FC2ブログ
プロフィール

管理者:矢吹天成(旧名:石動雷獣太→無)
TwitterID:@LittleTrailHand
東方歴は地霊殿から。今はただ仲間が欲しい。

カウンター

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1384' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
127

東方茨歌仙 第47話『幸災楽禍の理想郷』の感想

Febri vol.51掲載東方茨歌仙 第47話『幸災楽禍の理想郷』本日Febri vol.51発売日です!東方茨歌仙47話掲載されています!どうぞよろしくお願いします!!!!とだけ…!!!すごい展開だ!ぜひ本誌で!また電子書籍も同日発売です!https://t.co/OMdvUg3IY9— あずまあや(azmaya) (@a_to_z) 2018年10月17日ZUNさん都合の休載を経て47話。気がついたら43話からずっと茨歌仙の感想を書いてなかったみたい。例大祭の原稿と被った... Febri vol.51掲載<br />東方茨歌仙 第47話『幸災楽禍の理想郷』<br /><br /><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">本日Febri vol.51発売日です!東方茨歌仙47話掲載されています!どうぞよろしくお願いします!!!!とだけ…!!!すごい展開だ!ぜひ本誌で!<br>また電子書籍も同日発売です!<a href="https://t.co/OMdvUg3IY9">https://t.co/OMdvUg3IY9</a></p>&mdash; あずまあや(azmaya) (@a_to_z) <a href="https://twitter.com/a_to_z/status/1052526372340387840?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年10月17日</a></blockquote><br /><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><br /><br />ZUNさん都合の休載を経て47話。<br />気がついたら43話からずっと茨歌仙の感想を書いてなかったみたい。<br />例大祭の原稿と被ったりして色々と間が悪かったので<br />今回からまた頑張っていきたい。<br /><br /><br /><br /><br />というわけで本編。<br />のっけから永遠亭を探して彷徨う魔理沙。<br />そこ見かねた兎たちが道案内をしてくれる。<br />そういうこともあるんだ? みたいな感じの描写。<br />妹紅に頼むとかはできなかったのかな?<br />そんな兎たちを狩って食おうというのだから、幻想郷の人間のメンタルはやばい。<br /><br /><br />一方その頃博麗神社では、昏睡状態になった霊夢の話を聞きつけて咲夜や早苗が様子を見に来る。<br />さっきの魔理沙は、どうやらこの霊夢のために永琳を呼びにいったらしい。<br />霊夢が空腹で倒れたものと思って、何もない空間から食べ物をパっと取り出す咲夜さん。<br />早苗は霊夢を目覚めさせるために、色々と道具を広げて儀式めいたことをやっていたが<br />逆に貴方が封印しているように見えると咲夜さんに突っ込まれる。<br /><br />魔理沙がようやく永琳を神社につれて帰ってくると<br />二人は咲夜が持ってきた料理を食べながら談笑している真っ最中。結構この二人仲がいい。<br />さっそく霊夢を診る永琳だが、見たところ聴診器ぐらいしか見当たらないのに<br />一体何で脳波を調べているのか…? しかし霊夢は病気ではないので治療法はないという永琳。<br />このままでも身体が腐らない薬を出すものの、目覚めさせる薬ではないという。<br />永琳は本人か誰かの意志で目を覚まさないのだろうということで<br />第三者が邪魔をしないほうがいいと言って神社を立ち去る。<br /><br />永琳が立ち去った途端あの薮医者!と悪態をつく魔理沙。<br />眠っている奴にどうやって薬を飲ませればいいんだと言っているが<br />前回は食あたりで三途の川を渡りかけていた霊夢に薬を飲ませていたような…。<br />というか今回の話は前回と色々と被っている。<br />単行本で見たらまた霊夢殿が死んでおられるぞ!って感じになりそう。<br />薬が前回の丹と違って粉薬っぽいので、どうやって飲ませればいいんだと思うのはまあ仕方がない。<br />結局永琳でも原因不明としかわからなかったので、霊夢が目覚めるまでみんなで神社を見張ることに。<br /><br /><br /><br />翌日話を聞きつけた妖夢が神社にやってくる。<br />妖夢は空を飛んで神社までやってきたらしいが、漫画で見ると結構新鮮な低空飛行描写。<br />漫画だと大抵みんな鳥居をくぐってやってくる印象が強く<br />飛んでいるのはだいたい魔理沙ぐらいなものである。<br /><br />妖夢は境内で『倒れ霊夢』の看板を見つけ、まるでお葬式みたいと思いながら障子を開けると<br />そこには霊夢を心配に思って駆けつけた人妖達が! 酒盛りを!<br />人間たちはさることながら、マミゾウやあうん、アリスの姿も見える。<br />なんかすごい久しぶりに見た気がする原作アリス。台詞は無し。<br /><br />そこにお見舞金として金を徴収しようとするにとり。妖夢がチャリーンとお金を支払っているが<br />この描写なんか違和感あるな…と思ったので過去を遡ってみたら<br />文花帖のときはお給金も出ないみたいな文とのやりとりがあったのでどうもそのせいらしい。<br />ようやく幽々子からお小遣いが貰えるようになったのかな…と思うと涙を禁じ得ない。<br />まあ厳密に言えば、儚月抄でもおそらく自費で霖之助から科学雑誌購入してたりしたけども。<br /><br />妖夢がどうして倒れた霊夢の周りで宴会してるのかと魔理沙に尋ねると<br />周囲で騒いでいれば、いてもたってもいられず起きてくるに違いないという天の岩戸作戦のつもりらしい。<br />妖夢は霊夢が健康体であることを知るとほっとするが、見舞金を騙し取られたことに気付いて落ち込む。<br />霊夢の昏睡状態は既に二日間に及んでいた。<br /><br />やがて霊夢が倒れた謎を解き明かすために集まった人妖の中で情報交換が始まる。