FC2ブログ
プロフィール

管理者:矢吹天成(旧名:石動雷獣太→無)
TwitterID:@LittleTrailHand
東方歴は地霊殿から。今はただ仲間が欲しい。

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
4

コンプエースのCMから見る東方漫画作品の扱い(随時更新予定)

youtubeにあるKADOKAWAanime channelにて公式にアップロードされている
コンプエースのCMのうち、東方が(少しでも)出ているものを調査した。
対象となるのは2010年5月号から2017年現在までの分になる。
東方の扱いがコンプエースでどのような変遷を辿っていったのか、順を追って見ていくと分かりやすい。
何年か前のCMを見ると本当になのはかFateばかりなので、そのときに比べれば随分変わったよねっていうお話。


2010年
まだ東方三月精 Oriental sacred place.が連載中だった頃。
単行本はかなり売れていたと話には聞いているものの、CMには名前が出ればまだマシな方で
扱い自体はあまり大きいとは言えない。

『コンプエース 2010年 10月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=bd7_ulpyPkA
最後に連載作品としてタイトルの紹介有り。第三部10話『忘れ物の果て』の掲載時。

『コンプエース 2010年 12月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=ItS1n0ZJy9o
最後に連載作品としてタイトルの紹介有り。


2011年
比良坂先生が体調を崩し入院、一時は連載中断かと思われたものの奇跡の復活。
その穴埋めとして東方絵巻が始まり、付録などが付くようになった結果、掲載されていない月でもCMで登場したりして
逆に扱いが大きくなるというのは皮肉めいた展開。

『コンプエース 2011年 5月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=ftFYuILAmro
「東方」大特集として紹介されている。三月精2巻の紹介も。

『コンプエース 2011年 7月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=90Bndu7YFAw
イラスト集の東方絵巻が付録として付いていた。最後に紹介有り。

『コンプエース 2011年 8月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=a7h-ikwkTE0
付録のリバーシブルポスターのイラストが一瞬だけ映る。連載作品として途中で紹介有り。

『コンプエース 2011年 9月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=v3cOjmrgmCw
compace01
付録の東方ProjectオリジナルTシャツが途中で紹介される。

『コンプエース 2011年 10月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=1wVYJ3cQP04
最後に連載作品としてタイトルの紹介有り。

『コンプエース 2011年 11月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=MXIh6jX4zy0
東方絵巻の紹介が最後に有り。


2012年
東方三月精のフィナーレに合わせてCMでも小さいながらも扱われ、有終の美を飾った…?
そこからしばらく間が空いた東方鈴奈庵の連載開始時は、特に作品に触れられることもないという
今からではとても考えられない扱いだった。

『コンプエース 2012年 2月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=wDviyPe6OzE
最後に連載作品としてタイトルの紹介有り。

『コンプエース 2012年4月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=BIqstuqtiMI
最後に連載作品としてタイトルの紹介有り。第三部最終回掲載時。

『コンプエース 2012年5月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=WTaIJiRAVs4
最後に三月精3巻の紹介有り。


2013年
ようやく少しづつ鈴奈庵もTVCMで扱われ初めた。単行本発売の翌月に表紙に抜擢されたのは
単行本の初版が難民が出るほど不足していたため、編集部にそのポジションを見直されたからであるというのは個人的な説。
(タイミング的にあり得ないかもしれない)

『コンプエース 2013年1月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=B0gdt7J2RX4
鈴奈庵が連載作品としてそこそこ大きめの紹介有り。

『コンプエース 2013年 6月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=t1BMF7lMLU4
鈴奈庵表紙号として大きく紹介される。

『コンプエース 2013年10月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=PCmrhHdoHoE
compace02
鈴奈庵表紙号。付録として鈴奈庵拾遺絵巻(イラスト集)が大きく紹介され、これまでとは破格の扱い。


2014年
大きく扱われるときもあるものの、まだ他の連載陣が元気だったためか
鈴奈庵の出る機会はあまり多くなかった様子。

『コンプエース 2014年1月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=nuZ1AYJc2tY
付録の年賀状セット紹介の中に鈴奈庵の描きおろしイラスト有り。

『コンプエース 2014年2月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=-2xILX934ys
冒頭に鈴奈庵が連載作品として大きく紹介。

「コンプエース 2014年4月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=YYQkSh3o0uc
compace03
途中に鈴奈庵単行本2巻告知と付録の掛け替えカバーの紹介有り。最後にも登場し大きく扱われる。

「コンプエース 2014年9月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=4uLnIAyhvUM
最後に単独で鈴奈庵単行本三巻特装版の告知有り。


2015年
CM抜きでもコンプエースにおける鈴奈庵の扱いがかなり変わってきたと感じられる年。
本誌でも付録にイラストを掲載したりすることが多くなり、鈴奈庵だけではなく
春河もえ先生本人に対する評価も上がってきたのではないかと思われる。
ほとんど鈴奈庵CMと化している2月号のTVCMは必見。

「コンプエース 2015年1月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=DBQNJyl1JLQ
付録の年賀はがきポストカードセットの紹介の中に鈴奈庵の描きおろしイラスト有り。

「コンプエース 2015年2月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=xjQzGZhSyhc
compace04
鈴奈庵表紙号。最初からほぼ全て鈴奈庵メインのCM。単行本3巻通常版の告知も有り。

「コンプエース 2015年5月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=IvG-lkAF3hg
五大連載作品紹介の中に鈴奈庵が含まれている。

「コンプエース 2015年8月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=yczaw4UvcPg
途中の連載作品紹介の中に鈴奈庵有り。

「コンプエース 2015年10月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=lPt-dTDdqGw
鈴奈庵表紙号。付録の水着イラスト集紹介で小鈴のイラストが映る。

「コンプエース 2015年11月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=E_pwxDiB3Fc
冒頭で連載作品として鈴奈庵の紹介と単行本4巻の告知。付録のロングポスター紹介も有り。


2016年
上半期はよく扱われるのに、下半期になるとあまり触れられないという不思議な年。
CM登場の頻度が上がったためか、ナレーションとキャラのイメージを重ねあわせるといったネタがしばしば流行った。
コンプエースのナレーションは、声優の加藤英美里さんが一人でやっているらしいので
特に何らかの意図が込められているというものではないと思う。

「コンプエース 2016年1月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=YMwxCYcfjW4
compace05
冒頭で鈴奈庵の紹介。ナレーションが阿求っぽいなどと言われ少し話題になった。
いわゆるオーバーロード好きネタの元。

「コンプエース 2016年2月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=HpqO5iDeDc4
冒頭で鈴奈庵の紹介。

「コンプエース 2016年3月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=bdsqxQ1nEuU
途中で好評連載作中作品として鈴奈庵。

「コンプエース 2016年5月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=6S4rtVboB5M
カラー口絵6作品紹介の中に鈴奈庵有り。

「コンプエース 2016年6月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=lJqIqKGtyHQ
鈴奈庵表紙号。付録の綴じ込みポスターと栞の紹介で鈴奈庵有り。

「コンプエース 2016年7月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=AVbqYJ9UZmc冒頭で鈴奈庵の紹介。


2017年

「コンプエース 2017年2月号」発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=tmqb4-iIXRE
鈴奈庵表紙号。最後に紹介のみ。


おまけ

『コンプティーク 2015年9月号』発売CM
https://www.youtube.com/watch?v=aP_A1zMdEBk
付録の東方Projectキャラクターデータベースがかなり大きく扱われている。



関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。