですか。ぐちぐちいいながら、やきもき言いながら書き込んで見るのって面白いですよね」<br /> Z「それができる時代になったっていうのがすごい大きいと思う」<br /><br /> ル「ZUNさん年齢の割にはパワーあるんで」<br /> Z「僕若いんだって。精神的にも幼いつもりでいる」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:25~ エンディング。</strong><br /><blockquote><p> ZUN氏への誕生日ソングなど。 </p></blockquote><br /><strong>2:34 放送終了。</strong><br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_19-47-19_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-30_19-47-19_No-00s.png" alt="後の祭り11" border="0" width="400" height="287" /></a><br /><br />外部記事。というか主催者発表。<br /><blockquote><p><a href="http://dwango.co.jp/pdf/news/service/2010/100317_2.pdf" target="_blank" title="http://dwango.co.jp/pdf/news/service/2010/100317_2.pdf">http://dwango.co.jp/pdf/news/service/2010/100317_2.pdf</a></p></blockquote><br /><br /><br />
23

東方三月精VFS 第4話「実りの秋、地獄の秋」の感想

月刊コンプエース2016年12月号掲載東方三月精VFS 第4話「実りの秋、地獄の秋」扉絵のクラウンピースのポーズはヘカーティアの立ち絵に似せたものっぽい。嵐から一夜明け、閉じ込められていた三妖精たちはそれぞれの立場を主張しつつも結局は意気投合し森へ向かう。この嵐が鈴奈庵における野分と同じものかどうかは不明だが、可能性は高そうだ。霊夢と魔理沙が話に全く絡んでこないのも、小鈴を探しに出かけていたからだと考えると... 月刊コンプエース2016年12月号掲載<br />東方三月精VFS 第4話「実りの秋、地獄の秋」<br /><br />扉絵のクラウンピースのポーズはヘカーティアの立ち絵に似せたものっぽい。<br />嵐から一夜明け、閉じ込められていた三妖精たちはそれぞれの立場を主張しつつも結局は意気投合し森へ向かう。<br />この嵐が鈴奈庵における野分と同じものかどうかは不明だが、可能性は高そうだ。<br />霊夢と魔理沙が話に全く絡んでこないのも、小鈴を探しに出かけていたからだと考えると納得がいく。<br /><br />森でそれぞれイチイの実や栗などの果物、巨大なオニフスベ(茸)など秋の味覚を収穫し、<br />見せ合いっこをしているところにクラウンピースが現れる。<br />イチイの実の説明に”毒”と書いてあるのを見たときには、多分ヒドい落ちになるものと思っていたけどそんなことはなかった。<br />さりげなく出てくるので見落としそうになるが、愛称はいつの間にか”ピース”で決まったらしい。<br />ようやくサニー・ルナ・スターと同列に並んだような感じだ。<br /><br />夜になって、昼間の収穫物を肴に話の弾む妖精たち。<br />昨日の嵐についてスターが尋ねると、クラウンピース曰く地獄にはその何倍もの風が吹き続けていたりするのでそれに比べればそよ風だと答える。<br />それ以外にも焚き火よりも何倍も熱い火や、栗の棘よりも何倍も鋭い棘や、地上より何倍も暗い闇があるという。<br />最初はクラウンピースのいた地獄とは、ダンテの神曲に記されているような地獄のことだと思っていたけど<br />話を聞く分には仏教における地獄に近いような……? まあキリスト教の地獄と仏教の地獄は構造自体はわりと似てはいるんだけど。<br />元ネタのヘカーテやランパースのいる、ギリシャ神話における地獄であるタルタロスともまた違った感じだ。<br />四季映姫や是非曲直庁などとの関係については外來韋編壱のインタビューで触れられていたけれど、<br />原作でようやく共通点がなんとなく感じられるような描写が出たと言えるかもしれない。<br />三妖精たちはそんな過酷な地獄も見てみたいと言う。しかしピースには地獄に帰る方法がわからなかった。<br /><br />ここで場面は一年前に飛ぶ。<br />おそらく紺珠伝の直後の、まだ紅葉の舞う時期の話。<br />里を見下ろすヘカーティア。貴重な里を一望できるショットなので、今後の参考になりそうな感じである。<br />ヘカーティアの服装その他は原作と変更がないにも関わらず、そんなに変にも感じないのはモノクロというのも影響していると思う。<br />エキセントリックな色使いはモノクロで相殺されて、Tシャツや惑星も変なことは変なんだけど、それほど違和感がない。<br />そうなると東方原作屈指の露出度と、比良坂先生による柔らかな身体の線も相まって、普通に可愛い女神に見えてくる。<br />ややツリ目気味の、ちょっと一癖ありそうな表情は、後書きによると基本意地悪な表情という指定によるものらしい。<br />しかしこうなると困るのが、一体何色のヘカーティアなのかということだ。<br />これまで幻想郷に来たときどうなるのかについては諸説あり、意見が別れていたものの<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-26_17-28-25_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-26_17-28-25_No-00s.png" alt="heca2" border="0" width="400" height="272" /></a><br />東方紺珠伝魔理沙Extra↑↓東方外來韋編壱13P<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/1477473134055.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/1477473134055s.jpg" alt="heca1" border="0" width="295" height="400" /></a><br />頭の惑星をよく見ると日本列島、ユーラシア大陸、北米大陸らしきものが見えるので、今回に限っては多分青(地球)のヘカーティアだと思われる。<br /><br />※追記<br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">※三月精最新話ネタバレ注意!<br><br>ちなみにモノクロだと分かりづらいですが、今回のあのお方は指定で青でした!</p>&mdash; 比良坂真琴@例大祭あ-22b (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/791847429121318913">2016年10月28日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br />インタビューにあった髪色毎のTシャツの変化は残念ながら反映されていない模様。<br />性格は砕けた口調の赤髪に比べると若干違って見える…かもしれない。<br />ヘカーティアはクラウンピースに対して幻想郷に住めと命令する。<br />そしてここでの生活に馴染んだら時折人前に姿を現せという謎の指示も出す。<br /><br />クラウンピースは一年経って生活に慣れた頃だと思い、そろそろ暴れてもいいタイミングだと考える。<br />しかし第一話で「色々あって地獄には帰りたくない」と言ったのは嘘で、実際は命令されて幻想郷にいたというのが判明した。<br />あのとき三妖精たちに説明したときに眼が泳いでいたのはそういう意味だったらしい。ヘカクラの仲はむしろ良く、<br />幻想郷にいる間にだいぶだぜ口調が板についたものの、ヘカーティアにはそれなりに丁寧な言葉遣いをしていたというのも分かった。<br />そして地獄に帰れないクラウンピースは、地獄が見たいという三妖精たちの希望に応えるため、自ら地獄を作ることを思いつく。<br /><br />数日後、神社の縁の下に作られた地獄に三妖精たちを案内するクラウンピース。<br />看板は主人譲りのWelcome to Hell。ちゃんとtoが入っている。<br />そして地獄に足を踏み入れる三妖精たち。真っ暗なのをまるで戒壇巡りみたいと表現しているが<br />戒壇巡りとは伊弉諾物質でもお馴染み善光寺にある真っ暗闇の中を進むお参りの一つで、<br />なんで妖精がそんなことを知っているのかは多分聞いてはいけない。<br />そこで三妖精たちが見たのは、三妖精たちクラウンピースに教えた、秋の恵みにヒントを得た地獄だった。<br />三者三様の反応だが、特に驚きもせずむしろ喜んでいるスターの表情が印象的。<br />そりゃあレーダーがあるんだから、驚きはしないだろうけど……。<br />しかし看板まで出した結果、霊夢に見つかりついにクラウンピースが幻想郷にいることか霊夢に知られることになった。<br />今まで半年以上に渡って神社の地下にいたにも関わらず、気付かなかった霊夢にもビックリである。<br /><br />というのが今回の話。特に印象的なのはやはりヘカーティア。<br />クラウンピースが出たんだから、いつかは出るだろうと思われてたけど、こんなに早く登場するというのは予想外だった。<br />しかも家出だと思われていたのが、実際はヘカーティアの指示によるものだったということも判明した。<br />意図については今のところ全く分からないが、今後への仕込みであるというのは明白だ。<br /><br /><br /><br /><br /><br />ところでクラウンピースが幻想郷にいるのはヘカーティアの差し金ということで、一つ気になることがある。<br />茨歌仙33話『足元で蔓延る西洋の悪魔』でのこと。<br />このとき紫は西洋タンポポは誰かが意図的に持ち込んだ可能性について言及している。<br />あのときは華扇に疑いがかかったが、実はあれは2重のミスリードだったのではないか。<br />花に住んでいる幻想郷の妖精たちも、日本のタンポポが駆逐されると西洋の悪魔的妖精に取って代われれるかもしれないので<br />実はひょっとすると幻想郷に西洋タンポポが増えたのは、クラウンピースのせいなのではないだろうか……?<br />ヘカーティアは、クラウンピースによる間接的な幻想郷の侵略を目論んでいるのではないか。<br />(そんなことしなくても力技でなんとでもなる気がするけど)<br />そしてこれに対抗するのが妖精大戦争2だ! というのを思いついたんですが、どうですか!<br /><br /><br />
22

東方鈴奈庵 第45話「紫色の日は外出を控えましょう 後編」の感想

月刊コンプエース2016年12月号掲載東方鈴奈庵 第45話「紫色の日は外出を控えましょう 後編」三ヶ月に一度の鈴奈庵と三月精の同時掲載。今回に限っては掲載順が離れてしまっているが、理由はわからない。先月号の4作品連載終了に引き続き、今月号でも2作品連載終了という妙に末期的な終了ペースによる影響だろうか?コンプエースそのものの存続が心配になってしまう……。嵐の夜から一夜明けた人里。龍神像のある広場で、魔理沙は里... 月刊コンプエース2016年12月号掲載<br />東方鈴奈庵 第45話「紫色の日は外出を控えましょう 後編」<br /><br /><br />三ヶ月に一度の鈴奈庵と三月精の同時掲載。<br />今回に限っては掲載順が離れてしまっているが、理由はわからない。<br />先月号の4作品連載終了に引き続き、今月号でも2作品連載終了という<br />妙に末期的な終了ペースによる影響だろうか?<br />コンプエースそのものの存続が心配になってしまう……。<br /><br /><br />嵐の夜から一夜明けた人里。<br />龍神像のある広場で、魔理沙は里の被害が神社に比べて少ないことを確認していると<br />里の人間に小鈴が行方不明になっていると噂されているのを耳にする。<br />なお冒頭に出てくる龍神像はこの後とくに関わってこないので残念。<br />虹のようなものが尻尾のあたりから出ているがはっきり言ってよくわからない描写だ。<br /><br />魔理沙は神社に戻り小鈴のことを伝えると、霊夢は血相を変えて捜索に出ようとする。<br />鈴奈庵25話で、小鈴の元に向かうとき見せたのと同じ眼をして。<br />霊夢は小鈴が危機になると取り乱すことがよくあるけど、今だに小鈴以外ではまず見られない現象だ。<br />妹分でもあるし、それだけに思い入れも強いのかもしれないが、その理由については<br />登場してから特に描写されたことはないので、今後語られることに期待したいけど……多分無さそうだ。<br />探す宛の無い霊夢に対して魔理沙は冷静に分析し、霊夢を誘導する。<br />今回は全編通して魔理沙の高い危機管理能力が目立つ。自分のことに関しては無謀な行動も多いが<br />他人のこととなると客観的になれるあたり、非常にらしい感じはする。蛇の道は蛇とも言う。<br /><br />里の外へ捜索に向かう霊夢と魔理沙。<br />飛行ではなく徒歩というのも意外だが、人の捜索ということでおかしくはない。<br />小鈴の頭の鈴を見つけた霊夢は、焦りからか神霊の声を聴いて小鈴を探すことにした。<br />最近は妙に出番の多いような気がするこの能力。ついこの間の茨歌仙でも言及されたばかり。<br />もしかして実のところ、霊夢の持ち前の勘の良さ、運の良さはこの神霊の声を聞くことで成立していたのかも<br />……という可能性も考えたが、特に証拠はないのでここだけの話にしてほしい。<br />一人取り残された魔理沙は、現場から犯人のものと思しき一本下駄の足跡を発見する。<br /><br />犯人の足取りを追って妖怪の山を登る魔理沙。<br />飛べよ!というツッコミと、そんな崖をクライミングできるのかよ!というツッコミが同時に出てきそうな1コマ。<br />妖怪の山の哨戒天狗の目を逃れるために敢えて飛ばなかったとか理由はあるのかもしれないが<br />さすがにフリークライミングはやばい。そして崖を登りきった先では霊夢が文に詰め寄っているところであった。<br />神霊によって里の周辺に天狗が居たことを知った霊夢と、暴風の中でも動ける天狗の仕業だと考えた魔理沙。<br />行き着くところは同じでも、本人の性格というか能力の差が顕著に出ているのが面白い。<br />天狗攫いという言葉もあるくらいだし、子供である小鈴が消えた時点で天狗がわりと疑われるような気がしなくもないけど。<br />このとき霊夢と文が並んでいるが、一本下駄を除くと霊夢の方が身長が高くなりそうなのが意外な描写だ。<br /><br />そんなことをするわけがない、と否定する文から意外な事実が明かされる。<br />天狗は里を暴風から守る仕事を請け負っているという。それ以外では水害は河童が守るといったように<br />妖怪が役割分担をして里を災害から守っているらしい。そういえば、関係あるのかないのかわからないが<br />以前に茨歌仙で河童がダムを作ったりしていたのも、興味本位ではなく里の為だったとは考え……られそうもない。<br />昨晩の野分は大勢の天狗で里を守ったという。こっそりはたてと椛が出てきているが、<br />椛の方が相変わらず顔はよく見えないのが残念。<br />立ち絵無しキャラに対しては頑なに一線を守る春河もえ先生であった。<br /><br />それでもなお小鈴のことで霊夢は食い下がるが、しかし攫ってはないと文は頑として認めようとはしない。<br />埒が明かないので魔理沙は敢えて文の主張を飲んで、霊夢とともに下山する。ここで恭しくお辞儀をして見送る文が好き。<br />その後何事もなかったかのように無事小鈴は里に返された。天狗は小鈴を保護しただけだった。<br />様子を見に来た霊夢は神霊の声に従って、天狗に攫われたことを小鈴に教えようとするが魔理沙はそれを制する。<br />教えたところで何のメリットもないし、不必要な面倒事は避けようと霊夢に持ちかけ、渋々納得させるのであった……<br />というのが後編の話だった。<br /><br />小鈴のために手段を厭わず神霊の声を聞く霊夢と、理詰めで正解にたどり着く魔理沙。<br />そして里を災害から守る妖怪の存在というのが後編のメインだと思う。<br />霊夢と魔理沙は異変解決の方法論の違いのようなものが垣間見えて興味深い。<br />そして最も気になる点は、妖怪たちが災害から里を守る仕事を誰から請け負っているのかということだ。<br />目ぼしいところを挙げればまあ紫ぐらいなのだが、独立志向の強い妖怪の山の天狗や河童が<br />素直に紫の言うことを聞くかと言われればそんな気はしないが、あくまで自分たちのためでもあると言うのであれば<br />そういうこともありえるのかもしれない。鈴奈庵35話での描写を信じるなら<br />紫が終末的な噂を流して里を混乱させつつ、妖怪たちに里を守らせて安全は確保するという<br />マッチポンプ的な構図が浮かび上がってくることになるので、そういう説も面白い。<br /><br />雨風の話ということもあって、能力的に天狗が出てくるのもさもありなんといった感じだった。<br />あまりに鉄板過ぎるので、予想から外したら裏の裏をかかれた感じで非常に悔しい。<br />前回頑張って予想した挙句全くカスリもしていないので今見ると笑えるかも。<br /><br />前回述べたように、後半新しいゲストキャラが出なかったということは<br />単行本6巻の設定資料は結局紫だけということになりそうだ。<br />紫が出るのは非常に楽しみではあるけど、少し寂しい感じになってしまうかもしれない。<br /><br /><br />
21

