カウンター
プロフィール

管理者:矢吹天成(旧名:石動雷獣太→無)
TwitterID:@LittleTrailHand
地霊殿くらいからの東方ファンの一人。今は東方から少し距離を置いている。

89

ポリポリ☆クラブ 勝手にゲームショー2015

ポリポリクラブのイベント、17:30開場、18:00開演です。当日券もあるみたいです。気が向いたら今からでも是非どうぞ。僕も今向かってます。開演ギリギリ間に合うかどうかレベルなので今からでも大丈夫? http://t.co/uWGbqbAI3g— 博麗神主 (@korindo) 2015年6月14日ポリポリ☆クラブ 勝手にゲームショー2015https://www.youtube.com/watch?v=_SDFUzM4NBw2015/06/14(日)18:00~場所:阿佐ヶ谷ロフトA【出演】木村祥朗 旅人... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">ポリポリクラブのイベント、17:30開場、18:00開演です。当日券もあるみたいです。気が向いたら今からでも是非どうぞ。僕も今向かってます。開演ギリギリ間に合うかどうかレベルなので今からでも大丈夫? <a href="http://t.co/uWGbqbAI3g">http://t.co/uWGbqbAI3g</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/609999958905782272">2015年6月14日</a></blockquote><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br />ポリポリ☆クラブ 勝手にゲームショー2015<br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=_SDFUzM4NBw" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=_SDFUzM4NBw">https://www.youtube.com/watch?v=_SDFUzM4NBw</a><br />2015/06/14(日)18:00~<br />場所:阿佐ヶ谷ロフトA<br /><br />【出演】<br />木村祥朗 旅人でゲームデザイナー(ひげのほう)<br />丹沢悠一 旅人でゲームデザイナー(カラテ)<br />杉山圭一 ミュージックコンポーサー(カレーの達人)<br />吉永龍樹 サラリーマンクリエイター<br />藤川洋一 幻想を愛する変人偏屈編集者<br />ヨーコさん ゲームの宣伝屋さん<br />ポリ☆アンナ 宇宙を旅する謎の女<br /><br />【レギュラーゲスト】<br />ZUN(上海アリス幻樂団)<br /><br />【ゲスト】<br />五十嵐孝司(IGA)<br />もっぴん<br />(敬称略)<br /><br /><br /><strong>0:00~ 配信開始。</strong><br /><blockquote><p> 出演者登壇・式次第説明・自己紹介など。</p></blockquote><br /><strong>0:13~ ゲームに関するクイズコーナー一問目二問目。</strong><br /><br /><strong>0:16~ ポリポリメンバーが勝手に認めたゲーム紹介その1。</strong><br /><br /><blockquote><p> BUGTRONICA(木村さん)<br /> Tap Titans(ヨーコさん)<br /> FEZ(藤川さん)<br /> え~でるすなば(丹沢さん)<br /><br /> Starwhal: Just the Tip(ZUNさん)<br /><blockquote><p> Z「どうだいこの新しいんだか古いんだか分からないやつ」<br /> 木「ZUNさん珍しい人のゲームで」<br /> Z「僕これ教えてもらったんですよ」<br />  「これどんなものなんですか」<br /> Z「Starwhal: Just the Tip。このレトロでも新しくもない感じ」<br /> Z「一言で言えばダサイ!」<br /> 木「褒めるために持ってきたんじゃないの?」<br /> Z「これは対戦ゲームなんです。これは一角という角の生えた鯨が、わかりにくいけど自分のお腹にハートがついてるんです」<br /> Z「これを操作して角を相手の腹に突くだけのゲームなんです。4人対戦ゲームなんですけど」<br /> Z「これが朝まで対戦したぐらい熱いです。これはSTEAMだったんですけど、PS4PS3も出てます」<br /> 吉「他のゲームと何が違うんですか」<br /> Z「これはね…見た目がカッコイイです、演出が。動画を持ってこなかったんでアレですけど、動画で見るとこのゲームがどれくらい新しい感じで見れるかっていうのがあるんです」<br /> Z「要はバレットタイムっていうか、かなりスローのかかった演出が、今風の演出が凄いです。でだいたいルールが簡単だからみんなすごい熱くなるんですけど、わりと攻略方法はないんです」</p></blockquote><br /> 木村さんのThrees! の説明など。<br /> SYMBOL LINK(杉山さん)</p></blockquote><br /><br /><strong>0:43~ ゲームに関するクイズコーナー第三問目四問目。</strong><br /><blockquote><p> スト3、ドルアーガ、FFの共通のカタカナ。答えはギル。<br /><blockquote><p> Z「まあ分かるよ…」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:47~ ポリポリメンバーが勝手に認めたゲーム紹介その2。</strong><br /><blockquote><p> CROSSYROAD(吉永さん)</p></blockquote><br /><strong>0:51~ ボコスカウォーズ2についての話。</strong><br /><blockquote><p> ラショウ氏のビデオレターなど。</p></blockquote><br /><strong>1:02~ 休憩タイム。</strong><br /><br /><strong>1:16~ ゲスト登壇:もっぴん氏 </strong><br /><blockquote><p><br /> 間のセッティング中にクイズあり。<br /> Downwellの話。<br /><blockquote><p> Z「この人なんで潜ってるんですか?」<br /> も「考えてないんですよね、考えてないんですまだ」<br /> Z「すごいよね、墓地の地下じゃなくて地下の墓地」<br /><br /> Z「(リリース日を)言ったら出さないとダメだよ?」<br /><br /> Z「(インディーゲーム制作者は)ゲーム会社の新入社員と違うよね」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:38~ ゲスト:五十嵐孝司氏(IGA)</strong><br /><blockquote><p> 五十嵐氏ノキックスターター話など。<br /><blockquote><p> Z「これ通らなかったら全員タダ働き…?」<br /><br /> Z「僕結構素で聞きたいんですけど、こんだけお金集まったら何作るんです?」<br /> 五「これは集まったお金が全部開発費になるわけじゃないんですよね。もちろん各会社が絡んできますから取り分があったりとか、あと一番大きいのはパッカー…リワードって言って、投資してくれる人へ、例えばポスターが付きますよTシャツが付きますよとかそういうものを結構作んなきゃいけなくて、そういうのに結構お金が持っていかれるんですよね」<br /> Z「だからすげー増えても、グッズ作るのとかで忙しくなる?」<br /> 五「それは他の会社の人が…」<br /> 木「IGAとかさんがグッズ作るのに忙しくなるわけが…」<br /> Z「サインとかあったらサインずっと書き続けなきゃいけない?」<br /> 五「サインとか3000枚くらい書かなきゃいけない」<br /> Z「そういうのを考えるとやっぱすげー時間取られるなって」</p></blockquote><br /> IGA氏のキックスターター前のプロモーションに対して。 <br /><blockquote><p> Z「それなんか商業っぽいですねやり方。プロっぽいです。すげープロっぽい」<br /> 木「ZUNさん…エライよね。考えてる範囲がエライよ」<br /> Z「誰かの真似したかとかそんな感じじゃないですよね」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:01~ Million Onion Hotelの話。</strong><br /><blockquote><p> IGA氏のキックスターターと対照的に、仲間内の話が徐々にゲームの形になっていった話など。<br /><blockquote><p> Z「やっぱ同人っぽいっていうかサークルっぽいですよね」</p></blockquote><br /><blockquote><p><a href="http://blog-imgs-114.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-30_22-22-34_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-114.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-30_22-22-34_No-00s.png" alt="SnapCrab__2017-7-30_22-22-34_No-00.png" border="0" width="400" height="304" /></a><br />Z「絶対入ってるよ…」<br /><br /> 木「これはマッサージです」<br /> Z「マッサージってハート出るんでしたっけ?」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:26~ ゲームに関するクイズコーナー第五問目六問目。</strong><br /><blockquote><p> クイズでスト2のサンギエフのED後の問題が出て。<br /><blockquote><p> Z「いいよね、あんな人が大統領になったらいいよね…」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>2:38~ ピコショワのコーナー。</strong><br /><blockquote><p>歌はひょっこりひょうたん島。</p></blockquote><br /><strong>2:43~ エンディングの一言。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「今日遅れてきた理由が息子の誕生日だったの…」</p></blockquote><br /> 他、顔本で奥さんがマネジメントしてる話など。</p></blockquote><br /><strong>2:54  放送終了。</strong><br /><br /><br />