<br />マミゾウは掃除中の霊夢がそわそわしていたのを目撃し、にとりは紅葉祭りの概要を聞きに来たときのことを話す。<br />にとりは紅葉祭りの成功を疑問視していたが、霊夢は絶対の秘策アリと自信満々のようだった。<br /><br />ここで妖夢から、彼岸で霊夢に似た幽霊を目撃したという噂を聞く。<br />それについて冥界で幽霊たちから質問攻めにあっていたらしい。<br />妖夢が博麗神社を訪ねたのはそういう理由があったからだという。<br />確か幽霊は喋れない…みたいなことが求聞史紀に書いてあった気がするが<br />妖夢は幽霊との意思疎通が可能なようだ。さすが半人半霊ということなのか。<br /><br />ここでそれまで黙って座っていた天子が待ってましたとばかりに存在を主張しだす。<br />今の霊夢からは、天子が最も嫌う血なまぐさい死の穢れの匂いがぷんぷんするという。<br />その霊夢の霊魂の痕跡から、霊夢の霊魂は死の穢れで充満している地獄だと言い放つ天子。<br />ざわめく一同。<br /><br /><br /><br />一方その頃、霊夢はいくら進んでも終わりのない暗闇の中を、たいまつの炎を頼りに一人歩いていた。<br />その脇には霊力あふれる珍品の入った小箱を抱えていたが、まさか罠だったとは…と独りごちる。<br />そんな暗闇に、ウェルカムトゥヘル!という音声が響き渡った。その音声によるとここは無限地獄。<br />まるで録音されたような音声に霊夢の苛立ちは募るばかり。<br />霊夢に録音という概念があるんだなというのがちょっと驚いた。<br /><br /><br />再び博麗神社。天子に霊夢は地獄に行ったという話を聞いた一同は、やっぱり…といった感じで納得しかけていた。<br />自ら望んだまま地獄には行かないだろうということで、誰かから攻撃されているんじゃないかと天子は結論付ける。<br />心配ないなと言うと、霊夢が大好きで仕方のない魔理沙は一人だけ必死に抵抗する。<br />しかし天子は勝ったら戻ってくるし負けたら地獄で裁きの手間が省けるだけと返されてしまう。<br />なんだか霊夢が地獄へ行くのが当然みたいな話の流れになっているが<br />花映塚の頃は死んでも地獄にすら行けないと言われていたのに比べたら多少はマシ…なのだろうか?<br /><br />天子は地獄に詳しいやつに聞いてきて、どういう状況なのか調べておいてやると安請け合いしたが<br />実際は完全にノープラン。前回で小町と知り合いになったので、その繋がりをさっそく利用しようということだろうけど。<br /><br /><br />そして再び無間地獄。<br />歩き疲れた霊夢が脇に抱えた箱を投げ捨てるが、それ自体に魔力があるかのように霊夢の手元に戻ってきてしまう。<br />その箱にはなんと『鬼の腕』という文字が書かれていたのだった。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />というわけで今回はなんと…ノー華扇でフィニッシュ! 茨歌仙とは一体…。<br />いやそこじゃなくて。<br /><br /><br />色々と驚きの展開というかなんというか。<br />霊夢が死んで永琳のお世話になって…というところまで前回と一緒なので手抜きかな? と最初はと思ったものの<br />三月精が始まってからじわじわと動き出していた地獄編(仮)と、華扇の目的であった鬼の腕の二つが同時に動き出して<br />なんだか話を締めにかかってるような、次のゲームへの仕込みのような、かなり続きが気になる感じに。<br /><br />それにしても天子が憑依華で復帰してから、もう毎回のように茨歌仙に登場していて<br />この推しっぷりと、華扇が天人になりたい話と含めてこの先ガッツリ関わりそうだなというのを感じる。<br /><br />次回作は地獄に行った霊夢を他のキャラたちが救出する、初の霊夢が出ないゲーなのでは? というのを思ったり。<br />霊夢のお見舞いに来ているキャラはあうんを除いて全員自機経験者だったりするので、そうなるとあうんが次の自機候補?<br />こうなるといかにも与太話という感じになってくるけど、茨歌仙も50話がちょうど例大祭前になるので<br />それに合わせて仕込みをしていくのでは? ともいうのは考え過ぎだろうか。<br /><br />無間地獄の音声がウェルカムトゥヘルだったりするのが、どうにもヘカーティアかその眷属の差金っぽい。<br />三月精が次の話から四話連続のシリアス話らしく、こっちも地獄の話になるんじゃないかと言われているので<br />こうなるといやがうえにも話のクロスを期待してしまう。そういう意味でも三月精の今後の展開に注目したい。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />それともう一つ、もう結構前の話になりますが去る9月1日、秋葉原のメロンブックスで行われた<br />あずまあや先生のサイン会に行ってきました(唐突なですます口調)。<br />今年は例大祭のおみくじを当ててZUNさんのサインも貰ったので、くじ運は良かったらしいです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0669.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0669s.jpg" alt="サイン1" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />5階にある特設会場で開催されたんですが、狭いところに人がひしめき合っていて結構な圧迫感が。<br />ここで話したことはインターネッツには書かないでください!とあずま先生が仰っていたので<br />書くのは控えたいと思いますが、連載のこぼれ話がちらほらあって非常に興味深い内容が多かったです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0670.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-119.fc2.com/t/h/e/theylivewesleep/DSC_0670s.jpg" alt="サイン2" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />サインには咲夜さんを描いていただきました。今回の話に出てきたのと比べてもちょっと幼い感じで可愛いです。<br />あずま先生どうもお疲れ様でした、そしてありがとうございました。<br /><br /><br />
126