2軒目から始まるラジオ第69(70)回放送のメモ

本日、20時より2軒目ラジオを放送します。興味がありましたら是非。例大祭やらアレやらもろもろの報告回になるでしょう。https://t.co/X3jRmwMMct— 博麗神主 (@korindo) 2016年5月31日2016/05/31(火) 第69(70)回放送 20:00~場所:初めて訪れた店【出演】Z=ZUN豚う=あきやまうに(敬称略)0:00~ プレ放送開始。0:01~ 切断再開~カメラの調整など。 豚「さっき散々テラフォーマーズの話をしてたんです」 う「そ... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">本日、20時より2軒目ラジオを放送します。興味がありましたら是非。例大祭やらアレやらもろもろの報告回になるでしょう。<a href="https://t.co/X3jRmwMMct">https://t.co/X3jRmwMMct</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/737513919732797440">2016年5月31日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br />2016/05/31(火) 第69(70)回放送 20:00~<br />場所:初めて訪れた店<br /><br />【出演】<br />Z=ZUN<br />豚<br />う=あきやまうに<br />(敬称略)<br /><br /><strong>0:00~ プレ放送開始。</strong><br /><br /><strong>0:01~ 切断再開~カメラの調整など。</strong><br /><blockquote><p> 豚「さっき散々テラフォーマーズの話をしてたんです」<br /> う「そういう一軒目だったんです?」</p></blockquote><br /><strong>0:05~ 放送開始。</strong><br /><blockquote><p> 豚「我々は一体いつまでU-STREAMのデバッグを続けるのか問題ありますよね」<br /> Z「U-STREAMが無くなるまでじゃないですかね。頑張ってU-STREAM終わらせるか…」</p></blockquote><br /><strong>0:10~ 5月は忙しかった話。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「5月は忙しかったなー、4月も忙しかったけど。ここんとこずーっと忙しいね」<br /> Z「このまま6月まで忙しいのがずっと」<br /> Z「忙しいのは夏まで開けないなーって、この流れだと」<br /> Z「GWは働いてなかったですけど。唯一の休暇ぐらい」</p></blockquote><br /> ゲームハード次世代機(大昔)の話。<br /><blockquote><p> Z「プレイステーションってさ、任天堂とソニーがうまく行かなくなってから、出たあの…」<br /> Z「あの頃のドタバタが丁度大学生の頃で、すげー面白くて」<br /> 豚「今の子知らないよね」<br /> <br /> う「あの辺のハードは何持ってました?」<br /> Z「サターンとプレイステーションは持ってたけど、3DOはもってなかった。それ以外は持ってないね」<br /> 豚「アットマークとか……PC-FXとか」<br /> Z「持ってない、買うやつバカだと思ってた」<br /><br /> Z「ソニーは自分でコンテンツ持ってないから、どんなとこでも出していいよってもう伝説級のクソゲーをいっぱい生み出した」<br /> Z「今でこそプレイステーションブランドみたいな言い方してるけど、今ほらPlay,Doujinがああやって頑張ってプレイステーションを出しますってやってももうあの当時のクソゲーの感じとはまた全然違う、全然用意されたちゃんと出来の良い物が作れましたっていう、そしたらあの当時のプレイステーションのときに出したかったよ。あのノリとして。そしてあの宝の山からほっぽり出されるかのように。あんまりプレイステーションブランドは感じてないんだよ、そこには。元々同人っぽいというか、インディーっぽい感じがすごいした」<br /><br /> う「初期、ジャンピングフラッシュが好きでした」<br /> Z「酔う酔う」<br /> う「衝撃的でしたね」<br /> Z「あれ酔う」<br /><br /> Z「そういう思い出深い、僕の中では最初はなんでもやりたい放題であったプレイステーションというブランドが、いつの間にか凄いいいブランドになって、そこがまた戻ってくるという。やりたい放題のほうに。これはいいねぇ、っていうところはあるかな」<br /> Z「あんまり憧れのプレイステーションに出せましたーっはないです」<br /> 豚「あなたは無いでしょう」<br /> う「やりたい放題できるプレイステーションが戻ってきたと」<br /> Z「むしろ同人で勝ち取ったってぐらいです」</p></blockquote><br /> ZUN氏とあきやまうに氏の年齢差。<br /><blockquote><p> う「僕はZUNさんと一ヶ月違いですからね」<br /> 豚「一ヶ月、後?」<br /> う「一ヶ月後なんで、学年がいっこ下」<br /> 豚「早生まれですね」<br /> Z「ほぼ一緒だね、同級生よりも近い」<br /> う「体感してるのはほぼ一緒って感じですね」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:22~ 切断と釈明。</strong><br /><br /><strong>0:28~ PS4版深秘録開発の話。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> 豚「でもPlay,Doujinが始まったときZUNさん自身が関わってたのは無かったから、そういう意味では繋がりは今までのやつより全然強い」<br /> Z「まあ黄昏さんがやりたいって言うからね」<br /> 豚「黄昏さんの中でやりたいって話になったんですか」<br /> う「気が付いたらプログラマが始めてたから」</p></blockquote><br /> 神主担当の追加ストーリーについて。 <br /><blockquote><p> Z「追加部分はもうね、だいぶほぼ出来てるよ」<br /> う「追加部分はPS4に関係ないですからね」<br /> Z「今日わりとストーリーを完成させて、出てきましたよ」<br /> 豚「例大祭のステージで発表になりましたけど、鈴仙が追加されて。鈴仙のストーリーが追加されるということはどうなるか」<br /> Z「あれ思ったより書いちゃったね、ストーリー」<br /> Z「長い上に、やりたかったことを思ったより入れてしまった」<br /> Z「やりたい放題。だけど長いのでスキップを追加させて、ぐらいは言いたい。スキップないと長いなと」<br /> う「元々できるはずなんで」<br /> Z「あれってダーっ出るだけでしょ? 早くなるでしょ? そうじゃない、バーって出て、そのバーっが長えなってことになりかねないの」<br /> う「そんなに長いんですか」<br /> Z「長いの、多分」<br /> Z「めっちゃ長いんだよね」<br /><br /> う「あと音楽追加せざるを得ないような仕様に、シナリオになっちゃったから」<br /> Z「すっげえ豪華」<br /><br /> Z「単純にストーリーが一個増えただけって言うよりはもっと凄いなってぐらいのことを、ですよ」<br /> う「音楽それなりに追加します。しないとまずい」<br /> 豚「つまりそんな音楽が必要になるようないろんなシーンがあるってことですね、つまり?」<br /> Z「まあまあ、まあまあまあ、普通のゲームでは出来ないようなことですよ」<br /> Z「普通のゲームでやったら色んな所から怒られる」<br /> Z「ソニーからも怒られる。ソニーに、こちらが物を見せて『いいですか?』ってことがないってことが凄いよね」<br /> う「なんかアレで問題になるようなこと何かありましたっけ?」<br /> Z「ソニーはあんなことではダメとは言わないかもしれないけど、本当にクオリティコントロールしたかったらそういうのダメかもしんない」<br /> Z「それくらい、単純に追加したとかじゃないよってことだよね」<br /> Z「もやもやするというか、ああもうなんかすげえぶっ飛んでるなと」<br /> Z「ボリュームを大量に追加するとかではないんだけど、まあちゃんと1キャラ増える以上の…ことはあるかな」<br /> う「なんか戦闘の部分もなんか、ストーリーの部分のやつは、新規の部分はなんか新しいパターンというか、攻撃パターンもなんかやってるっぽいですよ」<br /> Z「追加キャラっていうか、鈴仙はまぁあの深秘録が終わって紺珠伝が終わって、その後の戦いだからまったく同じシステムってわけにはいかないんだよ」<br /><br /> Z「恵まれてるよね、鈴仙だけ」<br /> う「それは色々特殊にしないと」<br /> <br /> Z「ぜひ買ってくださいって多分ソニー的には言えって話なんだろうけど、僕としてはまあどうでもいい」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:43~ 雑談。</strong><br /><blockquote><p> ピンサロの話や新しい2軒目についてやユーストの話や酒の話。<br /><blockquote><p> Z「今日はわりとお店探し焦り気味でした」<br /> Z「この店初めて来た店だね」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:56~ 外来韋編弐の話など。</strong><br /><blockquote><p> AnimeExpoの予定の話。<br /><blockquote><p> 豚「うにさんアトランタへ行くの?」<br /> う「6月末から7月7日まで」<br /> う「ZUNさんと一緒に、一緒にではないんだけど、一緒に」<br /> う「アトランタじゃなくてロサンゼルス」</p></blockquote><br /> 外來韋編の音楽の話。<br /><blockquote><p> 豚「そしてあの例大祭で配ったチラシにはそんなこと一言も書いてなかったけど弐号にも付録のCD-ROMはあります」<br /> Z「うにさんと僕の曲が入ってるんだよね」<br /> 豚「そう、しかも対談も入ってる。対談読むとなんでその曲になったか結構わかる」<br /> う「その対談の中で曲が決まった」<br /><br /> Z「言うとしたらアレンジです。新曲ではないよ」<br /> Z「でもあまり期待されると微妙だな」<br /> Z「すげー期待された結果、なんだこれかっていうのが」<br /> Z「だったらそういう、一応期待を煽るだけは宣伝にはならないんだけど、そこまでではないよ感を出したい」<br /> う「ZUNさんが僕がアレンジした曲の原曲について、僕がちょろっと言ったのすごい気にしてた」<br /> Z「そこをちゃんと直した感じ」<br /><br /> Z「でも良い直し方してると思いますよ」<br /> Z「音楽の完成度を上げるっていうのはこういうことだっていう感じ」<br /> Z「普段ゲームを作るときなんて、音楽にかけられる時間って限られてるんだよ。一日の中でも、数時間。それで納得行かなくても終わりにするの」<br /> Z「これは終わりにしなければいけないの。ここは気になるから直そうとかやったらいつまでもゲームが完成しない」<br /><br /> Z「締め切りは三ヶ月後、で今作ってる曲は今日上げなきゃいけないのかもしれないけど、良くするために明日までやろうってなっちゃうと、これはやっぱり延びるんだよ」<br /> Z「最終的な締め切りには絶対間に合わないし、全部の曲がそうなるし、全部がそうなってしまう。というのがまあ僕の中の残酷なゲーム哲学なわけ」<br /> Z「それをアレンジなんかのときに直せるのはちょっと幸せ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:08~ ビートまりおの音楽や結婚とかの話。</strong><br /><blockquote><p> 深秘録でのビートまりお。<br /><blockquote><p> う「まりおさんの放送で言って、あのうどんげの曲をまりおさんがやると。というところまで言ったので、公開して」<br /> Z「PS4版の深秘録の対戦モードは全部アレンジの曲で誰かが作ったんだけど、追加キャラの鈴仙の曲はビートまりおがやるんだよね」<br /><br /> Z「他の作ってる曲の中にまりおが入ると、超まりお浮くと思ってて本人が作れないんじゃないかと」<br /> Z「一応言うとボーカルダメなんだよね」<br /> Z「ボーカルなしでまりおの味が出せるかっていうと、出せるんだけどあのゲーム全体の中では合わないだろうと」<br /> Z「他の人達もゲームに合わせようと合わせてちゃんと作ってきてるから全体的には揃ってるんだよ。まりおもあそこに揃ってくるのかなあって」<br /> う「ラフ的なのは来たんですよ、でラフ的なの普通に聞いてたらんーフゥ!とか入ってる。これはちょっとまずいかな~」</p></blockquote><br /> ビートまりおの結婚祝いに肩叩き券を作った話など。<br /><br /> モテる男ZUN。<br /><blockquote><p> Z「勘違いされると困るんですけど、すげーモテるんですよ俺は」<br /> 豚「勘違いじゃなくてモテるんじゃないの?」<br /> Z「まあどちらかというと、結婚してからのほうがモテる気がする」<br /> Z「男に対してもそうですけど、人にモテる」</p></blockquote><br /> ビートまりおの音楽性。<br /><blockquote><p> Z「まりおの話を振ったときに、全く音楽性の話が出てこないのはどうなんだ」<br /> Z「まりおの音楽は、他の全部いろんな人やってる中ではすごい浮くんだよ。浮くっていうことは才能がある」<br /> Z「なんて言えばいいのあの…軽さ」<br /> Z「ノリに対する軽さ。キャッチさ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:25~ 音楽アレンジの話。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「なんかね…アレの良さがわからないよ。アレンジをしなきゃいけない良さがが分からなくてさ」<br /> Z「僕はアレンジされた曲を聴いてもすごく楽しいんですけど、アレがまあ楽しいんだけど、必須だと思ってないところはあるから」<br /> Z「あればあれで楽しい。嗜好品に近い」<br /> Z「アレンジはしてないけど昔はコピーやったりしたな」<br /> Z「音楽のコピーをね」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「5月にオーケストラやったでしょ? ああいうオーケストラやったことによって、ちゃんと曲にできるってわかるじゃん」<br /> Z「あれは僕の中では満足」<br /> Z「僕の音楽は間違ってない」<br /> Z「音楽家の人間たちは、ちょっとおかしい部分を正そうとするじゃない? そうじゃない、否定しようとする」<br /> Z「むしろここがあるからダメだと。ということは有ると思うの」<br /> Z「作ってる側的には、わかんない。関係ない。知識もないからよくわからないけど、こういうことはしてしまうの」<br /> Z「してしまうことに対して否定しないでよっていうのは思う」<br /> Z「もちろん今は否定してないですけど、その…結構最初の頃はそんなイメージがついてたの。アレンジする人たちから駄目だしされるけど、そうじゃないと思うんだったの」<br /> 豚「今はだからそういう昔のなんか音楽的におかしいから俺達がこうしてやっておきました、みたいなアレンジじゃなくなってきたってことでしょう」<br /> Z「昔のアレンジの人たちは無言で否定してたんだな」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「東方の曲をアレンジしようと思っても、そのパートはこの音じゃなきゃダメなんじゃないかって思うようになってきて、なかなかただその音を弾いて歌詞載せてっていうわけにはいかなくなった、ってことを(石鹸屋)は言ってる」<br /> 豚「だんだんあなたの曲が純化されてったってことでしょ」<br /> Z「純化ではない。複雑にはなってる」<br /> Z「一応そのじわじわと完成度高めて、僕の言い方になるけど完成度高めていってるんですけど」<br /> Z「メロディとコードだけじゃなくなってきてるんじゃないかと」<br /> Z「アレンジしづらくなってるのかもしれない」<br /> Z「そもそも僕アレンジされるために曲作ったわけじゃない」</p></blockquote><br /> 輝く針の小人族についてなど。<br /><blockquote><p> Z「針妙丸の曲に関しては、メロディの部分とリズムの部分が融合してるんだよ。あれは僕が意図したことじゃないんだよね。作ってる途中に」<br /> Z「途中でっていうか結果がそうなったんだよ」<br /> Z「ダッダダ、ダッダダってずっとやってるのに、どっちかというとその、大きい物が出てくると見せかけてちょっと躓いて、小さいものが出てくるようなイメージなんだよ」<br /> う「あ最初のところね」<br /> Z「その、ドンドンドンって出てくるところからちょっと、どんどんと何か出てくるのかなって感じから、それから普通にメロディやって最終的にリズムがメロディに喰われるわけだよ」<br /> Z「あれメインのメロディってわかりづらいんだよね。メインのメロディはいわゆるドンドンというメロディなんだけど、あれはあの曲の本体ではないんだよ」<br /> Z「今回はずーっと最初からきたイントロのリズム。最後そこに喰われるんだよ、サビのところで。あれやりたかった」<br /> Z「技術的に解説するならそんな感じ。それは作ってる時には僕にはわからないんだよ」<br /> Z「あの曲とかアレンジしづらいから、そうだよね…アレンジとかあんま聴いてないや。アレンジしてる人いないんじゃないあんまり」<br /> Z「ピュアヒューリーズとかアレンジしやすいと僕は思いますよ」<br /> Z「ピュアだから。あれはかなりメロディ分かりやすい」</p></blockquote><br /> 他RPGの曲を作りたいあきやまうに氏の話など。</p></blockquote><br /><strong>1:44~ 職人を目指すZUN。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> う「ZUNさん的には他のジャンルのやつを作ってみたいとかそういうのは」<br /> Z「これ言うと保守的に思われるかもしれないけど、今自分がやってることを突き詰めないと他の人と勝負ができないような気がするんだよね」<br /> Z「自分でしか作れないものをとにかく作りたいわけだよ」<br /><br /> Z「とにかく自分でしか出来ないことを突き詰めていかないと勿体無い気がするのね」<br /> Z「僕にはここまで来て、東方とかやってきて、ちょっと新しいこと始めましたって、東方とは別にこういうのやって……ちょっとその、どれをDisろうかなって。僕こういうことやりましたっていうのやることをみんなが望んでるのかなって思うとさ、望んでるかもしれない。やれやれ嬉しいかもしれないけど、僕はとんでもないことしてるんじゃないかと思うの。究極言って東方このまま突き詰めたほうがいいのかな、僕がずっと嫌ってた職人になるのがいいのかなって思ったの」</p></blockquote><br /> 次はPNを隠して出すか、という話について。<br /><blockquote><p> Z「僕名前隠すほど恥ずかしいことはない」<br /> Z「関係ない場所に行っちゃうことが恥ずかしい。自分の今、何? ファンに縛られて、じゃあもう作れないから別の名前で出しましたってこと自体が恥ずかしい」<br /> Z「縛られないね。そういう人が言ってる作れないものが作品があろうが関係なく新しいものを出せますよ。それが僕の考え方」<br /> Z「東方に縛られたらビール作れないでしょ? ビール作れるよ。作る作る。だからこれからなんでもできるよ。居酒屋だってやれる」<br /> Z「自分のやりたいことさえできればいい。東方の名に縛られてできないんだったら、元々僕がやりたくなければ、やんなくてもいいようなこと」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:51~ 燕石博物誌の話。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> 豚「だってさ、今までのあの秘封の二人のCDの名前冠してるくせに滅茶滅茶明るい」<br /> Z「確かに明るいよね」<br /> Z「そんなに暗い曲なかった気がするけど、明るい」<br /> う「ゲームで明るい曲作れないじゃないですか。それの反動とか」<br /> Z「でも明るいけど全部マイナー(調)だよ」<br /> Z「メジャーでも作ってますけど」<br /> う「たまに。すっごいたまに」<br /><br /> 豚「すっごい明るくて」<br /> Z「未来を感じるよね」</p></blockquote><br /> マスタリングの話。<br /><blockquote><p> う「萃夢想のときはマスタリングしてないですからね。すら!」<br /> う「あれまだ売ってて恥ずかしい…全部直したい」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:03~ 締め。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「これはどうですか、臥龍梅」<br /> Z「これはあの…茨歌仙でこのネタ出した気がしますけど、臥龍梅の純米吟醸」</p></blockquote><br /> あきやまうに氏との音楽話について。<br /><blockquote><p> う「こんな話をするのはほんと最近ですよね。一年前ぐらいからやっと。音楽の話、音楽の話するの。今まで何にも話さなかった」<br /> Z「音楽の話って僕もそんなにしないなぁ。音楽の話に関して他の人と話することがほとんどないんだよ。ないなぁ。今でも少ないです。まぁ音楽以外も少ないです」<br /> Z「音楽だろうが絵だろうがプログラムだろうが、そんな話をすることはほぼないです。技術的な話はあんましない」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:08 録画終了(実際の放送は22時13分頃まであった。つまり11分ほど短いが録画分はここで終わり)</strong><br /><br /><br />
20