88

東方三月精VFS 第7話「星は季節と雲の合間に」の感想

月刊コンプエース2017年9月号掲載東方三月精VFS 第7話「星は季節と雲の合間に」今月号のカラーページにて単行本特装版の予約注文書が付属している。以前の原画からサンプルに置き換わっているが、サンプルの出来もなかなか良いので、ちょっと欲しくなってきた。うーむ、4200円か…。サンプル版。そんなワケで本日三月精フィギュア付き単行本用の見本が発表されました。元のイラストよりもとても可愛く仕上がっていて出来上がるのが... 月刊コンプエース2017年9月号掲載<br />東方三月精VFS 第7話「星は季節と雲の合間に」<br /><br /><br /><br />今月号のカラーページにて単行本特装版の予約注文書が付属している。<br />以前の原画からサンプルに置き換わっているが、サンプルの出来もなかなか良いので、ちょっと欲しくなってきた。<br />うーむ、4200円か…。<br /><br />サンプル版。<br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">そんなワケで本日三月精フィギュア付き単行本用の見本が発表されました。<br>元のイラストよりもとても可愛く仕上がっていて出来上がるのがとても楽しみです!<br>各書店さんやネットでも予約していますので良かったら是非! <a href="https://t.co/QvWCajT5YR">pic.twitter.com/QvWCajT5YR</a></p>&mdash; 比良坂真琴 (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/890163702002876417">2017年7月26日</a></blockquote><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br />原画版。<br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">そんなワケで三月精のフィギュア付き単行本の発売が決定しました!<br>メロンブックスさん、とらのあなさん、ゲーマーズさん、Amazonさん等の書店さんでも近々予約が開始されるかと思いますので良かったら是非! <a href="https://t.co/1tNhH44QOJ">pic.twitter.com/1tNhH44QOJ</a></p>&mdash; 比良坂真琴 (@hirasaka8) <a href="https://twitter.com/hirasaka8/status/857218730375249920">2017年4月26日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br /><br /><br />本題に入るが、今回のお話は七夕らしく扉絵はスターがメインで描かれている。<br />前回に引き続き動物役として牛の着ぐるみのルナ…。<br />VFSになってから…正確には比良坂先生の同人誌「Three Fairies」からだろう。<br />普段は後ろに隠れがちなスターサファイアの(あざとい)描写が増えてきたように思う。<br />以前はそれほど気にしていなかったが、最近は可愛く思えて仕方がない。<br /><br /><br />本編。<br />梅雨の時期らしく、雨のせいで家の中に閉じこもることを余儀なくされていた三妖精。<br />退屈そうに外を見ているサニーと、新聞を読んでいるルナ。<br />ルナは今年はいつもより雨が多い気がするのでイジョーキショーかも、と言う。<br />あからさまな東方天空璋の前フリ。<br />茨歌仙40話でも異常気象を華扇が警告してきたし、天空璋の物語自体は真夏なのでこの後の話ということになる。<br /><br />一方、他の二人と違ってスターだけは楽しそうに何かの準備をしていた。<br />明日は七夕。短冊に願い事を書いて遊ぼうと提案する。<br />雨なので家の中で何もしないよりマシとスターの提案に乗る二人。<br /><br />その頃、博麗神社では雨の日にも関わらず床下で焚き火をするピースに業を煮やした霊夢が一撃を食らわせる。<br />雨の中追い出されたピースは、歩いているとゴミのようなものを見つける。見上げるとそこは三妖精の棲家。<br />ピースはいつの間にか「霊夢さん」と呼ぶようになっていたようだ。欄外には三妖精の影響と書いてある。<br />三妖精ですら「霊夢さん」「魔理沙さん」と呼ぶようになったのは何年もかかっていた。<br />特に霊夢に対してはOSPの中盤くらいまで呼ばないので、それに比べるとかなり懐くのが早い。<br /><br />三妖精たちが家の中で短冊に願い事を書いていると、そこにピースがやってくる。<br />外にちらかった短冊を見て、ゴミだと思ったというピース。<br />短冊に願いを書くと叶うという話を聞き興味が沸いたようだが、何で願い事が叶うのかと疑問に思う。<br />神社の神様もお賽銭を必要とするのに、書くだけでいいなんて太っ腹だという結論になるが<br />実は高い対価を払っているのかもしれないとルナが言う。なんだか意味深。<br />すると四人は外に誰かがいることに気付く。<br /><br />霊夢は地面に散らかるゴミを片付けていた。<br />怒っている様子を察した三妖精が躊躇っていると、ピースは一人外に飛び出す。<br />拾った短冊をどうするつもりだと霊夢に詰め寄るピースだが、ゴミは捨てるわよと霊夢。<br />それはゴミなんかじゃない、大切な願い事が書いてあるんだと熱くなるピース。友情に厚い。<br />ピースは地獄から来たから七夕のことをよく知らないということを理解した霊夢は、ちゃんとした七夕を教えることを思いつく。<br />それはちゃんとした七夕飾りを妖精たちに作らせ、屋台を開いて参拝客を呼ぼうという霊夢の策略であった。<br /><br />神社の縁側で妖精たちに七夕飾りの作り方を教える霊夢。その様子はまるで幼稚園の工作の時間のよう。<br />サニーとピースの場所が近く、ここに限った話ではないがこの二人が特別仲が良さそうな感じが見て取れる。<br />そこに魔理沙がやってくる。妖精たちが七夕のことをよく知らないことが分かると、魔理沙が詳しく説明することに。<br />さすが星の魔法使いだけあって、七夕のことに詳しいというのはらしい感じ。<br />ちなみにこのときの魔理沙の雨衣が一瞬旧作っぽさを思わせる出で立ちだった。<br /><br />天帝の娘である織姫と働きものの彦星が結婚するというくだりから始まり<br />最終的に一日も休まず働き続けたなら七月七日の夜だけ会えることになったという結末に<br />七夕ブラック企業伝説と名付ける魔理沙。<br />ブラック企業はいまだ幻想入りしていない(忘れられていない)はずだが<br />最近は流行ったものは時勢を問わず取り込む傾向にあるので別に違和感はない。<br />しかしなんで願いを叶えてくれるのか、というピースの質問には魔理沙も答えられない。<br />霊夢は短冊の願い事には織姫と彦星には関係がなく<br />元々の竹に対する信仰を過去の宗教家が利用したのだという仮説を述べる。<br />宗教家と聞いて、魔理沙はなぜ急に霊夢が七夕祭りをしようと言い出したのか考えが読めたようだった。<br /><br /><br />七夕当日。博麗神社は屋台と参拝客で賑わっていた。<br />今日は三妖精に加えてピースも屋台の方にまわっている。<br />ピースのイノシシ丸焼きは実際に自分で仕留めたのだろうか…と思うと少し怖い。<br />今回は清蘭と鈴瑚も屋台を出していて、文果真報の記事が早速反映されている。<br />モブキャラはだいたいいつもと変わりのないメンツである。<br />咲夜にレミリア、妖夢と幽々子、萃香におりんくう、文にはたて、赤蛮奇に華扇に萃香にマミゾウ。天子が帽子だけ見えている。<br />早苗に諏訪子に幽香もいるが、夜なのに日傘を差している幽香って…。<br />妹紅は菫子を連れて焼き鳥屋を訪れたりしていて、なかなかアツい関係。<br />ルーミアが食べているマンガ肉はイノシシ…だと思いたい。<br /><br />祭りで盛況の最中、曇って星が見えないので残念だという魔理沙。<br />どうせ縁日目当てなので、霊夢は雨でさえなければいいという。<br />そこにスターが短冊を持ってやってくる。屋台はいいのかという霊夢に、今日はお客さん役だからと言うスター。<br />どこに飾ろうかと物色するスターは、一番星空に近いところに短冊を飾り付けることにした。<br />するといつの間にか雲が晴れ、空には天の川の輝きが見え始め、参拝客たちは空を見上げる。<br />さっきのスターの短冊にはこう書かれていた。今すぐ晴れますように、と。<br /><br /><br /><br />最後の展開は非常に意味深である。<br />いくつか説を出してみようと思う。<br />スターは星の光の妖精だから、星に関わることはやろうと思えばできる説。<br />異常気象により自然の力が高まっていて、自然の顕現である妖精だからできた説。<br />もしくは竹の神か何かが実際に願いを叶えた説。このいずれかか。<br /><br />まず最初の説。<br />スター自体他の妖精と違ってやや超然としたところがあり、何も言ってないだけで元からこのようなことはできた可能性もある。<br /><br />そして次の説。<br />天空璋に合わせるならいかにもお誂え向きな説だと思う。<br />そしてラスボスとも何らかの関わりがある…かもしれない。<br /><br />そして最後の説。<br />これも茨歌仙で竹林の話をやったこともあり、何らかの繋がりがあるのかもしれないが…<br />もしかしたら天空璋の登場ボスに、そんな感じの新キャラが出るのではないかという可能性もなくはない。<br /><br />天空璋ジャケットのシルエットが同人ショップで先んじて公開されたので<br />その三人いるようなシルエットから、現在は摩多羅神という神が有力なのではないかという説が囁かれている。<br />(この左右にいるキャラが竹を持っている、という言い伝えがある)<br />しかし初めてそのシルエットを見たときに思ったのは、真のラスボスの力によって強化された光の三妖精の姿だった。<br />ないかなー? ないよねー。<br /><br /><br />
