FC2ブログ
プロフィール

管理者:矢吹天成(旧名:石動雷獣太→無)
TwitterID:@LittleTrailHand
東方歴は地霊殿から。今はただ仲間が欲しい。

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
29

2軒目から始まるラジオ第62(64)回放送のメモ


この放送は熊野寮での講演の後に行われたので、そちらを先に把握しておいた方がよい。

公式サイト→https://peraichi.com/landing_pages/view/kouen
動画→https://www.youtube.com/watch?v=a7uDezJeflM
公聴録前半→http://ch.nicovideo.jp/zun_kouen_kumano/blomaga/ar940359
公聴録後半→http://ch.nicovideo.jp/zun_kouen_kumano/blomaga/ar939828

2015/11/28(土) 第62(64)回放送 19:00~
場所:京都のどこか
ゲスト:熊野寮講演のスタッフ学生たち

【出演】
Z=ZUN

主=講演主催者
(敬称略)

0:00~ テスト配信開始。

0:03  切断。

0:03~ 本放送開始。

会社にチェックされるとか最初は構成があったなどの話。


0:08~ 熊野寮講演企画者の挨拶~乾杯。


豚「最初にいきなり酷いこと言っていいですか? 今日講演て話だったんですけど、全部Q&Aみたいな感じだったじゃないですか」
Z「かなり、結果Q&Aになった。質問の率が上がったね」
主「なんかもうちょい掘り下げられるかと思ったら、意外とあっさり終わっちゃったんで」
豚「ZUNさんの中で組み立てて喋るのかと思ったんですけど」
Z「全然そのつもりも無くね」
主「こちらも台本でZUNさんの掘り下げていくのを拾っていこうかなと思ったんですけど、だいぶあっさり終わっちゃって、どうしようかなって」
Z「ああいうのだいたい打ち合わせのときに話しちゃうともう満足してしないんだよ」
主「そんな感じありましたね」
Z「二軒目もそういうこと多いですけど、だいたい一軒目で話しちゃって、二軒目残り滓みたいな」
主「昨日の打ち合わせで語り尽くした感はありますね」


他、おみやげの贈呈など。


0:14~ 講演の所感。


主「目の前で熱心にメモ取ってる人がいて圧倒されちゃいました」
豚「熱心すぎていやいやいやって」
Z「なんか、どうなんだろうなと思う。テストに出るわけでもないのに」
豚「東方警察にテストされるんですよ」


豚「昨日どんな話したの? 昨日言いたいこと言い過ぎちゃったって話だから、そこを今日言ったほうがいいんじゃない?」
Z「クリエーター目指すような人は、こんな講演来てもしょうがないみたいな話」
豚「今日の講演でも端々に技術嫌いの話が」
主「そうですね、ちょっと漏れ出てました。結構質問が潰された」


Z「喋ったことの情報が大切ではないんだよね。ここに来たことが大切」


Z「今日はあんまり変なこと言えない感じでした」
豚「今日は結構自重してたじゃないですか。もしくは一軒目というか昨日喋りすぎた」
Z「やっぱり盛り上がる内容って何かを貶すので、人数のいるところではあんまり言えないことが多いです」
Z「何かを否定することがすごく多い」
主「数人ぐらいなら言えるけど…」
Z「そうそう、あんま全世界には言いたくない、150人はさすがにきつい」
Z「でも二軒目ラジオでは平気で言うけどね」


0:25~ 2軒目ラジオのおさらい。

東方の話をする場じゃないとかU-STREAMの適当さなどの話。


0:29~ 熊野寮(内部)のヤバさについての話など。

0:35~ 大学の話。

東大と京大の質の違いなど。


0:39~ 質問へのダメ出しについて。

内容については2015年のTGSの記事に詳しい。


0:42~ 京都を放浪した話。

京都御苑の広さやグーグルMAPの雑さ、観光客の多さの話など。


0:48~ 講演の所感その2。


豚「今日の質問でも作ったやつに興味ないですねって答えてて、まあね色々言ってるからね」
Z「作ることが楽しいから」
Z「結果はいらないっちゃいらない。後からついてくる」
Z「評価されないと作っても楽しくないからね。それは間違いない」
豚「それは評価確信してるから興味ない」
Z「もちろん最初は余裕なかったんだけどねぇ。必死な感じでした」
Z「今も必死といえば必死」
Z「体力的に」


儚月抄の頃の話。

豚「昔はだってほら、会社が一時に終わって、その後に連絡つくみたいな状態だったもん」
豚「まあ色々怒る人もいるんですけど、儚月抄やりましょうよって話をしにいったときにはもう辞めるからってタイミング」
豚「海老名に行って話しをしたら、ちょうどいいから辞めるんだよねーって」
Z「うん、そんな感じだった」
豚「だったら複数連載もできるし大丈夫だよって、そうかって言って、そのとき私はやりたいからって社長や色んな部署の人を騙して…いや騙してはいない」
豚「色んな雑誌の人を呼んで、みんなでお願いしますって」


0:52~ ポスターや講演の抽選の話。

応募500人に対して倍率3.5倍くらいだった話など。


0:57~ 普段の一軒目の話。

1:01~ 前に京都に来たときの話。

八坂神社や伏見稲荷に行った話や宇迦之御魂や骨董品の話。


1:08~ とりとめのない雑談。

景品のくじ引きや酒の話など。


1:19~ 締めの言葉。

1:23 放送終了。


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。