『Play,Doujin:Meeting EXTRA // 秋例大祭お疲れ様でした』のメモ

http://live.nicovideo.jp/watch/lv279677176【公式放送】『Play,Doujin:Meeting EXTRA // 秋例大祭お疲れ様でした』【突発ゲリラ放送】2016/10/22(土) 19:57開場 20:00開演【参加者】Z=ZUNJ=JYUNYAゆ=ゆろう=あきやまうに伊=SIE伊藤他(敬称略)0:00~ 放送開始。 秋季例大祭の振り返りなど。ZUN氏は食事中でまだいない。0:07~ ZUN氏登場、乾杯。東方MEGANEコレクション、妖々夢スコアタの話など秋季例大祭の振り返... <a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv279677176" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv279677176">http://live.nicovideo.jp/watch/lv279677176</a><br />【公式放送】『Play,Doujin:Meeting EXTRA // 秋例大祭お疲れ様でした』【突発ゲリラ放送】<br />2016/10/22(土) 19:57開場 20:00開演<br /><br />【参加者】<br />Z=ZUN<br />J=JYUNYA<br />ゆ=ゆろ<br />う=あきやまうに<br />伊=SIE伊藤<br />他<br />(敬称略)<br /><br /><strong>0:00~ 放送開始。</strong><br /><blockquote><p> 秋季例大祭の振り返りなど。<br />ZUN氏は食事中でまだいない。</p></blockquote><br /><strong>0:07~ ZUN氏登場、乾杯。</strong><br /><blockquote><p><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-23_16-47-57_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-23_16-47-57_No-00s.png" alt="playdoujin03" border="0" width="400" height="225" /></a><br />東方MEGANEコレクション、妖々夢スコアタの話など秋季例大祭の振り返り。<br /><br /> 優勝賞品のサインつき妖々夢について。<br /><blockquote><p> Z「あれってなんかもう前回の例大祭のときに書いたから日付が前回の例大祭のときだったと思うんだよ」<br /> Z「そんときにそれやるよって言って、それ用にもう書いてた」<br /> Z「だから僕がいなくてそれ渡してた」<br /> J「じゃあ実はもう来年用に書いてたりとか……」<br /> Z「来年何やるか決まってないってさすがに」<br /> J「それじゃあ妖々夢は春ぐらいのうちに決まってたんですね」<br /> Z「そうそうそう、春ぐらいから決まってるんじゃん。5月ぐらいに」</p></blockquote><br /> 親子連れについてなど。<br /><blockquote><p> Z「即売会って親子で来るには微妙なところ多いじゃん」<br /> Z「そうするとステージがある部分とか、企業ブースあたりは基本健全だし変なものもない。そうすると親も安心できるし、まああるべき形になってきてるなと」<br /><br /> Z「華やかな方から、年を取ってくるとどんどんその何もない、一見何も無さそうな人混みに入っていく」<br /></p></blockquote><br /> 台湾について。<br /><blockquote><p> Z「台湾何度か行ったけど、行く度に綺麗になってる」<br /> J「そんなに汚いんですか町並みが」<br /> Z「汚いというか、なんか駅前にすごい東方のコピー品とかいっぱい置いてた」 <br /> J「そういう意味!?」<br /> Z「駅前で買えなくなるとか」<br /> J「そうなんだ、それはちょっと楽しみにしてたのに」<br /> ゆ「雑然とした感じのところに行くのが楽しそう」<br /> J「アジアな感じがねぇ」<br /> Z「それがどんどんと今無くなってるんだよ」<br /><br /> Z「そういうなんかコピー品、いわゆる海賊版があるようなところで見てて」<br /> Z「ああいうところのやつ売ってるよって……「ZUNさんですか?」って」</p></blockquote><br /> アメリカ人の送ってきたビールを飲む。<br /><blockquote><p> Z「皆さんの中に空手家はいませんか。パァンって。ビール瓶切り!」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:27~ PS4版『東方深秘録』の特典紹介など。</strong><br /><blockquote><p> 特典サントラについて。<br /><blockquote><p> う「特典……最初に聴くべきじゃない。開けないで」<br /> Z「プレイしてからだよね。プレイしてから聞かないと多分面白くないと思うな」<br /> う「曲名を見ないでほしい」<br /> Z「遊んだらすごく面白いかもしれないのに、それを損なうかもしれないね、それだと」</p></blockquote><br /> 店舗特典一覧ページ→<a href="http://www.tasofro.net/touhou145ps4/shop.html" target="_blank" title="http://www.tasofro.net/touhou145ps4/shop.html">http://www.tasofro.net/touhou145ps4/shop.html</a><br /> 缶バッヂに興味を示す神主など。<br /><blockquote><p> Z「44cmの缶バッチ重たいよ。盾だよ盾」<br /> J「キャプテンアメリカの」<br /> Z「ラウンドシールドだよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:54~ 『東方紅舞闘V』のPR。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「バグは悪ではなく、有るものなんですよ。自然だよ自然、バグがある方が」</p></blockquote><br /> PSVRの話や神主含む紅舞闘プレイなど。<br /><blockquote><p> Z「(紅魔館の門前ステージ)外あの、クッパ城みたいになってる」<br /> ゆ「マリオカートのね」<br /><br /> ゆ「フランドールとかのときだけは、さっきの湖とか全部夜のステージに切り替わるという」<br /> J「わざわざ二種類作ったの?」<br /> Z「緋想天のときにやりましたよ。緋想天のときというか萃夢想のときにやった」<br /> Z「夜しか存在しない、レミリアを使うと」<br /> う「時系列あったから」<br /> Z「対戦でも夜しか出ないんだよね」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:26~ 『不思議の幻想郷TODR』のDLC特典紹介など。</strong><br /><br /><strong>1:35~ PS4版『東方深秘録』試遊版プレイ。</strong><br /><blockquote><p><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-23_19-40-52_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-23_19-40-52_No-00s.png" alt="playdoujin02" border="0" width="400" height="226" /></a><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">うどんげ登場 <a href="https://t.co/CAQzJmfiu6">pic.twitter.com/CAQzJmfiu6</a></p>&mdash; 無 (@enjou_7743) <a href="https://twitter.com/enjou_7743/status/789873241699393536">2016年10月22日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-conversation="none" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">うどんげ勝利1 <a href="https://t.co/1m2dM8o6zj">pic.twitter.com/1m2dM8o6zj</a></p>&mdash; 無 (@enjou_7743) <a href="https://twitter.com/enjou_7743/status/789873461648699392">2016年10月22日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-conversation="none" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">うどんげ勝利2 <a href="https://t.co/4odS0WwBs1">pic.twitter.com/4odS0WwBs1</a></p>&mdash; 無 (@enjou_7743) <a href="https://twitter.com/enjou_7743/status/789873592112599040">2016年10月22日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-conversation="none" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">うどんげ怪ラストワード <a href="https://t.co/XKye7SA4Jm">pic.twitter.com/XKye7SA4Jm</a></p>&mdash; 無 (@enjou_7743) <a href="https://twitter.com/enjou_7743/status/789874877847080960">2016年10月22日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br />うどんげ雑感。<br /> <blockquote><p>J「なんかやっぱりテクいキャラになっちゃったっていうか」<br /> Z「全然あの、緋想天のときに比べれば普通のキャラクターじゃねえの」<br /><br /> Z「うどんげはでもなんか、だいぶ使いやすいキャラなんじゃないの?」<br /> Z「緋想天のとき酷かったもん。最終的には良くなったけど、最初は自分がわからなくて死ぬ典型的なやつ」</p></blockquote><br />今回のZUN氏はうどんげ呼びだった。<br /> ARROGANT BASTARD ALEというビールの話題から。<br /><blockquote><p> Z「バスタード? ダムド、ダムド」<br /> ゆ「ザーザードザーザードなんだっけ」<br /> (バスタード!というジャンプ漫画の話)</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:55 SIE伊藤氏登場。</strong><br /><blockquote><p>ZUNPSの振り返り話など。<br /><blockquote><p>Z「あれはドワンゴの人と飲みに行って、三軒目で撮った写真」<br />Z「もうギリギリだったからその写真使おうぜって、今撮ろうぜって」<br />伊「ZUNさんが飲んでるところどうしても欲しいってなって、で小山田さんに頼んで」<br />Z「築地でね」<br /><br />J「カンファレンスで使うって決まってたんですか? 突然出てきてびっくりしたんですけど」<br />Z「もっとね、もっと僕の中では雑にやるつもりだったんだけど、その部分がソニー的にNGになって」<br />伊「なんかまあ一応体裁作った感じ」<br />Z「最後僕が出るってことでもっと雑にやりたかった。言ってしまえば僕出す気ないよってことやりたかった。ソニーNGが来て」<br />伊「言い方を変えたんですよね、最後ちょっと」<br />Z「興味ないよって」</p></blockquote><br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=h5qSfzoVBhU" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=h5qSfzoVBhU">https://www.youtube.com/watch?v=h5qSfzoVBhU</a><br /><blockquote><p> Z「昔のPlaystationのTVCMってもうちょっと、いわゆるその、ふざけようとしてたじゃん」<br /> Z「これも真面目にやったふざけたものだからギャグ、一周回っておかしくなってる」</p></blockquote><br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=SPmxukGsn_E" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=SPmxukGsn_E">https://www.youtube.com/watch?v=SPmxukGsn_E</a><br /> <blockquote><p>Z「でもね、この動画の一番のポイントは、ソニーのプレスカンファレンスでこの曲が流れたときに、みんな無反応だった」<br /> Z「最初は僕は出さないけどねって出そうとした。NG」<br /> 伊「ZUNさん、それはちょっとって」<br /> Z「僕は興味ないけどねって」<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-23_21-2-11_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-23_21-2-11_No-00s.png" alt="playdoujin01" border="0" width="400" height="199" /></a><br /> J「ということで今まさに余裕が出来たので」<br /> Z「違う違う、僕は出さない。そういうのはまた別だからね」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:08~ PlayDoujin今後の予定。</strong><br /><blockquote><p>11月12日土曜日に、深秘録の秋例大祭Verと同じものが秋葉原のゲーマーズで体験会をやる予定らしい。<br /><blockquote><p> J「上海アリス幻樂団さんは、デジゲー博は見に行くだけ? わかんない?」<br /> Z「(スペース)取ってないんじゃない?」<br />  「また98版とか出したりしないんですか?」<br /> Z「(それのスペースも)取ってない」<br /> Z「興味がない」</p></blockquote><br /> 12月上旬あたりにまた放送があるかも。ちゃんとした大きめの放送?<br /><blockquote><p> Z「今回は貰ったビールを開けるって体で来てるから」<br /> Z「だからただ宣伝するだけだったら来る必要ない」<br /> 伊「ZUNさんを釣るエサが必要ってことですよね?」</p></blockquote><br /> アクア代表が展示物を勝手にあげた話で。<br /><blockquote><p> Z「そういうのあげちゃダメ。もしそういうのがプレミアついたときに、今度そういうの欲しがったりしちゃうじゃん」<br /> Z「そういうのが存在すると分かったら当然偽物が出てくる」<br /> Z「そういうのはどんなにいらないものでも出しちゃいけないなってことがわかりました。だから僕はそういうことしなくなりました」<br /> Z「別にそれが何かあるわけじゃないけど、将来それをあげたことで、何か問題が起こる可能性があるんだよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:27  放送終了。</strong><br /><br /><br />
  • Date : 2016/10/23(Sun) 22:00
  • Category : Play,Doujin!
  • Comment : 0
19