87

2軒目から始まるラジオ第83(84)回放送のメモ

今月もちょいと早いですが、本日20時より二軒目ラジオを放送します。テーマは謎です。https://t.co/AvjQIHgjMa— 博麗神主 (@korindo) 2017年7月14日https://www.youtube.com/watch?v=PK10RtGxeAQ2017/07/14 20:00~場所:今澤【出演】Z=ZUN豚今=今澤店長(敬称略)0:00~ プレ放送開始。 カメラ位置調整など。0:08~ 放送開始。 アトレの東方コラボにまつわる話。 Z「でもこういっちゃ何だけどコミケも長くなったの... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">今月もちょいと早いですが、本日20時より二軒目ラジオを放送します。テーマは謎です。<a href="https://t.co/AvjQIHgjMa">https://t.co/AvjQIHgjMa</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/885683849375514624">2017年7月14日</a></blockquote><br /><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=PK10RtGxeAQ" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=PK10RtGxeAQ">https://www.youtube.com/watch?v=PK10RtGxeAQ</a><br />2017/07/14 20:00~<br />場所:今澤<br /><br />【出演】<br />Z=ZUN<br />豚<br />今=今澤店長<br />(敬称略)<br /><br /><strong>0:00~ プレ放送開始。</strong><br /><blockquote><p> カメラ位置調整など。</p></blockquote><br /><strong>0:08~ 放送開始。</strong><br /><blockquote><p> アトレの東方コラボにまつわる話。<br /><blockquote><p> Z「でもこういっちゃ何だけどコミケも長くなったのでコミケに対する新鮮さは何もないよ」<br /> Z「またコミケが来るんだな~みたいなのは無いです」<br /> 豚「あなた初めからそんなに無くない?」<br /> Z「始めの頃はあった。コミケコミケ、もうすぐコミケがあるな、頑張んなきゃって色々考えたんだけどもう無いです」<br /> Z「コミケに対する…コミケは日常にしか感じない」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「ちゃんとお出かけしたのは一週間ぶりですか?」<br /> Z「本当は一週間前にアトレに行ったときにてんアトレ目的に行ったわけじゃないんだけど、その後酒のコラムに行く予定だったから、じゃあ早めに行ってアトレ行こうかなと。酒のコラム銀座だったんだよね」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「コラムにもちょっと書いたんだけど、アトレ秋葉原が出来たときってさ、みんなアトレに対する敵対心凄かった。オタクの街にオタクじゃないものが入ってくる感じに、みんなの嫌悪感というか」<br /> 豚「そうかもしれないけど、元々そこまでオタクの街っていうかギークの街みたいな感じだったじゃないですか」<br /> Z「関係ない。排他的になる人間というのは何かしら理由をつけてそういう感じになるんだよ」<br /> Z「その施設が普通に入った結果東方がそこに入ったって面白くない?」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「一階のお洒落な花屋さんとかお洒落なケーキ屋さんにも逐一東方が置いてあって、買ったらカード貰えますってキャンペーンやってるんだよ。台無し!と思って」<br /> Z「そこで花買う人間がカード貰うわけないだろって」<br /> Z「それが全部の店に置いてあるんだよ。だから台無しって」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「こっちはいいんだけどね。自分はもう何やってもらっても構わない」<br /> Z「東方もそういう文化になるといいな。何やっても構わない人が増える感じ」<br /> 豚「まあ構わない以外の自由さがあって、わけわかんないことする人は楽しい範囲のわけわかんないことをしてもらえばね」<br /> Z「全部好きになる必要はないんで、自分は嫌いだけど許そうみたいなのはいいかな。そういう世界になってほしいね」<br /> 豚「いま幻想入りしそうだからねそういうの」<br /> Z「自分の違う考え方の人をね、結構生きづらい世界になっていくかもしれないからな」<br /> 豚「我々としてはそういう広くない、狭いところに住んでる人も生きてていいんだよってお互い言って」<br /> Z「そう思うのも昔からだいぶ排他的な人間だったから、僕はそういうのも考えてそういう時代じゃないなって、そんな考えではいけないなって思うようになってきた」<br /> 豚「大人になったね」<br /> Z「普通に大人になってるからね」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「成長っていうのは変化のタイミングだから、変化が少ないと成長が止まるんだよ」<br /> 豚「そういう意味では東方もZUNさんも変化に晒されてる」<br /> Z「変化してくんだよ。変化せざるをえない。でもコアの部分が一緒だから作品として生きてるだけであって。環境まで一緒じゃ生きていけない」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「謎の東方がああいうところで堂々としてるという」</p></blockquote><br /> 他、PCの排熱問題など。</p></blockquote><br /><strong>0:24~ 家のレコードやソノシートの話。</strong><br /><br /><strong>0:27~ 取り留めのない雑談。</strong><br /><blockquote><p> メシテロと店長の話。<br /> 部屋のマイ冷蔵庫は今はもう無いらしい。</p></blockquote><br /><strong>0:35~ 天空璋の話。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p>豚「天空璋の体験版はいつ公開されるんですかWebで」<br /> Z「ああ、そんなの決まってないし。正直どうでもよくなってる。体験版いる?」<br /> Z「体験版を用意するタイミングとか結構作業量多いんだよ。なのでマスター上がってからでもいいかな?」<br /><br /> Z「別に体験版ね、こっちも慈善事業でやってるわけじゃない。無料で出すものをね、普通に仕事を割いてまではできない」<br /> 豚「最初は300円だったからいいの?」<br /> Z「あれは一応仕事だったから。そこでデバッグできればそれでいいやって」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「この間私が言ったやつ確認してくれました?」<br /> Z「天星璋の話? そこも間違ってるって話。それは直した」<br /> 豚「そこじゃなくて、ボスのカードアタックのときに季節開放したらスペルカードフィールドになるって、被弾しないで倒したら」<br /> Z「それは多分霊夢がそうだったのかな。それはもう直した」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「あなたはこのラジオだと天星璋のほうが言ってるから」<br /> Z「ずっとコードネームがこっちだったから。ちょっと名前変えちゃっただけで」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 豚「東方ステーション出るんでしょ? 出ないの? 次の」<br /> Z「斎藤くんは出てほしそうだけど僕は出たいわけじゃないから」<br /> 豚「そりゃいつだて出て欲しいとは言うでしょう」<br /> Z「そこはスケジュールには入れない」<br /> Z「向こうが出る時間しか合わせようとしないから、結果ない時間だったら出たい」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「天空璋は何度遊んでもきっとよく分からない」<br /> 豚「おい作者、早くないそれ言うの早くない? 今なの?」<br /> Z「気持ち、今感じてる気持ちよさと遊んだ時の気持ちよさと結果の気持ち悪さが何なんだろう。えっ、璋ってそういうこと?みたいなね、気持ち悪いだろうな」<br /> 豚「すげーモヤモヤしてきた」<br /> Z「モヤモヤするでしょう? これ遊んでもモヤモヤするからね」<br /> 豚「私なんて5月以来ずっとモヤモヤしてるけど」<br /> Z「モヤモヤするでしょ? それを考えてる人たちを突き放してモヤモヤする。何なんだこれはと」<br /> 豚「その辺は次の外來韋編で詳しく…」<br /> Z「そのモヤモヤ感が絵に出てるからヤバイと思う」<br /> 豚「そうなの? 世間では魔理沙が正気に戻ったとか言われてるのに?」<br /> Z「絵ってこの後出てくるね。4面以降のボスの絵に出てくるから」<br /> 豚「そうなんですか? もっとヤバいの?」<br /> Z「モヤモヤするから…なんだろうなこれ。でも音楽はいいよ」<br /> 豚「クソゲーに対する言い訳みたいなの止めてもらえません?」