第十四回東方紅楼夢にサークル参加します。

例大祭のときは前日に告知というほとんど意味のないことになってしまったので、今回は早めに告知します。10/21(日)にインテックス大阪で開催される、第十四回東方紅楼夢 I-.09a Unfinished Phantasmにて『東方Projectと幻想郷のタイムライン調査ver1.6』を頒布いたします。当初は例大祭で足りなかった分を再販すればいいやくらいに思っていたんですが今年は秘封ナイトメアダイアリーがあったりしたので、追加しないわけにはいか... 例大祭のときは前日に告知というほとんど意味のないことになってしまったので、今回は早めに告知します。<br /><br /><br />10/21(日)にインテックス大阪で開催される、第十四回東方紅楼夢 I-.09a Unfinished Phantasmにて<br />『東方Projectと幻想郷のタイムライン調査ver1.6』を頒布いたします。<br />当初は例大祭で足りなかった分を再販すればいいやくらいに思っていたんですが<br />今年は秘封ナイトメアダイアリーがあったりしたので、追加しないわけにはいかないと思い<br />いっそのこと全面的に見直しました。元が240KBくらいだったのが280KBくらいになりました。<br /><br /><br />サンプルもver1.6に差し替えました。といっても最初の方は1.5と殆ど変わっていないので何が変わったのかという感じですが…。<br />例大祭のときは紙媒体で頒布したいなーと思っていましたが、結局の所紙だとデータの利便性が失われて<br />あまり意味が無いということで、データをそのまま頒布するのがベターだという結論に達しました。<br />なので今回もCD-Rで頒布します。頒布価格は100円です。<br /><br />↓サンプルはこちら<br /><a href="https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lhhhs46Za-vibR--uNhiPRQwpFNUP43Bl6oJbx5AUA/edit?usp=sharing" target="_blank" title="https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lhhhs46Za-vibR--uNhiPRQwpFNUP43Bl6oJbx5AUA/edit?usp=sharing">https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lhhhs46Za-vibR--uNhiPRQwpFNUP43Bl6oJbx5AUA/edit?usp=sharing</a><br /><br /><br />それでは当日よろしくお願いいたします。
  • Date : 2018/10/17(Wed) 00:00
  • Category : 未分類
  • Comment : 0
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。