東方茨歌仙 第36話「天高く神社肥ゆる秋」の感想

Febri VOL.38(2016/10/17)掲載東方茨歌仙 36話「天高く神社肥ゆる秋」一迅社が講談社の子会社となった影響も特に無く、Febriは無事に発売された。扉絵は秋の食べ物・紅葉・高く青い空といかにもと言ったものが並ぶ。その中でもとりわけ焼きとうもろこしを頬張る華扇の満面の笑みが眩しい。なぜなら今回は食が大きなウェイトを占める話だから(茨歌仙ってそんな話多くないか?)。今回は前回までの華扇の主役級の活躍はなりを潜... Febri VOL.38(2016/10/17)掲載<br />東方茨歌仙 36話「天高く神社肥ゆる秋」<br /><br /><br />一迅社が講談社の子会社となった影響も特に無く、Febriは無事に発売された。<br />扉絵は秋の食べ物・紅葉・高く青い空といかにもと言ったものが並ぶ。<br />その中でもとりわけ焼きとうもろこしを頬張る華扇の満面の笑みが眩しい。<br />なぜなら今回は食が大きなウェイトを占める話だから(茨歌仙ってそんな話多くないか?)。<br />今回は前回までの華扇の主役級の活躍はなりを潜め、いてもいなくてもそんなに変わらない程度の存在感に留まっている。<br />単行本7巻収録分の話(31話~35話)は深秘録や紺珠伝から生じた疑問の一部に一応ある程度の着地を見せたが、<br />今回からは8巻の収録分となるので話としても一区切りついたといった感じの緩いエピソードだ。<br /><br /><br /><br />博麗神社で縁日の準備を進める霊夢。<br />神社の縁日ということで背景キャラが多く登場する。東方三月精OSP13話や茨歌仙20話でテキ屋を出していた面子と概ね一緒。<br />霊夢は河童たちからショバ代を取っているらしいが、この間の鈴奈庵42話でもショバ代を取っているような話があった。<br />にとりがショバ代を払っているのも心綺楼のにとりストーリーで少し触れられていた(このときは命蓮寺相手だが)。<br />霊夢とにとりの銭ゲバコンビは、いつの間にかビジネスパートナーとして良好な関係を築いているようだ。<br />いつもは出会い頭に胸ぐら掴んだり、密かに河童の殲滅を目論まれたりと酷い扱いだったが、金が絡むとこんなものか……。<br /><br />そして縁日当日。<br />ケセランパサラン御開帳の看板が出ているが、一年前の30話に登場したアレを霊夢は忘れていなかったらしい。<br />しかし閑古鳥が泣いていて客は一人もいない。しかしさすがに今度は偽物のケセランパサランを展示しているとも思えないが。<br />そこで霊夢は誰かの妨害があると考えた。とんだ濡れ衣を着せられる白蓮さんの、ちょっと凄味を感じる笑みが結構似合ってる。<br />結局客は一人も来ず項垂れる霊夢。にとりは愛想を尽かしたかに見えたが、もっと宣伝すればいいと改善案を出してくれる。<br />何だかんだで今回は妙に仲がいい二人。<br />何気なくチラシが出て来るが、これはにとりが刷ってくれたのだろうか? そう思っておこう。<br /><br />翌日の縁日最終日。<br />十分に宣伝したと言う霊夢だがやはり客は一人も来ない。にとりに加えモブの河童も面白い……いや酷い顔だ。<br />そこになんと一人の男性が現れる。極度の空腹に襲われながらも博麗神社に辿り着く、非常にガッツのあるお兄さんであった。<br />昼とはいえ一人で、しかもいつ倒れてもおかしくない状態で里から神社までやってこれるとは、幻想郷も結構安全なのかもしれない。そういえば小鈴も一人で来てたしね。<br />やはり途中で誰かが妨害しているんじゃないかと心配する霊夢。<br />魔理沙は箒に跨って偵察に向かうが、里の男性と同様に空腹に襲われてすぐに戻ってくる。<br />たまりかねた霊夢は自分で見てくると飛び出していった。<br />その間に魔理沙が謎の顔芸を披露するが、これも何かのパロディか。<br />茨歌仙は以前にエルシャダイのパロをやった前科があるから……。<br /><br />夕暮れ時になり、撤収の時間が迫る。<br />ヤケ酒をするにとりたちをよそに、華扇が霊夢がまだ戻ってこないことに気付く。<br />探しに行くと石段を降りてすぐのところに霊夢が倒れているのを発見するが、命に別状はなかった。<br />ここで華扇が竿打(でいいのだろうか)を呼ぶのだが、深秘録には登場していたものの茨歌仙には実に21話以来の登場である。<br />こんなに凛々しくカッコイイ奴だっただろうかと驚きが隠せない。竿打はどうしても10話の少し情けない姿の印象が強い。<br /><br />倒れていた霊夢を神社に運ぶと、結局のところ霊夢も空腹に襲われたらしい。<br />そのおかげか縁日に客が来ない原因は、ヒダル神という人に抗えない飢餓感をもたらす霊の仕業であることに気が付いた。<br />ここで華扇が食べ物を要求するが、神社に来た妖怪や妖精たちにはヒダル神の影響が見られなかったことを考えると、<br />ヒダル神の影響を受けた霊夢たちと違って、華扇の空腹は普通にお腹が空いたからということになる。<br />食いしん坊仙人の面目躍如である。<br /><br />その後、わりと抽象的な除霊の儀式によって、ギャラリーの見ている中でヒダル神は除霊される。<br />華扇と並んでいるお兄さんの身長が滅法高くて目立つ。感心しているチルノとサニーが可愛い。<br />ちなみにこのとき積まれている食物の山の中にキャベツがあるのだが、幻想郷にキャベツってあるのかと思って調べたところ<br />日本に入ってきたのは1850年頃(江戸時代)らしいので一応あってもおかしくはないようだ。<br /><br />ヒダル神は退治され、縁日は後日仕切り直して行われることになった。<br />ビラ配りまでやってくれる里のお兄さん、ナイスガイである。<br />商売も上手くいって、アハハウフフと喜び合う霊夢とにとり。<br /><br />今までの関係とはうって変わって友好的な霊夢とにとりが妙に印象に残る話だった。<br />ハッピーエンドで終わったが、ヒダル神の飢餓を与える荒魂に対して、和魂が飽食をもたらしたかのような説明がされているが<br />今回の縁日はケセランパサランの御開帳でもあったので、そのおかげで丸く収まったんじゃないかなと思ったりしなくもない。<br /><br />個人的に今回の話は東方香霖堂23話『流行する神』と若干の類似性を感じた。<br />神霊の二面性に関する話も東方香霖堂25話『神社のご利益』とも重なるかもしれない。<br />神社の縁日ということもあり、もしかしたら現実の博麗神社秋季例大祭に重ねたエピソードなのかもしれない。<br />最初の方のイベントが被らないように他のイベントが配慮している様子も、なんだか秋季例大祭と紅楼夢の関係に被って見えた。<br />考え過ぎかもしれないが。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />そういえばヒダル神の元は行き倒れの霊らしいが、もしや先月の鈴奈庵で行き倒れた小鈴が化けて出たのが今回のヒダル神……なんてことは無いと思うな! 多分!<br /><br /><br />
18

博麗神社例大祭生放送~#92 秋季例大祭会場内生放送のメモ

http://live.nicovideo.jp/watch/lv278894896博麗神社例大祭生放送~#92 秋季例大祭会場内生放送2016/10/16(日) 09:57開場 10:00開演【出演】たつ(例大祭広報)ビートまりおZ=ZUN海=海原海豚北=例大祭代表北条孝宏広=メーカー広報担当他(敬称略)2:30~ ゲームの秋~PR収穫祭~開始。2:34~ バンナム(太鼓の達人)のPR。霊夢コスのスタッフを見て。 Z「ちゃんと仕事してる感じがする」 Z「プロっぽい」 他の東方キャ... <a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv278894896" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv278894896">http://live.nicovideo.jp/watch/lv278894896</a><br />博麗神社例大祭生放送~#92 秋季例大祭会場内生放送<br />2016/10/16(日) 09:57開場 10:00開演<br /><br />【出演】<br />たつ(例大祭広報)<br />ビートまりお<br />Z=ZUN<br />海=海原海豚<br />北=例大祭代表北条孝宏<br />広=メーカー広報担当<br /><br />他<br />(敬称略)<br /><br /><strong>2:30~ ゲームの秋~PR収穫祭~開始。</strong><br /><br /><strong>2:34~ バンナム(太鼓の達人)のPR。</strong><br /><blockquote><p><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-17_14-51-7_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-17_14-51-7_No-00s.png" alt="akireitai03" border="0" width="400" height="207" /></a><br />霊夢コスのスタッフを見て。<br /><blockquote><p> Z「ちゃんと仕事してる感じがする」<br /> Z「プロっぽい」<br /></p></blockquote><br /> 他の東方キャラの中に交じる蓮メリを見て。<br /><blockquote><p> Z「なんか……脈絡のないキャラがいる」<br /> 広「前の例大祭でユーザーさんからコメント貰ったんですよ、何が欲しいか、どのキャラが。人気のキャラを入れさせていただきました」<br /> Z「リクエストなんだ」</p></blockquote><br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-17_14-31-44_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-17_14-31-44_No-00s.png" alt="akireitai04" border="0" width="400" height="220" /></a><br /><blockquote><p>Z「誰も突っ込まなかったけど、雷鼓がいるのね。この並びの中に雷鼓がいるのが変」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:41~ KONAMI(SOUNDVOLTEX)のPR。</strong><br /><br /><strong>2:50~ セガ(maimi)のPR。</strong><br /><br /><strong>2:58~ タイトー(グルーヴコースター)のPR。</strong><br /><blockquote><p> 3面ボスを集めた企画の話で。<br /><blockquote><p> Z「マイナーな感じがするねぇ。~(不明瞭)」</p></blockquote><br /> 他グルコスの道中や弾幕の再現に関する話など。<br /><blockquote><p> Z「みんな仲良さそうに見えても競争心凄いね。我こそは我こそはって感じが凄いです」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>3:08~ Play,DoujinのPR。</strong><br /><blockquote><p> クリスマス商戦発売の話で親にお願いするような話で。<br /><blockquote><p> Z「みんな買う人そういう年かな……」<br /> Z「みんな絶対チュンソフトのやつ買ってくるよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>3:12~ PS4版『東方深秘録』のPR。</strong><br /><blockquote><p><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-17_15-25-10_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-17_15-25-10_No-00s.png" alt="akireitai02" border="0" width="400" height="204" /></a><br /><blockquote><p> Z「これジャケットも初公開ですか?」<br /> 海「前にも一回公開しましたね」<br /> Z「頑張って僕作りましたよ」<br /><br /> Z「まだ僕そんなに完成版触れてないからな」<br /> Z「あの……ただの移植じゃない感じがするので、まあまあ面白いんじゃないかと」</p></blockquote><br /> 今日のZUN氏は鈴仙呼びだったとかそんな感じ。</p></blockquote><br /><strong>3:17~ 締めの全員集合。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「最初に例大祭に企業ブースで音ゲーが来るって聞いたときに、例大祭側が無茶してるなあって思ったんですよ」<br /> Z「最初やったときに異様にスペースあって、え大丈夫これって思ったんですけど」<br /> Z「今見ると結構ね、特に秋季例大祭はこれ目当てで来てる人も多いですし、ただの即売会を超えてなんかすげー面白いイベントになってるなって」<br /> Z「だってぐらい例大祭ぐらいしかお酒飲めないもん」</p></blockquote></p></blockquote><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">今日は秋の例大祭です! ステージありがとうございました! <a href="https://t.co/9nP2704rag">pic.twitter.com/9nP2704rag</a></p>— 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/787530273982287872">2016年10月16日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><strong>3:20 コーナー終了。</strong><br /><br /><strong>5:12~ 妖々夢スコアタ表彰式。</strong><br /><blockquote><p> 優勝賞品授与など。</p></blockquote><br /><strong>5:20~ 閉会前トークショー。</strong><br /><blockquote><p><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-17_17-30-40_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-17_17-30-40_No-00s.png" alt="akireitai01" border="0" width="400" height="203" /></a><br />コミケット共同代表市川氏、是空とおる氏、例大祭代表北条氏などが登壇。<br /> 神主は15歳以下の挙手アンケートを希望した。<br /><br /> イベントの感想。<br /><blockquote><p> Z「だいぶこの秋の例大祭は即売会の域を越えてなんかお祭りっぽくなってますね。文字通り例大祭というか」<br /> Z「こういうステージ有りの、試遊台コーナーありの、屋台が出てたり、車入れたり面白いですよね」<br /> Z「こういうの見ると、なるほどだから本を始発から並んで目当ての本だけ買って買えるイベントじゃなくなってきたんだなと」<br /> Z「僕の中ではオタクのイベントもリア充化してるなと。面白くなってるなと、思うような。こう特に秋の例大祭は僕はこれ二回目ですけど、春のときよりも強く感じます」<br /> 北「そうですね。一応そういう心がけはしてます。どちらかというとほんとファン感謝祭みたいな位置付けでやってもらってるんで」<br /> Z「面白い時代になりましたね。お祭り」<br /> Z「やっぱ本を買うだけがイベントじゃないよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>5:30  ZUN氏降壇。</strong><br /><br /><br />
17

東方project 20周年飲み会 ~20リットルのお酒と音楽とゲームがあるよ~のメモ(後編)