<br /> Z「もう…そういう言い訳したいね」<br /> 豚「弱気だなあ」<br /> Z「大丈夫かこっから東方は若い人に向けて盛り上げていこうと思ってるのにってタイミングでこれって」<br /> 豚「そういう気持ちはあるのね。それなのに出すって」<br /> Z「このわかりにくいのでいいのかって。全てにおいてひねたやつでいいのかって思いますよ。まあそういうゲームってことで期待して貰えれば」<br /> Z「まあいろんなものに対する裏切る感じ。期待を裏切る感じ、もういいとか悪いとかない、裏切る感じ」<br /> Z「そういうこと言えば一応出たものに対する裏切り感は減るはずなんだよね」<br /> Z「きっとこういう内容なんだろうなってことを想像してるものや、今体験版で味わったような世界から想像できる世界とは別の世界が広がる感じ、突然、気持ち悪い。唐突で理解不能」<br /> 豚「もちろんZUNさんの中では繋がってる?」<br /> Z「むしろそのために最初から用意してた世界だから。ああ、ようやくここで…みたいな。でもなんか理解不能で」<br /> 豚「あとは戦々恐々と当日を待つしか無い」<br /> Z「簡単にクリアできそうだったゲームが…」<br /> 豚「えー、言えば言うほど不安になるんですけどどういうことですか」<br /> Z「そういう調整は今でもできるから大丈夫」<br /> 豚「まだこれからでしょう? まだこれからですよね」<br /> Z「でも設定的な問題もあるからなー」<br /> Z「何にしても今頭の中それでいっぱいだから話すことないんだよ。だから最近の時事も知らない。何があったかもわかんない。世の中今何が流行ってるの?レベル」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:47~ 今流行のイキリオタクについて。</strong><br /><blockquote><p> Z「僕はオタク武勇伝が大嫌いなの。多分嘘。すっごい辛くなる。いじめられっ子がいじめっ子をこうやってやったっていう、武勇伝みたいなやつ多分嘘なんだよ」<br /> Z「あの内容だってどう考えたってどっか辻褄が合わなかったり、だったらいいな的なことが入ってる感じが辛い。僕もそれは考えて欲しいとおもっちゃう」<br /> 豚「それを更に晒すって何回殺すんだよって」<br /> Z「それをいじめられっ子が克服する方法は自分を受け入れてその世界を広げていくことなのに、原因を取り除こうとする姿が僕は合わない」<br /> Z「そうじゃない、世の中はそういう世界じゃない、全ては今あるものを受け入れてからスタートが始まるんだよっていうことをまだ学んでないだなって辛い」<br /> Z「それを叩くのが流行ってるの? それは別にいいじゃん。そういうの書いてるんだってこっちが思うだけなんだから。あんまりみんなでこの人はこうなんだってなってたらそういうことも言えねえのか、こういうストレス発散できえねのかってなっちゃうから」<br /> Z「ツイートだとどうしてもリアルに経験したことを感じちゃうからいけない。そういうのを作品としてね、小説みたいなので出せばだいたいは世に出てるヒットした小説は、自分が経験の鬱憤晴らしが書いてあるから」<br /> Z「そういう鬱憤を晴らそうとこういうのを書いてる、こういう世界でこういうことやってますって作品それぞれ書いてるわけだよ。そういうのは叩かないんだからそっちに行けばいいんだよ」<br /> 豚「すいません、それはそれで叩かれる…」<br /> Z「それも叩かれたらもうどうしようもないな」</p></blockquote><br /><strong>0:50~ お酒の飲み方の話など。</strong><br /><blockquote><p> Z「お酒に強くなるわけじゃない。単純に体が慣れる、異物感を感じなくなる。一体化するんだよね、お酒と。その中ではワインは一体化してなかったんだよ。それが今は一体化してる。ワイン美味しいな」</p></blockquote><br /><strong>0:58~ コメントの質問を拾うタイム。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「空想科学読本と東方がコラボしますって、これ昨日斎藤くんから聞いたよ。そういう話凄い盛り上がってるよって聞きました」<br /> 豚「じゃあなんかあるんじゃない? 知らないけど」<br /> Z「僕としては全然いいけどね。だからといって何かが起こるわけでもないけど、楽しそうだよね。ただ無茶するなとは思いましたね」<br /> 豚「あれは元々ある意味無茶みたいなもんだからいいんじゃない?」<br /> Z「東方はより無茶だと思いますよ。科学的な世界で成り立ってないのでね」<br /> 豚「科学無い?」<br /> Z「精神世界ではどういうものが存在するか判らない」</p></blockquote><br /> <blockquote><p> Z「ソシャゲ化だけは拒絶したい? 拒絶なんかしないよ、全部受け入れるよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「このコメントを追えないようじゃシューターじゃない? 違うな、コメントは追わなきゃいけないけど、シューターは避ければいいから見なくていい」<br /> Z「もう年だから文字が見えないの、早くてさ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:05~ 最新体重事情やZUNコスプレ事情や孤独のグルメの話などの雑談。</strong><br /><blockquote><p> 座右の銘。<br /><blockquote><p> Z「人生の一番の銘は、座右の銘は『人を呪わば穴二つ』だけど、それは置いておいて次に人生大切だと思ってることは『長いものには巻かれろ』なんだよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「全然顔覚えられない。全然無理」<br /> 豚「ZUNさんも人の顔覚えられないタイプ?」<br /> Z「覚えないんだよね。興味が無いんだよ人の顔に。なんかね…雰囲気で覚える。変わると誰だか分からなくなる。結局雰囲気だから名前とかも覚えてないの。人に興味がないんだね」<br /> Z「でも人が嫌いとかじゃないんだよ。人と一緒に遊んだりするの大好き。何やっても楽しいんだけど興味がない。自分が楽しむことしか興味がない」<br /> Z「だから会社で働けなくなるんだよ」<br /> 豚「今自分の会社」<br /> Z「正直一人で全部やりたいね」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「そういう世界線もあった」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:31~ ポリポリのイベントの話。</strong><br /><br /><strong>1:35~ 今澤店長との語らい。</strong><br /><blockquote><p> 飲み屋の話など。<br /><blockquote><p> Z「大学のときは池袋が庭だったんだよ」<br /> Z「東武東上線で東京に出るって言ったら、東京の入り口が池袋ですから池袋に」<br /> Z「池袋のオタクな感じはよく知ってたんですけど、今の池袋はよく知らない」</p></blockquote><br /> 煙草と文化の話。<br /><blockquote><p> Z「今みんな社会的に禁煙な世界になってきてます」<br /> 今「肩身が狭い」<br /> Z「じゃあみんなが吸わなくなればいいって思ってるわけじゃないですけど、煙草を拒否したことによって文化がすごい落ちると思う」<br /> Z「煙草の文化ってものをみんなちゃんと見てないから。お酒の文化はあるからお酒は残る。煙草の文化っていっぱいあったはずなの。害があるからダメって、そんなこと言ったらみんな害あるわーって」<br /> Z「ゲームも害だって言われたらそれもしょうがないレベル。みんな言われてるわけだ。そういうことを分かんないで今文化を迫害してるのはちょっとまずいな」</p></blockquote><br /> お酒の好みの話。<br /><blockquote><p> 今「僕はよくこのお酒にはこの料理が合いますとかこの料理にはこのお酒が合いますって人いっぱいいるじゃないですか。僕は全然そんなことないと思うんです。個人の自由ですよね」<br /> Z「わかります! 僕もそれは正しいと思います」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「ワインも変わってるしね…ワインも新しい味出してるしさ、それは合うかどうか自分で決めればいい。人に委ねるなと。オススメは何かって聞くな!」<br /> Z「店に来てここは何がオススメかって聞く人あまり好きじゃない。僕はオススメを聞く人間を嫌ってる。だからと言って自分で選べないですけど」<br /> Z「いいものっていうのを自分で作っていかなきゃいけないわけじゃん。自分で考えて、これがいい、これが合う、こういうのを人に勧めたい、後世に残したいってなるんだったら人から聞いたものじゃダメなんだと思うよ」<br /> Z「自分でこうやって味わったものじゃなきゃいけない、自分で決めて自分で納得した世界、それで失敗しても自分がやったせいだからようがないっていう世界をやんなきゃいけない」</p></blockquote><br /> 他、風呂の話や老眼鏡の話など。</p></blockquote><br /><strong>2:23~ さらに店の常連客を交えての語らい。</strong><br /><blockquote><p> 惰性で仕事やってる話や映画・不夜城(映画)の話など。<br /><blockquote><p> Z「東京に来てから気になってるのは川魚が食えないの。川魚食べるタイミングが少なくてさ…田舎では川魚がメインだったんだよ。魚といえば川魚」<br /></p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「自分が作ってる東方はすべてプライベートなんだよ」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>3:36  放送終了。</strong><br /><br /><br />
86

2軒目から始まるラジオ第82(83)回放送のメモ

月末には少し早いですが本日20時より二軒目ラジオを放送します。今回はちょっと珍しい初ゲストがいるみたいですよ? お暇でしたらビールで夏の暑さを吹き飛ばしましょうhttps://t.co/ObGa9WJ2gS— 博麗神主 (@korindo) 2017年6月19日https://www.youtube.com/watch?v=nuZZQef44mY2017/06/19(月)20:00~場所:今澤【出演】Z=ZUN豚う=あきやまうに(黄昏フロンティア)秀=秀三(石鹸屋)H=Helnian(石鹸屋)(敬称略)... <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">月末には少し早いですが本日20時より二軒目ラジオを放送します。今回はちょっと珍しい初ゲストがいるみたいですよ? お暇でしたらビールで夏の暑さを吹き飛ばしましょう<a href="https://t.co/ObGa9WJ2gS">https://t.co/ObGa9WJ2gS</a></p>&mdash; 博麗神主 (@korindo) <a href="https://twitter.com/korindo/status/876619635633700864">2017年6月19日</a></blockquote><script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=nuZZQef44mY" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=nuZZQef44mY">https://www.youtube.com/watch?v=nuZZQef44mY</a><br />2017/06/19(月)20:00~<br />場所:今澤<br /><br />【出演】<br />Z=ZUN<br />豚<br />う=あきやまうに(黄昏フロンティア)<br />秀=秀三(石鹸屋)<br />H=Helnian(石鹸屋)<br />(敬称略)<br /><br /><br /><strong>0:00~ プレ放送開始。</strong><br /><blockquote><p> 石鹸屋の台湾話など。</p></blockquote><br /><strong>0:21~ 放送開始。</strong><br /><blockquote><p> 豚「ここの地下なんてもっとアレですよ。水槽があって」<br /> Z「アクアリウムがあって」<br /> 豚「ドラマのロケとかで使われるようなお店なんですけど、色んな意味でちょっとヤバイ感じが漂っちゃう」<br /> Z「前にそこで打ち合わせしたことがあるんだよね」<br /> 豚「何回か使いましたよね」<br /> Z「前にアレ、なんでしたっけ。一迅社の、Febriの売れた、艦これのおかげで売れた記念みたいなので飲みに行った記憶がありますよ」</p></blockquote><br /><strong>0:27~ ゲストが来た理由?</strong><br /><blockquote><p> 最初は東方ステーションの話など。<br /><br /> 紅魔郷Exをプレイしたときの話。<br /><blockquote><p> Z「マーカーないから避けるのも難しいし、基本不親切なゲームだよあれ」<br /> H「紅魔郷はキツイっすよね」<br /> Z「今のゲームに慣れてて、紅魔郷とかあの頃に戻るとえっこんなゲームだったっけって思っちゃうよ」</p></blockquote><br /> 2軒目ラジオになぜ構成作家はいないのか。<br /><blockquote><p> 豚「この番組だって我々がこう、アレはさすがにダメだろみたいなことを繰り返してきた結果が」<br /> Z「経験で作られた、番組。僕自分のことを思い出すと、技術で何か…能力でやってきたっていうよりは全て経験なんだよ。いろんなものを経験で、経験を積むことによってちゃんとしたものになるっていうことが判ってきてるから、何はともあれずっと経験積もうと。生放送ってそうなんだよ」<br /> Z「予めこうやってやってるのも、最初から良い放送にしようとか一切思ってないし、今も良い放送じゃないんだよ」<br /> Z「全部経験が、積み重なってる」<br /> 豚「積み重なったら良くなっていくだろうと」<br /> Z「もしかしたら新しい良さが作られるんじゃないかと」<br /> Z「新しい風を入れていってもビクともしないほどの経験で」</p></blockquote></p></blockquote><br /><br /><strong>0:34~ 石鹸屋のお土産と海老名の話。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「いづみ橋はいいよね。辛口で美味しいし」<br /><br /> Z「いづみ橋って橋があるんだけど超ちっちゃいの」<br /> H「いづみ橋ってどんな橋なんですか」<br /> Z「見たことある? ほら、昔タイトーがあった場所から、目の前のほっそい道入っていくんだよ。スポーツ屋さんがあったよね、スポーツ用品の」<br /> 秀「完全に地元の…」<br /> Z「そこから農道なの。農道入っていって、周り田んぼの中に、田んぼの途中にちっちゃい橋があるの。そこの隣に酒蔵があって、そこがいづみ橋って酒蔵なの」<br /><br /> Z「結婚式でいづみ橋にお願いして一斗樽用意してもらって、鏡割りしました」<br /> Z「いづみ橋って普段はそういうことやってないんだけどお願いしたらやってくれて鏡割りしました」<br /><br /> Z「たまに居酒屋でいづみ橋あるとこあって、おって思って頼んじゃう。本当にたまに。こっちに来て一回か二回」</p></blockquote><br /> 紅魔郷のときの住所表記。<br /><blockquote><p> 秀「昔の紅魔郷の…住所載ってましたよね。同人関係の作品は」<br /> Z「あれはね、僕の中ではわざとなんだよ。あれは二重のわざとなの。ユーザーに向けてと、会社に向けて」<br /> 秀「思いっきり社名入ってましたからね」<br /> Z「そうじゃなかったら入れないよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「僕の隣に住んでた同僚の青島ってやつが、ピザを一人で頼むんだよいつも。いっつも一人でピザ頼んでさ、僕と同じくらい痩せてたんだけど今は丸々と太ってますよ」<br /> Z「ウチでいつも売り子してるんだよ。一緒なんだよ今だに。今はだいぶ偉い人になっちゃった、スパイクチュンソフトの。偉そうな写真で記事に載ってたのを見た」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>0:43~ 超会議のときのライブの話。</strong><br /><blockquote><p> 幽閉サテライトの観客動員に驚いた話や地元トークの続きなど。</p></blockquote><br /><strong>1:00~ スッポン放送の思い出。</strong><br /><blockquote><p> 石鹸屋とビートまりおの馴れ初めなど。<br /><blockquote><p> Z「もう社会人にはなれないな」<br /> 豚「あなたは社会人になった後でしょ一回は」<br /> Z「人前には出れない」 <br /> 豚「出てるじゃん、散々出てるじゃん何言ってるの」<br /> Z「なんか人前でちゃんとやってるって考え方ができない。最初からちゃんとしないこと前提っていうことを、その場を作ってからでないと出れない」<br /> 豚「でもちゃんとしてないことをウリにしてるんじゃないの?」<br /> Z「ウリにしてるよ? でもちゃんとしてなきゃいけない場はちゃんとしてないことを出したら失礼にあたるから」<br /> Z「その場を自由にしていいってなったら出るけど、そうじゃなかったら断る。結局は僕が恥をかくだけだから」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:05~ 石鹸屋メジャー活動の話。</strong><br /><blockquote><p> ライブツアーやフラワリングナイトやアニサマに東方が出たときの話など。</p></blockquote><br /><strong>1:23~ 音楽の話Part1</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「音楽トークはしてみたい。僕のエゴとして。でも2軒目ラジオでするタイミングはなかなか無かった」<br /> Z「まりおが酔っ払ってするんだけど、まりおも2軒目ラジオ出ないから」</p></blockquote><br /><blockquote><p> う「ZUNさん曲聴きます? 人の曲というか…」<br /> Z「昔は聴いてた」<br /> う「自分の曲しか聴かなくなりますよね」<br /> Z「最近はそうなってきた」<br /> う「作ってると。作ってるのの確認と言うか」<br /> Z「一番自分の曲が好きになってくる」<br /> う「僕はそうなんですけど、作り終わったら俺すげーってなってそればっかり聴いてる」<br /> Z「過去の曲を聴いて俺すげーって」</p></blockquote><br /> 石鹸屋の曲の作り方で他の人にお願いするという話から。<br /><blockquote><p> Z「人に頼むってやり方をしたことがないから分からないね。自分で曲を作るっていうのはアウトプットだけが答えだから、打ち込みだろうが生演奏だろうがみんな一緒なんだよ。どんなテクニックであってもそうなので、その結論のためには適当なことするじゃん。その部分を人に委ねることができない」<br /> Z「人にこここうやってくださいって考え方がわからない。僕がもし曲をお願いするとしたら自分の作った曲聴かせてアレンジしろって多分そういうことになると思う」<br /> Z「黄昏さんにはほぼこれでやってるわけ。僕がこういう曲出して、その曲のアレンジをしろって勝手に言ってるだけ。ステージなんて全部そうなんだよね、アレンジするしかない」<br /> う「ウチ…黄昏は僕野放しですからね完全に。石鹸屋さんにも頼んだ、深秘録で秀三さんに。リテイクなく野放しにしたけど、みんな好きなように」<br /> Z「結局深秘録はよかったよね。