http://live.nicovideo.jp/watch/lv237790291東方project 20周年飲み会 ~20リットルのお酒と音楽とゲームがあるよ~【闘TV】2015/10/17(土) 15:00~23:00【出演】Z=ZUN小=小此木ま=ビートまりお伴=伴龍一郎う=あきやまうに海=海原海豚是=是空とおる【ゲスト】豚乙女 COOL&CREATE 石鹸屋 Silver Forest A-One IOSYS Alstroemeria Records ALiCE'S EMOTiON SOUND HOLIC & ZYTOKINE 黄昏フロンティア 【ゲーム実況者】大=... <a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv237790291" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv237790291">http://live.nicovideo.jp/watch/lv237790291</a><br />東方project 20周年飲み会 ~20リットルのお酒と音楽とゲームがあるよ~【闘TV】<br />2015/10/17(土) 15:00~23:00<br /><br />【出演】<br />Z=ZUN<br />小=小此木<br />ま=ビートまりお<br />伴=伴龍一郎<br />う=あきやまうに<br />海=海原海豚<br />是=是空とおる<br /><br />【ゲスト】<br />豚乙女 <br />COOL&CREATE <br />石鹸屋 <br />Silver Forest <br />A-One <br />IOSYS <br />Alstroemeria Records <br />ALiCE'S EMOTiON <br />SOUND HOLIC & ZYTOKINE <br />黄昏フロンティア <br /><br />【ゲーム実況者】<br />大=いい大人達<br />猫=猫マグロ<br />愛の戦士<br />(敬称略)<br /><br /><span style="font-size:large;">第二部 ゲーム実況パート</span><br /><br /><strong>3:21~ 第二部開始。</strong><br /><blockquote><p> いい大人たちによる『東方幻想郷』プレイ。<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-11_22-38-13_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-11_22-38-13_No-00s.png" alt="20syunen06" border="0" width="400" height="225" /></a><br /><blockquote><p> 是「今日実況してもらうゲームでございますが、こちらが東方靈異伝でございまして……」<br /> Z「違うんだよ、靈異伝が嫌だから変えてもらった」<br /> Z「だから東方幻想郷になったの」<br /> Z「靈異伝はグダグダになるから」<br /> 是「なるほど、ブロック崩しはしないと」<br /> Z「幻想郷にしましょう。幻想郷のほうがやってて盛り上がるから」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「Extraでもいいよ」<br /> Z「幻想郷のExtra超難しいから」<br /> Z「難易度何でやってんの? Normalなんだよね?」<br /> Z「Normalでいいよ簡単だよ多分クリアできるよ」<br />  「これ絵誰が描いてるの?」<br /> Z「じゃとりあえず始めようか」<br /> ま「言及を避けた!」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 大「これサブウェポン選べるんですよね。これどちらかオススメとかあります?」<br /> Z「まーね、ワイドのほうが全然楽」<br /> Z「多分楽じゃないけどワイドのほうが楽です」<br /><br /> 是「怒首領蜂とか楽勝って感じで」<br /> 大「あー、あれとかもいいですよね」<br /> Z「あれのゲームに慣れてる人が遊ぶようなゲームですから」</p></blockquote><br /> STAGE1・中ボスにて。<br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-11_22-56-11_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-11_22-56-11_No-00s.png" alt="20syunen05" border="0" width="400" height="260" /></a><br /><blockquote><p> Z「中ボス出るタイミングで曲変えてるじゃん。こういうことやってたんだなーって思っちゃう」<br /> Z「そのとき(1997年)にはPC-98でこんだけ音出せるのはなかったぐらいなんだから」<br /> 是「ちなみに今と同じようにSHIFTを押すと低速になるとコメントがありましたが」<br /> Z「これ(低速移動)パッドではないから、キーボードプレイする人用なんだよ元々」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 大「会話のシーンとかどうしましょうか」<br /> Z「どうでもいいよ、飛ばして」<br /> Z「こんなの飛ばしちゃえばいいんです」<br /><br /> Z「実際ワイド使いにくいけどね」</p></blockquote><br /> STAGE2開始時。<br /><blockquote><p> 是「タイトルと英文の出る辺りがZUNさんっぽい」<br /> Z「あんまり変わってないよ」</p></blockquote><br /> STAGE2の中盤にて。<br /><blockquote><p> Z「ここ(STGAE2)の曲の変わりが熱いんだって。ここだよ、ここ! こっからね熱いんだけど、僕だけなんだよ熱いの」<br /> Z「超無駄に盛り上げてる感じがすごい」<br /> 是「これ音源どれくらい使えてるの」<br /> Z「効果音を除いてるから、ひとつ減らして作ってる」<br /> Z「やっぱ幺樂団の歴史とかでは効果音分の音源使ってるからちょっと幅があるんだけど低音の使ってるやつはそこまでじゃない」<br /> Z「これは完全にテキストでMMLで書いてる」</p></blockquote><br /> STAGE2BOSS・くるみ戦にて。<br /><blockquote><p> Z「これあれだよ、今すごい(不明瞭)攻撃してきますから」<br /> Z「いわゆる普通のSTGでは見たことのないような攻撃だからね」<br /> ま「すごいハードル上げてるね。普通じゃん」<br /> Z「今から見れば普通なんだよ」<br /> Z「こんなことなかったからね当時は。CAVEはこの後に出してるわけだし」<br /> Z「(ボム使うと)背景が変わるじゃん。これがスペルカードの流れなの。当時は背景を変えないと処理速度がおっつかなかったの」</p></blockquote><br /> STAGE3開始時。<br /><blockquote><p> Z「これが有名なBIG APPLEだよね。じゃなかったBad Apple」<br /> ま「今パチンコ屋の名前言った?」</p></blockquote><br /><blockquote><p> ま「STGの曲ってさ、その構成にあった曲を作るよね」<br /> 是「音盛り上がったりすると弾増える」<br /> Z「それはSTGでって言うか僕がそうなんだよ。全部のゲームがそうじゃないから」<br /> ま「メイドインZUNみたいなこと言ってる」</p></blockquote><br /> STAGE3中盤以降。 <br /><blockquote><p> Z「弾の数が多いのと難易度は結びつかないんだけど、これはちょっと難しくなってるんだよ。自分とこに来る弾も多いし、精度も甘いから結構避けようと思ったら難しい。ちょっと避ければいいってもんじゃないんだよ」<br /> Z「(ユーザーがいたとしたら)それは多分海賊版で遊んで…」</p></blockquote><br /> STAGE3ボス・エリー戦。<br /><blockquote><p> Z「霊夢の性格が変わってないよ」<br /> ま「ZUNさんの分身だよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「ここは避けるしかないから。ダメージ与えられないから」<br /> Z「(アンケートで既プレイが20%近くで)何年前のゲームだよ。だって売れてないもんこんなゲーム」<br /> Z「幻想郷が僕の中ではちょうどよく作ってるので」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>3:43~ 引き続きいい大人達による『不思議の幻想郷TOD』プレイ。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「これだからパクリだからね」<br /> Z「PS4はうんこって言ったから」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 大「ところでZUNさんボイスについてどう思いますか」<br /> ま「ボイスはな…ZUNさんの中で決まってると思うよ」<br /> Z「声が重要なタイミングっていうのはあるんだよね」<br />  「じゃあ今は重要じゃないと」<br /><br /> Z「これは確かにゲーム実況面白いね」</p></blockquote><br /> 布都斬りてぇのときの話。<br /><blockquote><p> J「やっていただいたんですよ!」<br /> ま「やった結果? ZUNさんは?」<br /> Z「その生放送見てくれば分かるよ、超楽しんでるから」<br /><br /> Z「今のゲームのスタートまでの長い感じダメだよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>4:08~ 愛の戦士による『幻走スカイドリフト』プレイ。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「でもこれがメイン層なんだよ、僕が思ってる。今のメイン層がここにいるんだよ」<br /><br /> Z「これ作ってる人たちはわりとプロなんで、面白いですよ」<br /><br /> Z「僕こういうストーリー書かないからね」<br /><br /> Z「近くにいる人間には負けない。揺さぶるからね口で」</p></blockquote><br /> 迷いの竹林のコースにて。<br /><blockquote><p> Z「ここ迷いの竹林だから、本当はコースがあっちゃおかしいんだ。迷ってない、まっしぐらだよ」<br /> 是「はい原作ダメ出し出ましたー」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>4:32~ 猫マグロによる『東方紅輝心』プレイ。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> 是「俺らみたいにロイヤリティも払わないで金儲けしてるんでしょ?」<br /> ま「金儲けかどうかわからないけど」<br /> Z「ロイヤリティを払って儲けてる人間もいますから」</p></blockquote><br /> チュートリアル嫌い。<br /><blockquote><p> Z「チュートリアル最近作ってる人間が病気にかかってるんだ」<br /> Z「うぜえうぜえ」</p></blockquote><br /> 公認弱キャラ。<br /><blockquote><p> 猫「ボス誰だろう、この周辺地域だったらチルノぐらいしか思いつかない…」<br /> Z「弱いよ!」</p></blockquote><br /> チュートリアル嫌いその2。<br /><blockquote><p> ま「今ってチュートリアル易しいんだね」<br /> 是「正直これくらい書かないと逆に怒られる」<br /> Z「違うんだよ、こういうのを作りたいの、作ってる人間が。こういうのが好きだから作りたいの」<br /> ま「東方こんなん無いじゃん」<br /> Z「僕面倒くさいの大嫌いだもん」<br /> ま「アマノジャクではあったよねーって」<br /> Z「やってますね…」</p></blockquote><br /> 公認雑魚キャラ。<br /><blockquote><p> 猫「なんか光の三妖精ってだいたい雑魚で湧くこと多いですよね、同人のゲームだと」<br /> Z「だから雑魚なんですよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>5:12~ ゲスト・黄昏フロンティア海原海豚氏。</strong><br /><blockquote><p><br /> 『東方深秘録』プレイ ZUN VS 色々な人たち。<br /><blockquote><p> ま「こいしこれキャラ性能弱い系?」<br /> 海「滅茶苦茶癖ありますね」<br /> Z「使ってる人間がよくわからないことになりかねない」<br /> 海「コンセプトがキャラクタが勝手に動くキャラなんで」<br /> Z「そういうこと言った結果よくわからないタイミングに技が出るという」<br /> 海「だいたいZUNさんが新キャラ作ってると、どっかで一作品無茶振りの塊みたいなキャラが出てくるんですよ」<br /> 海「萃夢想三部作だとまあ諏訪子で」</p></blockquote></p></blockquote><br /><br /><strong>5:36~ 『東方紺珠伝』プレイ。</strong><br /><blockquote><p> 当初LUNATICモード。<br /><blockquote><p> Z「早苗が一番強いよ」<br /><br /> Z「見てよこのゲーム、クソゲーだよ!」<br /><br /> Z「今までのルナティックより全然難易度高いから」<br /> Z「真なるルナティックです」</p></blockquote><br /> 妥協してNormalモード。<br /><blockquote><p> ま「ZUNさんどうなの? 通しでクリアしてるの?」<br /> Z「通しでクリアしてるよ」<br /> ま「ルナティックは?」<br /> Z「ルナティックはうんこだもん」</p></blockquote><br /> STAGE2にて。<br /><blockquote><p> Z「これは普段だったら5面だよ、場所的に」<br /> Z「基本ノーノーで来ることを強制してるゲーム」<br /> Z「中ボスは早く倒さないほうが得策。早く倒したほうが稼げるんだけどね」</p></blockquote><br /> ストロベリーダンゴについて。<br /><blockquote><p> Z「これ黒い弾がすごい見辛いから」<br /> Z「見辛いからそれに合わせた難易度ですよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>5:59 第二部終わり。</strong><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">第三部 歴史と音楽その2</span><br /><br /><strong>6:06~ 第三部開始。</strong><br /><blockquote><p> ゲスト・IOSYS登場。<br /><blockquote><p> ま「東方からスタートして、色んな所に派生していくサークルがいっぱいいるんですよ今」<br /> Z「それが僕の中では理想だよ。東方でものをつくって、作ることに自信を持ったことによって実力もついて、依頼が来て依頼を受けて、二次創作をやってもいいんだけど、そういうことやってる人間たちを僕の中では誇りに思う」<br /> Z「強いて言えば、将来盛り上がったときに昔東方やっていましたってことを言ってくれればいいなって」<br /><br /> Z「僕としては、東方以外のことやってすごい有名になった人間が自分は東方やってたってことを自慢してくれたら僕の中では幸せなの。だから外に出てもらったほうが幸せなの」 </p></blockquote><br />電波ソングについて。<br /><blockquote><p> Z「さっき電波ソングっていう感じをちょっと理解したんだけど、電波ソングってやっぱ元はエロゲーなんだよね。だからウリにするために甲高い声を作る、なんだろうこの言ってしまえばおかしいものを作ってる。そのおかしいものをウリにするっていうものは、確かにそういう文化だったんだけど、そこはほぼ全てアイドルに持っていかれてますよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>6:30~ イラスト紹介その3</strong><br /><blockquote><p> Z「みんな独自なんだよ絵が。それがいい」<br /><br /> 伴「名無しキャラの名前が知りたいです(イラストの書き文字)」<br /> Z「知らんがな」<br /> 是「付けてあげてよ、いっぱいいるじゃん」<br /><br /> Z「いい宗教作ったな…」</p></blockquote><br /><strong>6:36~ ゲスト・A-One登場。</strong><br /><blockquote><p> パロディについて。<br /><blockquote><p> Z「音楽は基本パロディしないと音楽は面白くないんだよ、これほんと思う。これはパロディなんだよ。パロディは音楽のよさのひとつなんだよね。どのくらいこの人が音楽のことを知っているかというのにパロディを使う」<br /><br /> Z「音楽っていうものは、本当に大変なんだ。本当に何でもあるから、新しい音楽なんて出せないので、人が知っていることを前提に新しいものを作ってどう感じるかを作るのが音楽なんだよ」</p></blockquote><br /> A-Oneライブ<br /><blockquote><p> 『Endress Seeker』<br /> 『Scream out!』</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>7:01~ イラスト紹介その4</strong><br /><blockquote><p> ま「ZUNさんさ、東方の二次創作でエロいのがあるのはどう思ってるの?」<br /> Z「なんで?」<br /> ま「なんかこういうのは止めてほしいなとか、もっとやってくれとかどっちなの?」<br /> Z「そういうことを言い始めると面倒くさいことになるから何も言わないんだよ」</p></blockquote><br /><strong>7:05~ ゲスト・Alstroemeria Records&ALiCE'S EMOTiON登場。</strong><br /><blockquote><p> だいたいBad Appleの話。<br /><blockquote><p> Z「そもそもなんでBad Apple!!なの?」<br /> Z「あれ曲的にはすごいシンプルな盛り上がりの曲」<br /> Z「かなりシンプルな曲なんだよ、タンタンタンと来てゲーム的にも淡々と進んでく場所であって」<br /></p></blockquote><br /> 影絵動画鑑賞。<br /><blockquote><p> ま「ZUNさんどんな気持ちであの動画見てたの?」<br /> Z「見てない」<br /><br /> Z「これ、手前味噌大好きなんですけど、これでキャラクターがわかる。キャラクターがあるからストーリーも想像つくじゃん。これが東方のいいところなんだな」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>7:24~ ゲスト・SOUND HOLIC&ZYTOKINE登場。</strong><br /><blockquote><p> PV『全人類のヒソウテンソク』鑑賞。<br /><blockquote><p> Z「昔は公式がこういうネタやってたからね」 <br /> Z「こん時はうにさんがノリノリだったから、そういう風にしたんですよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>7:38~ イラスト紹介その5</strong><br /><blockquote><p> 星の投稿イラストを見て。<br /><blockquote><p> Z「お、マニアックな人が来たよ。寅丸星」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>7:41~ SOUND HOLICライブ</strong><br /><blockquote><p>かの有名なZUNバズーカ<br /><blockquote class="twitter-tweet" data-conversation="none" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">ZUNバズーカの方 <a href="https://t.co/Jt1TR0kQN7">pic.twitter.com/Jt1TR0kQN7</a></p>&mdash; 無 (@enjou_7743) <a href="https://twitter.com/enjou_7743/status/786549162380713984">2016年10月13日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /> 『Grip&Break down!』<br /> 『Priere-プリエール-』<br /> 『しゅわスパ大作戦』</p></blockquote><br /><strong>7:48~ イラスト紹介その6</strong><br /><blockquote><p> 伴「そろそろフランちゃんは出ますかねって」<br /> Z「それは知らんがなって」</p></blockquote><br /><strong>7:51~ 今回のまとめ。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> ま「自分が大学に通ってたときに、大学の研究室でこんなに面白いゲームあるよって勧められたのが西方の秋霜玉だったんですよ」<br /> Z「後輩が作ってる」<br /> ま「あれZUNさんは曲だけですよね」<br /> Z「うん」<br /><br /> Z「あれ(秋霜玉の曲)は音楽単体でいいんだけど、ゲームと合わせてるってイメージではないんだよね」</p></blockquote><br /> ビートまりお氏と伊東ライフ氏は中学の同級生だとかそんな話も。<br /><blockquote><p>  「ZUNさんに会ったら言いたいことあったんですよ。チルノとマミゾウを産んでくれて本当にありがとうございます」<br /> Z「なにこのマニアックな感じ」</p></blockquote><br /> 他・締めの挨拶など。</p></blockquote><br /><br /><strong>8:13 放送終了。</strong><br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">長丁場の放送お疲れ様でしたー。20年も続けるとこういう事もあるんですね <a href="http://t.co/x0vNsKhnmY">pic.twitter.com/x0vNsKhnmY</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/655390009889964033">2015年10月17日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><br /><br />
16

東方project 20周年飲み会 ~20リットルのお酒と音楽とゲームがあるよ~のメモ(前編)

というわけで15:00より放送します。東方20周年飲み会です。http://t.co/K0mT8dVxcF— 博麗神主 (@korindo) 2015年10月17日http://live.nicovideo.jp/watch/lv237790291東方project 20周年飲み会 ~20リットルのお酒と音楽とゲームがあるよ~2015/10/17(土) 15:00~23:00【出演】Z=ZUNま=ビートまりお伴=伴龍一郎小=小此木う=あきやまうに海=海原海豚是=是空とおる【ゲスト】豚乙女 COOL&CREATE 石鹸屋 Silver Fores... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">というわけで15:00より放送します。東方20周年飲み会です。<a href="http://t.co/K0mT8dVxcF">http://t.co/K0mT8dVxcF</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/655255243685425152">2015年10月17日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv237790291" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/watch/lv237790291">http://live.nicovideo.jp/watch/lv237790291</a><br />東方project 20周年飲み会 ~20リットルのお酒と音楽とゲームがあるよ~<br />2015/10/17(土) 15:00~23:00<br /><br />【出演】<br />Z=ZUN<br />ま=ビートまりお<br />伴=伴龍一郎<br />小=小此木<br />う=あきやまうに<br />海=海原海豚<br />是=是空とおる<br /><br />【ゲスト】<br />豚乙女 <br />COOL&CREATE <br />石鹸屋 <br />Silver Forest <br />A-One <br />IOSYS <br />Alstroemeria Records <br />ALiCE'S EMOTiON <br />SOUND HOLIC & ZYTOKINE <br />黄昏フロンティア <br /><br />【ゲーム実況者】<br />大=いい大人達<br />猫=猫マグロ<br />愛の戦士<br />(敬称略)<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">第一部 歴史と音楽パートその1</span><br /><br /><strong>0:00 CM</strong><br /><br /><strong>0:03 放送開始。</strong><br /><blockquote><p> 放送のきっかけや番組の段取り(当初ZUN氏は不在)。<br /> 最初は20時間の企画だったが長過ぎるのでZUN氏に却下された。<br /></p></blockquote><br /><strong>0:09~ ZUN氏登場・乾杯・年表弄りなど。</strong><br /><a href="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-10_21-37-7_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2016-10-10_21-37-7_No-00s.png" alt="20syunen03" border="0" width="400" height="227" /></a><br /><blockquote><p> 創作における発想についての質問。 <br /><blockquote><p> ま「作品って自分の分身を生み出すみたいなことよく言うじゃん。どんだけZUNさんがいるんだって。数多のキャラクターを生み出してさ」<br /> ま「ZUNの欠片をみんなに分け与えて……」<br /> Z「キャラクターの分身なことはないです。作品全体が分身だとしたら、じゃあいっぱいキャラクターがいたとしても問題ないよね」<br /> ま「でもそういうアイディアとかどっから降ってくるの」<br /> Z「結構急に真面目な質問だけど、例えば最初のうちは作りたいものがあって降りてくる場合もあれば、技術でカバーする場合もある」<br /> Z「色んなこと勉強することによってようやく発想が涌いてくるという。酔う前じゃないとこういうこと言えない」<br /> Z「勉強してるんだよちゃんと」<br /> ま「勉強が必要なんだね」<br /> Z「そうそう、だいたい開発してないときはほぼ勉強でそっちのほうが重要」</p></blockquote><br /> 年表(外來韋編壱と同じもの)について。<br /><blockquote><p> Z「これ全然関係ない記事もいっぱい書いてあるよね」<br /> Z「結構なんでこれ入れたのっていうの多いんだよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:15~ ビートまりおとの馴れ初めやSTGの話。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> ま「2006年ぐらいなんですけど、フラワリングナイトってイベントでそれの打ち上げで、ZUNさん来てくださってご一緒したんですけど」<br /> ま「ZUNさんオレ、ZUNさんの作るSTG大好きなんですよーって、オレSTG大好きな人間だったんで、あーってすげえ行ったら、”僕そういうシューティング大好き人間うざいから嫌い”って」<br /> ま「”こういう人がSTGをダメにするんだ”って」<br /> Z「それはシューターはおかしな人が多いから」<br /> ま「それはちょっと分かる、自分でも分かってるんだけど」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 伴「そんな属性ではっきりしてるんですか」<br /> Z「シューターは変わった人多いよ」<br /> Z「まあ一般的にシューターって言われる人ちょっと古いけど、弾幕すごい嫌いだった人多いんだよね」<br /> Z「やりもしないのにゲームに文句言う人しかいなかった。そういうイメージなんだよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 伴「実は東方やってないんですよ」<br /> Z「問題ないですよ」<br /> ま「でもZUNさん曰くは、STG含めての東方だからSTGはやんなくてもいいんですよって」<br /> Z「僕はそのつもりだね。そもそも全員にやってもらうならあんなゲームにしない。あんなもん遊ぶわけねーだろって」<br /><br /> Z「別に遊んでもらわなくてもいい。ただ酒を奢ってもらえればね」</p></blockquote><br /> 他健康診断の話など。<br /></p></blockquote><br /><strong>0:20~ 視聴者の年齢調査アンケートなど。</strong><br /><br /><strong>0:28~ ゲスト・豚乙女登場。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> ま「ZUNさんこの辺個人的な出来事なんかないの」<br /> Z「2009年?」<br /> ま「嫁さんとどうだったとか」<br /> Z「全然……この辺変化もなく」</p></blockquote><br /> コミケ初参加はいつかという話になって。<br /><blockquote><p> Z「コミケに初参加したのは多分98年とか……かな。それまで学祭とかで出してたから、ゲームは」</p></blockquote><br /> 同人イベントでの親子連れの話から。 <br /><blockquote><p> Z「いや、コミケには連れて行かないんじゃないかな……」<br /> Z「まあまあサークルとして入っててもいいですけど」<br /> ま「自分の子供には何を求める? 将来、子供もSTG作って欲しいなみたいな」<br /> Z「ああ、そういうので言えば、偏見ない生き方をしてほしいね」<br /> Z「僕はああいうのはダメだこういうのはいいって、僕はそういうことばっかり言うから、そういうのじゃない人間になってほしい」</p></blockquote><br /><br /> 『待チ人ハ来ズ。』PV上映<br /><br /> 曲タイトルを説明した流れから。<br /><blockquote><p> Z「曲名とか忘れちゃうからな…」<br /> Z「聞いてもね、なんかこれ東方の曲だなって分かるんだけど、何の曲だかわかんないことも多くって。自分の曲だってことだけはわかる」<br /></p></blockquote><br /> 豚乙女ライブ<br /><blockquote><p> 『待チ人ハ来ズ。』<br /> 『囲い無き世は一期の月影』</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:02~ ゲスト・SilverForest登場。</strong><br /><blockquote><p>お土産のワインのコルクを抜くのに苦戦するZUN氏。<br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/gSAARW5I53">pic.twitter.com/gSAARW5I53</a></p><a href="https://twitter.com/enjou_7743/status/786489836123193344"></a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /> 『SweetLittleSister』PV上映(放送事故)<br /><br /> フワラリングナイトの思い出。<br /><blockquote><p> Z「フラワリングナイト1って新宿のロフトでやったやつ?」<br /> ま「フラワリ1ってZUNさん来てくれた?」<br /> Z「いたいたいた。奥の席で飲んでた」<br /> ま「ZUNさんフラワリ2009まで来てくれた」<br /> Z「面倒くさくなっちゃって…」<br /> ま「2010から来てくれなくなっちゃったから」<br /><br /> Z「新しくやるときは面白いんだけど、繰り返しでかくなることはあんまり面白くない」</p></blockquote><br /> 『つるぺったん』PV上映<br /><blockquote><p> Z「これはもじぴったんだよね?」<br /> ま「そういうことよくあるよ、よくある」<br /><br /> ま「東方をアレにして、グレーな……うちもやったけど」<br /> Z「パロディの文化ってすごく重要なんだよ。そこそこデザインがちょっと似てるからってこれはパクリだって言ったら(不明瞭)ないんだよね」<br /> Z「さすがにデザインでパロディっていうのは少ないかもしれないけど、音楽とかはパロディの文化なの元々。漫画もそうだし」<br /> ま「創作活動ってちょっとそういうとこあるじゃないですか」<br /> Z「むしろそれがいい。いい場所であって、例えば二次創作だって言い方をしてるわけであって」<br /> ま「東京オリンピックはアレ、どうなの? 東京オリンピック問題はZUNさんどう思ってるの?」<br /> Z「あのボツになったヤツですか? 次第にしっくりくるのかなと僕は思ってたけど」<br /> Z「何が出たって大したもんじゃないよ」</p></blockquote><br /> 突然elf(エロゲメーカー)が前日に撤退を発表した話になって。<br /><blockquote><p> Z「elf撤退するの?」<br /> ま「ZUNさん分かるの?」<br /> Z「もちろんわかるよ、全然遊んでるもん」<br /><br /> Z「大復活は切ないことになるから…あんま言わないほうがいい」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:23~ ゲスト・博麗神社例大祭代表登場。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p>お土産に博麗酒造の酒。<br /> TouhouConの話など。</p></blockquote><br /> 秋季例大祭のカタログを見て。<br /><blockquote><p> 「久しぶりに秋枝さんの感じ。ねぇ秋枝さんだよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:36~ ゲスト・編集小此木氏登場。</strong><br /><blockquote><p>外來韋編の話。<br /><blockquote><p> ま「こういうの(外來韋編)ってどのくらいかけて作るもんなんですか?」<br /> Z「結構時間かかったよね」<br /> 小「準備したのは去年の秋ぐらいから、どうしましょうねみたいな話してこういう形式がいいんじゃないみたいな」</p></blockquote><br /> 東方書籍の歴史の話など。<br /><blockquote><p> Z「東方の、特に書籍とかもいっぱいやってきたんですけど、そちらの歴史ってほぼ半分以上は小此木さんが握ってるんだよ」<br /><br /> 小「弾幕だけを集めたグリモワールオブマリサってあって」<br /> Z「あれは鳴かず飛ばずな感じだった」<br /> 小「そんなことはない…」<br /> 小「そろそろね、グリモワールオブマリサの第二弾を出したいっていうのが個人的にあります」<br /><br /> 小「2010年でようやく香霖堂が」<br /> Z「これに関しては言いたいこといっぱいあるんだけどね。時間かかったよね」<br /> 小「まあ、あんまり言わないほうがいいんじゃないか……」<br /><br /> Z「こうして見るとすごいでしょ、作家業として」<br /> Z「むしろ僕はそっちがメインじゃないかって言われてる」</p></blockquote><br /> どういう本を出したいかという質問について。<br /><blockquote><p> 小「さっきもちょっと話しましたけど、グリモワールマリサの弾幕本みたいなやつ、また魔理沙になるかわかんないですけど、は来年ぐらいに出したいね、希望ですけどね」<br /> Z「大変だって」<br /> 小「何月何月?」<br /> 小「んーまあね、コミケのときに合わせたいけど死ぬよね!」<br /> Z「死ぬ」<br /> 小「っていうのと、先程もあった外來韋編の二冊目を、んー暑くならないうちの来春」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「嫁さんの実家のお父さんが(外來韋編)買ってた」<br /> Z「一応旦那の仕事だから買ってみたいらしいですよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「実際言うとここの中での付き合いでは小此木さんが一番長い」<br /> Z「第一回の例大祭のときに仕事の依頼をしてきて、それがアンソロジーだったからうんこって言って返してから始まった」<br /> 小「スタジオがアンソロジー作る会社だったんだもん」</p></blockquote><br /> 紫香花の話。<br /><blockquote><p> 小「紫香花がそうなんじゃないですか」<br /> Z「あれも結局同人流通だけだから、どちらかというと同人ショップがグッズを作るはしりなんだよ。そこからすげーみんな味をしめちゃって」<br /> 小「多分その辺にしといたほうがいいですよ」<br /><br /> ま「アレンジがあったんですけど、ZUNさんから指定があったんですよ、タイトルがこれで、こういう曲調で作ってねアレンジャーのみなさんって」<br /> ま「俺それを貰ったときマジかーって思っちゃって」</p></blockquote><br /> 他2軒目ラジオの告知など。</p></blockquote><br /><strong>1:51~ ゲスト・黄昏フロンティア・あきやまうに氏登場。</strong><br /><blockquote><p> 黄昏フロンティアとの馴れ初め。<br /><blockquote><p> Z「一応海豚さんの話をすると、2003年ね。妖々夢発売したときに、隣だったんだよ黄昏フロンティアが。隣で売ってて、で隣の人が『へっへっへーZUNさん何か悪巧みがあるんですよーw』って言ってきたんですよ、本当に」<br /> Z「すげえ、不審者来たって」<br /> う「海豚の方がZUNさんに直接話してくるっていうのを聞いて、そこの場面見てなかったんですけど、そしたら話す内容を言ってなくて悪巧みがあるって」<br /> Z「悪巧みがあるんですけど後で会ってもらえませんか?って」<br /><br /> Z「僕2003年くらいだと、同人コミケで自分のサークルやったのが2002年からだから、全然同人の知り合いがいないわけですよ」<br /> Z「2002年のときに初めて紅魔郷出したときに、一番最初に僕のところに来た人は、黄昏さんだったの」<br /> Z「販売する前に、こういうゲーム作ってる者ですって、これ体験版が面白かったからって言って取りに来たのが黄昏さんだったから、それで覚えてたの」</p></blockquote><br /> 東方萃夢想の曲の話など。<br /><blockquote><p> ま「うにさんのさ、萃夢想あるじゃん? あれZUNさんっぽく作ったの?」<br /> う「あ、砕月?」<br /> ま「砕月とかさ、あれどういう経緯があってうにさんが曲を作ったんだろうって」<br /> う「いや、別に普通に……。あれしかもね、作った中で多分一番時間がかかってない」<br /> Z「でもそういうもんだよね」<br /> う「そういうもんです。時間かけないほうがだいたい良い曲ができます」<br /> Z「苦労した曲はいい曲じゃないんだよ」<br /> う「形にはなるけど、あんまりよくないなみたいな」<br /><br /> Z「料理だってね、調味料いっぱいかければいいわけじゃないわけですよ。サっと作ってサッと上げたちょうどいいタイミングのやつがが一番いい」<br /> う「アレ作ったときに、あれ三曲同じ時期にちょっと会話のシーンのやつに作って、でどれか一つ使ってくださいよっていう風にZUNさんに投げたら全部使われて」<br /> ま「ZUNさんチェックあったんだ?」<br /> Z「チェックじゃない。僕はあのそれぞれ曲が生かされる場所に使おうと思った」<br /> う「なんか一曲でいいのに全部使われて、僕そこから仕上げの時間がほとんど無くて」<br /> Z「あれで完成で、あれで問題ない。あのまま出していいよって」<br /> う「だからすごい酷い状態で……」<br /> Z「僕としては仮とかじゃなく、その段階で今いい場面のように使ってるからそれで面白くなるよって感覚で使ったの」</p></blockquote><br /><blockquote><p> ま「正直なこと言っていい? 黄フロフットワーク軽いって思った。すぐ東方に行ったって」<br /> う「嫌な言い方しますね」<br /> Z「あれ勘違いしてるよ。あのタイミングだって、黄昏さんから話うちに来たときサークルなんて6サークルいないくらいの状態だから、全然盛り上がってなかった」<br /> う「だって体験版が出る前に結構……妖々夢のときですよね?」 <br /> Z「うん」<br /> う「頒布のときですよね」<br /> Z「そのときに話聞いて、そっから一年半くらいかけて作ったんだっけ?」<br /> ま「ZUNさんそのときどう思ったの? 俺の作品触るんじゃねえだったのか、おっウェルカムだったのかどっち」<br /> Z「全然ウエルカムだったんだけど、だったらじゃあ自分が関わるよって。作っていいですかだったらもう勝手にしろだけど、面白いから僕がやるよって」<br /> <br /> Z「多分二次創作とかにしたかったのかもしれないけど、僕は俺にやらせろって」<br /> Z「あれは特に最初だったからっていうのもありますよね」<br /> Z「もし自分が絡むとしたら、ガッツリやらなきゃダメだと。適当に任せるのも難しい、任せる分はプロフェッショナルな分だけ任せて、自分じゃなきゃいけない部分だけ触るよって」<br /> Z「そのゲームの雰囲気全体だけは触りたいと」</p></blockquote><br /> 今にして思えば。<br /><blockquote><p> ま「今後の黄昏と上海アリスで何か考えてることはあります?」<br /> Z「あるある。あるよ」<br /> う「時期はわかんないですけど」<br /> Z「わかんないね」<br /> ま「格ゲー?」<br /> Z「デジゲー博かもしんないよ」</p></blockquote><br /> ZUN氏によるあきやまうに氏の評価。<br /><blockquote><p> Z「うにさんの曲、僕の中のいやらしい部分が超強く出てる」<br /> う「初めて聞きましたねそういうの。音楽の話しないですからね」<br /> Z「僕らしいやつを、いわゆる僕の中の物真似はだいたいいやらしく感じる、すごい感じる」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:09~ イラスト紹介その1</strong><br /><blockquote><p> ま「紅魔郷って結構不親切じゃん?」<br /> Z「今紅魔郷やると辛いね」</p></blockquote><br /><strong>2:11~ ゲスト・石鹸屋登場。</strong><br /><blockquote><p> <blockquote><p>ま「ZUNさんがタイトー社員だった頃は海老名だったんでしょ?」<br /> Z「その前もあったけどね。横浜の時代もあったし」 </p></blockquote><br /> 他東方と実況に関する話題やフラワリングナイト昔話など。</p></blockquote><br /><strong>2:35~ ゲスト・COOL&CREATE登場。</strong><br /><blockquote><p> ビートまりお東方との馴れ初めを語る。<br /><blockquote><p> ま「ZUNさんが紅魔郷作る前に、秋霜玉っていうゲーム、まあ勿論知ってますよね? ZUNさんの口から説明してもらっていいですか」<br /> Z「あれはね、後輩が作ったゲームで」<br /> ま「ZUNさんが大学のときに所属してたゲーム制作サークルですよね? それのところで作ってた東方じゃなくて……」<br /> Z「後輩が作ってたゲームなんだよ。東京電機大学」<br /> ま「理工学部のゲーム制作サークルだったZUNさんが後輩が作ったゲームにBGMつーくろってやったのが秋霜玉っていう西方Projectって」<br /> Z「もうちょっと言うとその前に、僕がその……文化祭があるじゃないですか、その前日泊まってゲーム作業してるときに、曲作ってやるよってその場で作った」<br /> Z「その場で曲作って入れて」<br /> ま「それが秋霜玉なの?」<br /> Z「秋霜玉」<br /> ま「でも秋霜玉ってすげー曲多いじゃん」<br /> Z「あれはその後に作り直したやつね」<br /><br /> ま「このゲーム、ゲームが面白ければ曲がなんてゲームミュージックしてるんだろうって」<br /> Z「あれね東方とは違う新しい曲を作ったの」<br /> Z「どちらかというと今に近い、あれがあったからああいう曲になったの」</p></blockquote><br /> なぜかアニメ化の話題が挟まる。<br /><blockquote><p> ま「ZUNさんなんでアニメやんないの?」<br /> Z「そういう話する? 長くなるよ?」<br /> Z「あえて言うとしたらなんでアニメやんなきゃいけないの?」<br /> ま「コンテンツ的に見たいじゃん、動く霊夢とか魔理沙」<br /> 是「あえて言おう、アニメやっちゃうとコンテンツ的には終わる可能性のほうが高い」<br /> ま「それは分かる」<br /> Z「アニメが目標だったらいいんだけどね」</p></blockquote><br /> C&Cのメンバーの電報を読んだ中の話題から。<br /><blockquote><p> Z「(蓬莱人形の東方怪綺談はYMOのライディーンの)完全にパロディ。みんな知ってるから分かるよね?」</p></blockquote><br /> COOL&CREATEライブ<br /><blockquote><p> 『シアワセうさぎ』<br /> 『Help me,Erinnnnnn!!』</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>3:09 イラスト紹介その2</strong><br /><blockquote><p>幽々子の投稿イラストを見て。<br /> <blockquote><p>Z「幽々子の頭のやつはドリームキャストのつもりだったから、あれ回ってなきゃいけない」<br /> 伴「あっ、そうなんだ」<br /> 是「すごいこと言うな君」<br /> Z「あれが幻想入りしたからね」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>3:13 第一部終わり。</strong><br /><br /><br />
15