みんな一曲しか作らないとなるとやっぱりいい曲作りたいじゃん、みんなより目立つ曲作りたいと思うと、もうストーリー…ストーリーはうにさんが作ってるアレですけど、対戦って基本最初から盛り上がる曲ばっかり多くて」<br /> Z「これじゃあ対戦とか盛り上がるじゃんって思っちゃう」<br /> う「あれだけでストーリーとか構成したら最初から盛り上がる」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「深秘録アレンジでは聖徳伝説が一番だと言われてるけど僕もそう思います、シンプルにカッコいい」<br /> Z「王道だよね、本当に王道。元の曲もあんな感じのイメージだったんだよ僕の中では。それに近くてカッコよかった」<br /> う「でもタカさん音楽引退しちゃった…」<br /> Z「伝説に残るな」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「ドラムかっこよくやりたい…曲でも聞かせたいと思うんだけど、ゲーム中のスピーカーより、PCについてるスピーカーだと、ヘッドホンだとドラムの良さ伝わらないね」<br /> Z「そうするとドラムなんてもっと聞ける音でバンバンって出したほうが聴いてる側は気持ちいい、そうすると生演奏なんていらないんだよ」<br /> Z「輝針城でExのときに和太鼓の音入れたんです。であれを入れてあれを活かそうと思っても僕の技術ではどうやってもその、この和太鼓の音をカッコよく出せるのかが分からなくてできなかった」<br /> Z「なんか適当にやってバンバン出すんだけどなんかうまく行かない」<br /> う「いや和太鼓波形がすごく嫌なんで…」<br /> Z「あれスピーカーでは、波形ではすごくうるさいんだけど、スピーカーでは聞こえない」<br /> う「変ですよねあれ、心綺楼で使ったんですけど」<br /> Z「あれを活かしたいんだけど、聴いてもあまり和太鼓に聴こえそうにない。生演奏じゃないんだけど、生演奏でも多分同じ録音やマスタリングの関係でうまくいかないんだろうなって思う」</p></blockquote><br /><br /><blockquote><p> Z「10年前くらいは打ち込みがメインだったし、打ち込みのほうが人にウケたんだよ。聞く側も曲として」<br /> Z「生で演奏したりするとなんだよ下手くそがってなったんだよ、ズレたりなんかすること自体がね」<br /> Z「そのタイミングは、僕が作った曲が実はだいたい適当に弾いた曲なんだよ。紅魔郷とか妖々夢とかはわりと弾いたまんまの曲が多い。拙くてもそのまんまにしてる。それがウケると思った。ある意味目立つ」<br /> Z「そこで生演奏が流行ると拙いのを出すわけにはいかないから、今はどちらかというとちゃんとした曲を作ってる」<br /> Z「今は演奏してヴォーカルがあるのが当たり前の世界だから、そうなると今度は普通に打ち込みした曲を作ってるのはある意味特殊になってる」</p></blockquote><br /> 他、チップチューンやMMLで曲を作った話など。</p></blockquote><br /><strong>1:51~ 上海アリス幻樂(楽)団の表記について。</strong><br /><blockquote><p> Z「夏コミで上海アリス幻樂団の樂が簡単なのになってるって(コメントで)言われたけど、全部そうだから今までもコミケは」<br /> う「コミケだとそうなる?」<br /> Z「コミケだと全部そうなってます」<br /> う「読めない?」<br /> Z「旧字体は使えないかもしれないってことで全部変えてます。今まで参加したやつは全部そうなってるから確認して下さい」<br /> Z「これ改名したのかな?ってなってるけど、他の人からみたらにわかだって言われちゃう」<br /> 豚「いいじゃないですかにわかで…」<br /> Z「僕はにわかがいると嬉しい。にわかって言うとあれだけど、新しい人がいると嬉しい」</p></blockquote><br /><br /><strong>1:53~ Helnian氏のクリスマス放送の話。</strong><br /><blockquote><p> 上海アリス総選挙の話から。<br /><blockquote><p> Z「東方の人気キャラ投票のところに僕を入れてくれれば」<br /> う「今入ってないんでしたっけ?」<br /> Z「知らねえよ、どういうルールになってるか知らない」<br /> H「以前いましたよね?」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「一位になってみてえ…」<br /> う「多分次入りますよ」<br /> Z「一位になってみたいよね。多分その管理してる人間がゲームキャラ以外はダメって言っちゃうの」<br /> 豚「大人げないでしょ。あんたが自分で霊夢に勝ってどうすんの」<br /> Z「…やった!」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>1:59~ 音楽の話Part2</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「他はやっぱ打ち込みだったから、そうじゃないのが僕としては良かったの。上手い下手になっちゃうとまた別なんだけど、そういうのがあるっていうのにね」<br /> Z「そういうのに僕は憧れてるから自分の出した曲は当時は結構適当だったの。むしろ打ち込み感、キッチリ感を少し外そうとしてたんだよ。あえて」<br /> Z「そういうのを適当にやって、下手くそだけどいいやって感じのほうが最初はそれでよかったの。今はむしろそうじゃないんですけど」</p></blockquote><br /><blockquote><p> う「ZUNさん昔は丁寧に弾いてた?」<br /> Z「基本弾いて曲作ってる」<br /> う「クオンタイズはかけてるんですか」<br /> Z「クオンタイズを…ちゃんとはしてない。してるのもあれば、適当に」<br /> う「僕がすごい印象に残ってるのは、紅魔郷ぐらいのトランペットは、ブレスのところちゃんと空いてるなってイメージがすごいあった」<br /> Z「そんなことない、最近はブレス関係なく空くよ? それは曲としてよければそこで空ける」<br /> Z「昔は生演奏に憧れがあって、だから生演奏に近づける曲が多かった。今はそうじゃない、曲としてよければそれでいいやって感じ」<br /> Z「生演奏が増えたからかもしれない。当時は生演奏ってなかったんだよあんまり。だからあえて生演奏っぽくしたかった」<br /> Z「今はあえて生演奏っぽくするなら生演奏しろよって時代だから、じゃあ生演奏にしない、そうじゃないって考え方」<br /> 豚「常にアンチ」<br /> Z「常にアンチ、そういう性格なんだよ。こういうのがいい時代だったらそういうのじゃないよって考え方しちゃう」<br /> 豚「もしくはそこはもうるからいいやってなっちゃうよね」<br /> Z「それはしょうがない、勝てないし」</p></blockquote><br /><blockquote><p> う「STGだけだと変なテンポだと問題が…」<br /> Z「難しい…別にSTGの音楽にそこまで求めないです。僕が求めてないだけでユーザーは求めてるかもしれないけど…僕は求めない」<br /> Z「僕はそういうのではなく…すげーいい音出すわけでもないんだな、ゲームさえ盛り上がればいいはず」<br /> Z「ゲームが盛り上がる曲とはなんだろうとか、そういうのを突き詰めるのを考えた結果が出てるのが僕の曲なので、他の人の曲とはまたちょっと違う」<br /> う「いいんじゃないですか音楽CDのときにやれば」<br /> Z「音楽CDは結構自分のやりたい放題やってるけど、やっぱ僕の技術がそこまでないから今までの僕の曲っぽくない。でも音楽CDは癖のあるのが多いと思う」 <br /> Z「普段僕がゲームではやりづらいからっていうのを結構入れてる」</p></blockquote><br /> 憑依華の話へ。<br /><blockquote><p> Z「今はベースとドラムとメロディだけど、それとゲームやキャラクターも並行して進んでいく。こういうやり方したい。こっちを直してこっちを直してって両方出来てたほうが絶対良くなると思う」<br /> Z「そういう風に作らなかったらどうやってゲームを作るんだよって思っちゃうぐらいだよ」<br /> Z「だからよっぽど全部が見えてる人間が、統一していってって多分そういうやり方になるんでしょうけど、見えてる人がだいたい信用できないからね。信用がおける人間しかゲームが作れなくなっちゃう」<br /> 豚「だいたいどこの会社がプログラマと作曲家が同じなんだよ…」<br /> Z「一緒一緒。プログラムも作曲も絵描くのも一緒」<br /> う「じゃあ黄昏のときの曲はじゃあ結構例外みたいな感じですか」<br /> Z「あれ依頼されてくると突然作り方難しくなる。だからさすがに作る曲は結構合わせて作るよ。作ってるつもりだよ」<br /> う「後ですからね」<br /> Z「画面に合わせて作るイメージ、あれは僕がメッセージ出すタイミングとかメッセージのイントロ、だいたい初めてのときはイントロを、メッセージ読み終わったらイントロ終わって始まるような作り方してる」<br /> Z「あの(対戦が)長いからさ」<br /> う「なんであんなに長いんですか? だいたいサントラに入れるとき2ループして入れてるんですけど、ZUNさんの曲だけ滅茶苦茶長い」<br /> Z「ゲーム自体が長いんだよ。ストーリーが盛り上がって最後のサビぐらいでスペルカード、最後のスペルカード出るように作りたいからさ、長くなるんだよ」<br /> う「まあタイミング制御できないですけどね大体」<br /> Z「タイミング良く出すとかじゃない、なんとなくそのタイミングで盛り上がってるよう作りたいわけ」<br /> う「多少ズレても…」<br /> Z「そうするとどうしても長くなるんだよ。でもあれは作りづらい」<br /> 秀「ボスキャラほど曲が長い印象ですね」<br /> Z「黄昏さんだとそうだね。僕のゲームなんてね、ボスは…もちろんラスボスとかは長いんですけど、1面とかはすごい短い。そうして短くないとすぐ終わらない」<br /> Z「だから今回天星璋で若干失敗してる。1面の曲は普通に倒しちゃうと最後まで聴けないんだよ。ちょっとね、言っちゃ悪いけど紺珠伝の癖が残っちゃってて、紺珠伝が長く作る癖があって長く作りすぎちゃった。あんなに長く曲聴けなかった」<br /> Z「天星璋ではあの癖は直そうと思ってる」<br /> 豚「こらこら、天空璋」<br /> Z「天空璋ね」<br /> う「憑依華も長いんでしょう?」<br /> Z「憑依華もだいぶストーリー決まってきて、長くなるよ。絶対盛り上がるもんアレ。だから演出っぽいことが盛り上がってきて、今まで黄昏さんで培ってきた演出、こうすればよかったってのが結構集大成っぽいものが出せるんじゃないか」<br /> う「僕も今回結構ね仕込めるところが多いですね」<br /> Z「今までやってきた反省が全て活かされる。だから若干発売日が延びちゃいまして」<br /> Z「まだ発売日いつって言ってないのか」<br /> う「言ってない。どうなるかわかんない。僕もわかんない。夏ではない」<br /> う「体験版出すときにZUNさんCD-Rで、ウチ最初プレスの予定だったから、プレスにしてZUNさんRかってちょっと笑いたかったのに、なんか知らないけどいつの間にかうちもCD-Rになってて」<br /> う「そのくらいの…それだと夏には無理でしょ、そういう状況で」<br /> Z「でもね今回憑依華は体験版すげー良く出来てる。初めてあの体験版遊んだ」<br /> う「今まではなんだったの」<br /> Z「自分の付けた技の名前とかみるだけかなと思ったんだけど、初めてこの組み合わせだとどうなるんだろうとか」<br /> 豚「気に入ってますよね」<br /> Z「要はゲームなんだよゲーム。ちゃんとゲームとして完成されようとしてる。新しいもの入れつつ良くなってきてる感じがいい。それはちゃんと組み合わせ、東方のキャラクターとかの組み合わせを楽しませるよう作ってて、東方のゲーム作るならこうじゃなきゃいけないよみたいなやつだった。いやよく出来てる」<br /> Z「最後まで出たら面白い…まだ出来てないからアレなんだけど。まだ出来てないから面白くなるんじゃないかなと。いま企画段階で進めば基本面白いはず」<br /> 豚「企画段階はとうに過ぎたでしょ」<br /> Z「企画段階っていうと語弊があるな。計画があってさあ実作業だって段階に来てるわけ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> う「でもねえ…夏無理ですよ。僕も無理だった」<br /> Z「夏じゃなくて良かったです。僕もゲーム作ってて厳しい」<br /> 豚「でも最初は夏が両方目標だった…?」<br /> う「最初例大祭とか言ってた」<br /> Z「今回の例大祭に出すつもりだったんだよ」<br /> 豚「最初例大祭って聞いててあれーって、どんどんなんか…」<br /> う「PS4やってなきゃできたかもしれない」<br /> Z「PS4はあっさり終わるっていう言い訳してたんだけど、思ったより出来なかったんだよね。あれがなければ予定通り去年の冬に体験版出して、今年の例大祭ではゲームが出るはずだったんでしょうね」<br /> う「去年ずっとやってましたからねPS4も」</p></blockquote><br /> 他、石鹸屋との馴れ初めやドラムなしでメロディ作れない話など。</p></blockquote><br /><strong>2:19~ Helnian氏の放送についてや塩を振るおじさんの話や茨歌仙8巻の著者近影の写真を撮ったりなど。</strong><br /><blockquote><p> 著者近影の写真でへっぽこさんが見切れているのが使われている、という話があったがそういう写真は見当たらないようだ。</p></blockquote><br /><strong>2:31~ ニコニコこき下ろしのターン。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「ニコニコ超会議でyoutubeで放送しようって言うと、伴さんが『えー絶対ダメって』。あれードワンゴってそういうのに共用する会社だったのになーって」<br /> Z「面白いことならやるかもしれないけど、自分に対して不利益っぽいことは拒否するんだーって、ちょっとおもしろくなくなっちゃったな」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「人間本来こうであったらいいという理想論だけは言えるよ。僕としては理想論を自分がどれだけ結び付けられるかっていうために頑張ってるわけです」<br /> Z「やっぱ理想論のためにはここは切り捨てなきゃいけないって考え方が僕の考え方なんだよ」</p></blockquote><br /> 他、ビートまりおの話など。</p></blockquote><br /><strong>2:39~ 放送一端区切り後の雑談。</strong><br /><blockquote><p> 海老名トークの続きや二郎系ラーメン食べたことない話など。</p></blockquote><br /><strong>2:51~ 薄毛と白髪と夢判断の話。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「これ最近切ったばっかだから薄く見えるでしょ? 大丈夫なんだけど、悩みもある」<br /> Z「真っ白なんだよ髪の毛」<br /> Z「これ明るい場所行くとお爺さんみたいなんだよ。ちょっとお爺さんっぽさ隠すためにもね、帽子は必要なの」<br /> 豚「人前に出るイベントが近づくと染めてる」<br /> Z「染めないと何歳か判らないよ」</p></blockquote><br /><blockquote><p> Z「僕は歯が抜ける夢よく見ますよ」<br /><br /> Z「ゲーム作ってると弾幕避ける夢よく見ますよ」<br /> 豚「そりゃそうだよ!」<br /> Z「本当にうなされるくらいよく見ますよ」<br /><br /> Z「一日に何回も夢を見るんだよ、眠りが浅いとさ。一日に何回も見てるのは全部覚えちゃう」<br /> Z「でもそこでバグを見つけたり、新しい考えが浮かぶんだよ。プラスなんだよプラス」<br /><br /> Z「夢の中の怖い夢って、それが現実じゃなかった瞬間に快感に変わって、ストレス発散できるんだよ」<br /> Z「疲れてるときほど怖い夢見たくて、見たいな見たいなって思いながら寝ますよ」<br /> 豚「完全に強者の裏技みたいなこと言ってるけどさ、無理だから…普通の人」<br /> Z「僕は怖い夢大好きだから、寝る前に怖いもの見ようとする。それが夢に反映されないんだよ最近は」<br /><br /> Z「コミケにゲームが間に合わない夢よく見ます」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>3:03~ 同人イベントの思い出話。</strong><br /><blockquote><p> 今年の例大祭の失敗についてなど。</p></blockquote><br /><strong>3:17~ 蕎麦食いタイムやお勘定。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「人生はお金を得るためにやるのは正しいんです。お金を得て楽しい人生を送りたいからやるんだよ。でも楽しくないのにお金を稼いじゃ意味がない」<br /> Z「そうすると楽しければお金なくてもいいやが正しくなっちゃう。でも結果お金がなければ楽しくなれないので、楽しくするためにはお金稼げて楽しくなきゃいけない」<br /> Z「それのいいバランスを取りたい」</p></blockquote><br /> Helnian氏のモヒカンが子供にアンタッチャブル扱いされていることについて。<br /><blockquote><p> Z「どんな人でも自分にとって決めつけてこれがダメだって言わないようにして、そうではなく良さそうだけどダメだったかもしれないし、これはダメそうだけど良かったっていうのを選ぶ世界になっていくんだよ」<br /> Z「だから肌の色なんか関係ないって時代から、さらにもう一つ先に進んで趣味の違いをどう受け入れていくかの世界になってきたんだよ」</p></blockquote><br /> 子供のことについて。<br /><blockquote><p> Z「この歳になると新しいこと少ないじゃん。毎日が新しいんだよ? 毎日新しい情報が入ってくるんだよ。最高」<br /><br /> Z「僕の考えでは自分のやってきたことを続けることが出来る、子供のおかげで」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>3:53~ 告知タイム。</strong><br /><blockquote><p><br /><blockquote><p> Z「あのねゼルダクリアした」<br /> 豚「それ告知でいいの?」<br /> Z「だからしてるからちゃんと仕事してる」<br /> Z「ガノン倒した瞬間に集めるとか全部興味なくなって全部仕事してる」<br /> Z「どうやったらクリアできるかしか見てない」</p></blockquote><br /><blockquote><p> 秀「(天空璋の)冬の使いみちがわかんねえって」<br /> Z「多分単純にボスがすぐ倒せるから楽だよ」<br /> Z「後半に行けば行くほど辛い攻撃が計画的に倒せるようになる」<br /> Z「稼げるよ、冬が一番稼げる。上級者向けってことね」</p></blockquote></p></blockquote><br /><strong>3:57 放送終了。</strong><br /><br /><br />
85

東方ステーション#3 東方「絵」特集のメモ