2軒目から始まるラジオ第73(74)回放送のメモ

本日20時より、二軒目ラジオを放送します。今日のテーマは赴くままに、です。https://t.co/X3jRmwMMct— 博麗神主 (@korindo) 2016年9月28日2016/09/28(水)第73(74)回放送 19:40頃開始場所:今澤Z=ZUN豚(敬称略)0:00~ プレ放送開始。 Z「今日一軒目で何も話さなかった。珍しい」 豚「私の中ではこうなのかなっていうのがいくつかありますけど」 豚「何かあるでしょ?」 Z「高所恐怖症が克服されました。怖くな... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">本日20時より、二軒目ラジオを放送します。今日のテーマは赴くままに、です。<a href="https://t.co/X3jRmwMMct">https://t.co/X3jRmwMMct</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/780960958919249920">2016年9月28日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br />2016/09/28(水)第73(74)回放送 19:40頃開始<br />場所:今澤<br /><br />Z=ZUN<br />豚<br />(敬称略)<br /><br /><strong>0:00~ プレ放送開始。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「今日一軒目で何も話さなかった。珍しい」<br /> 豚「私の中ではこうなのかなっていうのがいくつかありますけど」<br /> 豚「何かあるでしょ?」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「高所恐怖症が克服されました。怖くなくなった」<br /> 豚「いつ高所恐怖症だったんです?」<br /> Z「昔からずっち高所恐怖症だったんだけど、怖くなくなっちゃった」<br /> 豚「キャラが薄くなりましたね」<br /> Z「ボーナス特性無くなったよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「子供の頃食べてた野沢菜漬けってすごくしょっぱかったんだけど、そのうち薄味になってきて」<br /> Z「今は実家帰ると野沢菜茹でておひたしにしてそのまま食べちゃう。醤油もかけずに食べちゃう、鰹節だけとかで」<br /> Z「でもそのほうがおいしい。薄味は慣れちゃう」</p></blockquote><br />他Windows10に四苦八苦した話など。</p></blockquote><br /><strong>0:20~ 本放送開始。</strong><br /><blockquote><p> 台風や秋の長雨についての話など。<br /> 最近身体が強くなってきたとかなんとか。</p></blockquote><br /><strong>0:24~ ゲームショウやPlayDoujinの話。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> 豚「ゲームショウどうでした?」<br /> Z「ゲームショウねぇ…毎年こういうこと言ってるような気がするけど、人が多いね。こんなに人多かったかなってぐらい多かった」<br /> 豚「主催者発表によると増えてる」<br /> Z「体感で増えてるね」</p></blockquote><br /> VRを有難がっているのは開発者の方みたいな話を挟む。<br /><blockquote><p> 豚「どうなんですかPlay,Doujinと言えば。ZUNさんも無関係ではない例の」<br /> Z「今まさに作業中です」<br /> 豚「ZUNさん作業終わったの?」<br /> Z「まだ。今週が締切。今日バリバリやってましたよ色々」<br /> 豚「昨日も締切のやつ一個あるとか言ってなかった?それはまた別?」<br /> Z「昨日は……今週締切が多いだけ」<br /> 豚「来週は茨歌仙あたりの締切でひとつ」<br /> Z「そうだね……」</p></blockquote><br />意味深な話題。<br /><blockquote><p> 豚「さっきお話してたことを言っちゃっていいですか? あの……パッケの話」<br /> Z「大……ん」<br /> 豚「そうでもない? まだどこでも出てないか」<br /> Z「微妙だな」<br /> 豚「やめとこう、ごめんなさい」<br /> 豚「でも感のいい例大祭の人とかは何のことかなんとなくお察しいただいて。まあ色々頑張って進んでるってことです」<br /> Z「どこまで話していいかわからないから、そういうときは基本話さないってスタイルでいきますよ」<br /> Z「でも発売日がPS4版は12月8日って発表しちゃってるので、それには間に合うんじゃない?」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「まさか東方とクリスマス商戦が重なるとは」<br /> Z「クリスマスプレゼントとかない」<br /> 豚「買ってあげればいいじゃないですかあなたが」<br /> Z「対象年齢少し高い、CERO的には」<br /> 豚「残酷表現が?」<br /> Z「クリスマスプレゼントで買うようなやつじゃない」<br /> 豚「大きなお友達だってほしい」<br /> Z「大きなお友達は誰からプレゼント貰うんだい?」<br /> 豚「自分で」<br /> Z「それクリスマス商戦関係ねえよ。勝手に買えばいい」<br /><br /> Z「今の時代クリスマスにゲーム買ってもらいたいのっているのかな」<br /> 豚「あんまり実感ないですか」<br /> Z「自分の子供が? まあピンとこないなあ」<br /> 豚「ZUNさんは子供が大きくなったらクリスマスにゲーム欲しいって」<br /> Z「言われたら買うかもしれない。ゲームの内容によってはダメって言うかもしれない」<br /> 豚「こんなクソゲーやめなさいって?」<br /> Z「それは面白くない、こっちのほうがいいと思いますって」<br /> 豚「面倒くさいな」<br /> Z「これは元作品こっちだからこっちやったほうがいい」<br /> 豚「そんな……パクリ元みたいなやつを」<br /> Z「友達みんなこれ持ってんだもん!って、でもそれはパチもんだから……面倒臭いな」<br /> Z「そんなこと絶対言わない。僕はそういう性格じゃない。嫌な人間……」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:33~ ZUNビール関係の話。 </strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> 豚「ビールの打ち合わせしたらしいですね?」<br /> Z「ああ、はいはいしちゃった。あれ急にツイートしてビックリしたでしょう?」<br /> Z「あれ伴さんがしちゃっていいっすよって言うから、する気なかったのに宣伝としてするハメになった」<br /> Z「まだ超会議次のやつ発表とかしてないけど、企画もやるかどうかわからないけど」<br /><br /> 豚「よくわからないけど伴さんにひたすらタダ働きさせられてる」<br /> Z「もしかしたら次の超会議のときに伴さんから話行くかもしれないよ?」<br /> 豚「えー何を? 売り子すんの?」<br /> Z「打ち合わせのときに小此木さんの名前がちょくちょく出る」<br /> 豚「えーマジで? まったくそんなことおくびにも出してなかったのに今言う?」</p></blockquote><br />0:38 切断再開<br /><br />ZUNビールの担当が龍道氏(博麗神社例大祭初代代表)になる数奇な運命。<br /><blockquote><p> Z「ZUNビールの担当がちょくちょく変わるんだよ」<br /> 豚「現場担当的な? それドワンゴでいるんですか伴さんじゃなくて?」<br /> Z「いるの。元々いた。最初は斎藤くんだった」<br /> Z「ちょくちょくね、ZUNビールで腕を上げると卒業する。なんかZUNビールはそういう扱いになってるらしくて」<br /> 豚「ちょっとZUNビールで腕を上げるの意味がよく分からないんですけど」<br /> Z「絶対失敗しないから。安牌企画なんだよ」<br /><br /> Z「今回の担当がさ、これ言っていいかどうかわからないんだけどさ」<br /> 豚「前の話題はだいぶ慎重だったのに、こっちはすげえ」<br /> Z「多分ドワンゴのノリだったら大丈夫だと思うんだけど、今回の担当はさ……龍道。面白くない?」<br /> (一同爆笑)<br /> 豚「それ色んな意味で言っていいの?」</p></blockquote><br /> 他20周年記念放送のZUNバズーカ秘話など。</p></blockquote><br /><strong>0:59~ LINEスタンプにまつわる話。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「スタンプの話ししたけど、スタンプねえ……次なんかこういうのあったらいいなあっていうのがあるのかな」<br /> Z「もちろん僕の絵のスタンプはまだ作らない。まあ今は作らないけど」<br /> 豚「おっ、色々含みが。じゃあZUNさんの顔のスタンプは? ガッツポーズしてるやつとかさ、ガってしたら酒蔵の酒がなくなるんでしょ、アンサイクロペディアね」</p></blockquote><br />白々しくも煽りキャラを否定するZUN氏。<br /><blockquote><p> Z「もうちょっと色んなキャラクター出せるようになると思うので、霊夢と魔理沙は今回多くしたけどあれは東方として」<br /> Z「それ以外でもガンガン……でもゲームの台詞とか出しても正直使い物にならない」<br /> 豚「今重要な情報でましたね」<br /> Z「もちろん使いやすい台詞だったらいいけど、そういう決め台詞みたいなのだいたい使えないんだよ」<br /> 豚「今あるやつで使われてる決め台詞そーなのかーぐらいですよ」<br /> Z「使わないんだよああいうの」<br /> 豚「もっと煽りたい?」<br /> Z「煽らない。LINE使ってれば分かるけど他人を煽ることはしない、普通は」<br /> 豚「……えっ!?」<br /> 豚「煽るスタイルじゃございませんか?」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「正直使われなくたっていいんだけどね」<br /> Z「それでもせっかく作るんだったら、使ってくれる人がいたほうがいいじゃんっていうのがある」<br /> Z「限定的過ぎる、ネタすぎるのはやっぱり使われないんだよね。そういうのちょっと入れてもいいかなとは思う」<br /> Z「こういうの考えるの面白い。実際やってみて、出来てああ違ったと思うところも楽しい」<br /> 豚「やっぱり結構試行錯誤必要ですよね」<br /> Z「完成をいきなり出せないから、やっぱり考えるだけ考えて失敗する、考えた結果失敗するのが楽しい」<br /> Z「リスクなく出せるっていいな。失敗したら命取られるレベルなら出せないけど」<br /> 豚「冒険できない」<br /> Z「これにかかってますっていうの重たくなるのでやめてほしいね」<br /> Z「LINEスタンプとかそういうんじゃないところでネタ考えるのっていいなって」<br /><br /> Z「お待ちしておりましたっていうのはいいね。鈴湖出すかどうかわからないけど」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「東方のやつら裏ありそうなのばっかりだもん」<br /> Z「変なこと言うよね」<br /> 豚「まあ雑魚っぽいキャラ出しておけば売らないかなって。それで絵がちょっと煽ってる感じのだったりするとなんかやっぱり裏があるんじゃないかって」<br /><br /> Z「パチュリーのそこまでよがほしい、二次創作だけどそういうのいいね」<br /> 豚「確かにね、魔理沙の借りてくぜがもうあるからね」</p></blockquote><br />原作ネタはLINEスタンプには不適当か。<br /><blockquote><p> Z「最後の方キャラクターの台詞が入ってるやつは使うことはあまり想定してない」<br /> Z「使う人が考えて使ってくださいってぐらい」<br /> Z「そんなに全部使いやすいように作らなくてもいいのかなーと思うし」<br /> Z「だけどじゃあいわゆるゲームにあった台詞を集めれば良いのかっていうとそうでもない。そこはバランスを取って作りたい」<br /> 豚「次の用意は考えてあるということですね」<br /> Z「考えてます、少々。考えてるだけで、多分みんないろんなアイディアが出てくると思うはずなので面白いんだよね」<br /><br /> 豚「発表された後の反応は私が一番見たのはZUNスタンプがほしいでしたけど」<br /> Z「それはいいよ……それはまた将来的にやるかもしれないけど、まだそのときではない」<br /> Z「そんなの一番最初にやったら普通の東方スタンプなんて出せないもん、商売にならない」<br /> 豚「東方もね、急にいまのところまできたわけじゃないからね、そういうことです」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:12~ 第二子懐妊報告。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p>Z「もうすぐ嫁さん産休に入る」<br /> Z「二人目が生まれるんだよね」<br /> Z「今年ゲーム休んでで正解です」<br /><br /> Z「紫雨さんに今年ゲーム作んないのって言われたけど、そのときにこの話したら新作作ってんじゃん!って言われましたね。新作です」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「やっぱ兄弟がほしいもんね。子供一人生まれると二人目も欲しくなる」<br /> Z「余裕があれば何人もほしいけど、二人から三人だろうな。子供がいるだけで家がすごい楽しいよ」</p></blockquote><br />子供を作ることへの考え。<br /><blockquote><p> Z「こう言っちゃなんだけど、お金持ってる人が子供作らなかったらこの国滅ぶよ」<br /> Z「まあまあこの国が滅んでもいいっちゃいいんだけど、結局困るからね生活するのに」<br /> Z「今ちょっとゲスい話しました」<br /> 豚「でもほら究極的に言ったら別に違う国に行けばいいんじゃない?」<br /> Z「自分さえよければ、僕としてはそれでもいいんだけど違う国だと面倒くさいじゃん」<br /><br /> Z「たとえば国がなくなって困るから自分は国のために色々やるんだよ。結局自分の為なんだよ」<br /> Z「なんだろうな、そういうこと考えるようになったのも子供生まれたからだよ、子供生まれると結構発想が変わるんだよ」<br /> Z「なんだろう、20代30代の頃にやってた結構無謀な生き方が恥ずかしくなってくるんだよね」<br /> 豚「そんなに無謀な生き方してましたっけ」<br /> Z「結構無謀でしたね、あれ考えると」<br /> Z「でもある意味そのときしかできない、20代のやつは無謀になれたの。そうすればうまくいくんだけど、あの頃は若かったって思うようになるの」<br /> Z「考え方が変わるんだなぁ」<br /> Z「考え方を変えつつ、結局自分の持ってる感性の部分は変わらないから、ある意味良い方に進んでるわけです」<br /> Z「年齢が変わって、作り方が変わっていく。でも結果出てるものは変わらないという」<br /> Z「それができそうな気がする。自分が変わっているからこそできる」<br /> Z「僕はその無謀な20代の頃のまま40になっていくんだったら続かないよ。まず続かない。30の段階でも崩壊してうまくいかないのは分かってた」<br /> Z「それが変わっていってよかったなと」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:25~ 椿山荘に泊まった話。</strong><br /><blockquote><p>歩いて15分ほどらしい。<br /><blockquote><p> Z「つい最近さ、嫁さんの誕生日が近かったんで家の近くでホテル泊まったんですよ」<br /> 豚「泊まったの、ホテル?」<br /> Z「泊まり。子供と一緒に」<br /> 豚「家の近く? まあなんかあると思うけど」<br /> Z「椿山荘」<br /> 豚「近いじゃん」<br /> Z「そこでよる食事摂ったらさあ、驚きの値段でさあ」<br /> 豚「ZUNさんが驚きって相当ですよね」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:29~ LINEスタンプの話その2。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> 豚「第一弾って普通なのが多いじゃないですか、どんなやつでも」<br /> Z「そうなんだよね、全部は知らないけど」<br /> 豚「スタンダードなやつが多い。第二弾になるとはっちゃけてくるから、なんかむしろその作品とか特性を使うことが多いんじゃないかなって」<br /> Z「それはそうかもしれない。でも第一弾ではっちゃけたの作ると、売上が伸び……使用されなくて、結果的に次作れないらしいので」<br /> Z「はっちゃけるって言っても限界はあるけどね。はっちゃけたやつが欲しいかっていうと微妙だしな」<br /> Z「東方が出るだけでもはっちゃけてるからなんでもいい」<br /><br /> Z「すごい売れて社内に激震が走ったらしい」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:36~ SNSについての話。Teitterとインスタグラムの違いなど。</strong><br /><blockquote><p><br /> かつて蟻の巣に爆竹を差し込んだとかアリジゴクで遊んでいたZUN氏。<br /><blockquote><p> Z「昔子供の頃蛙に爆竹着けて爆発させたとかそういうのは今だったら炎上しかねないよね、写真なんか上げた日にはもう」<br /> 豚「まあやったことないですけどね」<br /> Z「えー、僕やってましたよ全然」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「電車老人見たら席譲りますって人ばっかっぽいんだよねネット見てると。あの人達多分一歩も家出てないんだと思う」<br /> Z「世の中そういう風にはできてない。そういうきれいな部分だけの話を聞いてると世の中そういう部分がいっぱいありそうに見えるけど、そうではない」<br /> Z「自分の気づかないうちに相手に対して迷惑かけているのがこの社会。それに気づかないと厄介だね」<br /> 豚「自分は何もしてない誰にも迷惑かけず立派に生きてると思っても、迷惑かけてるんですよね」<br /> Z「それに対して躍起になる必要もない、かけるんだよ。生きてるだけでかけちゃうんだよ」<br /> Z「自分から頑張って迷惑かけちゃダメなんだよ」<br /><br /> Z「世の中当たり前だと思ってたことが、SNSが始まってから当たり前じゃなくなったんだよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:45~ 政治とか愚痴とか色々。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「歴史を勉強すると……って言い方あれだけど、今まさに面白い時代」<br /> Z「歴史的に面白い黎明期に入ってる」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「人類が滅亡するか、居酒屋を止めるかっていう選択肢になったら、居酒屋を切り捨てて滅亡を止めるよ」<br /> 豚「何それ救世主?」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:04~ 質疑応答に関する提言。</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> Z「僕は自分がこう考えてるってことを言うことが大切だと思ってるんだね、考え方として」<br /> Z「よく質問されると、これはどうやって作ってるんですって聞かれるんですけど、そこは全然重要じゃないんだよ。そこは時代も変わってるし全然関係ない話なの」<br /> Z「例えば同じときにはどういうことやってましたとか関係ない。どういう風に考えてますかってことを聞いてくる若者が僕は欲しい。でもあんまいない」<br /> 豚「質問者の質問を気にしている今とでも全然違いすぎてね、どうしようもない」<br /> Z「こっちが目の覚めるような質問を聞きたい。なんかもう旧作の移植やんないんですかとか止めて欲しい」<br /> Z「そういう話、その質問どうでもいいな」<br /> Z「なるほど若い人はこういうこと考えてたの、でもそうなると自分は今何考えてるんだろうって思うような質問が欲しい」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「僕あちこちで質疑応答やるけど、質疑応答が幅が広すぎるんだよ。僕が言ったことに対してとかじゃないから」<br /> Z「僕の方ではまたつまんないのが始まったぞって。でも一番楽ではある。適当に返せばできるから」<br /> 豚「だってだいたいいつも特にその時話したことでもなんでもない、全然関係なくてかつどうでもいい質問出されて、特に答えないで終わるっていう」<br /> Z「つまんないもんな。でもたまにあるかもしれない。たまにあるんだよ。すごいこと考えてる人いるなって。こんな質問するんだって」</p></blockquote><br />炎上の予防線。<br /><blockquote><p> Z「正直僕は質問答えるの好きですよ。でも冷たく答えちゃうから、そこを気にしてるんだよ」<br /> Z「こういうときはをこうしたほうがいいよとか親身に話せないんだよ」<br /> Z「どちらかというと質問がつまんないとか思ってる」<br /> 豚「東方キャラでは誰を彼女にしますかとかね」 <br /> Z「どうでもいいけどその場が湧くように答えるようにしましょうって感じなんだよね」<br /> 豚「逆に面白く答えようっていう逆のプレッシャー」<br /> Z「大喜利に近い」<br /> Z「かと言えば俺はこんだけマニアックなことを知ってるぜみたいなことを質問する人も多いんだよ」<br /> Z「質問者がマニアックで、周りの人がおおってなるようなことを聞くんだよ。一番東方のことを知ってるの僕だからさ」<br /> Z「それに勝てない人に俺マニアックだろって自慢してるのが恥ずかしいと思う」<br /> Z「という風にいつか答えてやろうと思ってる」<br /> Z「という伏線を張っておけば、僕が突然そういうこと言ってもあれ2軒目ラジオってマニアックな人たちが気付いてくれるよ」<br /> 豚「気付いてほしいね……ほしいけどそこでそういうこと質問する人の特徴だと思うんだよなあ」<br /> Z「こういうこと2軒目ラジオで言うと、僕がそういう失礼なこと言っても炎上しない」<br /> Z「炎上しかねた瞬間にマニアの人がみんな気付く」<br /> 豚「ソースはこれって」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:11~ 豚さん新婚旅行の話。</strong><br /><blockquote><p> 神主のヨーロッパ新婚旅行のときの話。<br /><blockquote><p> Z「プラハはどこに行ってもおっちゃんが酒呑んでるんだよ。最高」<br /> Z「可愛いオモチャみたいな街なんだよね。ほんとに煉瓦もオレンジで綺麗で、でも崩れそうな感じで全部あちこちにものが作られてる」<br /> Z「でそこにいる人間たちが昼から酒呑んでるだけなんだよ、いいね」<br /> Z「まだ共産の匂いが残ってるからね。残ってるって言ってももう歴史として残ってる。それを見に行く感じ」<br /> Z「共産だからこういうことできましたってやってる。いいよね」</p></blockquote><br /> 他タイ・アメリカの話や今澤マスターの副業の話、通貨経済の話など。</p></blockquote><br /><strong>2:39~ 取り留めのない雑談。</strong><br /><blockquote><p><br /> 2軒目ラジオ6年目までの総括やとある締切の話<br /> 蕎麦・豊洲・ひろゆきの話題など。<br /><br /> 終了一時間前になると完全に酔っ払っており、話があまり成立していなかった。</p></blockquote><br /><strong>3:49 放送終了。</strong><br /><br /><br />
14