http://live.nicovideo.jp/gate/lv3001790832017/07/09(日) 開場:19:50 開演:20:00【出演】ま=ビートまりお(MC)Z=ZUN赤りんごAlstroemeria Recordsayame北條孝宏(博麗神社例大祭社務所)是=是空とおる(アクシア)(敬称略)0:00~ 放送開始。0:02~ アトレ秋葉原東方コラボの話。展示された年表を見ながら Z「こんなの見る人いるの?」 「それが見てるんですよ。ガンガン写真撮ってツイートしてくれて」 店舗を見ての... <a href="http://live.nicovideo.jp/gate/lv300179083" target="_blank" title="http://live.nicovideo.jp/gate/lv300179083">http://live.nicovideo.jp/gate/lv300179083</a><br />2017/07/09(日) 開場:19:50 開演:20:00<br /><br />【出演】<br />ま=ビートまりお(MC)<br />Z=ZUN<br />赤りんご<br />Alstroemeria Records<br />ayame<br />北條孝宏(博麗神社例大祭社務所)<br />是=是空とおる(アクシア)<br />(敬称略)<br /><br /><strong>0:00~ 放送開始。</strong><br /><a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-31-5_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-31-5_No-00s.png" alt="東方ステーション3-3" border="0" width="400" height="203" /></a><br /><strong>0:02~ アトレ秋葉原東方コラボの話。</strong><br /><blockquote><p><a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-0-47_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-0-47_No-00s.png" alt="東方ステーション3-12" border="0" width="400" height="203" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-1-25_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-1-25_No-00s.png" alt="東方ステーション3-11" border="0" width="400" height="203" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-2-7_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-2-7_No-00s.png" alt="東方ステーション3-10" border="0" width="400" height="202" /></a><br />展示された年表を見ながら<br /><blockquote><p><br /><a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-2-36_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-2-36_No-00s.png" alt="東方ステーション3-9" border="0" width="400" height="202" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-3-50_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-3-50_No-00s.png" alt="東方ステーション3-8" border="0" width="400" height="215" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-4-45_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-4-45_No-00s.png" alt="東方ステーション3-7" border="0" width="400" height="205" /></a><br /> Z「こんなの見る人いるの?」<br /> 「それが見てるんですよ。ガンガン写真撮ってツイートしてくれて」</p></blockquote><br /> 店舗を見ての感想。<br /><blockquote><p><br /><a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-7-3_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-7-3_No-00s.png" alt="東方ステーション3-6" border="0" width="400" height="203" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-8-48_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-8-48_No-00s.png" alt="東方ステーション3-5" border="0" width="400" height="203" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-9-49_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-9-49_No-00s.png" alt="東方ステーション3-4" border="0" width="400" height="202" /></a><br />Z「次は高島屋かな?」<br /> 是「業界が動いたらどうするんですか」<br /> Z「atre、全然オタク感なかったからさ、ピンときてない」<br /> Z「店員さんがどう思っているかが気になります。特に花屋さんの店員がどう思ってるかが気になります」</p></blockquote><br /> 仕掛人の是空とおる氏と北條孝宏氏の弁明。<br /><blockquote><p> ま「あれそもそもなんでatreで東方コラボしようってきっかけは何だったの」<br /> 是「元々アレは僕が仕掛けさせていただく段階でatreさんの方で、atreって色んなアニメゲーム漫画の方とオフィシャル的なコラボしていて、大型のものも多かったので」<br /> 是「現場の方ももっと面白いことしたいみたいな意見多かったので、色々考えた結果始め気楽に東方Projectはどうですかって迂闊に言ってしまったの」<br /> 是「先方さんも社会人の人多いので、商業施設ですから聞いたことありますとか、奥の方からはそれやれるんですか?みたいな。危ないなこの流れって思って、すぐ北条さんに連絡して巻き込まれてって」<br /> ま「それやっていいの?って気持ちがあったんでしょうねアトレ側にもね」</p></blockquote><br /> 他、協賛企業の博麗神社崇敬会についてや準備期間の短さについてなど。</p></blockquote><br /><strong>0:18~ コメンテーター登場と紹介。</strong><br /><br /><strong>0:24~ 東方の絵(原作・同人)についての話。</strong><br /><blockquote><p> 東方コラボの話。<br /><blockquote><p> 是「atreの絵もZUNさんの絵使わせてって。『自分の絵はゲームのパッケージに使って、ゲームの中の絵だからそれだけ切り取られて使われても困る』って言われたから」<br /> ま「atreのやつもZUNさんの絵が良かったなーって声結構見てるんですよ」<br /> 是「これはこっちも速攻訊いてますよ」</p></blockquote><br /> 他、赤りんご氏が原作絵をデザイナー視点でひたすら持論を展開する。<br />キャラクターデザインがどれだけ優れているか、作品ごとのレイマリのデザインの違いや衣装の記号性など。</p></blockquote><br /><strong>0:35~ メロンブックス提供の人気の(一般)同人誌リスト(売上ではない…らしい)。</strong><br /><blockquote><p> <a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-56-20_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_5-56-20_No-00s.png" alt="東方ステーション3-2" border="0" width="400" height="203" /></a><br /></p></blockquote><br /><strong>0:45~ プロになった同人作家リスト(番組の独断と偏見による)。</strong><br /><blockquote><p> <a href="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_6-1-17_No-00.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/SnapCrab__2017-7-10_6-1-17_No-00s.png" alt="東方ステーション3-1" border="0" width="400" height="203" /></a><br /> イラストレーターになるには、みたいな話など。</p></blockquote><br /><strong>0:49~ 同人作品ピックアップのコーナー。</strong><br /><blockquote><p> 音楽サークル3つ。</p></blockquote><br /><strong>0:57~ 本日のワンプレイのコーナー。</strong><br /><blockquote><p> 課題は東方妖々夢Ex。全員橙越えられず終了。<br /> ayameさんから「私やったことないんですよね」発言が飛び出す。</p></blockquote><br /><strong>1:16~ ADはやとくんのコーナー。</strong><br /><blockquote><p>原作(妖々夢)をプレイ。Normal2面で終了。<br /> 次回の課題はキャラクターを覚えてくること。</p></blockquote><br /><strong>1:33~ 東方なぞかけのコーナー。</strong><br /><br /><strong>1:40~ 今後の東方イベントのまとめ。</strong><br /><br /><strong>1:42~ エンディング。</strong><br /><blockquote><p> 番組の蓋絵を赤りんご氏を担当する話など。<br />  「来月は多分ZUNさんが来ます」<br /> ま「多分ZUNさんが来ますということで」<br />  「一応OK貰ってます。多分来ます」</p></blockquote><br /><strong>1:49  放送終了。</strong><br /><br />
    Return to Pagetop