ポリポリ☆クラブ 第61回 INDIE STREAM FES 2016 SPのメモ

のんびりと幕張メッセに向かっているが、今日は暑くないかい?— 博麗神主 (@korindo) 2016年9月17日https://www.youtube.com/watch?v=UHjrT7zIJHQポリポリ☆クラブ 第61回「INDIE STREAM FES 2016 SP」2016/9/17(土)18:30~場所:幕張【出演】木村祥朗丹沢悠一杉山圭一吉永たつき藤川洋一ポリ☆アンナLuCK【レギュラーゲスト】Z=ZUNゲスト他多数(敬称略)0:00~ 配信開始。 会場の様子が映し出されている。0:02~ 放送開... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">のんびりと幕張メッセに向かっているが、今日は暑くないかい?</p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/777013236956672000">2016年9月17日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=UHjrT7zIJHQ" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=UHjrT7zIJHQ">https://www.youtube.com/watch?v=UHjrT7zIJHQ</a><br />ポリポリ☆クラブ 第61回「INDIE STREAM FES 2016 SP」<br /><br />2016/9/17(土)18:30~<br />場所:幕張<br /><br />【出演】<br />木村祥朗<br />丹沢悠一<br />杉山圭一<br />吉永たつき<br />藤川洋一<br />ポリ☆アンナ<br />LuCK<br /><br />【レギュラーゲスト】<br />Z=ZUN<br /><br />ゲスト他多数<br />(敬称略)<br /><br /><br /><strong>0:00~ 配信開始。</strong><br /><blockquote><p> 会場の様子が映し出されている。</p></blockquote><br /><strong>0:02~ 放送開始。</strong><br /><blockquote><p> INDIE STREAM FESの説明や会場の様子や番組趣旨説明など。<br /><br /> Branching Pathsについての話。<br /><blockquote><p> Z「結構あれ三年ぐらい取材されてた」<br /> 木「東方のことを俺に説明させようとするあの番組の主旨がやばかった」<br /> Z「あれはわざとなんですよ、僕が説明しないから」<br />  「なんで説明しないの」<br /> 木「木村さん、東方についてナレーションお願いしますって、えっ?えっ?て言われて」<br /> 木「東方ってね~すごいんですよね~、インディーゲームっていうよりも、同人っていうのがありまして~」<br /> Z「それを僕が説明するのが嫌なんですよ、あの番組の構成的に。だから誰かにやってほしかった」<br /> 木「客観的なね、主旨で喋んないといけないからね」<br /><br /> Z「イベントに行って撮りますってときも、その前日まで生放送やってて(20周年放送のとき)すげー呑んだときの次の朝だったりしたから」<br /> Z「もうかなり辛い状態で、だから喋んないで絵だけいっぱい使った」<br /> 木「ちなみに色々あってZUNさんと僕が喋った映像ってもっといっぱいあるし、面白トークいっぱいあるんだけどあのビデオはどこに行ったのかっていう」<br /> Z「あれは将来的にね」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:21~ ISアワード発表。</strong><br /><blockquote><p> 選考理由の一つに共感度があることを聞いて。<br /><blockquote><p> Z「共感? 大切なんだ共感って」<br />  「そこでちょっと初めて聞いたみたいなこと言わないでくださいよ」<br /> Z「ゲームで一番大切なんだ?」<br /> Z「狂ってる感度?」</p></blockquote><br /> ゲームフリークが技術賞を取ったことについて。<br /><blockquote><p> Z「これは勝てない」<br /> Z「インディーゲーム業界はこれから修羅の道になる」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「僕賞苦手、意外と賞嫌いなんですよ」<br />  「確かに」<br /> Z「そういう人間」<br /> Z「人にこうやって評価されるの嫌いなの」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「もっぴん先生に一緒に飲み行ったり食べてるときにだいぶ、確定申告とか気をつけたほうがいいよとか言っちゃった」</p></blockquote><br /></p></blockquote><br /><strong>0:49~ ゲスト:大=大塚氏(TIME LOCKER)</strong><br /><blockquote><p><blockquote><p> 木「ZUNさんは知ってる?」<br /> 大「奥様にお世話になっていて、元同僚なんですよ奥様と」<br /> Z「よく話聞くの、急にインディゲーム作りたいとか言い始めたとか」<br /> 大「3年前ぐらいにお世話になって、お会い出来るとは」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 大「酒飲みながらコード書いたりもするんですか?」<br /> Z「酒飲まないとコード書けないよ…」<br /> 木「酒飲みながらコード書いてバグらないの?」<br /> Z「バグなんて当たり前だよ。バグらないプログラムは無いよ」<br /> Z「こういう考え方で物作ってるから一緒に仕事できないんだよ。だから一人になっちゃうのは僕の中では一人で作ってるのは自慢じゃない。一人になってしまうんだよ」<br /> 丹「前一緒に働いてたときに、新しい上司が来たときに面談やったんです。そしたらね、何か不満あるかって聞かれてビール飲みながら仕事したいって」<br /> Z「そんなに急には言わない。残業時間はお酒呑みたいって」</p></blockquote><br />毒舌<br /><blockquote><p> Z「今賞取ってるの二人ここで囲ってるよ。贅沢。他は残り滓みたいなもん」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:02~ 休憩。</strong><br /><br /><strong>1:06~ ゲスト:ゲームフリーク(GIGA WRECKER)</strong><br /><blockquote><p> ゲーム会社の少人数プロジェクトとしてのインディーゲーム制作チームの話。<br /> ZUN氏のインディーじゃないといった発言が目立つ。</p></blockquote><br /><strong>1:17~ ゲスト:somi氏(Replica)</strong><br /><blockquote><p> 韓国の世情をゲームに反映させた、韓国人のインディーゲームクリエイター。<br /> 物語るためのツールとしてのゲームの話など。</p></blockquote><br /><strong>1:33~ ゲスト:佐=佐々木氏(Oink Games/1000m ゾンビエスケープ!)</strong><br /><blockquote><p> OinkGamesはボードゲームでも有名(らしい)<br /><blockquote><p> Z「OinkGamesさんのゲームいっぱい持ってるんですけど、あれってアナログゲームじゃないですか。デジタルゲームもいつも作ってたりするんですか?」<br /> 佐「デジタルゲームも常に作ってますね、はい」<br /> Z「両方共作る? デジタルゲームのイメージが強くって……いや、アナログゲームのイメージが強くて、それしか知らなかったから、OinkGamesさんがゲーム作ってるって」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「作る途中が楽しければ、完成した後いらないよね?」<br /> Z「砂絵で曼荼羅作った後に、ここ壊れたから直そうとかそういうの嫌なんだよ」<br /> Z「今のゲーム業界はそれが大きいんじゃないですか?」</p></blockquote><br /> 他、ゲームショウの喧騒に関する話やインディーゲームに普通に面白いゲームが増えてきた話など。</p></blockquote><br /><strong>1:57~ 告知等。</strong><br /><blockquote><p> VRのゲームについての話など。</p></blockquote><br /><strong>2:03~ ゲスト:古川氏(コラプス)</strong><br /><blockquote><p> 賞を取った学生へのアドバイスなど。</p></blockquote><br /><strong>2:17~ 会場の中継。</strong><br /><br /><strong>2:23~ ゲスト:TAKAAKI ICHIJO(Back in 1995)</strong><br /><blockquote><p> ローポリについての話など。</p></blockquote><br /><br /><strong>2:30~ ゲスト:川=川勝氏(メゾン・ド・魔王)もっぴん氏(Downwell)</strong><br /><blockquote><p> アワードの審査基準について、クリエイターが審査していると聞いたとき。<br /><blockquote><p> 川「作りてが作り手をっていうのは烏滸がましいんですけど、要は本屋大賞みたいにしたかったんです」<br /> Z「本屋さんが本を選ぶ? それはセデックに対して怒ってるんだね?」<br /> 丹「そういう対立構造煽るのやめてくださいよ!」<br /><br /> 木「だってBitSummitとかどうやって選んでるのって聞いたら誰も答えない」<br /> Z「わかるわかる」</p></blockquote><br /> 他、INDIE STREAM FESの将来についてなど。<br /></p></blockquote><br /><strong>2:53~ 締め~全員集合。</strong><br /><br /><strong>3:01 放送終了。</strong><br /><br /><br />
13

あきば通 inニコニコ動画 試験動画002&003のメモ

http://ch.nicovideo.jp/ch199出演た=小林たかや(あきば通編集長)Z=ZUN乱=乱道(乱道ハウス)(敬称略)あきば通 inニコニコ動画 試験動画0022009/2/4(水)投稿時間17:450:00~ 動画開始。0:01~ 飲んだくれサークル新年会潜入。東方と海外。 た「あなたはどなた?」 乱「えーとどう自己紹介すればいいんでしょうか」 Z「アメリカで東方の同人を描いてくれているんですよ」 Z「なかなかアメリカの人でね、東方のこんなオ... <a href="http://ch.nicovideo.jp/ch199" target="_blank" title="http://ch.nicovideo.jp/ch199">http://ch.nicovideo.jp/ch199</a><br /><br />出演<br />た=小林たかや(あきば通編集長)<br />Z=ZUN<br />乱=乱道(<a href="http://randou.jp/blog.html" target="_blank" title="乱道ハウス">乱道ハウス</a>)<br />(敬称略)<br /><br /><br />あきば通 inニコニコ動画 試験動画002<br />2009/2/4(水)投稿時間17:45<br /><br /><strong>0:00~ 動画開始。</strong><br /><br /><strong>0:01~ 飲んだくれサークル新年会潜入。</strong><br /><blockquote><p>東方と海外。<br /> <blockquote><p>た「あなたはどなた?」<br /> 乱「えーとどう自己紹介すればいいんでしょうか」<br /> Z「アメリカで東方の同人を描いてくれているんですよ」<br /> <br /> Z「なかなかアメリカの人でね、東方のこんなオタクで入ってくる人は少ないです」<br /> た「アメリカ人でオタクに入ってくる人は少ないという」<br /> Z「だいたい外国人だったら台湾や中国と韓国なんです。まあそれは当然だと思うんです。それは近いんで」<br /> Z「ヨーロッパ圏のほうがまだいる」<br /> た「ヨーロッパはいるけどアメリカは少ない、でも来てくれた」<br /> Z「アメリカは少ないね~」<br /><br /> た「えーとお名前が分からないんで」<br /> 乱「えーと、ハンドルネームでサークル乱道ハウスっていう名の乱道」</p></blockquote><br /><blockquote><p> た「今年はどうしたいですか? どうなりたい? どういう風に」<br /> Z「今年はもっとね、のんびりしたいね……お酒呑んでのんびり」<br /> た「僕はのんびりするけれど、みんなはのんびりしちゃダメよと」<br /> Z「いやいやいや、みんなものんびりしてほしい」<br /> た「今年はみんなのんびりして欲しいって言ってますよ」<br /> Z「毎年そうですよ」<br /> Z「僕がのんびりしたい」</p></blockquote><br /> アキバの好きなところは?という質問について。<br /><blockquote><p> Z「アキバで? そりゃねえ、神田明神」<br /> た「神田明神? それはあきばではないかもしれないけど」<br /> Z「アキバってねえ、僕そんなに詳しくないんですよ」<br /> <br /> Z「あの基板屋には行ったんだよね、トライとか…基盤屋ね」<br /> た「基板屋ね」<br /> Z「今行かないけどね」</p></blockquote><br /> 近々やりたいことは?という質問について。<br /><blockquote><p> Z「近々にね、居酒屋をやりたい。バーをやりたい」<br /> た「どこでどこでバーやりたいの?」<br /> Z「まあ都内、適当な場所で」<br /> た「でもバーやったら自分が呑んじゃってバーにならない」<br /> Z「自分が呑むための店をやる」<br /> た「自分が呑むためのバーをやりたい?」<br /> Z「呑んでみんなでやるような店をやりたいの、結構本格的に考えてるから」 <br /> Z「ずーっとどこでどうすればいいか、ずーっと考えてる」<br /> た「ZUNさんはバーやりたいと。調べて研究してる」<br /> Z「そう」<br /> た「隠居BARね」<br /> た「ZUNさんの今年の目標は隠居BAR」<br /> Z「今年じゃないよね、普通に将来の夢だからね。まぁせいぜい来年とか…」<br /> た「来年ってすぐじゃないですか」<br /> Z「でも将来の夢はありえる夢ですから。考えてます」<br /> Z「近々すぐやる夢じゃなくて、本当将来的にこういうことやりたいってずっと考えてる」</p></blockquote><br /> 東方で世界制覇はありえる?という質問について。<br /><blockquote><p> Z「ないないないない…」<br /> Z「わかってる人はわかってるかもしれないけど、生まれてきた故郷の細かいとこが凄い入ってる」<br /> た「故郷が入ってる?」<br /> た「田舎ってどこ?」<br /> Z「長野です」<br /> た「長野県。長野県のどこ?」<br /> Z「長野のね、白馬」<br /> <br /> Z「今日白馬からこっちに帰ってきたんです」<br /> Z「戻ってきてそのまま呑んでた。新幹線で東京に来て、呑んでそのまま実家に帰ろうかなって」<br /> た「帰ろうかなと思ってるところでこんなことになっちゃってすみません」</p></blockquote><br /> 若い人にエールを。<br /><blockquote><p> Z「若い人にエール?」<br /> た「エールでもなんでもいいんですけどね」<br /> Z「烏滸がましいよね僕が言うのもね」<br /> Z「なんだろうね……えーとね、あまり悲観的に考えないほうがいいなぁって」<br /> Z「だいたいね、人生一回しか無いですから。もうなんでもね、やっちゃえって思う」<br /> Z「もう将来がああだこうだとか考えないで、何かやっちゃえばいいんじゃないのって」</p></blockquote><br /></p></blockquote><br /><strong>0:06~ 以後別コーナーのため終了。</strong><br /><br /><br /><br />あきば通 inニコニコ動画 試験動画003<br />2009/6/1(月)投稿時間20:40<br /><br /><strong>0:00~ 動画開始。</strong><br /><br /><strong>0:03~ ZUNさんと新年対談II。</strong><br /><blockquote><p> ほとんど秋葉原の喫茶店やら食事処やら居酒屋の話しかしていないので書くことがほぼ無い。 <br /> <blockquote><p>Z「アキバではよく行く店では、昭和通り近くの加賀屋によく行くんですけど」<br />→<a href="http://www.syu-wa.co.jp/kagaya-akihabara.htm" target="_blank" title="http://www.syu-wa.co.jp/kagaya-akihabara.htm">http://www.syu-wa.co.jp/kagaya-akihabara.htm</a></p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:11~ 以後別コーナーのため終了。</strong><br /><br /><br />
    Return to Pagetop